7月20日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 21.2017 稽古レポート
18_key_02smp.jpg

第18回公演「ボーダーライン
8月4日(金)~6日(日) 北池袋 新生館シアターにて

公演情報特設ページ
チケットご予約フォーム



公演までの活動は残すところあと2回。いよいよ大詰めという状況です。制作部も稽古もそれぞれが仕上げの段階に入っています。外の暑さに負けないぐらい熱気を持って活動に取り組んでいます。

午前中の制作部では毎公演恒例のグッズとなっている「キャラクターしおり」の生産が最終段階に入りました。今回の「ボーダーライン」に登場してくる人物を団員の村上がデフォルメした人気アイテム。キャラクターによっては千秋楽を待たずして売り切れてしまうこともあります。これまでデザインが確定していなかった一部のキャラクターも出そろい、所定の数量を目指して一気に作業を行っています。キャラクターしおりは公演会場で公演期間中のみの販売。1個100円というお買い得商品です。お気に入りのキャラクターや役者をぜひお買い求めください。

tIMG_3924.jpg

しおり以外のグッズ、衣装、小道具の調整、音響の編集なども制作部の時間には並行して行われています。ここまでくると、不足しているものがないか、修正が必要なものがないかの確認をしながらの作業になります。新しい物を創る…という段階ではありません。そのため、ひとつの作業に集中するというだけではなく、その作業が終わったらすぐに次の作業、他の作業というように、次から次にやるべきことが変わっていきます。時間が過ぎるのもあっという間です。

午後の稽古の前半は役者が4名だけの参加でした。いったいどういうことかと申しますと、近隣のクリニックが演劇を用いたプログラムを実施しており、その成果報告会と作品の上映会にお招きを受け、稽古スケジュールが調整可能な団員たちがお邪魔していたからです。実施している機関が福祉と医療といった違いもあり、演劇作品の作り方や発表スタイルは少々異なっていましたが、参加者が生き生きと、真剣に作品を創り上げている姿勢に関しては共通していました。ある意味公演を繰り返す中で忘れかけていた真摯な思い、その一瞬にかけるエネルギーなど、参加した団員はとてもいい刺激を持ち帰って来たようです。お招きいただけたことには大いに感謝します。

tIMG_3930.jpg

残った4名は、特訓のような雰囲気の中で演出から細かい演技指導や改善点の要求を受けていました。先週までに修正を課せられていたシーンについても稽古が行われましたが、総じて完成度の低い内容でした。公演直前になってなお、脚本の読み込み・役作りが甘いこと、それをよしとして諦めてしまっている役者としての責任感のなさに対して、何度も説明が繰り返されていました。特にセリフの曖昧さに関しては「繰り返し伝えているのに、いつになったら直るのか?」との問いかけが突き付けられていました。何故この問題が一向に解決されないのか?その背景には、自分のセリフである以上、多少間違えてもアレンジしても自己責任だから大きな問題ではないという大きな勘違いがあるのです。

tIMG_3980.jpg

自分のセリフの前後には何があるのか?それは、同じ舞台に立つ他の役者のセリフがあるのです。曖昧なセリフを繰り出すことは、そんな仲間に対する最大の冒涜です。他者の演技の足を引っ張っているだけです。脚本の中の、自分のセリフだけマーカーで色を塗り、とにかくそれを覚えればいいと思っているから、そんな自己中心的な演技に終始するのです。自分に与えらえた役割を理解し、役を作り、表現していくには、相手は何をしようとしているのか?相手が持っている役割を生かすにはどうすればいいのか?など、自分のセリフ以外の部分から数多くの情報を得なければいけません。その中に自分の存在があるということを忘れてはいけません。これは演劇に限った話ではありません。仕事にも、チームで行うスポーツにも、全く同じことが当てはまります。てあとるみのりの団員は、一般的に演劇を志している方々と比較して「自分のことで精一杯」「自分は大変だからここまで出来れば十分だ」という甘さをより強く持ち合わせています。他者のために己を律することが大の苦手です。だからこそ、演出はその改善を求めているのです。演劇のためだけではなく、社会で生きていく力を育むためなのです。

