7月6日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 07.2017 稽古レポート
18_key_02smp.jpg

第18回公演「ボーダーライン
8月4日(金)~6日(日) 北池袋 新生館シアターにて

公演情報特設ページ
チケットご予約フォーム



7月になりました。そして1カ月後には公演が終了しているという7月6日を迎えました。制作部もデザイン調整を行っていたグッズの具体的製造へとシフト。午後の稽古も先週から本格的なテコ入れ修正に突入しています。チケット販売にもより一層力を入れ、空き時間には各自が自主練や作業を行うといった、団員にとってはまさにラストスパートとなる7月です。

午前中の制作部は継続して衣装作り、グッズ作り、DM(未発送分)のあいさつ文書きを行っています。グッズ作りでは度々デザインの最終調整が入り、その都度担当している団員は「すぐに直します」「修正したデータを送りました」と素早く作業をしていました。これで決まったと思ったものも、最後に複数の確認が入ると不完全な部分が見つかるものです。お客様に販売する商品を作る上で「まあいいよ」「ばれないよ」で見過ごすわけにはいきません。すべての品質を同等に保たなければ、同じ価格で販売などできません。

tIMG_3627.jpg

大女優が単独で手掛けるオリジナルグッスも着々と予定数量の生産終了に近付いています。詳細は明かせません(なんとなく察しはつくかもしれません)が、大女優単独のプロジェクトを「K&Kブランド」と名付け、今後の幅広い展開に結び付けるかもしれない心意気で挑んでいます。すべてはお客様の反応次第です。もちろん、いい反応をいただけるように、一つひとつ大女優が心を(時々弱音や愚痴も)込めて手作りしています。ご期待ください。

午後の稽古は衣装合わせからスタートです。6月に一度合わせて確認し、欠品しているものを取り揃えたり、変更の必要があったものに手を加えたりしての衣装合わせとなります。すべてのアイテムが完全な形で揃っていたわけではありませんが、かなり本番仕様に近付いていました。演出が変更が必要な箇所、追加で用意するものの確認を来ない、最終衣装合わせまでに衣装の製造、直し、差し替え、汚し入れなどを行うことになりました。最近蒸し暑い日が続いており、役者によっては「この衣装暑い~」と愚痴をこぼす者もいました。周囲からは「本番はライトが当たるからもっと暑いんだよ」「首にひえピタ貼るといいよ」などの励ましやアドバイスが常に投げかけられます。経験値がしっかりたまっているようです。

tIMG_3690.jpg

ウォームアップを経て、本編の稽古。先週から引き続いて、演出からの細かい修正を行うスタイルで実施しています。先週行った稽古で伝えられたことは各自がしっかりとモノにしてきている前提で稽古が進みます。それは通常の稽古でも当たり前のことなのですが、これまで以上に気を引き締めた役者たちは、この1週間で何度かの自主練を行い、少しでも演技を良くしようと努力してきたようです。とは言え、それがすぐに成果として表れるとは限らないのが芸の世界。以前にも伝えられたことが(結果として)クリアできていないために、演出から酷評を受ける役者もいました。結果に対してだけ評価するのではなく、経過(努力した事実)にも目を向けてあげるべきだと思われるかもしれませんが、公演ではお客様に対してそんな言い訳はできません。そんな本番の舞台を目指す稽古も同様なのです。

tIMG_3685.jpg

また、先週の稽古で構造改革の必要があると判断されたシーンについては、演出から整理された段取りが授けられました。ただし、それを機械的に反復するのでは意味がなく、なぜそのような動きをするのか?という根拠を、個々のキャラクター単位、物語全体の中での役割という両面から把握して、演技として落とし込まなければいけません。演出からやり方を教えてもらって楽をしているわけではなく、できなかったシーンをできるようにしろという、より厳しい要求が課されたと考えるのが妥当なのです。

tIMG_3726.jpg

演技の稽古と並行してダンスシーンの練習も行われています。今回はこれまでにない練習量で仕上げています。もっとも、一般的にはまだまだ少ない方なのかもしれませんが、団員たちの「少しでもいいものを創りたい」という思いが育ってきていることは確かなようです。もちろん、ダンスに関しても振り付けの担当者(演出)から「カウントが少し早かった」「体の開き方が逆だった」「最初のフォーメーションが揃っていない」など、細かくて厳しい指摘がフィードバックされていました。

