FC2ブログ

10月12日までの「Stationファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 12.2018 稽古レポート
さあ、いよいよ第20回公演「Stationファンタジー」上演まで1週間となりました!本格的な活動日はこの日が最後。全てにおいて仕上がりが求められる一日となりました。

制作部では何と言ってもグッズです。この日で予定されている商品を仕上げなければ販売が間に合いません。制作部に参加した団員は必死になってそれぞれのグッズの仕上げに取り組みました。複数の種類、工程を手分けして進めたことで、何とか活動時間内に予定していた数量を完成させることができました。あとは会場で販売するだけです!詳しいグッズのラインナップは、てあとるみのりFacebookページにて写真付きで公開されていますので、そちらをご参照ください!

午後から夜21時まで開催された稽古では「Station」「FFファンタジー」それぞれの通し稽古が行われました。ここまでくると個人への細かい振り返りはほとんどなく、全体をまとめるにあたって必要な修正、主に登場や退場のタイミングや相手とのコンビネーションに関する指摘が多くなります。もちろん、セリフのミスや、つながりがスムーズではない部分も散見されますが、これらは役者自身が気付いて当たり前の事なので、演出から具体的な指摘や改善方法のアナウンスはありませんでした。

tDSC_3050.jpg

新作「Station」では、今でも同じ個所でのセリフの間違い(しかも逆の意味のことを口走ってしまう!)に悩む役者がいました。「不安定だから脚本を手元に置いて演じていいか」との申し出もありましたが、演出は「本番は手元に置けないのだから、今置いても意味がないのでは?」と、遠回しにこの提案を拒否していました。当然といえば当然のことです。ただ、どうしても失敗してしまうことへの重圧が、役者にこのような提案をさせたのかもしれません。それだけ全体がお互いを高め合うような循環ができているということでしょう。重圧に負けずに、自分も周囲と同じように頑張ろうという選択に落ち着いてくれることを祈るばかりです。

tDSC_3064.jpg

この日の稽古の中で、これまでのキャラクターの雰囲気をさらに進化させる役者も複数確認できました。個人の解釈やチャレンジで行ったことかもしれないのですが、これが演技のコンビネーションの中でよい相互関係を生み、相手役や周囲の役の雰囲気までよい方向に変化させていました。こういった柔軟なアクションが発生することは、てあとるみのりがセリフや段取りだけを重視せず、その場で起こった生の感覚を生かそうとした取り組みを重ねてきた賜物なのかもしれません。舞台は生ものであるという言葉がとてもしっくりきます。

tDSC_3019.jpg

夜には「FFファンタジー」の通し稽古を実施しました。もともとドラマチックな作品でしたが、公演まであとわずかとなり主役の2名のボルテージはグングン上がっていました。「つい崩れ落ちそうになりました。立っていられなかったです」「かなり素直に感情を出せたと思います」など、該当する役者たちはそれぞれの手応えを得ていました。この日のアツい演技は、気持ちが上がり過ぎた部分を演出から制御するようにと指示されるほどで、演者の率直な気持ちの乗った演技と、作品全体としての意図を持ったコーディネートのバランスに整合性を持たせることの難しさを実感する稽古でした。もちろん、こういったバランスを意識して表現することが、役者というアーティストの仕事でもあります。単に湧き上がってくる感情に任せて好き放題演じるということでは、それを役職あるいは職業として名乗ることはできません。常に熱く燃える魂の自分と、それを冷静に見つめて制御する自分を共存させてこそ、芸術性のある演者となれるのです。

tDSC_3087.jpg

この日の2本の通し稽古には「劇団GIFT」の中山さんと高橋さんがそれぞれ照明と音響で参加しています。通し稽古の合間には演出とそれぞれのイメージやタイミングについて細かいディスカッションが行われました。照明のタイミングや糸については直接役者とコミュニケーションをとって意識の共有を図るシーンもありました。公演直前となって、いよいよ様々な要素がひとつに収束しようとしています。この不思議なエネルギーの高まりを、全員が素直に受け止め、己の成すべきことに反映させていってこそ、みんなが心地よく楽しめる舞台になるのでしょう。いよいよ、残す稽古は2回です!最後まで全員で高め合っていきます!

tDSC_3055.jpg

第20回公演「Stationファンタジー」の詳細とご予約はこちら↓
公演・チケット情報特設ページ

本日までに行われた特別稽古の紹介はこちら!