tIMG_3975.jpg

稽古の後半には近隣のクリニックからのご招待に出向いていた団員も合流し、稽古場もにぎやかになりました。そこでも鍵になっていたのが芝居の流れの大切さと、それを損なっているセリフの曖昧さについてでした。繰り返し、抜け目なく準備と鍛錬を行っていない役者と、それを行ってきた役者との差が劇的に浮き彫りになっていたからです。まともな演技ができていない役者たちは、セリフに自信がないから本来流れるべき流れを崩してしまう(セリフを思い出さ異ながら手探りでしゃべっている、飛ばしたり・早まったりして相手のペースを乱す)わけです。自信がない、緊張する、いつも間違えると自覚しながら、それを凌駕する練習・準備を怠っているのです。常日頃から役作りに向き合い、様々な可能性を想像していないのです。こんな状態ではどんな舞台の上で演じることなどできません。公演直前の稽古でこんな話をしていることに驚かれるかもしれませんが、この時期だからこそ、忘れてはいけない原点をもう一度見つめ直し、できることのすべてをその遂行に注ぎ込んでもらうために必要なことなのです。「今度自主練でみっちり3時間セリフを見直そう」「何が悪いのかわかったので、来週までに直します」など、今日の段階ではその気になった役者たちがいました。その言葉が上辺だけのものではないことを次週の稽古、その先の公演で証明していただきたいところです。

tIMG_3993.jpg

このように、細かい部分まで突き詰めた要求が出されるほど、「ボーダーライン」は成熟してきています。形だけ整えたレベルではなく、より舞台の質が高まってきています。団員たちは少しでもいいものを創りたいという動機を持ち、そのために課せられたシビアな案件に立ち向かっています。そんな思いと行動が結実した第18回公演「ボーダーライン」。まだまだお席に余裕がありますので、ぜひ、皆様の目で、我々のチャレンジとシンカ(進化・深化・真価)を見届けてください!

7月13日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 14.2017 稽古レポート
18_key_02smp.jpg

第18回公演「ボーダーライン
8月4日(金)~6日(日) 北池袋 新生館シアターにて

公演情報特設ページ
チケットご予約フォーム



連日暑い日が続く関東地方。皆様はお元気にお過ごしでしょうか?団員達も夏バテ気味になったり、体調を崩す者がちらほらと見受けられるようになりました。もちろんそれを理由に稽古や制作部の活動の手を抜くようなことはなく、公演までの残されたわずかな時間を精一杯活用しようと取り組んでいます。

さて、そんな7月13日(木)の午前、制作部。グッズ作り、衣装作り、役者アンケート(パンフレット用)の記入、衣装の整理など、様々な業務が並行して行われました。それぞれが担当していることに集中していました。その一方で作業に必要な道具を忘れてきたり、事前にこうしようと打ち合わせていたことがなかなかできなかったりする団員もいました。本番が近付き、緊張感があるのでしょうか?それとも疲労が出ているのでしょうか?はたまたあと一息というところで油断があるのでしょうか?普段ではスムーズにできることが、妙に遠回りになっているように感じます。そんな状態でも落ち着いて、いつものように作業・活動できるように、まだまだ精神面を鍛える余地があるようです。

tIMG_3755.jpg

公演当日のパンフレットに掲載される団員たちのメッセージは、いつもアンケート形式で集約しています。団員によっては思いの丈を用紙いっぱいに綴ってくる団員もいます。その一方で、考えていること、感じていることを言葉や文字にして表現するのがかなり苦手(意識というレベルではなく脳の器質的な特徴として)な団員もいます。そんな団員も約2時間の制作部の間、一生懸命文章を考え、数行の文字を綴りました。劇場でパンフレットをご覧いただいた際に、団員によってメッセージの量に差があると感じることがあるかもしれませんが、その背景にはそれぞれが同等に思いの丈を皆様に届けようと心を込めていることを、少し想像していただけると幸いです。