tIMG_3741.jpg

そんなこんなで、各シーンのテコ入れも残すところあとわずか。果たして役者たちの処理能力と持久力がどこまでもつのか心配ですが、弱音を吐いている場合ではありません。稽古はあと3回しか残されていないのです。それが過ぎればやりたくてもできない、後悔することしかできないのですから、やるしかないのです。私たちの経験値に裏付けされた結論によって、自ずとその動機付けに駆られるのです。この思いと執念の結実を、ぜひ劇場でご覧ください!

6月29日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 29.2017 稽古レポート
18_key_02smp.jpg

第18回公演「ボーダーライン
8月4日(金)~6日(日) 北池袋 新生館シアターにて

公演情報特設ページ
チケットご予約フォーム



6月最終週の活動となったこの日、いよいよ「あと1カ月で公演だ」という意識が劇団員の間にも高まってきました。午前中の制作部、午後の稽古とも真剣な雰囲気で展開した活動を紹介しましょう。

制作部では主に衣装作りとお客様へのダイレクトメール発送準備作業を行っています。ただ郵便を送るのではなく、、メッセージを添えて発送するので、そのメッセージを作る作業に取り組みました。「この表現でいいんだっけ?」「暑熱…ってどう読むの?」「最後に敬具って書くの忘れた」などなど、普段使いなれていない手紙でのあいさつ文の作成に大苦戦。お客様によっては「前回おいでくださったのっていつだっけ?」「あれ?TRIGGERの時っておいでになっていなかったでしたっけ?」「じゃあ、前回は…とは書けないね」と、あいさつ文に、その方に見合った内容を追加するため、公演当日の受付リストを使った事実確認を行う必要もありました。

tIMG_3557.jpg

衣装作りは先週までの作業を継続して行っています。同じものを複数作らなければいけない衣装もあり、ここ数週間はひたすら三つ編みをしている団員もいます。そのパーツを使った衣装が少しずつ完成形に近付いてくると、折れそうになっていた心も立ち直りを見せます。作業に携わった団員はお互いに「すごいなぁ。こんなに作ったんだ」と振り返っていました。先週疲労困憊だった大女優は、この日も「眠れなくて疲れた」と口にしていましたが、周囲からの励ましもあって、時間までしっかりと自分の作業に取り組んでいました。

午後の稽古は、先週実施した通し稽古で浮かび上がった問題点、演出から見ての改善が必要な点を中心とした、大規模なテコ入れが実施されました。身体の向き、動き方、立ち位置など、全体のバランスを取りながら、物語の中での必然性、演出の意図を強調するための修正です。物語全体の前半部分とダンスシーンに対して、演出から役者たちに事細かに指示が出されていました。あとは役者たちがそのイメージを共有して、その上に己の演技をしっかりと載せることができれば、より舞台が面白くなります。演出としてできることはここまでなので、公演までに役者たちがしっかりと役を作り、物語の中でそれを生かす感覚を浸透させられるかに、作品のすべてがかかってきます。当然ながら役者たちの集中と緊張は最高潮に高まっています。

tIMG_3589.jpg

この日具体的に申し送られたことは「どうすればいいか」ではなく「なぜそうするのか」をしっかり考えてこようということでした。演出からひとつの動作や立ち方などが指示されることはよくあることです。それをそのまま「こうやって動かなければいけない」「ここで大きな声を出す」「このタイミングまでに移動する」という段取りとして忠実に実行するだけでは演技になりません。その指示に対して「この人物がなぜそのタイミングでその動きをするのか?」という根拠を追い求めていかなければいけません。それがしっかりと構築されていくことで、舞台上の世界が現実的に生き生きとしたものになっていきます。セリフを形だけで覚えずとも、流れの中で自分の主張すべきこと、動くべきことが自然と浮かんでくるようになります。集団で演じる際には、このイメージや流れの共有がなければ、バラバラな世界のままになってしまいます。一人だけ頑張ってもダメ、一人が手を抜いてもダメというのが舞台の世界なのです。

