FC2ブログ

10月15日の「#ウオツー」です。

Posted by theatreminori on 15.2020 稽古レポート
いよいよ本日10月15日(木)より第24回公演「WALK ON 2WAY」の稽古が始まりました。オムニバス短編の3本立て公演ということで、作品も3作品。稽古初日にその脚本が全部揃ったこともすごいことですが、出演者(作品ごとの入れ替わり稽古)も全員が参加したことがもっと珍しいことでした。短期間で短編に少人数で挑むというスタイルが、参加者の気持ちにも何らかの変化をもたらしているのでしょうか。とにかく、この日から1か月少々、舞台作りがスタートです。

午前中の制作部では次々と完成形に到達するグッズが出てきました。試作で難航していた品物もやっとひとつの完成形まで到達しました。量産できるかは作り手次第ですが、完成させるためのやり方はしっかりとモノにできましたので、何とかなるような気がします。順調に進んでいたグッズは数をそろえる工程に入っています。さらに出来上がっているアイテムはビニールの袋詰めを実施しました。今回は消毒できるようにすべてのアイテムをビニールに入れる予定です。

1602828358923.jpg

そして午後の稽古。この日から3部制の完全入れ替わり稽古です。「この時間で帰るなんて変な感じ」「あとは夜に3人来るんだっけ?」「ユニット2の稽古って何時までだっけ?」など、まだまだ不思議な感覚の中での稽古でした。ひとつのユニットの出演者数は4名。合計で12人が出演予定になります。しかし全員が同じ稽古場にそろうことはありません。全体での通し稽古も実施しません。すべては新型コロナウイルス感染予防対策です。我々が感染してしまったり拡大させてしまうと、お客様や劇場さんに迷惑が掛かります。それを少しでも防ぐために、稽古場での衛生管理もかなり徹底して行っています。手洗いうがいとマスクはもちろん、床や壁に触れない、他者と接触しない、正面で会話しない、椅子や用具の使いまわしもしないなどの細かいルールの中で稽古を行いました。

twDSC_0158.jpg

まだまだ初日…とはいえ、公演までの稽古回数は6回。初見の脚本であっても「じゃあやってみましょう」といきなり立って動いての稽古になりました。実はこの流れ、てあとるみのりではいつものこと。いつも演じることの楽しさを優先して、座って読み合わせという回り道は行っていません。「動いた方がやりやすい」「どうせ動くんだから」と、役者たちもこの方法にすんなり対応していました。

twDSC_0166.jpg

これまでの昼稽古だけでなく夜間も稽古が始まりましたので、久しぶりに顔を合わせる劇団員も多く、ちょっと懐かしい気分にもなりました。しかし週1日だけの稽古で仕上げていくのはなかなか大変なことです。各自がどれだけ上積みしてくるか、振り返ってくるか、イメージしてくるか…。その成果が少しずつ積み重なって完成していく「WALK ON 2WAY」を、どうぞお楽しみに!

twDSC_0168.jpg

10月8日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 08.2020 稽古レポート
先週木曜日の夜に行われた総監督&制作の気まぐれ座談会第2回をご視聴頂い皆様、どうもありがとうございました。その配信内でも発表されました通り、第24回公演は「WALK ON 2WAY」という総合タイトルでお届けする短編3本立ての公演です。出演者数も各演目4名に制限して「生観劇」「録画配信」の2WAYでお届けする公演になっています。詳細は以下の特設ページからご覧ください!
第24回公演特設ページ(随時更新)

さて、そんなわけで、具体的に公演の実態も見えてきたわけですが、制作部はグッズの完成へ向けてかなり本気を出し始めました。裏返せば、そろそろやらないと間に合わないぞという空気が濃くなってきたわけです。本日午前の活動では「よし、ここまでくれば大丈夫」というレベルに達したアイテムもありました。少しずつではありますが販売するアイテムが充実してきました。公演の特性上、いつものように豪快に販売ができないことが心苦しいですけれど、かなりいい品を用意できそうです。もちろん、通信販売での展開も考えていますので、そちらも併せてご期待ください。



