12月14日の「影の舞台」です。

Posted by theatreminori on 15.2017 稽古レポート
てあとるみのり第19回公演影の舞台
2018年3月9日(金)~11日(日) 北池袋 新生館シアターにて
チケットは2018年1月中旬販売・予約開始予定です!

てあとるみのりイベント公演「ボーダーライン(改編版)」
2018年2月6日(火) 北本文化センター大ホールにて
特設ページ→こちら



12月も半分経過した14日午前の制作部は、人と荷物が行き来するにぎやかな時間となりました。荷物というのは、公演で使用する衣装や小道具、その原材料などです。まだ公演まで時間があると思われるかもしれませんが、早めに物をそろえておかないと、直前になって買いたかったものが売り切れ、入荷まで時間がかかる、予算が足りないなどの事態に陥ってしまうのです。インターネットの通販でたくさんのラインナップから、いつでもすぐに注文できる時代ではありますが、結局、入荷まで時間がかかる商品が多いのが実情です(特に安価なものほど海外から送られてくるので1~2週間かかるものもあります)。昔と比べて衣装探しの苦労は少なくなったものの、その分早めにあらゆるプランを固めていかなければいけなくなったので、日々衣装や小道具のプランを煮詰めているのです。

tIMG_5387.jpg

入荷したアイテムはすぐに現物を確認し、サイズ、色合いなどを吟味します。グッズに反映させなければいけないデザインもあるため、すぐにアイテムの写真を撮影する団員もいます。衣装であれば、それを切る予定の役者に試着をお願いすることもあります。そのうえで裾上げや着方のアレンジなどを検討、実行していきます。物を買って終わりではないので、アイテムの入荷が盛んになると、制作部も手掛ける作業が一気に増えます。もちろん、それと並行してグッズ作りも行っています。それぞれが役割を分担して、テーブルの上、床の上で作業を進めています。参加人数は多くても、手元の作業に集中しているので静かな時間が流れるのも特徴です。先週、グッズのサイズのことであれこれ文句を口にしていたK&Kブランドのリーダーも、この日は文句ひとつも言わずに、自分が手掛けるブランドのグッズを仕上げることに集中していました。

午後は稽古です。任意参加の夜間練習まで継続して行っています。本日から冒頭に行っているウォームアップの曲が新しくなりました。てあとるみのりでは、アップ(体操、ストレッチ、早口言葉練習など)の時に流れる曲を、公演ごとに変えています。それぞれの公演のテーマに合った曲が並ぶので、体を動かしつつも心の温度も上昇していきます。少しずつ役者たちのスイッチが入っていくように、ここでも音響面からのサポートが施されているのです。

tIMG_5389.jpg

その後の稽古では、しばらく新しい振り付けがついていなかったダンスに、新たな振り付けが与えられました。これまでの単調な動きが主体だった振り付けではなく、リズムの取り方や動き方も柔軟な雰囲気のダンスに挑戦しています。ダンス経験がほとんど皆無の団員たちは、この新しい動きについていくのが大変そうでした。それでも「繰り返さないと覚えない!」と、あきらめることなく練習を続け、ある程度の形まで進化させています。

tIMG_5390.jpg

その後の稽古では先週出番のなかった役者が登場するシーンを中心に実施しました。演技の中で相手を呼ぶという動作があり、その際にどうすれば相手がもっと近くに来てくれるかという課題が出ました。ただ呼んで、近くに来てもらおうとしても、相手が動ける動線や、呼んだ人との距離という要素もあるので、思うように相手が動いてくれないという事態に突き当たります。その時は、自分が動いて相手が動ける場所、動きやすい空間を作ってあげるという工夫が必要になります。

tIMG_5404.jpg

特にてあとるみのりの劇団員の中には、指示されたことを忠実に再現できない、その時のコンディションによって再現率にばらつきがある者もいます。そんな相手であっても、そういった工夫を積み重ねることで、しっかりと引き立たせることができます。この日の稽古でも、そんな工夫が求められるシーンがありました。演出からそんな対処方法を伝えられた役者は「あ、そうか!」「そうしてあげればこっちまで来てくれるよね」と、大きな気付きを得ていました。

tIMG_5396.jpg

再来週の稽古では「影の舞台」の通し稽古が行われる予定です。役者たちは脚本を手放したり、ほとんど見ないようにしたりと、今から通し稽古へ向けて準備しています。どんな気持ちで年を越せるのか?劇団員は緊張と不安に打ち勝つことができるでしょうか?