tIMG_3611_201706292146572f5.jpg

ダンス練習では、なかなか一部の振り付けをマスターできない役者へ、他の役者が協力して「向かい合って練習してみましょう」「ここで止めるといいですよ」と、振り付け練習を実施していました。何回か練習していると「そうそう!それでOKです!」と、これまでできなかった振り付けができるようになりました。支え合う気持ちや自主的な努力が感じられて素晴らしい出来事にも見えますが、この稽古の合間に少し練習しただけでできるようになった振り付けが、今まで何週間待ってもできなかったわけです。その事実の裏側を察なお、団員たちは「自主練やっているので、一緒に頑張りましょう」「私も大変ですけれど、少しでもいいものを作ろうと思っているので」「がんばってるのはみんな一緒なんですから、一緒に頑張りましょう」「もう一歩先へ進みましょう」などと寛大な言葉をかけていました。この懐の深さが、てあとるみのりの団員たちのいいところでもあります。その環境に甘えるのではなく、感謝をしながら、一人ではできないチャレンジを一緒に積み重ねていく。その先に仕上がった舞台があるのです。ぜひ、お客様にはそんな我々の思いの結実をご覧いただきたいです!

tIMG_3604.jpg

6月22日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 22.2017 稽古レポート
18_key_02smp.jpg
第18回公演「ボーダーライン
8月4日(金)~6日(日) 北池袋 新生館シアターにて

公演情報特設ページ
チケットご予約フォーム



6月も終わりが近付き、残り稽古回数もあとわずかになってきました。梅雨空と晴れ間の繰り返しが続いていますが、てあとるみのりの活動は曇ることなく、ますますアクティブになってきています。全体としてギアが一段上がったような印象です。

そんな本日午前の制作部。衣装・小道具作りとグッズ作り、グッズの改善案の検討が次々とおこなわれました。並行して音響の編集や選曲作業も行われ、活動スペースでは様々な音が飛び交っていました。その音に交じって「ああ~つかれた~」「もうつかれた~」「なんでこんなに疲れるの~」と弱音を吐きまくる大女優の声が…。もちろんそんな彼女に対して周囲は「みんなも疲れてるよ」「あまり疲れた、疲れた連呼しないでくださいよ。周りまで疲れちゃう」「病は気からですよ」と温かくも厳しい励ましの声がかかっていました。いかにてあとるみのりの大女優と言えどもわがままは通りません。

tIMG_3310.jpg

午後の稽古は、これまで以上に本番を意識したものになっていました。前半はダンスシーンの練習。後半からは物語全体を通して稽古し、全体の流れの中で各シーンが持っている役割、狙いとする演出を整理しました。場面ごとの稽古ではその瞬間にだけ集中すればよかったわけですが、物語を通して体験するという観点からは、全体の流れを把握することが重要になってきます。何度も稽古をやっている側の視点ではなく、初めてこの物語に触れるお客様の感覚に近い視点で、物語の在り方を再構築していくのです。

tIMG_3352.jpg

演出側からの要求は表面的な演技のことではなく、その根底にある役作りの基盤についてにまで及んでいました。「そもそもこの人物はどんな人なのか?」。奥が深いような話ではありましたが、実際には演じることはこの基盤の上に成り立っているのです。セリフを言わせなければ観客にどんな人物か伝わらないようではだめだということです。何もしゃべらずとも存在しているだけで、どんな人物であるのかの想像ができるような表現があってこそ、その上に乗っかるセリフが意味を持ってくるという考え方です。物語の中のセリフとは、その人物を示す何億分の1程度の要素の表出に過ぎないわけです。簡単には見えてこない底辺の部分を考えること、表現することこそ役作りの本質なのです。

tIMG_3408.jpg

稽古は夜間にまでおよび、ダブルキャストの入れ替えを行ってそれぞれ1回ずつの通し稽古を実施しました。「2本やると疲れるね~」「でも本番は1日2回なんだよね」と、役者たちは汗をかきながら振り返っていました。まだまだ脚本を手放したことへの不安が強く、満足いくような演技はできていませんでした。その中で具体的に指摘された改善すべき点を、役者それぞれが磨き上げてきてくれれば、必ずいい方向に進んでいきます。その繰り返しで舞台は完成に至るのです。

tIMG_3386.jpg

tIMG_3420.jpg



6月15日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 16.2017 稽古レポート
てあとるみのり第18回公演「ボーダーライン
2017年8月4日(金)~6日(日) 北池袋 新生館シアターにて上演

