FC2ブログ

4月21日の「エールの鉄人」です。

Posted by theatreminori on 21.2022 稽古レポート
「萬劇場で短編集」開幕まであと1か月となりました!まだ1か月あるのか、もう1か月しかないのかの感覚は人それぞれかもしれませんが、とにかくイベントが近付いてきた実感が強くなります。5月20日(金)~22日(日)の3日間、萬劇場にて「エールの鉄人」を含んだ短編作品の数々をお楽しみただけます。
ご予約は→チケットご予約フォーム

そんなこんなで10時から12時の制作部。こちらはいつものようにグッズの試作を続けています。その傍らでは短編集に自分のお客様を呼ぶためのお手紙執筆に勤しむ団員もいました。手書きの手紙という慣れないアイテム作りに「ボールペンの使い方が下手なのがばれる」「ここは直した方がいいですよね」などと苦戦している姿が印象的でした。しかし、こうして心を込めてしたためたお手紙をお客様にお届けすることも、私たちの活動や存在を認識していただく上では必要なことです。地道に頑張っていきます。

tDSC_2068.jpg

13時から16時の稽古では先週課題になっていたシーン、新たな配役が施されたシーンの稽古を実施しています。緊張のあまり早口になってしまう役者もいましたが、常にこのぐらいの重圧や緊張の中で演じることも、本番を想定するといい稽古だったと言えるかもしれません。

tDSC_2073.jpg

課題になっていたシーンだけあって、まだまだ演技の完成度が甘いため、おかしなミスが続出します。一緒に演じる役者たちはアドリブで突っ込みを入れたり、何とか芝居を続けようと努力していました。失敗した役者は「ごめんなさい!」とかなり申し訳なさそうで、自信さえ失ってしまいそうな流れではありましたが、そこは我々の懐の深さといいますか、いい意味での緊張感のなさから、明るい笑いや励まし、ジョークといったポジティブな空気に換えて立て直しました。その役者も「もう一回やらせて、お願い!」と、そんな雰囲気に応えて時間が許す限り最後まで演技を繰り返していました。

tDSC_2071.jpg

何だかんだで心配なシーンも残ってはいますが、全体的な質は着実に向上しています。仕上がりが遅い役者がいて、繰り返して稽古せざるを得ないシーンがあるということは、共演者にとって、そのシーンを繰り返して何度も稽古できるというメリットにもなります。個々の質も大事ですが、全体の質が向上することで、引き上げられてくる印象もありますし、何よりも全員が少しでも安心して舞台に立つことが出来るようになります。これもある種の支え合いでしょう。

tDSC_2078.jpg

新たな配役については予想以上にフィットしている印象でした。該当する役者も「これならできる」「もう覚えた」と突然自信を得ていました。もちろんここから追加される演出があることを伝えられても「ちゃんとメモします」とやる気満々でした。先週の低調なパフォーマンスが嘘のようです。上手い着地点を共有できれば、双方の思いがいい方向に開花するということのようです。これは仕上がりが楽しみになってきました!

4月14日の「エールの鉄人」です。

Posted by theatreminori on 14.2022 稽古レポート
あっという間に4月も半ば。妙に暖かい日もあれば涼しい日もあるという、まさに春らしい日々です。しかし、劇団員は次の目標に向かって揺るぎなく邁進しています。

午前中の制作部は引き続き試作品の製造でした。手芸班は「これ難しいな」「昔の人って、こういうのを当たり前にやってたんでしょ?すごいね!」などと悪戦苦闘しながら、練習用の作品を製造していました。すぐにあきらめるかと思いきや「もう少しやってみて、それでも上達が見込めなかったらあきらめよう」とのことで、まだまだスキルアップ目指して頑張るそうです。順調なのは編み物班。以前は製造スピードが遅かった団員も、今回は常に集中力高く作業に臨み、次々とパーツを編み上げていました。極めて順調です。

tDSC_2038.jpg

tDSC_2039.jpg

13時から16時までの「エールの鉄人」稽古は制作部と打って変わって、かなりの停滞でした。一部配役が確定していなかった役者たちの最終チャレンジがあり、しっかりと準備してきた成果を出せる人がいた一方、周囲が期待していたイメージに近い演技ができなかった人もいました。通常であれば、この時点で審判が下されます。しかし、そこは多様性から成り立つ団体。演出が口を出す前に自分たちが改善点を振り返り、イメージを共有しきれない相手に対して様々なヒントや方法を授けていました。それに基づいてもう一回演じてみて、また振り返る…。当然ながらこれは時間を要する作業です。1シーンに2時間以上の時間を費やしてしまいました。

tDSC_2042.jpg

しかし、全員の動機は一致していました。それは「みんなで一緒に同じ舞台に立ちたい」という思いです。演出的には稽古時間やこの先の成長曲線見込みから、その人の力量に合わない役からは外すというのがセオリーでしょう。しかし、みんながこんなことを言い出したら、何とかしてそれに応えたくなるものです。今現在のそれぞれのコンディションやパフォーマンスをベースに、今日までの配役に大胆な変更が加わりました。もちろん、そのアイディアも劇団員たちから募っています。もっとも、完成形をご覧になるお客様にはどこがどう変更されたのかはわかりません。しかし、我々が稽古を続ける上では、全員の思いがその形に現れていますので、大きな動機付けになることでしょう。