12月7日の「影の舞台」です。

Posted by theatreminori on 07.2017 稽古レポート
12月に入って2週目。年内にある程度の到達点を目指すため、制作部も稽古もどんどんスピードアップして進捗しています。団員たちは準備してきたものを週1回の活動時間の中で発揮するため、集中しながら取り組んでいました。

午前中の制作部は、引き続きグッズ作りを分担して進めています。定番になりつつあるプラ板アイテムはデザインと着色、カットまで進んでいましたので、本日から焼きと仕上げに取り掛かりました。3月公演用のグッズとして時間を逆算すると、過去最速の進捗状況になります。順調すぎるほど順調です。

tIMG_5296.jpg

大女優が手掛けるK&Kブランドの編み物系のグッズも複数の完成品が仕上がっています。手作りゆえの個体差が生じてしまうのは仕方ないことかもしれませんが、その差をどこまで商品として許容するのかが問題になります。この日も…
制作 「これじゃあ大きすぎて売れないよ」
女優 「大は小を兼ねると思って」
制作 「糸をほどいて決められた大きさに作り直してほしい」
女優 「えー!やり直すの?冗談じゃないよ~」
…といった議論が交わされていました。結果としては趣味で作った商品をお情けで買ってもらうというのは劇団の趣旨に反するということで、大女優も作り直しを受け入れました。編み物に限らず、頑張って作ったアイテムであっても当初のプランからずれてしまったり、望んでいた品質に到達していなければ、一からやり直しです。自己満足ではなく、お客様に販売する商品を作るという責任とプライドを持って、グッズ作りに臨んでいます。

午後の稽古は第19回公演影の舞台」のシーンごとの稽古を行っています。先週は前半を中心に行っていたので、今週は物語の中盤から後半の盛り上がりを確認しながら稽古しています。物語が核心に近付いてくるシーンの連続でもあり、役者たちの演技にも熱が入ります。ただし、その温度差にはまだばらつきがあり、ひとつのシーンとしてまとまり切っていない印象もありました。もちろん演出からはその指摘と修正方法の提案があり、早速そのテコ入れに応じた稽古を繰り返しています。

tIMG_5312.jpg

当然のことながら複数の役者が出演している舞台では、それぞれの人物にそれ相応の見せ場というものがあります。自分の演技に没入し過ぎることで、こうした舞台の構造を見失って、とにかく一生懸命演じてしまうケースがあります。こうなると、本来引き立たせなければいけない相手であったり、その後に控える自分自身の見せ場の印象を薄めてしまうリスクがあります。演技を構築していくときには、局面だけの感情や動作を追い求めるのではなく、包括的に物語全体を考慮しなければいけないのです。まさしく、ひとりひとりが演出家のような視点を持たなければいけないということです。

tIMG_5322.jpg

12月末で一度通し稽古を行い、1月には「影の舞台」を少し離れて、2月6日のイベント公演に向けた「ボーダーライン」の稽古に入る予定です。早めの進行で作品を仕上げていかなければいけませんので、稽古時間以外に各自がどれだけ様々なことを考えて演技の質を高めてくるのかが問われます。セリフを覚えるという形式的な問題ではない、もっと奥が深い準備を各自が行っているのです。意味が違うかもしれませんが、これも一種の「影の舞台」です。

tIMG_5350.jpg

11月30日の「影の舞台」です。

Posted by theatreminori on 01.2017 稽古レポート
11月は活動が2週連続で行事、祝日の影響を受けてお休みになっていましたので、久しぶりの活動となりました。劇団員はそれぞれの準備を進めた上でこの日を迎えたようです。緊張感もありつつ、楽しみな雰囲気も感じられました。

午前中の制作部はグッズ作りと衣装関連の買い物と大きく二つのグループに分かれての作業となりました。買い物班は数名で近所の100円ショップへ。グッズ作り班はさらに担当する作業を分け、黙々と作業しました。制作部には新しい団員が増えているので、グッズのバリエーションも増え、仕上がりの品質も高まりそうです。1年前には人数も少なく、ひとつの工程にも時間がかかっていた制作部が、個々のスキルアップに加えて、参加者の増加という嬉しい変化によって、着実に生産能力を高めています。そういった体制的な進捗に比例して、完成させる商品のイメージもかなり練りこまれていますので、作業は順調です。てあとるみのりの大女優も時折「今日雨が降るらしいから傘立て出しておいてよ」と、天気のことを気にしながら手を動かしていました。

tIMG_5232.jpg

午後の稽古では、2週間の休みの間に手が加えられた脚本についての説明がありました。大きな流れはそのままに、個々のキャラクターの主張や特徴がより強調、整理された物語は、確実に2週間前より面白くなっています。物語そのものに、てあとるみのりが受け継いでいる大きなテーマも根付いており、まさに完成形に至ったという感触です。役者たちもそんな脚本のポテンシャルに重圧も感じつつ、それを表現することへのワクワク感を抱いていました。

