学芸会

Posted by theatreminori on 15.2010 稽古レポート
みなさんは、小学校のときにやった学芸会を覚えていますか?
オーディションがあったり、歌や演技の練習…もちろん楽しかった記憶ばかりではないでしょう。でも今思い出すと嫌だった思い出すらも楽しい想い出になっているのかもしれません。

当時のみんなと再会したとき、学芸会を思い出したとき…それぞれの記憶の中にはどんなシーンが描かれているのでしょうか?hide-and-seekでは、幼い頃を共に過ごした仲間と再会します。もちろん、思い出話に花を咲かせることでしょう。学芸会の話にもなるかもしれません。その中でもしも今、当時と同じ学芸会のシーンを再現するなら…いったいどんな風になるのでしょうか?当時の嬉しさや嫌だった気持ちまで思い出してくるかもしれません。

脚本に描かれている「今」だけでなく、幼い時を過ごした「過去」までも描き出していく。その難しさに今、役者陣は直面しています。彼らにとって役の人生や経歴を創造していくことは難しく…その思いが恥ずかしさやぎこちなさへと繋がっているのかもしれません。来週には、脚本を手放しての練習が開始されます。想像から創造の世界へ羽ばたいていく瞬間を見守りたいと思います。