18時30分から21時には社会人枠の役者も加わっての稽古でした。仕事の都合で全員揃わなかったり遅刻する者がいたりはしましたが、演出自ら代役に入りながら、シーンごとの稽古と通し稽古を実施しました。集まれる回数や時間が限られているからこそ、少しの時間も無駄にはできないという全体の集中力がありました。

tDSC_2056_202204151150274ae.jpg

そんな「エールの鉄人」は「萬劇場で短編集」内で5月20日(金)~22日(日)の3日間上演されます。会場はもちろん萬劇場です。30分の短編作品を3本連続でご覧いただけて3,500円!現在観劇チケットは大好評販売中です。当日劇場での精算かクレジットカードで前払いかが選択できます。どうぞお気軽にご予約下さい!※配信チケットの販売開始・お申し込み方法は後日情報公開となります。少々お待ちください!
チケットご予約は→こちら

4月7日の「エールの鉄人」です。

Posted by theatreminori on 07.2022 稽古レポート
4月7日(木)10時からの制作部は、いつも通りラジオ体操から始まりました。姿を見せて早々「疲れちゃった~」とダラダラしつつあった団員も周囲からの「動くとスッキリしますよ」「制作部の時間ですよ」「やらないんですか?」などという声かけに応じて途中から体操に参加。予想以上に軽快な動きを見せてくれました。その後はひたすらそれぞれの部門に分かれての作業です。順調に進んでいる担当もあれば苦戦している担当もありました。いずれにせよまだまだこれからです。

13時から16時の稽古時間では、まずは「萬劇場で短編集」のチラシが配布されました。このチラシがあれば明日から始まるチケット販売でも、存分に宣伝しやすくなるはずです。すでに「〇〇〇に置いて来たいのであと10下さい」と宣伝の動きを申し出る役者もいました。

tDSC_2002.jpg

その後の稽古では「エールの鉄人」の序盤のシーンを重点的に行いました。先週も行ったシーンではありますが、登場してくる人物の出来栄えに差があるため、全体で振り返りながら不足している部分を要求し合いました。特に、表面的なセリフばかりに意識が行って、舞台上で何の活動もできない役者に対しては、全体から厳しくも的確なリクエストが出されていました。本人がその課題をしっかりとクリアする(クリアへ向けた変化の兆しを見せる)ことがなければ、さすがにみんなと一緒に演じることが難しくなってしまいます。みんなもそれは避けたいという思いで熱心に相手に物を伝え、その思いを受けた本人たちも、細かくメモを取っていました。教える側も教わった側も、それぞれの思いに応え、貫いていく関係性になることで、本当の意味での支え合いが生まれてきました。

tDSC_2019.jpg

夜の稽古では「萬劇場で短編集」関連の取材が入りました。カメラが回っていることで、いつもより緊張した演技を見せて人もいましたが、全体としては明るく活気あふれる稽古でした。いつもながら全員が揃わないので、代役を立てながらすべてのシーンを一度は稽古することができました。19時から21時という短い時間でありながらも、かなり内容の濃い稽古になった印象があります。次週の稽古までに各自がどれだけ磨いて来るかに注目です。

tDSC_2014.jpg

そして、いよいよ4月8日(金)より、「萬劇場で短編集」の劇場観劇チケットの予約開始です!「エールの鉄人」はこのイベントのために作られた物語です。ここで見逃すと後悔しますよ~!

<関連リンク>
「萬劇場で短編集」チケット予約フォーム
「萬劇場で短編集」公式ホームページ

3月31日の「エールの鉄人」です。

Posted by theatreminori on 31.2022 稽古レポート
2022年3月31日木曜日。見事に年度末の最終日が活動日でした。午後の稽古時間中には、ハートランドみのりのオンライングループ「月末オンライン」とのコラボ企画もあり、年度末らしい慌ただしさのある一日でした。

10時からの制作部では引き続きグッズの試作が続いています。実は編み物ができるというスキルを発揮(公開)した団員もいれば、新たに取り組んだ作業に苦戦して「これしかできなかった!」と嘆く団員もいました。ここ数か月の制作部はそれぞれがやるべきことが明確になっており、ワイワイガヤガヤという雰囲気は全くなく、各自が集中して目の前の作業に取り組んでいる姿が印象的です。ですので、活動時間内はとても静かです。以前は集中力が途切れがちだった団員も、無言で集中して作業し「あれ?もうこんな時間?」と、まさに時を忘れて手を動かし続けています。

tDSC_1989.jpg

13時からの稽古時間では「萬劇場で短編集2022」のチケット販売方法について説明がありました。27日(日)の稽古後に説明会に参加した団員からの申し送りを中心に、システムのこと、注意点などを共有しました。今回は我々にとっても初めてのプラットフォームでのチケット販売なので、全くと言っていいほど勝手がわかっていません。チケット販売開始が4月8日(金)に変更になったこともあり、今後改めてシステムの利用方法の説明会が予定されています。これも勉強です!