午後の稽古でも、お互いに公演までの残り時間がわずかであることを再認識しながら取り組む姿が目につきました。いろいろと辛いことも多い日常ではありますが、そんなことに足を引っ張られているようではお客様を感動させる非日常は創り出せません。団員たちは仲間の頑張りを己の頑張りの糧としながら、自分の体と心に鞭を入れて、稽古に臨んでいるようでした。

tIMG_3861.jpg

この日も演出から随所で改善すべき点が伝えられています。中にはセリフの構造を変更する必要がある箇所もありました。思うように演技ができないのであれば、やり方を変えてみる。最終的に芝居の品質が向上するのであれば、それも必要な対処です。もっとも、役者がしっかりとその変更をものにしてきてくれなければ、どんな対処も水の泡になってしまいます。先週申し伝えたことが十分に反映されていない、身につくまで練習されていなかったことに対して、演出から厳しい指摘がありました。「変更されたばかりだからできなくてもまあいいやという甘い考えがあるから必死に練習して仕上げてこない」「より簡単にできるようにしたのに、それさえやれないのであれば、後はもうセリフを、シーンをカットするしかない」。突き付けられた勧告に、役者がどう応えるのか?次週の稽古は正念場です。

tIMG_3808.jpg

また、この日時間をかけて役者たちに説明された演技の仕組みの中には「感情がセリフを言う瞬間に湧き出てくるわけではない」という言葉がありました。「怒るセリフだから怒る」「イライラする演技をするから、このセリフをイライラして言う」という感覚で演じていては、いつまで経っても感情が演技・言葉に入って来ません。我々の日常を考えればすぐにわかることです。その瞬間に怒っているのでも、その瞬間にイライラするのでもなく、その感情に至る怒りやいら立ちの蓄積が存在するのです。朝、嫌なことがあってイライラしていたので、普段なら気にならない声掛けや態度に対してかっとなって怒鳴ってしまう…。そういった感情の抑制と飽和があるからこそ、内面ではなく、外側に人間の感情が表出するのです。つまり、表に出るものだけが感情ではなく、それは常にそこに存在しているのです。演技に感情を込めるには、その構造を構築しなければいけません。目の前の出来事の積み重ね、交わされた言葉の積み重ねから、人物の内面に揺れ動く感情があり、あるきっかけで一気にそれがあふれだす。そうしなければ、本当に伝えたいメッセージも、人物の生き様も伝わりません。まだまだその演技の本質の理解と実践ができていない未熟な役者が多い団体です。それでも、諦めることなく、様々な例えや実演を交えながら、稽古の中で指導が繰り返されています。少しでもその成果をお届けできることを願って。

tIMG_3796.jpg

tIMG_3774.jpg

7月6日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 07.2017 稽古レポート
18_key_02smp.jpg

第18回公演「ボーダーライン
8月4日(金)~6日(日) 北池袋 新生館シアターにて

公演情報特設ページ
チケットご予約フォーム



7月になりました。そして1カ月後には公演が終了しているという7月6日を迎えました。制作部もデザイン調整を行っていたグッズの具体的製造へとシフト。午後の稽古も先週から本格的なテコ入れ修正に突入しています。チケット販売にもより一層力を入れ、空き時間には各自が自主練や作業を行うといった、団員にとってはまさにラストスパートとなる7月です。

