12月19日の稽古です。

Posted by theatreminori on 20.2013 稽古レポート 0 comments
今年もあと残すところ10日少々となりました。そろそろ各地で忘年会と並行して大掃除が行わる頃合です。てあとるみのりでも稽古場の床をみんなで掃除しています。

tIMGP4193.jpg

午前中の制作部では主にキッチンフロアを。午後の稽古では稽古に使っているフロアと鏡を総出で清掃しています。ハートランドみのり内で公演があると、その後に大掃除を行っていたので、年に2回はきれいになる機会がありました。しかし、今年は外部公演が続いたため、10カ月ほど磨かれていなかった床は、かなり汚れていました。それでも大人数で熱心に作業を行い、かなりきれいになりました。「雑巾が真っ黒だ!」「結構(汚れが)落ちるね」という声と共に「これは傷なのか汚れなのかわからない」「根気強くやれば傷跡の汚れも落ちるぞ」というやりこみ隊の意見も。

fIMGP4196.jpg

数年間使用しているため傷も増えている床です。完全にピカピカとはいきませんでしたが、それでも確実に掃除前の数倍綺麗になっています。この綺麗なフロアで新年を迎えられそうです。第12回公演へ向けた稽古にも気合が入ります。

さて、その第12回公演「Memory_Stock」ですが、脚本が第二段階に成長しました。先週の読み合わせを参考に長さを調整し、物語のどの部分に主題を置くかを整理しました。明らかに第一段よりも面白くなっていますし、テーマもしっかりしたものが目に見えるようになってきました。演じた役者からも「かなりズシッと来た」「さらにセリフが増えてますね」「また新しいネタが…!」などの感想があがっていました。まだまだ年内は進化を続けそうです。

tIMGP4201_20131220183706cb0.jpg
一部代役を立てての読み合わせでした。

tIMGP4204.jpg
初見であってもすでになんとなく動いてみせます。

tIMGP4207.jpg
赤い服の大女優の左手は、すでに自分の役を表現しているかのように。

tIMGP4212.jpg
脚本について演じた側の意見を収集。この声も素材になります。

この日の稽古風景写真は、制作部の団員・吉川真人が撮影しています。初めての撮影係で緊張気味でしたが、こちらが指定した枚数を一生懸命撮影していました。

ところで、気になるチケット販売、チラシの公開時期ですが、稽古と制作部の作業進捗状況から2014年1月になりそうです。チケットの販売においては、フェイスブックと関連付けた企画も準備していますよ。販売開始日が確定すれば、詳しい情報をお知らせできるはずです。もう少々お待ちください。

それでは、次週は年内最終稽古です。よろしくお願いします。

12月12日の稽古です。

Posted by theatreminori on 12.2013 稽古レポート 0 comments
以前から公示していた通り、本日の稽古で「Memory_Stock」の脚本が役者に手渡されました。活動開始時間ぎりぎりまで調整を重ねた作品ですが、これで完成形ではないのです。本日の稽古で実際に役者が読み合わせを行い、全体の展開の明確性、セリフのバランス、キャラクター表現のブレ、作品の上演時間などの確認と修正作業を行います。

tIMGP4092.jpg

もちろん、登場人物の数、主だった役どころに変化は加えません。今回のバージョンでも物語の内容は十分に伝わっています。役者たちは心を高揚させ、かなり真剣に読み合わせを行っています。最近のてあとるみのりでは珍しくなくなった光景ですが、初回の読み合わせから実際に立って、動きながら演じていました。2回目になるとほんの一瞬ながらも脚本を手放す役者もいました。終了後もひとりでセリフを読んで、早くも自主練習を行っている役者もいました。とにかくやる気のレベルが高かったです。

一方、制作部では…チラシのデザインがなかなか進まず、念頭に置いていた12月中のチラシ完成と配布スタートが危機的状況です。デザインとしても一つの案しか進行しておらず、少し角度の違うアプローチで何案か、早急に提出してもらうように宣伝美術に指示が出されました。不慣れな担当者が一所懸命進めていますが、どうしても進行が遅れてしまいます。年末の節目できっちりと遅れを取り戻したいところです。

12月5日の稽古です。

Posted by theatreminori on 06.2013 稽古レポート 0 comments
12月です。2013年もあとわずか。しばらくは「2014年」とか「平成26年」を書きにくい日々が、すぐそこまで迫ってきています。終わりが見えると急に時の早さを実感します。夏休みの宿題みたいですね。

さて、そんな時間の早さに翻弄されているのは世間全般だけではありません。制作部もチラシデザインの追い込みです。いくつもの案が浮かんでは消え、少しずつ精査されてきていますが、まだまだ決め手が足りないようです。この日も脚本家のコンセプト説明に続いて、各自が思い付いたデザイン、アイテムを描き出す作業を行いました。物語のカギを握るような文字通りのキーワードを列記して、そこから思い思いのブレンドを製造しました。


問題は自分のイメージをイラストに起こせるかどうか…?

午後は稽古です。この日は「Memory_Stock」と題名のついた脚本が手渡され、ついに脚本完成か?と思われましたが、これはボツになったバージョン。陽の目を見ることのない作品です。しかし、内容、構造、人物の設定に全く関連がないわけではなく、完成形にも引き継がれるであろう要素が詰まっている脚本です。当然ながら役者の取り組む意欲も高まりました。いよいよ完成間近という予感が漂います。

tIMGP3939.jpg
まずはウォーミングアップ。

tIMGP3964.jpg
脚本片手でもアクティブに。

tIMGP3991_20131205201546d80.jpg
役を入れ替えても引き継がれた探偵アイテム「帽子」。

tIMGP3997.jpg
最後の挨拶で次週へ向けて士気を高める。

この日の読み合わせから生まれた新たな感触、閃きが、脚本の完成形に盛り込まれることでしょう。それぞれの役者の持ち味、隠し持った武器を引き出し、融合させることで、頭だけでは思い付かないような物語に仕上がります。脚本の完成は次週12日と宣言されていますので、楽しみに待ちましょう。

脚本家の心境はまさに「夏休みの宿題」ですけど。

 HOME