公演の詳細・チケットのご予約は→公演情報特設ページ


いよいよ本日、第18回公演「ボーダーライン」のチケット販売がスタートとなりました。現在はご予約を受け付けている状態で、チケットの現物をお渡しするのはもう少し先ではありますが、すでに午前中からWEBご予約フォームからご予約のお申し込みをいただいており、本当にありがたい限りです!

ありがたさを共有しつつ、同時にしっかりとした作品を創らなければという責任感や使命感を感じながら、団員たちは今日の活動に臨んでいました。制作部でのいわゆる裏方作業も、午後の役者たちの稽古も同じように、力を合わせて取り組む姿勢が印象的でした。

制作部では、いつものグッズ検討を後半に回して、製造中の衣装作業を先に行いました。ベースになる衣装に装着するパーツがいくつかあり、その製造作業です。もちろん今の時点ではそれが何なのかはお伝えできませんが、何人かの団員たちで分業して取り組むほど手間がかかっていることだけはお伝えしておきます。いったい誰のどの衣装の一部なのか?ぜひ劇場でお確かめ頂きたいです。

tIMG_3181.jpg

後半のグッズ検討・試作では持ち込んだ素材や機材を使って実際にアイテム製造を行う団員もいました。これまでの話し合いや、自分なりの検証を重ねた上での作品の具現化です。すんなり採用されないにしても、次回までの改善点が具体的にフィードバックされます。とは言え、いつまでも検討と試作を重ねているわけにもいきません。6月いっぱいで新しいグッズの拡張はストップ。7月はとにかく生産に力を入れることになりました。

tIMG_3183.jpg

また、本日の制作部よりも先行して、フライヤー(チラシ)デザインも確定し、印刷屋さんへの入稿(印刷の依頼)も済ませています。間もなく現物のフライヤーもお目見えします。デザインが気になる方は、すでにWEBでは公開されておりますので、公演情報特設ページをご参照ください!

午後の稽古では第1次の衣装合わせを実施しています。この段階でそろっている衣装、案に挙がっている衣装を持ち寄って、実際に役者が着用して雰囲気や機能性を確認しました。まだその様子を紹介できませんが「もっと(裾を)上げてくれないと困る」「黒いズボンならぎりぎりではけるかも」「暑い」など、演出からの意見よりも役者からの意見・要望が目立っていました。OKが出た衣装もある反面、まだまだ改善や刷新が必要な衣装もありました。「予算がないからな~」「買うと5,000円ぐらいしちゃうから買えないよ!」と、予算のことを考えての悩みが尽きませんでした。

その後はウォームアップを挟んで演技の稽古です。この日は物語、舞台の構成において鍵を握ってくるシーンの稽古を重点的に行いました。この肝心なシーンが、これまでなかなか安定しなかったシーンでもありました。演じている本人が一番不安だったかもしれませんが、演出だけからだけではなく、他の役者からも励ましやアドバイスがあり、少しずつ形になって来ました。

tIMG_3195.jpg

tIMG_3197.jpg

また、先週から本格的に振りつけが入ったダンスシーンの練習も行っています。先週の振り付けの確認と、この日は新しいパートの振り付けも行われています。1週間前に伝えられたことは確実に身につけてこないと、どんどん取り残されてしまう構造です。数名の役者は自主練習を重ねてきたようで、その成果が随所に見受けられました。後は個々の苦手な動き、どうしても連動しない部分などを克服してもらうしかありません。決して超人的、専門的な振り付けではありませんので、反復練習で必ず再現できます。どんな状況下であれ、いかにやるかと言う問題だけです。

tIMG_3281.jpg

本格的な稽古が始まって1カ月が経過しました。このあたりから役者個人個人の演技の品質の差が目立ってきます。わかりやすく表現すると、うまくできている人と、かなり仕上がりが遅れている人がいるということです。稽古では当の本人がそのギャップに気付くことができます。当然ながら焦りも感じることでしょう。しかし、それが次回の稽古までの活力にあることも確かです。自分の演技に足りないものがどうすれば補えるのか?自分が目指すべき役作りの方向性はこれでいいのか?すんなり答えが出る場合もあれば、深く悩むこともあるはずです。一筋縄ではいかないからこそ演技の世界は奥が深くて面白く、普段の自分ではない他者に変身できることの快感を堪能できるのです。最終的には全員がこの領域に到ることで、見る者にもその面白さが伝えられるのです。