tIMG_5252.jpg

以前の脚本の状態でも十分に読み込んできていた役者も多く、順応はスムーズでした。早速行われたシーンごとの稽古では、早くも脚本を手放す役者が続出でした。12月の差刺繍稽古では通し稽古を行うことがすでに告げられていますので、当然と言えば当然の速度感なのでしょうが、今まではどこかのんびりした感じで「まだそこまでやらなくても大丈夫だろう」と構える役者がほとんどだったことを考えると、制作部に負けず、役者としても劇団員に変化が生まれてきているようです。

tIMG_5273.jpg

脚本を手放すことは勇気のいることかもしれません。当然ですが、脚本を見ながら呼んだ方が確実ですし、思い切って演じることができます。脚本を思い切って手放すことで、不安になり、セリフの順番ばかり頭の中で反復するようでは、脚本を手放す意味がなくなってしまいます。この日の稽古では、脚本を手放して挑んだ役者が、演技の中で自分が呼ばれたわけでもないのに「はい!」と勢いよく返事をしてしまうという現象が発生しました。一見するとただのおもしろNGシーンで、みんなで笑って済ませてしまいそうなことですが、実はこの裏側には演技そのものの構造を大きく踏み外した力動が働いているのです。つまり、脚本を手放したことで、セリフの順番や展開のきっかけばかり頭の中で再生してしまい、「このシーンで名前を呼ばれる」「呼ばれたらすぐ返事をする」というロジックだけで待機していたのです。結果として、自分ではない他の役が呼ばれたのに、条件反射のように素早く返事をしてしまったわけです。セリフを覚えたかどうかの不安、正確に再現しようという誤った集中力ばかりが先立って、実際にその場に立ち、相手の声や思いを感じ取っていないことの象徴でした。演出からは「思い切って脚本を手放したのなら、演技も思い切ってやり切る覚悟を持て」という言葉が投げかけられました。間違えることを恐れるのではなく、芝居の中で正しいことをしてしまえばいいだけの話だという開き直りで、思い切り演じ切ることの方が「生きた芝居」を生み出す上では大切なのです。

tIMG_5247.jpg

そんなわけで、早くも11月の稽古が終了となりました。てあとるみのり第19回公演影の舞台」は2018年3月9日(金)~11日(日)の3日間、北池袋 新生館シアターにて上演予定です。チケット販売・予約開始は2018年1月中旬を予定しています。今回も上演回によってプレゼント企画も準備しています!ご期待ください!

11月9日の「影の舞台」です。

Posted by theatreminori on 09.2017 稽古レポート
ついに第19回公演のタイトルが発表されました!てあとるみのりが、北池袋新生館シアターで2018年3月9日(金)~11日(日)にお届けするのは「影の舞台」です!団員には脚本が配布され、配役もほぼ明らかになりました。

そんな午前中の制作部では、先週商品化が決定したグッズの製造が始まっています。いくつかのバリエーションが存在するアイテムなので、どのパターンを何個製造するかを、様々な角度から検証して作業に取り掛かりました。何名かで作業工程を分担して、ロスのないように注意を払いながら進めています。それ以外にも、イベント公演で必要な衣装のパーツ作り、次回公演のプレゼント企画の商品の試作と検証が行われていました。スケジュールには多少余裕があるので、より質のいいものを産み出せるように、団員一同意見交換と技術の体現を行いながら取り組んでいます。

そしていよいよ午後。第19回公演「影の舞台」の脚本が印刷と製本を終えて、団員の前にお目見えしました。表紙のビジュアルに「いい感じ」「小説の表紙みたい」という感嘆の声が沸き上がり、物語の内容、登場人物の生き様にも「このキャラクターいい!」「面白い!」といった、明るい反応が見られました。脚本を目にした段階で感じた面白さや作品の魅力を、実際に演技として表現することは容易ではありません。面白いと思えば思うものほど、表現することが難しいものです。これから公演までの稽古の中で、少しずつイメージに近い表現を追い求めていきます。

tIMG_5197.jpg

演出からの人物や物語の設定に関する説明の後、さっそく読み合わせを行いました。初見ということもあり、読めない漢字、いいにくい言葉に苦労する役者も散見されました。その一方で、脚本の中のユニークな表現を見事に再現した場面には、出演者たちから自然と笑い声が漏れていました。キャラクターの特徴をより分かりやすく伝えるにはどうすればいいのか?そのアドバイスが演出から伝えられ、何度か短いシーンを繰り返して稽古しました。その成果はすぐに表れ、どんどん魅力的な人物像が描き出されていました。稽古初日としてはなかなかの好感触。ここからどこまで質を高められるか?役者たちの稽古時間以外の頑張りがものを言いそうです。

tIMG_5193.jpg

こうして第19回公演「影の舞台」が本格始動しました。年内には通し稽古を実施する予定です。稽古回数が限られているうえに、全員が毎時間揃わないという条件の中での作品創りです。役者たちだけではなく、裏方もそれなりの速度で動いていく必要があります。様々な要素が組み合わさってひとつの舞台が完成するのです。

twIMG_5218.jpg


11月2日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 02.2017 稽古レポート
11月になって最初の活動日。実は11月は16日が行事、23日が祝日ということで2週も活動がお休みになってしまう予定です。1回の活動を大事にしていく必要があります。

