5月24日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 24.2018 稽古レポート
萬劇場ショートストーリーコレクションVOL.7 夏の短編集」の詳細も徐々に紹介され始め、7月28日(土)の上演に向けた稽古もこの日から本格始動です。上演する演目「FFファンタジー」の脚本も完成し、出演者は期待と不安に包まれての一日だったようです。

午前中の制作部では、7月の公演の先、10月に控える第20回公演へ向けたグッズ案の検討を行っています。早くもグッズ案の試作を持ち込む団員もいて、さらにその姿に刺激を受けた団員が「来週にデザイン案を持ってきます」と宣言するといった好循環が生まれていました。グッズ以外にも7月公演の衣装・小道具案についての検討も行われました。

午後の稽古では、「FFファンタジー」の出演者全員が顔を合わせました。久しぶりにてあとるみのりの舞台に立つ役者もいたため、まずは「お久しぶりです」「覚えてます?」「はぁ~。覚えてないなぁ」といった挨拶から。それぞれが数年間のうちにどんな活動をしていたのかの簡単な紹介を行うと、この場でこの顔ぶれがひとつの舞台に集っていることに、奇跡的なめぐりあわせを感じてしまいます。

DSC_1942.jpg

事務連絡とウォームアップを挟んで、いよいよ「FFファンタジー」脚本の配布です。まずは表紙のビジュアルに「かっこいい!」「すごい!」「中二病感がすごく出てますね」と歓声が上がっていました。配本後は配役を改めて伝え、あらすじや物語の目指す方向性の説明を経て、さっそく一度通して読み合せました。今回は30分間という時間制限の中での作品。読み合せ前には脚本を作った総監督からは「ちょっと長すぎるかも」と不安げな言葉が。実際にタイムを計測するとピッタリ30分。一見するとこれでよいように感じますが、実際には初めての読み合わせということで簡素化されていた動きも多々あったため、もう少しスリムにしないといけないようです。

DSC_1933.jpg

その後は劇場の舞台配置を共有し、冒頭のシーンからそれぞれの立ち位置や、照明・音響との兼ね合いを確認しながら稽古を繰り返しました。30分サイズの脚本なので、ひとつのシーンを集中して何回も繰り返すことができます。やっている役者は大変ですが、その分いつもより休憩を多く入れて、集中力を途切れさせないように取り組みました。なんとなくですが時間の経過にゆとりがあるのか、稽古中は自主的に動きの確認や演技の相談、キャラクターの解釈談義などが行われていましたが、全体としては和やかな雰囲気が目立ちました。久しぶりに一緒に演じる団員がいることで、適度に緊張感も漂っていました。

DSC_1929.jpg

稽古の空き時間には「この役の衣装、何とかならないかな」「ダイソーのあれであれが創れますよ」「動画であれの作り方が出てましたよ」「家に紅のバトンがある!」などと、衣装や小道具の話が盛んに交わされていました。内容的に非日常系の衣装・小道具が必要になりそうな演目です。早めに検討して、試作や購入を進めて、その都度改良や修正を加えていかなければいけません。脚本が完成したことで、さらに具体的なプランの検討ができるようになりました。制作部の時間を含めて、みんなでアイディアを出し合いながら取り組んでいます。

DSC_1930.jpg

今回私たちが参加する「萬劇場ショートストーリーコレクション」は7月26日(木)~29日(日)に萬劇場を会場に開催されるイベントです。てあとるみのりは地元大塚の代表という肩書を背負って28日(土)12:30からのワンステージに登場します。詳細は以下の公式サイトからご確認ください。チケットの販売開始は6月2日を予定しています。いつもと一味違った作品に挑むてあとるみのりにご期待ください!
萬劇場SSC公式サイト


5月17日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 17.2018 稽古レポート
12日(土)のハートランドチャレンジFES’18も無事に終了し、新しい公演やイベントへ向けたリスターとなった5月17日(木)。まだまだ静かな雰囲気の中ながらも、先を見据えた活動が展開されていました。

まずは午前中の制作部。今後のグッズ販売の見通し立てながら、どのようなビジョンで商品のラインナップをするかの検討が行われました。「例のあれはどうします?」「あった方がいいですよね」「前に言ってたあの〇〇〇は、やんないの?」「ひとまず試作品を作ってきて、それから検討しましょうか」などと、グッズの種類によって団員の意見を募り、今後の進め方を話し合いました。また、グッズだけではなく、7月公演の衣装や小道具に関しても、具体的にいつごろまでに仕上げなければいけないのかの日程確認がありました。この時点では物語の内容や、登場人物の特徴もわかっていなかったので、衣装や小道具に関しての話はここまででした。

午後の稽古では先日のハートランドチャレンジFESの振り返りを簡単に行っています。正確な入場者数、イベントの収支などはわかっていませんが、とにかくしっかりとした舞台をお届けできたことで、お客様からも多くの評価をいただいたことが大きな収穫だったと、団員たちは口々に語っていました。大事な小道具を当日の朝の電車に忘れてしまった役者からは「ご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした」と改めての挨拶がありました。当日の朝はそんな事件に加えて、遅刻してさらに道に迷うという大女優の大失態もあり(さすがに本人も平謝りでした)、不穏な空気が漂ったものですが、今となってはすべて笑い話です。