6月8日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 08.2017 稽古レポート
公演まで残すところ2ヵ月!活動日だけカウントするとあと8回しかありません。相当なペースで各種作業を煮詰めていく必要があります。

そんなシビアな状況の中、午前中の制作部では先週から引き続いてのグッズ案「宿題」検討を行いました。宿題というのは、ある団員が持ち込んだちょっと奇抜なグッズ案について、なんとか活用する方法がないかを考えて来ようというものです。果たして販売できるのか?そもそも製造するスキルとコストはどうなのか?販売する以外の活かし方があるかもしれない…などの観点から意見交換が行われました。何もないところから考えるのも大変ですが、ひとつのお題に立ちして様々な可能性を考えることもなかなか難しいものです。こういった発想のトレーニングは、物を創る、演技をするといった演劇の要素にも反映されそうです。

tIMG_3110.jpg

その後はひたすら製造中のグッズを仕上げていく作業です。同時進行で衣装作り…と、先週までと同じような光景でした。しかし、中身は着実に充実してきています。グッズも衣装も、公演日までにどのような仕上がりになるのか、楽しみなところです。逆に言えば、この段階でしっかりと作業を進めておかないと後で行き詰り困ってしまいます。作業中に誤って見本用のタグが付いた素材を使ってしまうひとコマもありましたが、発見が早かったため事なきを得ました。こういった失敗もありますが「これはずっとネタにされるね」とお互いに笑顔で修復し、繰り返さないように気をつけ合うようにしています。公演が近付いたシビアな空気の中でも、団員同士がいいコミュニケーションを撮り合っている印象です。

午後の稽古では今回も劇中に登場するダンスシーンの練習を行っています。一見すると簡単そうな動きも、実際に動いてみるとなかなか再現が難しく、また、思った以上に疲れるのがダンスならでは。何回か続けて踊っていると息が切れ、汗が流れてきます。それでも団員たちは不慣れな動きに四苦八苦しつつも、「もう一回お願いします」「音響を録音してもいいですか?」などと積極的な姿勢で繰り返し練習を行っていました。まだまだ熟練度は低い状態ですが、今回のダンスはこれまでお届けしたものとは一味違うテイストになりそうです。

tIMG_3119.jpg

演技の稽古も出席している団員の顔ぶれに合わせて実施しています。なかなか役の特徴が安定しなかった役者も、繰り返し稽古する中で、ひとつの突破口を見つけたようです。もちろん、まだまだ理想的な形に仕上がっているわけではありません。今回つかんだきっかけを生かして、より登場人物の生き様を表現できるように、さらに役者の個性が生きるような方向性で研究と鍛錬を重ねてきてもらいたいところです。演出からも具体的に「このシーンの前にいろいろあった上でのセリフであることを考え、その思いを相手もよく受け止めてほしい」「単体だけでもインパクトがあるが、周囲が正しいリアクションをしっかりと取れれば、より印象を強くすることができる」「このセリフの構造は、もちろん人物としては自分の目的にストレートな面もあるが、観客にはまだその目的がわからないはず。その両面から受け止められる大事なセリフです」などなど、様々な角度から具体的なヒントが出されていました。

tIMG_3130.jpg

tIMG_3137.jpg

そんなこんなで、本日は18時30分で活動終了となりました。今月中には通し稽古を実施する予定です。脚本を手放すかどうかは演出からの指定はありませんでしたが、これは逆に言えば、「言われなくてもわかっているでしょう?」というメッセージなのかもしれません。各自が隙のない準備をしてこなければ、稽古にならない段階に差し掛かってきました。いよいよボーダーラインです。

 HOME