午前中の制作部では、先週出ていたグッズ案の試作品が持ち込まれ、見た目の印象、改善点を話し合いました。基本デザインが採用された場合、どのようなバリエーションで展開するのかも含めての検討です。また、前回ご好評をいただいた…と思われる来場者プレゼント企画についても具体的検討が重ねられました。結論からお伝えすると、今回も何らかのグッズを抽選でプレゼントしようということになっています。もちろん、団員の手作りで、他に同じ商品が存在しない一点ものになる予定です。まだ詳細はお伝えできませんが、今回は複数の種類になりそうです。



てあとるみのりの大女優が手掛けるK&Kブランドのグッズも開発が進行しています。既にアイディアは採用されているので、いよいよ実際の製造に入っています。これまで「ここはこうした方がいいんじゃないの?」「こっちにした方がいいよ」「えー?これじゃあ無理よー」などと、何度も議論を交わしながら品質を高めていった商品です。今から完成が楽しみです。

tIMG_5152.jpg

午後の稽古では第19回公演向けのショートシナリオの読み合わせとダンスシーンを行っています。脚本読みでは「あれ~?フツーになってしまった!」と相変わらずキャラクターの表現に手応えを感じられない役者と、「こういう時〇〇〇な感じの人なわけですね」と、人物の思考パターンを想像できている役者が入り混じっていました。いずれにせよ演出からは、まだ実際の脚本が与えられていない練習段階でもあるので、いかにキャラクターの特徴をわかりやすく表現するか、そのための工夫はどんなことなのかを考えていくことが求められていました。具体的な有名人(キャラクター)例が示されると、まずはそのモノマネをやってみて、その時に意識した特徴、出そうとした雰囲気を振り返り、それを脚本の中の役でも意識してみるというセッションを行うと、これまで人物表現に苦戦していた役者の演技がガラリと変わりました。形から入るという役作りは本来の純粋なものではないかもしれませんが、何かを形にして相手に伝えなければいけないという、役者が持つ最低限の役割を全うするための一局面としては有効なものかもしれません。もちろん、完成版の脚本が手に入ってから、ここで作った器の中身を満たしていく作業が待っています。人物を創り上げていく順番の違いがあるだけで、最終形態は形だけのものではなくなるというわけです。

tIMG_5163.jpg

演技の練習を一通り実施してからはダンス練習です。先週授けられた振り付けを確認しながら、先週休んだ団員へのシェアが行われました。ある程度予習してきた団員と、全く準備してこなかった団員がいましたが、「練習で恥をかかないと上手くなれない」という意識は共通していました。見よう見まねで必死に振り付けを感じ取り、曲に食らいついていくような練習が繰り返されていました。先週、ある程度の勢いで踊れていた団員は、1週間間が空いたことで変に頭を使うようになってしまったのか、踊りが小さくまとまってしまっていました。もっと感情的に動くように指示されると、自分でも「ちょっとやり過ぎましたか?」と言うぐらい大きなアクションが目立つようになりました。「出過ぎている表現を抑えてもらうことは、出てこない表現を出してもらうより簡単なので、今の段階ではOKである」という演出からの言葉が印象的でした。

tIMG_5170.jpg

ダンスに関しては全員が素人ですし、それほどの知識も経験もないので、心底楽しいというよりも重圧や不安の方が大きいのは事実です。しかし、「できない」「無理だ」と言って止まったままでは、どんな簡単な動きさえもできるようにはなりません。逆に言えば、様々な動きも、練習を繰り返せば繰り返しただけできるようになります。何かを始める、挑戦するのに遅すぎることなどありません。それを舞台の上で証明するため、団員たちはこの日も時間の許す限り繰り返し踊って、全員で曲とリズムと時間を共有していました。これまでにない品質をお届けすることが、自分たちの存在意義の証明になると信じて取り組んでいます。

次週にはいよいよ第19回公演の脚本が配布される予定です。団員たちは、役者としての準備や動きにも時間を割くことになっていくはずです。そこで密度が薄まらないよう、それぞれの役割がより高密度に重なり合っていくよう、改めて前を向きながら進んでいきます。

 HOME