FC2ブログ

12月19日の「UNKNOWN」です。

Posted by theatreminori on 19.2019 稽古レポート
今年も残すところあと2週間!気が付いたらすっかり年末モードです。2月8日(土)に参加する地域イベント「#演劇的な一日」までの残り時間もあとわずかになってきました。そんな12月19日(木)の様子をお届けします。



制作部は第23回公演に向けてのグッズ作りを行っています。一応写真にはモザイクをかけましたが、第22回公演のグッズラインナップをご存知の方には、正体がばれてしまいそうです。ある程度作り方のコツを知っている商品だけに、さらに良い出来にしよう、個々は失敗しないように気を付けようという意識を持って取り組んでいます。それでもピリピリした空気ではなく、時に雑談を交えながら進行していました。「若い者には負けないぞ」と決意表明する団員もいました(と表記すると年齢的に上の団員だということがわかってしまいますね)。もちろんこれから新作グッズを開発しますので、そちらの情報もお楽しみにお待ちください。

午後の稽古ではまず、「#演劇的な一日」に関する申し送りと、運営ボランティア要員の募集に関するお知らせなどが行われました。地域イベントは運営にも極力関わってこそのイベントです。地元の団体として、上演だけして後はよろしくというわけにはいきません。「そういう作業大好きなので昼も夜もやりたいです」と積極的に申し出る団員もいました。とは言え、我々の上演直前の作業もあるので、人選で全体のコンディションも調整していかなければいけません。

tDSC_6573.jpg

その後は「UNKNOWN」の前半パートの読み合わせを行いました。これまでの読み合わせより登場してくる人物も増え、物語の全体像が見えてきたこともあり、初見での読み合わせながらもにぎやかなセッションが展開されていました。演出からも「なるほど、そういうのもありなのか」という声が上がっていました。想定していたイメージを覆し、より面白くする可能性が存在していたようです。

tDSC_6591.jpg

印象的だったのは舞台上でのセリフ以外の動きです。セリフやト書きに指示されているのであれば、それを実行するのは当然ですが、ただ漠然と「盛り上がる」「ざわつく」と書かれている箇所を複数の出演者でどうやってひとつに形にするのかという、その場での即興力と調和が求められます。これが上手くお互いを生かし合うような匙加減にまとまっているセッションが多かった気がします。この辺りは何年かお互いの演技を肌で感じている間柄ならではのことでしょうか。

tDSC_6601.jpg

またこの日渡された脚本の最後には、今回の物語のテーマやそれに関連する用語の簡単なクイズが添えられていました。世界観や用語とそれらを取り巻く実状はすでにプレゼンされているので、そういった作品を演じるにあたって、根底に横たわる社会情勢や世界観を身に付けておくのはとても大切なことなのです。興味をもって少し自分で調べればすぐにわかるような問題でしたが、全ての問題に自信を持って答えられた団員はいませんでした。役作り、脚本の世界観の理解の第一歩として、正しい答えは各自が調べておくことになりました。すでに作品を仕上げていくための取り組みは始まっているのです。

tDSC_6594.jpg

次週は年内最終稽古になります。「UNKNOWN」の正体がいよいよ明らかになりそうです!

12月12日の「UNKNOWN」です。

Posted by theatreminori on 12.2019 稽古レポート
12月12日(木)の午前中の制作部は、第23回公演「UNKNOWN」へ向けたグッズ案や販売目標の話し合いが中心でした。物語の全貌がわかっていないので、内容に特化したグッズは後回しにして定番になりそうなグッズのラインナップ、品質の改善案などを具体的に検討しています。

午後の稽古では先日総監督と制作が参加してきたイベントの説明会報告、2月に控えている「#演劇的な一日in大塚2020」の概要と週末の打ち合わせで決まるであろう内容の申し送りがありました。その後は、すでに公開されているキービジュアルを基に、現在脚本執筆中の「UNKNOWN」の世界観や、表現する側が身に付けておくべき知識について説明が行われました。

