FC2ブログ

9月12日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 12.2019 稽古レポート
関東地方は今週月曜日の明け方に台風15号が上陸し、これまでにない規模の災害や交通機関への影響が発生しました。ほとんどの方が何らかの影響を受けるほどの天災でした。現在も復旧に向けて活動されている方、甚大な被害にご苦労されている方には、ただただエールを送るばかりです。さて、そんなこんなで、今週9月12日(木)の活動の様子を紹介しましょう。

制作部では編み物・手芸系のグッズ作りがフル稼働。裁縫が苦手な人でも少しずつ丁寧に作業をして、グッズの完成を目指しています。真剣に手元に向き合い集中している中でも、昨晩見た夢の話、過去の失敗談などの雑談を交わしながら、明るい雰囲気で作業が進んでいました。



午後の稽古では第22回公演のタイトルが発表されました。第17回公演で上演した「TRIGGER」をリメイクした、その名もズバリ「TRIGGER REMAKE」です!これまでの再演作品ではタイトルもそのまま、脚本もマイナーチェンジ程度でした。今回はタイトルに「REMAKE」が明記されています。何が違うのかというと、第17回公演で披露した物語をそのまま上演するのではなく、その物語をベースに登場人物、配役などを作り直す「REMAKE」なのです。

tDSC05314.jpg

この知らせを受けた劇団員たちはいつも以上に集中して稽古に臨んでいました。まだ脚本が完成していませんので、先週までと同様に短い脚本を繰り返して演じるセッションを行いました。先週までと違う点は、読み合わせてよくできました、で完結せず、もっとこうした方がよくなる、ここにこんな工夫があるとさらに良いといった演出的な振り返りが行われたことです。役者たちは自分への振り返りはもちろん、待機中に他者へ出ていたアドバイスもどんどん吸収して、自分が演じるときに演技に反映させていました。短い脚本なので深く演じるのが難しい側面はありましたが、やればやるほど面白くなっていく、そんな感覚がありました。

tDSC05324.jpg

演技の中で絶命するシーンがあり、その役を担当した役者は劇的な絶命を熱演していました。「舞台上の演技で死ぬってかっこいいですよ」「やってみたい演技です」と、意外と絶命シーンは人気でした。かっこよく力尽きる人、息も絶え絶えで静かに力尽きる人、豪快にぶっ倒れる人、なぜか爬虫類のような四つん這いになる人など、人それぞれの劇的絶命シーンが展開されていました。不思議なロマンがあるようです。

tDSC05333.jpg

さあ、そんなわけで、第22回公演に向けてまた一歩具体的な進展がありました。脚本の完成とチケット販売まではもう少し時間が必要ですが、皆様、どうぞお楽しみに!



9月5日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 05.2019 稽古レポート
9月に入りました。てあとるみのりも第22回公演へ向けて新しい顔ぶれを加えつつ、様々な準備を行っています。

制作部では第22回公演のグッズ作りとプレゼント企画(またやる?)の準備を行っています。グッズは現在編み物系のグッズが急ピッチで進行しています。他のグッズよりも早く完成形をお披露目できそうな予感です。編み物をメインで担当している大女優も、いつもよりも早めに稽古場に姿を見せて、黙々と作業を行っていました。お互いにフォローし合いながら作業を進めている姿、チームワークのようなものが印象的でした。

tIMG_6412.jpg

午後は体験参加、見学者も含めて、15名近い人数が稽古場に集結する大賑わいでした。まだ第22回公演の脚本は完成していないので、先週に引き続き、短い脚本の読み合わせを行いました。今回題材にしたのは過去の上演作のひとつ「TRIGGER」です。



マンガの世界と現実の世界を行ったり来たりするのが特徴のこの作品。今回取り上げたシーンはそんな両方の状況がが登場してきます。当然ながら演じ方も大きく差が生じ、それぞれの役者が大胆に演じてみたり、年齢的にどう考えてもマッチしなそうな役を読んでみたり、普段はチャレンジしたことのないイメージに挑んでみたりと、幅を利かせた演技が繰り広げられました。

tDSC_5834.jpg

読み合わせと言ってもただ座って読むだけではなく、実施に立って動き回りながらの演技を行うのがてあとるみのり流の読み合わせです。特にマンガパートの演技は動きが多く、何回か読み合わせていくうちにどんどん動きも大きくなっていきました。動きという点では過去にこの作品に出演したことがある役者にアドバンテージがあるのは当然ですが、実際に読んでみると距離やイメージが全然合っていないために、見ている側には実に面白い演技が飛び出すこともありました。握手をしなければいけない三人がお互いにかなり離れた位置にいたために、一人が無理矢理手を取って、3人を引き合わせるという強引な展開もありました。読み合わせの配役は過去の通りの配役ではなかったので仕方のないことでしょう。今日の稽古はそんなこんなで、笑いが絶えないものになりました。

現時点ではこのような練習セッションのような稽古の繰り返しになっていますが、第22回公演の作品タイトル発表はもう間もなくとのことです。水面下で進んでいる準備の真相やいかに?どうぞご期待ください。

 HOME