10月4日の「Stationファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 05.2018 稽古レポート
10月に入り「公演まであと2週間だ!」という実感が強くなってきました。まだまだ仕上がっていないセクションが複数存在するので、それらをしっかりと仕上げていくことが先決です。もちろん、その品質を落とさず、しっかりと創り上げていく必要があります。徐々にではありますが、団員の表情や態度から、より一層の真剣みが感じられるようになりました。

午前中の制作部ではひたすらグッズ作りに取り組みました。プラ板アイテム、キャラクターしおり、トートバッグという定番アイテムの他に、20日(土)に予定されている来場者プレゼントの製造も進みました。グッズの中には数量多く生産する必要があるものもあり、この段階で間に合いそうにないと思われる物は何名かで手分けして持ち帰ったり、活動時間終了後に居残りで作業したりしてペースの調整を行いました。午後の稽古中に手の空いた役者も、グッズ作りに関わるほどでした。とにかく複数のアイテム製造作業が同時進行で、しかも時と場所を超えて分業されている混沌とした状況でした。この追い込みで、必ず公演には品質を存分に保った状態の新しいグッズ各種をラインナップしてみせます!お楽しみに!

tDSC_2737.jpg

午後はまず「Station」のシーンごとに稽古を行いました。大女優こと川口和恵が出演するシーンの練習では、大女優自ら自分の演技を振り返り「うまく言えた!」「1個ダメだったね!」と、まだ他の役者が演じているにも関わらず、大きな声で演出にアピールしていました。実際の演出振り返りになると「じゃ」と勝手にトイレへ行くという展開はまさに大女優の風格でした(誰も逆らえません…)。大女優は自分の出番が無事に終わると、セリフのチェックはもちろんのこと、自分が担当しているグッズの仕上げ作業も行っていました。とにかく稽古の終わりまでお元気でした。

tDSC_2759.jpg

先週の稽古で演出から演技の改善点を提案されていた役者たちは、それぞれが準備してきた演じ方を稽古で披露し、さらなる質の向上を求めていました。演出から「なぜそのようにしているのか?」「この言葉を受けた時にどんな気持ちなのか?」といった質問(確認)が投げかけられるだけではなく、役者からも「ここで座るという感じではなく、立ったままになってしまった」「気持ちとしては抑えられないで相手にぶつけてみたいと思った」「(相手役に)もっとどんどん来てください」などと、演技に対する振り返りや要求が出されていました。お互いが見ていて感じたこと、演じていて感じたことを風通し良く共有し、その融合点を見出す作業が続きました。決して一方的ではなく、相互に関わり合う建設的な稽古こそ、てあとるみのりの特徴なのです。

tDSC_2778.jpg

休憩を挟んで「FFファンタジー」の稽古に入りました。今月から追加の稽古日程も機能し始めています。一昨日に実施した「FFファンタジー」の稽古を踏まえて、冒頭のシーンから何度か演出や演技の方向性を確認しながらラストまで、全てのシーンを稽古しました。再演作ということで、ある程度演技が板についている役者がほとんどですが、それでもさらによくしようと努力を重ね、演出からの要求に応じるだけではなく、自分で「こうした方がそれらしく見えるはずだ」「観客がこっちにいるわけだから、右腕を使った方がよく見える」といったように、演技の仕方を編み出し、改善してくる姿が印象的でした。

tDSC_2791.jpg

もちろん、新たにパーティーに加わった役者にとっては、日々の稽古が重要な模索の場になっています。自分で考えてきたプラン、演出からのオーダー、それを実践してみて感じたことを振り返り、最終的にどう演じるべきかを必死に確かめようとしていました。演出からもこの物語で描き出すべきもの、観客と共有したい感情というテーマ性であったり、ひとつの人物がやり取りを重ねる中での整合性に関するディスカッションが多く提示されていました。30分間の短い物語の中で、ここまで深められるものなのかと驚いてしまうほど、様々な角度や深さでの解釈が編みこまれていきました。役者個人だけではなく、物語全体が確実に成長しているのがわかりました。これは萬劇場バージョンを超える仕上がりになりそうです。期待できますよ!