その後は物語の冒頭シーンを役を入れ替えながら読み合わせました。冒頭ということは物語の導入部分です。そこでお客様にわかりやすく、物語の背景であったり、登場してくる言葉の意味などを伝えなければいけませんので、そのシーンを任される役者や登場人物は責任重大です。そういった大役を全うできるか?ニュアンスを自然に演技を通して伝えられそうか?といった適性を見極めるための読み合わせでもありました。



役者たちは「面白そうな役ですね」「普段はやらないだろうから今やっておこう」といったそれぞれの興味で読み合わせに挑んでいました。読み合わせと言っても、簡単な動きの演技も入っています。時々熱演の余り脚本のどこを読んでいたのかわからなくなる人がいたり、よく読むとまだ待たねばいけないのに行動を起こしてしまったりする人もいました。とは言え、初めて目にした脚本をそれぞれ自由なスタンスで演じているので、全く問題ありません。むしろのびのびと、思い切った演技を見せてくれる方が収穫も大きくなるようでした。

tDSC_6551.jpg

この日の稽古で、役者たちも「UNKNOWN」の世界に初めて触れたわけです。そしてこの日の読み合わせが脚本の進化に反映されていくことになります。まさしく、物語が始まったという感じです。果たしてどんな物語の結末を迎えるのか?それは2020年2月20日(木)~24日(月)の第23回公演で明らかになります。今は誰も「UNKNOWN」です。

tDSC_6547.jpg

12月5日までのてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 05.2019 稽古レポート
11月の終わりから12月に入って最初の週は、てあとるみのりにとっては忙しい週でした。

まずは11月30日(土)に「第24回こころまつり」のステージに参加して、会場のお子様やご家族と共に演劇と踊りを楽しみました。

tDSC_6501.jpg

そして12月3日(火)にはある大学の講義にお呼ばれして、演劇と精神保健保健福祉についての関連性と、実際に参加してみて得られた実感などを学生に伝えました。



12月4日(水)には地域生活支援センターこかげの企画で「演劇ワークショップ」を開催しました。身近な存在である演劇について、参加者と共に体験しました。

twIMG_3492.jpg

いずれの活動にも総監督と制作だけではなく、一緒に活動している劇団員も参加しています。地域の中で活動している実感と、これまでの取り組みの成果に対する手応えが得られる、とてもありがたいお誘いの数々でした。

さて、そんな流れで迎えた12月5日(木)の活動は、公演後恒例の床磨きが中心でした。普段の制作部と稽古で使用しているフロアの床をとにかくきれいにするという儀式です。稽古で激しく動き回ると、床にはいつのまにか靴底の痕、何かがこすれたような汚れが付着しているのです。それらを日ごろ稽古で利用させてもらっている感謝を込めてきれいに落とします。

1575514460859.jpg

さらに、稽古以外でもたくさん使っている椅子もきれいに磨き上げます。普段から床掃除は行っても椅子まできれいに拭くことはしませんので、かなり汚れが落ちました。

1575514451759.jpg

床掃除は午前中と午後に分けて行いました。すべての活動が掃除だったわけではなく、第22回公演「TRIGGER REMAKE」の収支報告、次回公演でのグッズ構想、来年度の活動計画などの話し合いの他に、第23回公演を想定した短い脚本の読み合わせを行っています。

tDSC_6521.jpg

今日の読み合わせは座ったままスタートしたのですが、徐々に演技が乗ってきた役者は勝手に立ち上がって、さらに中央に歩み出て演じるようになりました。その勢いやなりきり度合いは素晴らしかったのですが、どういうわけか他人のセリフを強奪して自分のセリフのように演じてしまう場面もあり、周囲は大笑いと総突込みでした。気持ちが入るのは結構ですが、同時に冷静な自分も持ち合わせてもらいたいものです。

tDSC_6520.jpg

さて、そんなこんなで、新しいステージ向けて着々と動き始めている我々です。次のステージは2020年2月8日(土)「#演劇的な一日in大塚2020」での「UNKNOWN」の特別先行公開の予定です。こちらは入場無料の大変お得な企画です。上演時刻詳細は決定次第お知らせいたしますので、どうぞご期待ください。そしてその先に控える第23回公演「UNKNOWN」もどうぞお楽しみに!

