1月17日のTHE STAGEです。

Posted by theatreminori on 17.2013 稽古レポート 0 comments
どうも。今週は何か語っている余裕すらないSugiです。

間もなく終わろうとしている1月17日に行われた稽古の様子をお届けします。



本番まで1カ月となった本日の稽古。冒頭からの通し稽古です。自由に動ける人と、まだまだ脚本という補助輪に頼っている人、脚本をハンドルの如く必死に握りしめている人など、仕上がり具合に差はありましたが、全体が同じ方向を向いて動いている感覚は強いものがありました。あとは、もっと自由に解放されたときにどんな演技を見せてくれるのか?委縮せず、のびのびと大胆に表現できるのかがポイントになりそうです。

tIMGP7377.jpg

こうして紹介しているシーンには、本番では登場しないものもあります。演出が変更になったり、その存在自体が削除されたりと、理由は様々ですが、いずれの場合も、より良い作品にするための決断が背景にはあります。本日も団員で、現状の仕上がりと今後の可能性を客観的に考慮して、変更するか存続させるかを話し合ったシーンがありました。

tIMGP7383.jpg

様々な可能性を模索して、生まれた意見を実践してみることも重要です。それがボツになっても、イメージを形にしてみることに挑戦したことは大きな力になります。そして、そこに表出する役者たちの表情の方が、普段より輝いていたりします。

こんな雰囲気で本日の「THE STAGE」稽古は進行しました。あとは個々のクオリティをさらに高め、全体できっちりと気持ちを合わせて盛り上がっていくだけです!そのはずです!

そして、稽古終盤には「そこにあるもの」の配役会議を行いました。そして、それぞれの希望をもとに、配役が決定。前回のオーディションに比べると大きなバトルはなかったのですが、だからと言って生半可な気持ちでは、役を手に入れることは許されません。仲間から、演出から、その役を全うできるかどうかで気になる点に鋭いツッコミが投げかけられます。まさに覚悟が本気であることを示し、やり切って見せる契りを交わすときです。

そんなわけで、いよいよ第10回公演も同時進行ながら本格化となりました。公演回数も当初の5ステージから6ステージに変更されることが決定しました!チラシとチケットも着々とデザインが深まっています。いい感じですよ。「そこにあるもの」も、やり切るしかありません!もはやキャンセル不可です!

「THE STAGE」はあうるすぽっとにて入場無料(12:30会場、13:30開演)。「そこにあるもの」は間もなくチケットの販売を開始します。今回もおひとり様700円の予定です。フラゲはできませんのであしからず。よろしくお願いします!

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する