てあとるみのりイベント公演「ボーダーライン」(1月23日更新)

Posted by theatreminori on 17.2017 公演・チケット情報
18_26_05_3m.jpg kk_event.jpg


2018年2月6日(火)。北本市文化センター大ホールを会場に開催される、『第7回「精神障がい者の明るい未来のために」フォーラム ~広げよう笑顔の輪~』(主催:鴻巣北本地域自立支援協議会精神障がい者部会)にて、てあとるみのりが「ボーダーライン」の改編版(上演時間をイベントのスケジュールに合わせて短縮したバージョン)を上演します!

このイベントは、鴻巣市・北本市にある精神障がい支援関係団体・家族会・民生委員などのご参加のもと、精神障がいに関する講演や当事者の体験発表、参加各団体による合唱などを通じて、広く精神障がいに関する理解を広めて、精神障がい者の明るい未来を一緒に作っていきましょう…という趣旨で開催されています。今回上演させていただく「ボーダーライン」の内容だけではなく、てあとるみのりの取り組みそのものがイベントの趣旨に合致していることから、ゲスト枠でお招きいただいた次第です。誠にありがたい話です!

<上演日時>
2018年2月6日(火)13時40分ごろから
(13時開場、13時20分イベント開始)

<会場>
北本市文化センター大ホール(JR高崎線北本駅から徒歩10分)

<入場料>
無料、予約不要

<あらすじ>
小説家になりたいという思いを抱きながらも、なかなか作品が認められない女性。いつも選考会で作品が選ばれない要因は何なのかと悩む日々を送っていたある日、彼女は新作のイメージ作りのため、都心を遠く離れた山奥まで足を延ばしていた。そこで発見した不思議な雰囲気のある廃屋。彼女は臆することなくその廃屋の魅力の中でアイディアを具体的に練り始める。しかし、彼女が足を踏み入れた山には、知られざる秘密が隠されていた…。

てあとるみのりが描く、世に存在する様々な境界線の交錯と錯誤が織り成す人間ドラマ!2017年8月の第18回公演で披露した際には「物語が良かった!」「ダンスがすごかった!」と、大変多くの反響をいただいたてあとるみのりが誇る名作のひとつが、イベントのプログラムに合わせて約半分の45分に凝縮されたステージです!

<出演者・配役>
満園仁美(ユウキ役)
村上栞(村人役)
岩崎和巳(社長役)
國澤ひとみ(秘書役)
石塚美穂(キツネ役)
川口和恵(タヌキ役)
中泉けい子(山神役)
田中聡(???)