午前中の制作部は継続して衣装作り、グッズ作り、DM(未発送分)のあいさつ文書きを行っています。グッズ作りでは度々デザインの最終調整が入り、その都度担当している団員は「すぐに直します」「修正したデータを送りました」と素早く作業をしていました。これで決まったと思ったものも、最後に複数の確認が入ると不完全な部分が見つかるものです。お客様に販売する商品を作る上で「まあいいよ」「ばれないよ」で見過ごすわけにはいきません。すべての品質を同等に保たなければ、同じ価格で販売などできません。

tIMG_3627.jpg

大女優が単独で手掛けるオリジナルグッスも着々と予定数量の生産終了に近付いています。詳細は明かせません(なんとなく察しはつくかもしれません)が、大女優単独のプロジェクトを「K&Kブランド」と名付け、今後の幅広い展開に結び付けるかもしれない心意気で挑んでいます。すべてはお客様の反応次第です。もちろん、いい反応をいただけるように、一つひとつ大女優が心を(時々弱音や愚痴も)込めて手作りしています。ご期待ください。

午後の稽古は衣装合わせからスタートです。6月に一度合わせて確認し、欠品しているものを取り揃えたり、変更の必要があったものに手を加えたりしての衣装合わせとなります。すべてのアイテムが完全な形で揃っていたわけではありませんが、かなり本番仕様に近付いていました。演出が変更が必要な箇所、追加で用意するものの確認を来ない、最終衣装合わせまでに衣装の製造、直し、差し替え、汚し入れなどを行うことになりました。最近蒸し暑い日が続いており、役者によっては「この衣装暑い~」と愚痴をこぼす者もいました。周囲からは「本番はライトが当たるからもっと暑いんだよ」「首にひえピタ貼るといいよ」などの励ましやアドバイスが常に投げかけられます。経験値がしっかりたまっているようです。

tIMG_3690.jpg

ウォームアップを経て、本編の稽古。先週から引き続いて、演出からの細かい修正を行うスタイルで実施しています。先週行った稽古で伝えられたことは各自がしっかりとモノにしてきている前提で稽古が進みます。それは通常の稽古でも当たり前のことなのですが、これまで以上に気を引き締めた役者たちは、この1週間で何度かの自主練を行い、少しでも演技を良くしようと努力してきたようです。とは言え、それがすぐに成果として表れるとは限らないのが芸の世界。以前にも伝えられたことが(結果として)クリアできていないために、演出から酷評を受ける役者もいました。結果に対してだけ評価するのではなく、経過(努力した事実)にも目を向けてあげるべきだと思われるかもしれませんが、公演ではお客様に対してそんな言い訳はできません。そんな本番の舞台を目指す稽古も同様なのです。

tIMG_3685.jpg

また、先週の稽古で構造改革の必要があると判断されたシーンについては、演出から整理された段取りが授けられました。ただし、それを機械的に反復するのでは意味がなく、なぜそのような動きをするのか?という根拠を、個々のキャラクター単位、物語全体の中での役割という両面から把握して、演技として落とし込まなければいけません。演出からやり方を教えてもらって楽をしているわけではなく、できなかったシーンをできるようにしろという、より厳しい要求が課されたと考えるのが妥当なのです。

tIMG_3726.jpg

演技の稽古と並行してダンスシーンの練習も行われています。今回はこれまでにない練習量で仕上げています。もっとも、一般的にはまだまだ少ない方なのかもしれませんが、団員たちの「少しでもいいものを創りたい」という思いが育ってきていることは確かなようです。もちろん、ダンスに関しても振り付けの担当者(演出)から「カウントが少し早かった」「体の開き方が逆だった」「最初のフォーメーションが揃っていない」など、細かくて厳しい指摘がフィードバックされていました。

tIMG_3741.jpg

そんなこんなで、各シーンのテコ入れも残すところあとわずか。果たして役者たちの処理能力と持久力がどこまでもつのか心配ですが、弱音を吐いている場合ではありません。稽古はあと3回しか残されていないのです。それが過ぎればやりたくてもできない、後悔することしかできないのですから、やるしかないのです。私たちの経験値に裏付けされた結論によって、自ずとその動機付けに駆られるのです。この思いと執念の結実を、ぜひ劇場でご覧ください!