いいよあと2週間で初日を迎えるてあとるみのり第20回公演「Stationファンタジー」。雰囲気の異なった2作品を一気にお楽しみいただける、大変お得な公演です。ご覧いただいた皆様には、明日の自分が少しでも変わるような、前向きな力をお持ち帰りいただきたいです。そんな力を引き出せるような作品を目指して、残り僅かの準備期間を突っ走ります!

9月27日の「Stationファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 28.2018 稽古レポート
9月最後の活動日となった27日。外は連日の雨模様。さらにこの日はこの秋一番の冷え込みという気象条件ながらも、屋内は活動の熱気に満ち溢れていました。「木曜日(活動日)は公演まで、今日を入れてあと3回しかないんだよね」「間に合うかな」「頑張らないと」といった声がよく聞かれる一日でした。

制作部では第20回公演で販売予定のグッズ作りにひたすら取り組みました。デザインも決定し、あとはとにかく品質を確保しつつ製造していくだけです。それぞれが自分が担当する工程を集中して進捗させていました。作業の手順としては作り慣れているものでも、いい加減に作ってしまっては元も子もありません。デザイン、仕上がりを含めてこれまでで一番の品質を目指しています。デザインの公開までもう少々お待ちいただき、公演会場で実際にアイテムを手にする日を、ぜひ楽しみにお待ちください!

tDSC_2632.jpg

午後の稽古ではまず、2月に参加することが決まった地域イベントに関する説明がありました。どのような意味合いで参加するのか、どんな内容の公演を行うのか、今の時点で描かれている活動のビジョンが共有されました。まだ10月の公演も12月の公演も終わっていないのに、また先の話が出てくるという状況ではありますが、これはとてもありがたいことです。劇団員一同不安もありつつ、それを上回るワクワク感で胸を躍らせています。

稽古は「Station」から始まりました。9月最後の稽古ということでここまでに決まっている(案として用意した)衣装合わせを行いました。個々のキャラクターとのマッチングはもちろんのことですが、全員の雰囲気や色合いのバランスも確認しながら修正点とOKの部分を確定させていきました。案の中では似合うのではないかと思われていた衣装も、実際に着てみるとどことなくイメージが違っていることがよくあります。まずはこの段階でそのギャップを見つけ、より良い方向にアレンジしていく必要があります。

tDSC_2670.jpg

そこから芝居の稽古に入りました。何名かの役者は衣装を装着したまま稽古に臨みました。先週何度か人物の内面と物語の流れを確認したシーンをもう一度稽古し、演出からの話を消化し、役者がどれだけ積み上げて来たかのかを試される稽古でした。また、複数のシーンを続けて長めに稽古することで、お互いの演技から受ける影響を肌で感じながら演じるようにしました。そのおかげで感情が自然と溢れてきて、今までよりも心のこもった演技を披露する役者が多かったです。そういった雰囲気に乗せられて熱演するあまり、セリフのビミョーな間違いを連発する役者もいました。言葉の意味が変わってしまうほどの間違いが連続することで、共演者は大きな試練にさらされることになりました。このようなセリフの間違いや笑いの要素も少なからずありましたが、それが起こってしまうほどに感情が(暴走するほどに)盛り上がった演技が妓楼されていたのも事実です。出番ではなくその稽古を見ていた役者も「胸に響きました」「ジーンと来ちゃいました」と、率直にその感覚を受け止めていました。あとは各自がそんな感情の奔流を制御できれば、いいまとまり方になりそうです。

tDSC_2673.jpg

「FFファンタジー」の稽古では、音響・照明担当のスタッフが用意してきたプランを実際の稽古と照らし合わせる作業が中心になりました。萬劇場ショートストーリーコレクションで披露した「FFファンタジー」とは、舞台(客席)の形状が異なりますので、役者の動き方も変わってきます。その違いを確認しながら、予定していたプランを変更、修正していきました。また、照明で想定している見せ方を考慮して、役者の動きをどうするか考える場面もありました。役者だけではなく音響や照明の力が合わさっての舞台です。お互いのいい面が引き出せるよう、力を合わせて取り組んでいます。

tDSC_2679.jpg

さて、いよいよ9月の稽古もこれで終了。10月からは第20回公演に向けてのラストスパートです。チケットのご予約も引き続き受付中です。よろしくお願い致します!
チケットご予約フォーム

