FC2ブログ

第21回公演「織田桐会議」終演しました!

Posted by theatreminori on 25.2019 公演・チケット情報
21end_banner.jpg

2019年2月21日(木)~24日(日)にかけて北池袋 新生館シアターにて上演いたしました、第21回公演「織田桐会議」は、多くのお客様のご来場いただき、無事に終演となりました。皆様、本当にありがとうございました!

てあとるみのりの舞台は、団員同士の雰囲気や温かみがいいと評されることがありますが、私たちにとってはお客様こそ、とても温かなお気持ちをお届けくださる存在です。だからこそ、精一杯頑張って、各自が己の限界に挑んで舞台を創ることができるのです。いつも本当にありがたいです。感謝の極みです。

今回の「織田桐会議」は、2月9日に参加した「演劇的な一日」の総合テーマ「マチ」と持ち時間50分に合わせた「オダギリカイギ」(「織田桐会議」の前半部分)から発展して完結した物語です。複数の条件の中で作った作品を折り返し地点からどう展開していくのか?この難しい作業を敢行するのにはなかなかの時間と手間を要しました。脚本を創る段階ではもちろんのこと、役者たちにも何度もセリフの変更や展開の変化が課され、なかなかすべてが整わない中での稽古が続きました。それでも誰一人として投げ出すことなく、必ず公演までに仕上げるんだという強い信念を持ち、力を合わせて仕上げた作品です。劇団員一同感慨深いものがあり、完成度に不安を残していた団員も、お客様の拍手や笑顔で大いに救われました。

ここからまた新たなステージへ向かって、てあとるみのりは歩き始めます!

fIMG_7250.jpg

fIMG_7229.jpg

fIMG_7271.jpg

fIMG_7280.jpg

fIMG_7294.jpg

fIMG_7305.jpg

fIMG_7410.jpg

fIMG_7144.jpg

fIMG_7026.jpg

もっとたくさんの写真を見たい方は→Facebookアルバム

過疎化に悩んだ田舎町「織田桐町」の物語はこれで幕となりました。さて、気になる次のてあとるみのり公演は…今のところ8月を予定しております!どんな作品になるのかまだわかりませんが、大塚の萬劇場で昨年に続いての対バン形式イベントに出演します!ご期待ください!

萬劇場 夏の短編集 vol.8
2019年8月8日(木)~11日(日)

前売3300円 / 当日3800円

<参加団体>
お茶の間ゴブリン
ゲキジョウ!
芝居企画TECALL
鈴木清信
チームまん○
てあとるみのり
FIFTH Units
メリケンギョウル
ラビット番長
レティクル座
(順不同)

第21回公演「織田桐会議」公演・チケット情報(2月19日更新)

Posted by theatreminori on 21.2019 公演・チケット情報
21_01_02m.jpg 21_02m.jpg

てあとるみのり第21回公演
「織田桐会議」(脚本・演出 椙田佳生)

<公演日程>
2019年2月21日(木)~2月24日(日)

<上演会場>
北池袋 新生館シアター
(豊島区池袋本町1-37-8 中村ビル2階)
東武東上線北池袋駅徒歩30秒 MAP

<チケット>
1名様 1,500円
チケットご予約フォームは→こちら

<日程詳細と残券情報>
①2月21日(木) 19時開演 残券×
②2月22日(金) 14時開演 残券◎
③2月22日(金) 19時開演 残券△
④2月23日(土) 14時開演 残券〇
⑤2月23日(土) 18時開演 残券〇
⑥2月24日(日) 14時開演 残券〇
 ※開場時刻は開演時刻の30分前です
 ※上演時間は100分の予定です
 ※残券表示…◎余裕あり 〇半分ほど △残り少ない ×売り切れ

チケットのご予約は→ここをクリック!

<あらすじ>
物語の舞台はある山間の片田舎にひっそりと存在する織田桐町。若者離れが進み、町の将来が不安視される中、地元商店会の会員たちは町おこし事業について、少々のどかな雰囲気で話し合っていた。しかし、突然国から日本で最初の「消滅危惧都市」に位置付けられたという知らせが舞い込む。消滅危惧都市とは、5年前に話題になった消滅可能性都市から、さらに消滅の可能性が高まった自治体に対する、最終勧告だった。慌てふためく町民たちと織田桐町の行く末を描いた群像劇!