6月29日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 29.2017 稽古レポート
18_key_02smp.jpg

第18回公演「ボーダーライン
8月4日(金)~6日(日) 北池袋 新生館シアターにて

公演情報特設ページ
チケットご予約フォーム



6月最終週の活動となったこの日、いよいよ「あと1カ月で公演だ」という意識が劇団員の間にも高まってきました。午前中の制作部、午後の稽古とも真剣な雰囲気で展開した活動を紹介しましょう。

制作部では主に衣装作りとお客様へのダイレクトメール発送準備作業を行っています。ただ郵便を送るのではなく、、メッセージを添えて発送するので、そのメッセージを作る作業に取り組みました。「この表現でいいんだっけ?」「暑熱…ってどう読むの?」「最後に敬具って書くの忘れた」などなど、普段使いなれていない手紙でのあいさつ文の作成に大苦戦。お客様によっては「前回おいでくださったのっていつだっけ?」「あれ?TRIGGERの時っておいでになっていなかったでしたっけ?」「じゃあ、前回は…とは書けないね」と、あいさつ文に、その方に見合った内容を追加するため、公演当日の受付リストを使った事実確認を行う必要もありました。

tIMG_3557.jpg

衣装作りは先週までの作業を継続して行っています。同じものを複数作らなければいけない衣装もあり、ここ数週間はひたすら三つ編みをしている団員もいます。そのパーツを使った衣装が少しずつ完成形に近付いてくると、折れそうになっていた心も立ち直りを見せます。作業に携わった団員はお互いに「すごいなぁ。こんなに作ったんだ」と振り返っていました。先週疲労困憊だった大女優は、この日も「眠れなくて疲れた」と口にしていましたが、周囲からの励ましもあって、時間までしっかりと自分の作業に取り組んでいました。

午後の稽古は、先週実施した通し稽古で浮かび上がった問題点、演出から見ての改善が必要な点を中心とした、大規模なテコ入れが実施されました。身体の向き、動き方、立ち位置など、全体のバランスを取りながら、物語の中での必然性、演出の意図を強調するための修正です。物語全体の前半部分とダンスシーンに対して、演出から役者たちに事細かに指示が出されていました。あとは役者たちがそのイメージを共有して、その上に己の演技をしっかりと載せることができれば、より舞台が面白くなります。演出としてできることはここまでなので、公演までに役者たちがしっかりと役を作り、物語の中でそれを生かす感覚を浸透させられるかに、作品のすべてがかかってきます。当然ながら役者たちの集中と緊張は最高潮に高まっています。

tIMG_3589.jpg

この日具体的に申し送られたことは「どうすればいいか」ではなく「なぜそうするのか」をしっかり考えてこようということでした。演出からひとつの動作や立ち方などが指示されることはよくあることです。それをそのまま「こうやって動かなければいけない」「ここで大きな声を出す」「このタイミングまでに移動する」という段取りとして忠実に実行するだけでは演技になりません。その指示に対して「この人物がなぜそのタイミングでその動きをするのか?」という根拠を追い求めていかなければいけません。それがしっかりと構築されていくことで、舞台上の世界が現実的に生き生きとしたものになっていきます。セリフを形だけで覚えずとも、流れの中で自分の主張すべきこと、動くべきことが自然と浮かんでくるようになります。集団で演じる際には、このイメージや流れの共有がなければ、バラバラな世界のままになってしまいます。一人だけ頑張ってもダメ、一人が手を抜いてもダメというのが舞台の世界なのです。