なお、夏に受けた取材が記事としてリリースされました。総監督と俳優の布施博さんが障がい者と共に創る演劇について対談を行った内容が特集されているのは、「MELDIA」という一般財団法人メルディアさんの広報誌です。記事の内容は以下のリンクからご覧いただけます。てあとるみのりがどんな目的を持って活動して、どんな成果が表れているのかが語られていますので、ぜひご覧いただきたいです!よろしくお願い致します!

meldia01.png
ご閲覧は→「MELDIA Vol.11」


9月20日の「Stationファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 21.2018 稽古レポート
アースキャラバン2018東京も終了し、ついに公演まで1カ月となりました。午前中の制作部、午後の稽古共に、より一層本腰を入れて取り組まなければいけない雰囲気になってきました。この日は早くも来年度の活動予定についても何点か検討されました。まだ確定していないスケジュールばかりですが、どんな方向性で進んでいくのか、もしこうなったらどうするのかを考えながら、全体で意識の共有を図りました。

制作部では第20回公演で販売予定のグッズデザインが確定し、いよいよ製造作業に入りました。これまで何度もデザイン案が出ては、決め手に欠けていたため採用されずにいましたが、やっとデザインが決まったことで、参加していた団員は一安心。あとはとにかくそのデザインを形にしていくだけです。

午後は出席者の顔ぶれを考慮して新作「Station」を徹底的に稽古しました。先週の稽古で一通りすべてのシーンを実施していたので、この日はまず最初のシーンから2周目の稽古に入っています。先週までは何となくの方向性に対してのアドバイスが主流でしたが、演出からの指示もより深い解釈を求められるようなものになってきました。

冒頭のシーンでは演技の中でキャラクターをどのようなプロセスで表出させていくか、そこに物語の流れ全体でどんな意味が含まれているのか、いわゆる演出的意図を意識した表現への要求が目立ちました。後々、別のキャラクター表現に変化するにしても、その変化をより深みのあるものにするために何をすればいいのかという説明が、演出から丁寧に行われていました。

tDSC_2612.jpg

中盤のシーンでは、脚本からどのようにして役の人物の本質を読み取るのか、いわゆる「役作り」についてのレクチャーを授かる役者もいました。ここ最近、この役者は自身の特徴をそのままぶつけることで役にマッチするという構造の中で演じていました。つまり、脚本と演出の裁量によって生かされていた要素が大きかった役者です。しかし、今回はそんなテンプレ的な演技ではなく、本当の意味でのキャラクター構築を要求されるようになりました。通常の役作りという観点で至極当たり前で、何も特筆すべきことではないのでしょうが、本人にとっては未知の領域ともいえる世界への挑戦です。かなりの苦労が伴うものかと思われましたが、本人は「逆にすごく楽しいです」と、その負荷を楽しんでいました。演じることの楽しさは、苦悩の果てにあることを理解しているからこそ出てくる言葉ではないでしょうか。

tDSC_2623.jpg

また、自分が演じる役の心境を紐解いていくうちに、感情移入のレベルが向上し、我が事のように涙してしまう役者も出現しました。このような反応が出るということは、その人物に高品質でシンクロできる可能性があるということです。一人で考えているとそこまで踏み込めないことも、演出と共に稽古の状況を踏まえて振り返っていくと、自然とキャラクターに歩み寄ることができます。セリフや動作を反復して演じるだけが稽古ではありません。時にはこういったフィードバックを経て、役の人物と自分をいかに重ねていくかを考えることも必要なのです。このシンクロがなければ、他者の人生を疑似的に演じ切ることはできません。そのためには感覚や記憶を総動員しなければいけませんので、役者の心身の疲弊は相当なものです。それでも、自分と人物の感覚が重なった時の不思議な感触は、そんな疲れを忘れさせるほどの不思議なものでもあります。そして、どんなにフィットしたような演技が構築されても、それが完ぺきではないからこそ、いつまで経ってもやめられないのが役者なのではないでしょうか。それほどまでに他者に変身することは困難なことでもあり、少しでもそれができれば、この上ない高揚感や充実感(その裏側に潜む妥協)を得ることができるものなのです。