<出演者>
村上栞
岩崎和巳
川原晶
満園仁美
田中聡
高垣李圭
中泉けい子
川口和恵
池見公元(劇団感情のロジック?)
長嶋怜未
石塚美穂

<照明・音響>
中山信之(劇団GIFT)
高橋祐紀乃(劇団GIFT)





演劇的な一日「オダギリカイギ」終演しました!

Posted by theatreminori on 09.2019 公演・チケット情報
演劇的な一日終了

2月9日(土)南大塚ホール・南大塚地域文化創造館にて開催されたイベント「演劇的な一日」の中で上演させていただいた「オダギリカイギ」無事に終演いたしました!

ホール組の一番手という大役を担い、役者たちの一部はかなりの緊張感があったようでした。そんな中でもお互いに助け合い、大崩れすることなく演じ切ることができました。イベントの準備、運営に携わって下さった皆様、イベント参加団体の皆様、そして悪天候の中ご来場いただいたお客様に感謝申し上げます。

この話の続きと、さらにバージョンアップした演技・演出は、2月21日(木)~24日(日)まで、北池袋 新生館シアターで「織田桐会議」として上演されます。チケット絶賛販売中ですので、ぜひご来場ください!

「織田桐会議」公演特設ページ

『演劇的な一日』公演「オダギリカイギ」情報

Posted by theatreminori on 09.2019 公演・チケット情報
演劇的な一日チラシ-1 演劇的な一日チラシ-2

2019年2月9日(土)南大塚地域文化創造館・南大塚ホールで開催される演劇のイベント「演劇的な一日」で、新作「オダギリカイギ」を上演します!無料開催のイベントですので、事前のご予約もチケットの入手も必要ありません。どなたでもお気軽にお立ち寄りいただくことができます!

<上演作品>
「オダギリカイギ」(脚本・演出 椙田佳生)

<上演日時>
2019年2月9日(土)11時45分~12時35分

<上演会場>
南大塚ホール

<入場料>
無料(ご予約も不要です)

<あらすじ>
過疎化が進み、消滅の可能性までささやかれ始めた、片田舎の織田桐町。そんな状況を改善するため、町おこしについて町民が話し合いを行うことになった。予算もない、名産品もない、そんな織田桐町の運命やいかに?
※「演劇的な一日」の総合テーマ「マチ」をモチーフとした新作です!

<出演者>
岩崎和巳
川口和恵
田中聡
村上栞
池見公元
川原晶
高垣李圭
長嶋怜未
満園仁美
石塚美穂
中泉けい子

<各種リンク>
「演劇的な一日」公式サイト

特別無料公演「ボーダーライン」詳細情報

Posted by theatreminori on 14.2018 公演・チケット情報
ボーダーラインリハ学会2

てあとるみのり不朽の名作「ボーダーライン」が、日本精神障害者リハビリテーション学会第26回東京大会のサテライト企画内で無料再演されます!上演時間を60分間に調整し、一部のキャストを入れ替えてお届けする「ボーダーライン」を、ぜひお楽しみください!

<上演作品>
「ボーダーライン」 脚本・演出:椙田佳生

<公演日程>
2018年12月14日(金)15時15分~16時15分
※開場は開演時刻の30分前(14時45分)です!

<会場>
早稲田大学国際会議場井深大記念ホール
アクセス情報は→こちら

<入場料>
無料(事前予約・登録などの必要もありません)

<出演>
満園仁美
村上栞
岩崎和巳
高垣李圭
田中聡
石塚美穂
川口和恵
中泉けい子
長嶋怜未

精リハチラシ-1 精リハチラシ-2 BLチラシ_リハ2_1
※各チラシ画像ともクリックすると拡大されます

「サテライト企画」は、日本精神障害者リハビリテーション学会第26回東京大会の前日に、一般の方々にもご参加いただけるように、様々な取り組みを無料で公開する試みです。精神障がい、知的障がいのある方と一般の方が垣根なく集って活動する「てあとるみのり」の活動を、より多くの方に知っていただく機会として出演させていただくことになりました!

14日(金)の上演当日は、学会員でない方でも学生でも、もちろん障がいのある方でも、事前のお申し込み・入場料のお支払いの必要なくご来場いただけます。完全なる無料公演です!
※サテライト企画後に開催される、学会主催の研修セミナーには事前申し込みが必要です。

学会プログラム情報は→こちら

 HOME