また、分析担当の団員により、第19回公演「影の舞台」のアンケート集計と分析が終了したことも報告されました。お客様の来場のきっかけ、WEBサイト閲覧経験などの数値に少し変化があり、その要因に関する分析・仮説が総監督から伝えられています。この結果を反映させて、第20回公演の内容を構築していくことになります。いつも多くのお客様にアンケートのご協力をいただき、本当にありがたいことです。

DSC_1920.jpg

その後は、7月下旬に参加する「萬劇場 SHORT STORY COLLECTION VOL.7」に関する説明と、そこで私たちが上演する作品についての情報の伝達が行われました。今回はイベントの規定に則った30分間の短編です。用いなければいけないテーマもイベントで決まっているので、その要素を濃くした新作です。団員たちは「どんな話なんだろう?」「この役は…もうあの人しかいないじゃないですか!」「まさか、これですか、私が?」と、配役に胸躍らせていました。

DSC_1924.jpg

本日の稽古では物語のイメージをわかりやすく形にした段階の試作脚本を読み合わせて、物語やそれぞれの役についてのイメージを体感し、実際にかかりそうな時間の目安を測定しました。脚本を読んでみると「これはなかなか面白そうですね」「うまく(お客様に)伝えられるようにしないとですね」「衣装はやっぱり洋風ですかね」「こんなやつを持ってみたいです」「こんな服があると思うので、いろいろ持ってきて試してみます」などと、次々に具体的な言葉が出てきました。新作に対する団員たちの動機付けの高さがうかがえる現象でした。この試作版を読んだ感触をもとに、最後の調整をかけて脚本が完成に至ります。その完成を待つことなく、役者たちは「研究してこないと」「思ったよりしっくり来たので、もっと深められるようにします」と、役作りの意欲に満ちていました。次週の稽古が今から楽しみです!

DSC_1921.jpg

そんなわけで、本日発表された新作のタイトルは「FFファンタジー」でした。チケットの販売開始は6月10日を予定しております。ご期待ください!

ハートランドチャレンジFESで「ボーダーライン」上演しました!

Posted by theatreminori on 13.2018 公演・チケット情報
5月12日(土)南大塚ホールで開催された「ハートランドチャレンジFES'18 in 南大塚ホール」にて、てあとるみのりが「ボーダーライン」の70分改訂版を上演いたしました。多くのお客様にご来場いただき、障がいのある団員と一般の団員がひとつになって舞台創りに取り組む姿を肌で感じていただけたことは、我々にとっても大いに励みになることでした。そういった構造の中で舞台に取り組む私たちが生み出した、舞台と客席が一体となるような面白さを、会場全体で共有することができたことも大きな成果でした。イベントにお招きいただいた主催団体様、ご来場くださいましたお客様各位、またさまざまなサポートを賜りました関係機関の皆様には重ね重ね御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

tDSC08728.jpg
終演後の写真撮影タイムより

以下の3枚の画像はリハーサル中のものです
DSC_1913.jpg

DSC_1910.jpg

DSC_1908.jpg

回を重ねるごとに成長してきた「ボーダーライン」の魅力が、お客様に少しでも伝わったのであれば嬉しい限りです。活動開始から10年という節目を迎えた私たちは、これからもみんなで垣根なく舞台に向き合って、少しでも自分を高めながら、その成果を舞台を通して皆様に還元していきたいと考えております。どうぞ引き続き、てあとるみのりをよろしくお願いいたします。

てあとるみのりの次回公演は…
7月26日(木)~29日(日)にかけて、萬劇場で開催される「ショートストーリーコレクションVol.7」が予定されております!詳細は5月下旬にお届けいたしますので、もう少々お待ちください!

ハートランドチャレンジFES'18 in 南大塚ホール

Posted by theatreminori on 12.2018 公演・チケット情報
HLCF2018_2.jpg

てあとるみのりイベント公演「ボーダーライン2018」

2018年5月12日(土)南大塚ホールにて
「ハートランドチャレンジFES'18」イベント内で13時05分から上演!(上演時間は約70分です)

<イベント開催時刻>
第1部 12時30分開場 13時開演
第2部 15時20分開場 15時45分開演

<チケット価格> 
てあとるみのり出演他の第1部
①1,000円(障がい者・学生)
②1,500円(一般)

寺田農さんの朗読劇他の第2部
①2,500円(障がい者・学生)
②2,800円(一般)
お買い得な通しチケットもあります!
※価格の詳細は→こちら

<チケットのご購入方法>
特典付きWeb予約(銀行振り込み限定)→お取り扱い終了しました!
当日精算をご希望のお客様→お取り扱い終了しました!