tDSC_2616.jpg

私たちの公演をご覧になった方の中には、障がい者と共に活動している団体なので、自分が苦労せず、無理のない範囲でそれなりに目立てる役を演じられると期待(勘違い)していらっしゃる方も多いことかと思われます。実際にそのようなニュアンスを期待して見学・体験にいらっしゃる方も少なくはありません。しかし、輝きを放っている作品を創り上げるには、そこに関わる人間誰もが平等に自分の限界に挑むような、ギリギリのチャレンジが必要なのです。もちろん、そのチャレンジレベルは、個々の体力や特徴によってその強度が異なります。問題はそれを「やらされている」「自分には無理だ」「できなくて当然だ」と受け止めてしまうのか「楽しくなってきた」「もっと自分の力を伸ばしたい」「ここまでやってもまだ足りない」と受け入れるのかの違いにあります。

障がいがあることを理由に守られた生活に慣れてしまっていると、前者の「諦め」を選択してしまいがちです。てあとるみのりでは、そういった「障がい」という概念を、芝居作りに平等に関わり合うことでネガティブな「言い訳」ではなく、ポジティブな「個性」に変換しています。だからこそ、これまでに10年間、20回以上の舞台公演を重ねることができたのです。本日の稽古では、そんな劇団のスピリットの一端に触れることができたような気がします。舞台創りに関わる以上、障がい者も健常者も関係ありません。肝心なのは「できるか、できないか」ではなく「やるか、やらないか」なのです。

tDSC_2627.jpg

そんな劇団員の思いのすべてが折り重なっている第20回公演「Stationファンタジー」は10月18日(木)から21日(日)に北池袋新生館シアターで上演されます。チケットのご予約、詳しい情報などは、公演情報特設ページからご確認下さい!
公演・チケット情報

9月16日の「アースキャラバン」です。

Posted by theatreminori on 18.2018 公演・チケット情報
9月16日(日)木場公園イベント広場にて開催された「アースキャラバン東京2018」に参加してきました!数日前から天気予報では曇天かつ少々の降雨までささやかれていましたが、当日は見事に晴れ渡り、日陰は過ごしやすく、日向は汗をかくほどの暑さになりました。これが噂に聞く総監督の晴れ男パワーなのでしょうか。萬劇場公演の時も、てあとるみのりが登場した昼間は台風の進行を食い止めていましたし…。

それはさておき、通算3回目、3年連続参加になるてあとるみのり。今年はシェアマーケット(チャリティ物販)、ワークショップブース、ステージパフォーマンスの3本立てでの参加となりました。1年ごとに出場枠が多くなっています。こういったご依頼を頂けることは、私たちの取り組みと当日のパフォーマンスが評価され、必要とされているからこそです。ありがたい話ですので、何とかそのご期待に応えなければいけません。

まずはイベント開催期間中通して行われたシェアマーケットでの物販。このイベントのために製造したオリジナルデザインのグッズを中心に展示販売しました。ご好評をいただいたのは手作りプラ板アクセサリー。まさにこの「アースキャラバン」に特化したデザインだったことが、大いに喜ばれました。ジョッピーのカラーもここでしか登場しないアースキャラバンカラー。正真正銘の限定アイテムでした。しかも価格が1Shareというお買い得感ありでした。このシェアマーケットでの売り上げの半額は、パレスチナのガザ地区に浄水器を送るための費用に寄付される仕組みです。そして「Share」という単位は、このイベント会場で流通している通貨の単位です。お客様には会場内で日本円から1Share=100円で両替してから使用していただきました。儲けや欲望を想起させる通常の通貨ではない、仮想的な通貨を用いることで、隔たりなく平和を願う「アースキャラバン」にふさわしい会場の雰囲気を作り出していました。

