この夜空に春を迎えるための長き冬が始まる。

Posted by theatreminori on 16.2011 主宰者コラム 0 comments
みなさんこんばんは。主宰者Sugiです。

いたるところで、「3月の公演はかなりすごいですよ」「今まで以上に高まってますよ」と豪語しております。もちろん、自信がないわけではないのですが、実際問題、これは私一人の力では達しない境地ですので、保証はできません。もちろんのもちろん、団員の底力を信頼しての有言実行のつもりです。

ところで、今夜はとてもきれいに夜空が映えています。
月が高く輝き、星が盛んに瞬いています。
ただし、これは大都会東京で観測したものではありません。そこから1時間30分ほど移動したところでの実測です。そういうところに住んでいるわけです。そんな空気の些細な流動を感じるほど、その地で生を営んでいるからこそ見える景色、描き出せる物語があるのかもしれませんけれど、大都会のネオンの海に見出すドラマも存在するはずです。今の私には見えませんが。

何はともあれ、このような星空が象徴しているのは冬の訪れです。空気が乾き、澄んで、風が雲を掃除する。まさに冬の醍醐味。そして、春を目指すための試練の季節の訪れです。

さあ、今週からいよいよ我々の稽古も厳しい試練に突入です。すべては春を笑顔で迎えるために必要なこと。信頼と自信で不安を凌駕し、仲間とともに歴史の一端を担う。3月の公演はとんでもないものになるはずです。有言実行。

お楽しみに!そしてよろしくお願いします!

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する