当日券をご利用ください!
会場受付で開演時刻の30分前より販売いたします当日券をご利用ください!
チケット価格は前売り・ご予約の場合と変わりません。5月10日現在、残券に余裕もございますのでご安心ください。ご予約不要で全く問題ございませんので、どうぞお気軽にご来場ください。

<イベント出演者>
【第1部】
てあとるみのり…詳細
ムジカ・de・みのり
【第2部】
寺田農…詳細
春本由香…詳細
和田真季乃

<イベントの概要>
「ハートランドチャレンジFES'18」は、(福)豊芯会・ハートランド友の会が主催する、地域の方々と共に音楽や芸能を楽しみながら、その地域で生活する精神や知的の障害のある方々との共生を目指したイベントです。以前の「ハートランドコンサート」から開催形態を大きく変えて2年目の催しになります。イベントに関する詳細は、社会福祉法人豊芯会内の豊芯会・ハートランド友の会(☎03-3915-9051 平日10時~18時)までお問い合わせください。

5月10日の「ボーダーライン2018」です。

Posted by theatreminori on 10.2018 稽古レポート
ハートランドチャレンジFES’18 in 南大塚ホール」の開催が目前に迫った5月10日(木)。今回は物販もなく、チケット管理もイベント運営側なので、制作部で煮詰めなければいけない作業もなく、午前中の制作部の時間から夜まで、とにかく稽古の時間となりました。

ハートランドチャレンジFES」は5月12日(土)、JR大塚駅南口から徒歩5分の南大塚ホールを会場に13時から第1部(てあとるみのり出演)、15時45分から第2部(寺田農さん出演)が行われます。チケットはまだまだ余裕あります。当日精算でのご予約も引き続き承っております。もちろん、当日券のご利用でも全く問題ありません(チケット料金は変わりません)。ぜひ、障がい者と地域と芸術が融合した「ハートランドチャレンジFES」に足をお運びください。

詳しい料金や出演者情報は→こちら
当日精算でのチケットご予約は→こちら

普段は制作部の時間である午前中には、役者全員がそろっていたわけではないので、代役を分担しながら各自が気になるシーン、やっておきたいシーンの自主練習を行いました。そのシーンを演じ終えて、お互いに「あのセリフがちょっと抜けていましたよ」「もっと驚くようにって演出がついていましたよね」などと演技の振り返りを行い、修正しながら繰り返して練習しました。普段やったことがない役の代役も担当したせいなのか、脚本を見ながらも相手のセリフを奪ってしまったり、自分のセリフを飛ばしてしまう役者もいました。それでも少しでも稽古の役に立とうと、間違えた個所をしっかりと確認し、周囲が「やりますよ」と持ち掛けても「大丈夫!やる!」とこれを拒み、代役を続けていました。公演直前の最後の練習ですから、自然と熱が入るようです。

DSC_1885.jpg

午後になると役者が全員揃って…と言いたいところでしたが、この日は事業所が参加する別の行事の打ち合わせ会議があり、団員の中から2名がその会議に出席しなければいけませんでした。そのため、約2時間半、欠員が出た状態での稽古を余儀なくされました。それぞれが社会の中で劇団員以外の役割も持って生活をしているわけですから、こういったことも珍しくはありません。その2名が出演しないシーンを選んで、最後の稽古に取り組みました。より面白くするには、よりお客様を引き込むにはどうしたらいいか?細かい表現の仕方や、体の向きにも修正が加えられました。役者たちがどこまでこのプランを実行できるかが、今回の公演のカギになりそうです。

DSC_1893.jpg

夕方になり会議に抜けていた2名が戻ってから、準備をして通し稽古を行いました。本番前の最終稽古です。音響も本番仕様に構成されたものが導入され、臨場感が高まってきました。盛り上がりすぎたのか、アドリブに熱が入り、本来のセリフを忘れてしまうこともありました。よかった点も悪かった点も含め、役者たちは自分自身で演じてみた感触、演出から指摘された修正点などを持ち帰り、2日後の本番で表現することになります。同時に音響にとってもこれが最後の調整の場。雰囲気に合っているのか、長さが妥当なのか、音量はどのぐらいをイメージすればよいのかなどの手応えを得て、本番までに音源の調整を行うことになります。通し稽古で使った曲が差し替えられたり、カットされたり、追加されることもよくあることです。役者だけではなく、あらゆるセクションが本番ギリギリまでより良くしようという作業を行っています。

DSC_1894.jpg

いよいよあと2日で「ハートランドチャレンジFES」の開幕。昨年夏、今年の2月に続いての「ボーダーライン」上演です。この1年間で3回も上演する機会をいただいて、やることが当たり前のような気さえしている「ボーダーライン」ですが、また同じように上演できるという保証はどこにもありません。常にこれが最後、そして過去最高という意識を持って、団員たちは稽古に臨み、本番に備えるようにしています。作品の内容だけではなく、舞台に取り組むそんな劇団員たちの姿勢を、ぜひご覧いただきたいです!

DSC_1890.jpg

 HOME