FC2ブログ

6月17日の「やみのむこうに」です。

Posted by theatreminori on 17.2021 稽古レポート
6月17日(木)の午前中は晴れていたかと思ったら突然大雨になり、また晴れたと思ったらまた雨が降って来るという不安定な天候でした。ちょうど昼休みにお昼ご飯を買いに出た劇団員が雨に降られて「突然降ってきた―」と大慌てで戻ってくる一コマもありました。

tDSC_0892.jpg

そんな外の天候に気を取られつつも午前の制作部は順調に進行しました。いよいよ何点かのグッズは完成形が定まり、増産体制に入っています。今のところ縫物、編み物系のグッズが先行していますが、それ以外にもあの定番アイテムの製造も決定しており、次週にはデザインの具体的検討が始まります。

午後は第25回公演の脚本(完成版)が配布されてから最初の稽古でした。どの役者もこれまでのワークショップ形式の稽古で培った脚本のスマートな読み方を実践してきたようで、早くも脚本をほとんど見ずに演じる者までいました。逆に、まだその手法がすんなり浸透しておらず、少々出遅れ感のある役者もいました。それでも、過去の稽古初日に比べればはるかにスタート地点を前進させることができていました。あとは、この平均値の水準を全体で引き揚げていければ問題ないはずです。

tDSC_0895.jpg

ほとんど脚本を見ないことで、当然ながら思いがけないトラブルが生じることもあります。今回もある役の人物が非常に重要なセリフを演説している最中に、何を思ったか合いの手のような掛け声を発する役者もいました(もう少し先のシーンのセリフの一部でした)。これには、まじめな演説も笑いの感情で崩壊してしまいました。主犯の役者は「きっかけになるポイントを勘違いしていました」と謝罪していましたが、チャレンジしての前向きなミスですので、そこを責める劇団員はいませんでした。

twDSC_0905.jpg

このようなミスは稽古の序盤だからこそ容認されます。逆に言えば、今のうちにたくさんミスをして恥をかいておくべきなのです。うまくやろう、間違えないようにしようと意識し過ぎて、言葉の形や表面に囚われてしまうと、あっという間に演技の質が停滞します。脚本のセリフに縛られて、表現ではなくセリフの再生になってしまうのです。もちろん、全くあらすじも物語のイメージも頭に入っていない状態での無謀なチャレンジを行うのはお勧めできません。裏返せばイメージが身についた状態に早くたどり着かなければいけないということです。

tDSC_0912.jpg

本日は、実際の動きや場面転換も想定しながら通して脚本を読み、気になったシーンを抜き出して演出を交えて稽古しました。いわゆる返し稽古を行うと、公演に向けた稽古が始まったなぁと実感できます。そんな第25回公演「そこにあるもの ~しんそこにあるもの~」の劇場公演は2021年8月27日(金)~29日(日)、北池袋新生館シアターにて上演されます(社会情勢によって変更される場合があります)。そして9月には録画配信も行います。チケット販売や配信のご予約などの開始まではもう少々お時間を頂戴します。続報をお待ちください!

第25回公演「やみのむこうに」公演・チケット情報

Posted by theatreminori on 13.2021 公演・チケット情報
てあとるみのり第25回公演
「やみのむこうに ~しんそこにあるもの~
【脚本・演出・総監督】椙田佳生

<あらすじ>
同盟国から突然の侵攻を受け、居城を追われた王子が従者と共に逃亡する。闇をさまよい行き着いた先は「死の大地」と呼ばれる不毛の地に隣接する立ち入り禁止地区。死の大地から流れ込む毒に汚染されたその地には誰一人として足を踏み入れることはなかったはずなのだが…。果たして、そこにあるものは?

<上演日程>
2021年8月27日(金)~29日(日)

<上演会場>
北池袋 新生館シアター
※東武東上線北池袋駅 徒歩30秒

<観劇チケット>
2021年7月上旬販売開始予定(予価:1,500円)

<配信日程>
2021年9月中旬より録画配信予定(YouTubeにて)

<配信チケット>
2021年8月上旬より予約受付開始予定(予価:1,500円)

<出演者>(2021年6月10日現在)
田中聡
岩崎和巳
ayumu
川口和恵
久慈知香
橘剛
のむらそうし
村上栞
中泉けい子

<照明>
中山信之(劇団GIFT)

<音響>
椙田佳生

<制作>
石塚美穂

6月10日の「やみのむこうに」です。

Posted by theatreminori on 10.2021 稽古レポート
この日のビッグイベントは細かい調整が終わって製本された脚本が出演者たちに配布されたことです。これまでのテスト版と体裁も異なり、いよいよ本物の脚本という感じです。

さて、そんな脚本の印刷と製本作業と並行して行われた制作部では、公演で販売予定のグッズ製造がかなり本格化してきました。複数の種類のグッズを分担して、各自のペースで作業しています。もちろんソーシャルディスタンスで。人によって作業の内容は違っていても、目的は共通で、その商品が販売される前提で形を整えたり、微調整を加えています。