午後の稽古では「WALK ON 2WAY」の作品の一部を先行して読み合わせました。実際の稽古開始は来週15日の予定ですが。本日の稽古に参加した団員は一足先に作品の一部に触れることができました。同時に舞台上に存在するのは最大で4名です。ほとんどの団員に他人の演技を観察する時間があります。わかる人にはわかるネタや、誰が見ても面白くなりそうな展開に、ギャラリーからは笑いが起こっていました。

tDSC_0171.jpg

もちろんまだ未確定な要素がたくさんある読み合わせでしたが、そんな中でも演出から「あそこのアイディアは面白かったので、あのまま行こう」「もっとこうやったらおもしろくなるんじゃないか?」といった提案がいくつかありました。動きが伴う演出では「動画に撮ってもらえませんか?」と申し出る役者もいました。今回は稽古時間が潤沢にはありませんし、共演者も少ない公演です。自分でしっかりと復習できないと、演技の仕上がりが遅くなりますので、このような工夫も必要です。

tDSC_0175.jpg

まずは短編2作品の雰囲気に触れた本日の劇団員たち。来週からは「WALK ON 2WAY」の稽古が本格スタートです。これまでの稽古には参加していなかった役者も合流予定です。ただし、感染症対策で稽古時間は演目ごとのシフト制。なかなか出会うことのない、相手の作品がどんな感じかわからない役者同士もいるはずです。それぞれの道を信じて作品を作り上げていくという点で、まさに今回の公演テーマが「WALK ON 2WAY」なわけです。稽古開始と並行して、公演に関する情報をリリースしていきますのでお楽しみに!

10月1日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 01.2020 稽古レポート
第24回公演を11月下旬に控え、月日は早くも10月に突入。制作部、稽古ともに改めて気を引き締めての活動になっています。

10時から12時の制作部ではかなりの数量を手作りで進めてきたあるアイテムにちょっとした不具合が発見されました。「この品質だとお客様に申し訳ない」ということで、仕上がっていた在庫も含めて一部のパーツを再調整することにしました。装着してあったものを外し、修正を施したものを再装着するという改良作業を進めました。残り時間を考えるとそれなりの速度で進めなければいけない作業です。担当した団員は集中して作業していました。

13時からの稽古では総監督から第24回公演に関する具体的な申し送りがありました。短編3本立て公演という告知はすでになされていましたが、誰が誰と組んで出演するのかについては未知の領域でした。その情報がついにこの日の稽古で発表されたのです。これまで何週かにわたって行われてきた稽古での様子、先週のオーディション、さらに演劇とは異なった日常での生活態度、過去の実績(悪いものも含む)など、様々な要素がこの決定には反映されていました。人数の枠に限りがある公演です。出演を希望しても叶わないこともあります。それだけ今回の選抜は重みのあるものでした。

そんな重大発表が一過性のイベントにならないよう、これから挑む第24回公演がそれぞれにとってどんなものなのか?様々な感染症対策を考慮し、シビアな制約の中で行う公演です。そんなこれまでにない公演に何のために、どんな覚悟を持って臨むのか?これまでは総監督から「こんなコンセプトで頑張ろう」という話が合っただけでしたが、今回は各自がそれを明文化し、全員の前で発表しました。目的や覚悟は人それぞれでいいのです。むしろそのそれぞれの動機付けを明確に持つことと、それを声に出して宣言することが個々と集団双方の強さを生みます。特殊な状況で挑む公演だからこそ、それを「仕方ない」という言い訳にしないために、全員の覚悟を強く示し合う儀式が必要なのです。そんな深く熱いイベントが、てあとるみのりらしい、決して殺伐としない温かさの中で進行しました。結束力はこれまで以上に高まっています。

tIMG_6301.jpg

残った稽古時間にはレクリエーション的にジェスチャーしりとりを実施しました。言葉を使わずジェスチャーだけでしりとりを成立させるのはなかなか難しく、全員で2周つないでみてからの答え合わせでは「そういうことだったの?」「なんでそこからそれになるの?」というミスマッチが何回も発生ました。それもまた演劇的な面白い要素です。笑い声が響きつつも、相手に表現をわかるように伝えるという基本を再認識できる時間でもありました。

そして、この日10月1日は20時から総監督と制作による「気まぐれ座談会」の第2回が生配信されました。座談会の様子は今でもアーカイブ(録画)でご覧いただけます。第24回公演のタイトル、萬劇場救済クラウドファンディングプロジェクト(ヨロファン)、生15秒アートなどのお楽しみが盛りだくさんですので、見逃された方はぜひこちらからどうぞ!




 HOME