tIMG_3611_201706292146572f5.jpg

ダンス練習では、なかなか一部の振り付けをマスターできない役者へ、他の役者が協力して「向かい合って練習してみましょう」「ここで止めるといいですよ」と、振り付け練習を実施していました。何回か練習していると「そうそう!それでOKです!」と、これまでできなかった振り付けができるようになりました。支え合う気持ちや自主的な努力が感じられて素晴らしい出来事にも見えますが、この稽古の合間に少し練習しただけでできるようになった振り付けが、今まで何週間待ってもできなかったわけです。その事実の裏側を察なお、団員たちは「自主練やっているので、一緒に頑張りましょう」「私も大変ですけれど、少しでもいいものを作ろうと思っているので」「がんばってるのはみんな一緒なんですから、一緒に頑張りましょう」「もう一歩先へ進みましょう」などと寛大な言葉をかけていました。この懐の深さが、てあとるみのりの団員たちのいいところでもあります。その環境に甘えるのではなく、感謝をしながら、一人ではできないチャレンジを一緒に積み重ねていく。その先に仕上がった舞台があるのです。ぜひ、お客様にはそんな我々の思いの結実をご覧いただきたいです!

tIMG_3604.jpg

6月22日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 22.2017 稽古レポート
18_key_02smp.jpg
第18回公演「ボーダーライン
8月4日(金)~6日(日) 北池袋 新生館シアターにて

公演情報特設ページ
チケットご予約フォーム



6月も終わりが近付き、残り稽古回数もあとわずかになってきました。梅雨空と晴れ間の繰り返しが続いていますが、てあとるみのりの活動は曇ることなく、ますますアクティブになってきています。全体としてギアが一段上がったような印象です。

そんな本日午前の制作部。衣装・小道具作りとグッズ作り、グッズの改善案の検討が次々とおこなわれました。並行して音響の編集や選曲作業も行われ、活動スペースでは様々な音が飛び交っていました。その音に交じって「ああ~つかれた~」「もうつかれた~」「なんでこんなに疲れるの~」と弱音を吐きまくる大女優の声が…。もちろんそんな彼女に対して周囲は「みんなも疲れてるよ」「あまり疲れた、疲れた連呼しないでくださいよ。周りまで疲れちゃう」「病は気からですよ」と温かくも厳しい励ましの声がかかっていました。いかにてあとるみのりの大女優と言えどもわがままは通りません。

tIMG_3310.jpg

午後の稽古は、これまで以上に本番を意識したものになっていました。前半はダンスシーンの練習。後半からは物語全体を通して稽古し、全体の流れの中で各シーンが持っている役割、狙いとする演出を整理しました。場面ごとの稽古ではその瞬間にだけ集中すればよかったわけですが、物語を通して体験するという観点からは、全体の流れを把握することが重要になってきます。何度も稽古をやっている側の視点ではなく、初めてこの物語に触れるお客様の感覚に近い視点で、物語の在り方を再構築していくのです。

tIMG_3352.jpg

演出側からの要求は表面的な演技のことではなく、その根底にある役作りの基盤についてにまで及んでいました。「そもそもこの人物はどんな人なのか?」。奥が深いような話ではありましたが、実際には演じることはこの基盤の上に成り立っているのです。セリフを言わせなければ観客にどんな人物か伝わらないようではだめだということです。何もしゃべらずとも存在しているだけで、どんな人物であるのかの想像ができるような表現があってこそ、その上に乗っかるセリフが意味を持ってくるという考え方です。物語の中のセリフとは、その人物を示す何億分の1程度の要素の表出に過ぎないわけです。簡単には見えてこない底辺の部分を考えること、表現することこそ役作りの本質なのです。

tIMG_3408.jpg

稽古は夜間にまでおよび、ダブルキャストの入れ替えを行ってそれぞれ1回ずつの通し稽古を実施しました。「2本やると疲れるね~」「でも本番は1日2回なんだよね」と、役者たちは汗をかきながら振り返っていました。まだまだ脚本を手放したことへの不安が強く、満足いくような演技はできていませんでした。その中で具体的に指摘された改善すべき点を、役者それぞれが磨き上げてきてくれれば、必ずいい方向に進んでいきます。その繰り返しで舞台は完成に至るのです。

tIMG_3386.jpg

tIMG_3420.jpg



 HOME