DSC_0883s.jpg

あっという間に12時を迎え、お昼休みになりました。休み時間中は過去の公演の思い出話(失敗談)で大いに盛り上がりました。いきなり相手役の名前を間違えた事件、あの公演を再演するならだれがどの役かなど、これまで苦楽を共にしてきた間柄だからこそ笑いながら話せる話題ばかりでした。

午後の稽古は先週出ていた課題、脚本の全体像を把握して物語のテーマや人物の特徴を読み取ろうという取り組みについて、各自が準備してきた自分なりの解釈を発表し合いました。演出から要求されるテーマやコンセプトとは別に、各自が自分ならここをより強調したい、お客様にこんなテーマを届けたいというイメージを持つことで、演じる時の演じ方、何を押し出して、どこを控えるかのメリハリなどを理解できるようになります。また、他者のイメージを共有することで、新たな発見があることと、それを生かすために自分にできることは何かという模索に至ることができます。これによってお互いに表現したいことをよりよく表現するための良好なコンビネーションが成立するようになります。お互いに引き立て合うことで、面白さや奥深さが強化されるのです。

物語の解釈をディスカッションした後は、一人ひとりに製本済みの脚本配布式が催されました。手渡しの際に演出(脚本)から役のワンポイントアドバイスも添えられて、受け取った役者たちは非常に感慨深げでした。ここからどのように物語や役にアプローチしていくかの方法についても説明があり、まずは来週の稽古に向けて各自が準備をしてくることになりました。

1623311676112.jpg

話の中で演出から脚本読み(セリフ覚え)と自転車の補助輪の類似点についての例えがありました。「不安だからと言っていつまでも外さずにいたら、永遠にできるようにならない」、「完全にできずに何度も失敗しても、失敗した分だけできるようになっていく」、「できるようになったら外します…で、できるようになるわけがない」、「つまづいたらそこに立ち返ってもう一度挑戦する」などなど、実にもっともだなぁと思わされる例えでした。

1623311574056.jpg

さあ、いよいよ本格的に始動したことになります第25回公演「やみのむこうに ~しんそこにあるもの~」!8月27日(金)に向けて、全員が集中して取り組んでいきます!お楽しみに!

6月3日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 03.2021 稽古レポート
早いもので6月です。実感がわきませんが2021年も間もなく折り返しなんですよね。そして新年度がスタートして3か月目です。早いです。このままではあっという間に8月下旬を迎えます。そう。第25回公演です。2021年8月27日(金)~29日(日)に北池袋 新生館シアターにてです。そして9月から録画動画の配信も予定しています。各種チケットの販売開始は7月に入ってからになりそうです。

いきなり宣伝から始まりました6月3日(木)。午前中の制作部はひたすらグッズ作りでした。途中不足した布の買い出しもありました。そうなんです。布を使ったグッズが今回の目玉商品かもしれません。布を使うというと…バッグ?袋?服?タオル?などなど、様々なアイテムが思いつくことでしょう。もちろんまだ内緒です。

12時から13時の昼休憩をはさんで、午後は16時まで稽古でした。第25回公演用の脚本が配布され、早速シーンごとに多少の動きを交えながらの読み合わせを行いました。

tDSC_0836.jpg

まだ確定していなかった配役については、何パターンかの組み合わせを試してみて、最終的には演出が「これからの伸びしろ」と「本人の適正」双方のバランスを考慮して絞り込みました。また、先週まではこの役はこの人かな…と決まったかに見えた役も、この日の稽古によって別の人材を探すことになるというケースもありました。この社会情勢と、当団体の活動スケジュールの兼ね合いもあって、この一部の配役決定には時間がかかるかもしれません。

tDSC_0834.jpg

劇団内でも公演用の脚本はこれまで全貌が明らかになっていませんでした。前半部分、8割程度の脚本で練習を重ね、この日、遂に完結までが描かれた脚本になりました。もちろん単に終盤が書き足されてというわけではなく、1回ごとの稽古での役者の演技、特徴などを反映させつつ、役どころや展開も大幅にアレンジされる改訂が施されての脚本です。「こうなったのか」「最後のここ、いいですね」「最初の部分が生かされてますね」など、役者たちもそんな物語の成長を感じていました。

tDSC_0841_2021060317121854c.jpg

さて、ここからは、この物語の面白さ、伝えたいこと、登場人物の生き様や特徴、生活背景などを全員で共有し、各々が表現する努力をしていくことになります。本日配布されて脚本を役者たちは読み込み、次回の稽古ではそんなディスカッションが行われることになっています。くれぐれも自分のセリフだけを追わないよう、物語全体を広く深く読んでくることが課題です。「これで始まったという感じがします」「やらないと」と役者たちも気を引き締めていました。そして早くも通し稽古の日程も発表されました。もうほとんど時間がりません。次週までのスタートダッシュが大きな山場になりそうです。

tDSC_0832.jpg

ちなみに、第25回公演のタイトルは、もう間もなく発表される予定です。お楽しみに。

 HOME