IMG_4519.jpg

午前中に行われたステージ発表では、会場のお客様の力を借りながら昔話でおなじみの「桃太郎」を即興で進行するという試みを実施しました。参加する団員にも事前にこの趣旨は伝えておらず、当日のステージ上で説明をするという、まさに正真正銘の即興でした。まずは配役。これもお客様に意見を求めて、それに準じて決めていきました。役者として得意ではないような役回りをオーダーされる場合もあり、対応力も止められます。そして物語が始まりました。一般的な「桃太郎」のあらすじにそって演じていく役者たち。しかし、中盤で最初のイレギュラーが。お客様が物語の分岐カードを選択し「イヌ、サル、キジは桃太郎の家来になりたくて仕方ないが、そのために必要なきび団子が一つしかない」という指示が出ました。イヌ、サル、キジのきび団子争奪戦が始まり、最後は桃太郎が「ここは平和のイベント会場だから争いはやめよう」「きび団子をシェアしよう」とその場をなだめて話が本題に戻りました。鬼との決戦ではまさかの「サルが寝返って桃太郎が倒される」「サルと鬼の最終決戦になる」という展開が待っていました。ここも最後は争いはやめようというアースキャラバン的なオチで無事に完結しました。残った時間で、てあとるみのりの紹介、取り組んでいて感じることなどをインタビュー形式でお話しすることもできました。

午後のワークショップでは「浦島太郎」の物語を、これもまた会場の方々と一緒に作っていくという試みを行いました。ステージで行ったものよりも、よりお客様の介入度合いを深めて、気が付いたら演劇の一部になっていたというようなワークショップです。こちらも配役からスタート。お子様を含めたお客様に意見を伺い、配役を決めました。物語が進んで行くと、浦島太郎は竜宮城に招かれます。ここで、竜宮城とは何ぞや?という追加設定が入るはずでした。しかし、会場のお子様から「ドラえもんだとね、地上にあった国が戦争で海底に追いやられちゃったんだよ」と解説して下さったので、総監督が「じゃあそれでいこう!」と即採用。そんな設定に沿って話が進みました。さらに、タイとヒラメはどんな存在なのか?という分岐では「めちゃくちゃ面白いコントを披露する芸人」という選択カードが選ばれてしまい、担当した役者は超高難度な無茶振りに挑む羽目になりました。コントは当然ながら滑りまくりましたが、その後の舞踊りでは会場のお子様にも参加していただき、持ち込んだ楽器で伴奏をつけてもらったり、一緒に踊ってもらったりと大騒ぎになりました。最終的にはカメをいじめていたいじめっ子まで竜宮城に来てしまい、みんなで仲良くやっていこうと和解しました。桃太郎同様に平和的な解決をする物語に仕上がりました。すべては観客の皆様が手拍子や伴奏、踊り、分岐でのカード選択などで物語を作って下さったおかげでした。ワークショップとしては大成功だったのではないでしょうか。

IMG_4530.jpg IMG_4543.jpg

こうして、楽しく有意義なイベントは幕を閉じました。最後にはテントやテーブルなどを片付けて解散です。さすがにバラシや仕込みをやりなれているだけあって、私たちの作業が一番早かったです。他のテント、テーブルの片付けも手伝ってから解散しました。帰り道は「楽しかった!」「毎年ありがたいですね」「ついつい色々買い物しちゃいましたよ」「大女優がすごかった」など、みんなで笑顔で語り合いながら電車に乗りました。とてもいい経験ができました。「アースキャラバン」の企画・運営をなさったスタッフの方々には感謝を申し上げます。お忙しい中、てあとるみのり応援大使の佐伯恵太さんも駆けつけてくれました。本当にありがたいことばかりです。皆様、今年もお世話になりました!ありがとうございました!

DnNXAhCUcAAI7RC.jpg

アースキャラバン2018東京写真集



 HOME