tDSC_1995.jpg

この日の稽古では15時30分から30分間、オンライン企画として「萬劇場で短編集」とそこで上演される「エールの鉄人」の紹介イベントが行われました。みんなで元気よく頑張っていきますというアピールが主流の中で「てあとるみのりは永久に不滅です!」と宣言する役者もいました。ご視聴くださった方の中には「絶対予約して見に行きます!」とうれしいお言葉を返して下さる方もいました。団員一同とても励みになりました。

18時30分からは夜間稽古も行われています。参加できる団員が集まり、公演に向けて少しでも演技の質を高めようと奮闘しました。最近は団員同士の意見交換も昼夜を問わず活発に行われるようになり、以前に比べると稽古に臨む姿勢に主体性が感じられます。自分だけがよければいいというわけでもなく、互いに支え合うように取り組む姿は、ダイバーシティ劇団である我々にはまさに理想的な光景です。そんな稽古場での過程がそのまま公演でもお届けできるように、常に有意義な稽古を積み重ねていきたいです。

tDSC_2010.jpg

また、この日3月31日で「#演劇的な一日」のオンライン部門も終了となりました。お陰様で「よき相方」は多くの方にご視聴頂き、また多くのご感想を頂戴することができました。皆様のご支援に感謝しつつ、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

3月24日の「エールの鉄人」です。

Posted by theatreminori on 24.2022 稽古レポート
東京は寒暖差が激しい日が続いています。しかし劇団員のほとんどは体調を崩すことなく、元気に活動しています。

3月24日(木)10時から12時は制作部の活動でした。先週に引き続いてグッズの試作を続けています。編み物チームは立体的な形状を目指してのパーツ作りを始めました。「できないー!」とへこたれそうになっていた担当者も、周囲の励ましと、このアイテムがなぜ必要かの説得に応じ、以後は集中して作業をしてくれました。縫い物チームは「真っ直ぐ縫うのが難しい」「ここを返してどうやって処理するんだ?」と様々な疑問や難問にぶつかっていました。「布の間を通すんじゃないの?」「え?そんなところどうやって縫うの?」などの試行錯誤を重ねながら、少しずつ精度を上げています。

tDSC_1926.jpg

13時から16時の稽古時間は、先週配本された「エールの鉄人」の脚本を全員で分析していく話し合いを行いました。分析というと大げさかもしれません。いわゆるあらすじやテーマ、人物のミッションなどの解釈を共有するという作業です。これまでは個人の解釈やセンスに任せて稽古を始めて演出がそれらを整えていく手法が主流でしたが、今年度後半からは脚本をしっかりと解釈し、それを共有した上で各々がなすべきことをやるという取り組みを続けて来ました。早速その成果が出た役者もいれば、相変わらず表面的なセリフの数や長さばかりに目が行き「この人物の職業は?」という、1ページ目に正解がかかれていることにさえ答えられない役者もいました。

そんなバラバラのスタートラインを整えるためにも、この日の脚本解釈共有は重要なイベントでした。そんな解釈が苦手な感覚派の役者たちを、全員がサポートして同じ舞台に立とうとしてくれていたことが大きな収穫でした。これまでは総監督が喝を入れないと動かなかった団員が主体的に互いを支え合って舞台を創ることを目指し始めました(総監督の喝を未然に防ぐため?)。そんな手厚いサポート受けた役者は、これまで積極的ではなかった「メモを取る」ことを実行。あらすじの解釈や見せるべきポイントなどをしっかりと自分なりの言葉で書き留めていました。この変化が続くといいですね。

tDSC_1931.jpg

18時30分から21時までは夜間の稽古でした。全員が揃ったわけではなかったのですが、集まった団員たちで昼間と同様に物語のテーマやそれぞれの一番の見せ場を共有してから、何カ所かのシーンを稽古しました。もちろんまだまだ中身が固まっているわけでもないので、演じてみてのイメージとのギャップを振り返り、それぞれに必要な修正を施すといった稽古の積み重ねになります。今日得た感触や新しい表現の方法をしっかりと持ち帰り、次回までにどれだけ磨き上げて来られるか?その繰り返しです。

tDSC_1943.jpg

「エールの鉄人」は5月20日(金)~22日(日)開催の「萬劇場で短編集2022」内で3ステージ上演されます。チケットは観劇、配信共に4月より販売開始が予定されています。ちょっとドタバタ間のある30分間の短編コメディ。会場の皆様を元気にして差し上げられるようなコンセプトで仕上げていきますので、どうぞお楽しみに!

 HOME