11月28日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 28.2019 稽古レポート
第22回公演「TRIGGER REMAKE」も今週頭で終演し、本日はそれから最初の活動日でした。通常であれば床磨きをして、公演の動画を見て、というパターンですが、この日はあるインタビューを団員たちが受け、30日(土)のイベント参加の準備を行うという内容でした。

tDSC_6476.jpg

インタビューの詳細は語れませんが、てあとるみのりの活動スタイルの意義は何なのか?どうして活動(参加)を始めたのか?参加してみて何がどう変わったのか?など、団員が自分を振り返って素直に答えられる質問がほとんどでした。「黒歴史じゃないですか」「今さら話すとムズムズします」などと、過去の自分のことを紹介することで妙に恥ずかしくなる団員が多かったです。それだけ活動を通じて、何かが自分の中で変わってきているという実感があるということでしょう。そもそもこのような取材を受けること自体、とてもありがたいことです。我々の活動が一定の評価と知名度を得ることができているからこその取材です。本当に名誉なことであり、何よりも劇団員たちの自信や励みになります。

tDSC_6478.jpg

取材の後は11月30日(土)に参加する「第24回こころまつり」の演目練習を行いました。昨年も参加したイベントですので、その時に感じたこと、得られた反省点を生かした内容を準備しました。このイベントは子供やそのご家族が多く来場する印象があったので、そんな客層にわかりやすいパフォーマンスを意識しました。練習に参加したイベント参加予定者は「子供向けのようなわかりやすさを意識した方がいいですよね」「実際の会場はもっと広いんですよね」などと、状況をイメージしながら自分なりの感触をつかんでいました。上手く会場の空気に馴染んで盛り上げられるかどうか、今からドキドキです。なお、このイベントは入場無料です。詳細は以下のリンクまたはチラシデータをご参照ください。
第24回こころまつり

24kokoromaturi_page-0001.jpg

第22回公演「TRIGGER REMAKE」終演しました!

Posted by theatreminori on 25.2019 公演・チケット情報


中板橋新生館スタジオで上演した第22回公演「TRIGGER REMAKE」は、たくさんの客様にご来場いただいた中、全てのステージが無事に終了しました。皆様のご来場、ご支援、お心遣いに心より感謝いたします。

公演期間中は急激に気温が下がり、雨の日も多く、また劇場内はお席によって暑く感じてしまう席もあり、ご来場のお客様には大変なご負担をおかけいたしました。そんな条件の中でも、温かい拍手や笑い声を客席からお届けくださった皆様には、本当に助けられました。重ねて御礼申し上げます。

グッズ販売も大変ご好評をいただきました。団員手作りのグッズをお手に取ってお買い求めいただけたことが、何よりも大きな支えになりました。制作部で色々な会議や試作を重ねた成果がお届けできたようで、劇団員も達成感に満ちています。本当にありがとうございました。

fDSC_6496.jpg

fDSC_6564.jpg

fDSC_6548.jpg

fDSC_6592.jpg

fDSC_6529.jpg

てあとるみのりの次回公演は2020年2月になります。
2月8日(土)演劇的な一日と2月20日(木)~24日(月)にかけての第23回公演が予定されています。「織田桐会議」同様に、演劇的な一日と第23回公演で同じ演目(前者は前半のみ公開)を上演す津予定で準備を進めています。今後ともてあとるみのりをよろしくお願い致します!

 HOME