行く年を振り返ると来る年に振り替える動機が残る。

Posted by theatreminori on 31.2011 主宰者コラム 0 comments
もうすぐ2012年になろうとする夜更けに「ぷっすまSP」を見ているSugiです。

去る12月29日の稽古をもちまして、2011年のてあとるみのりも無事に終了となりました。
予定通り2回の公演を実施することができ、観客動員も順調に成長させることができました。皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。

思い返してみると、3月の「宴もたけなわ」の翌週に東日本大震災に見舞われ、9月公演の脚本が全く書けない精神状態となり、過去に類を見ない苦悩を体験しました。苦労の甲斐あって、「club No.1」はお客様に大変なご好評をいただきました。そして、第7回公演「ミンナ_シッテル」の脚本執筆では、震災後休止していたT.M.Evolutionとの完全なるコラボレーションを具現化することに努めました。

この1年は、これからのてあとるみのり、関係者の人生に必ずや大きな影響を残すことでしょう。そして、来年はさらに大きな影響を皆様にお届けできるように、我々はまず3月の公演成功を目指します。よろしくお願いいたします。

…真面目な挨拶とさせていただきましたが、目の前では剛とミゲル君の戦いが繰り広げられているのです。では、みなさんよいお年を!

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する