FC2ブログ

第21回公演「織田桐会議」公演・チケット情報(2月15日更新)

Posted by theatreminori on 21.2019 公演・チケット情報
21_01_02m.jpg 21_02m.jpg

てあとるみのり第21回公演
「織田桐会議」(脚本・演出 椙田佳生)

<公演日程>
2019年2月21日(木)~2月24日(日)

<上演会場>
北池袋 新生館シアター
(豊島区池袋本町1-37-8 中村ビル2階)
東武東上線北池袋駅徒歩30秒 MAP

<チケット>
1名様 1,500円
チケットご予約フォームは→こちら

<日程詳細と残券情報>
①2月21日(木) 19時開演 残券△
②2月22日(金) 14時開演 残券◎
③2月22日(金) 19時開演 残券△
④2月23日(土) 14時開演 残券◎
⑤2月23日(土) 18時開演 残券〇
⑥2月24日(日) 14時開演 残券〇
 ※開場時刻は開演時刻の30分前です
 ※上演時間は100分の予定です
 ※残券表示…◎余裕あり 〇半分ほど △残り少ない ×売り切れ

チケットのご予約は→ここをクリック!

<あらすじ>
物語の舞台はある山間の片田舎にひっそりと存在する織田桐町。若者離れが進み、町の将来が不安視される中、地元商店会の会員たちは町おこし事業について、少々のどかな雰囲気で話し合っていた。しかし、突然国から日本で最初の「消滅危惧都市」に位置付けられたという知らせが舞い込む。消滅危惧都市とは、5年前に話題になった消滅可能性都市から、さらに消滅の可能性が高まった自治体に対する、最終勧告だった。慌てふためく町民たちと織田桐町の行く末を描いた群像劇!

<出演者>
村上栞
岩崎和巳
川原晶
満園仁美
田中聡
高垣李圭
中泉けい子
川口和恵
池見公元(劇団感情のロジック?)
長嶋怜未
石塚美穂

<照明・音響>
中山信之(劇団GIFT)
高橋祐紀乃(劇団GIFT)


演劇的な一日「オダギリカイギ」終演しました!

Posted by theatreminori on 09.2019 公演・チケット情報
演劇的な一日終了

2月9日(土)南大塚ホール・南大塚地域文化創造館にて開催されたイベント「演劇的な一日」の中で上演させていただいた「オダギリカイギ」無事に終演いたしました!

ホール組の一番手という大役を担い、役者たちの一部はかなりの緊張感があったようでした。そんな中でもお互いに助け合い、大崩れすることなく演じ切ることができました。イベントの準備、運営に携わって下さった皆様、イベント参加団体の皆様、そして悪天候の中ご来場いただいたお客様に感謝申し上げます。

この話の続きと、さらにバージョンアップした演技・演出は、2月21日(木)~24日(日)まで、北池袋 新生館シアターで「織田桐会議」として上演されます。チケット絶賛販売中ですので、ぜひご来場ください!

「織田桐会議」公演特設ページ

『演劇的な一日』公演「オダギリカイギ」情報

Posted by theatreminori on 09.2019 公演・チケット情報
演劇的な一日チラシ-1 演劇的な一日チラシ-2

2019年2月9日(土)南大塚地域文化創造館・南大塚ホールで開催される演劇のイベント「演劇的な一日」で、新作「オダギリカイギ」を上演します!無料開催のイベントですので、事前のご予約もチケットの入手も必要ありません。どなたでもお気軽にお立ち寄りいただくことができます!

<上演作品>
「オダギリカイギ」(脚本・演出 椙田佳生)

<上演日時>
2019年2月9日(土)11時45分~12時35分

<上演会場>
南大塚ホール

<入場料>
無料(ご予約も不要です)

<あらすじ>
過疎化が進み、消滅の可能性までささやかれ始めた、片田舎の織田桐町。そんな状況を改善するため、町おこしについて町民が話し合いを行うことになった。予算もない、名産品もない、そんな織田桐町の運命やいかに?
※「演劇的な一日」の総合テーマ「マチ」をモチーフとした新作です!

<出演者>
岩崎和巳
川口和恵
田中聡
村上栞
池見公元
川原晶
高垣李圭
長嶋怜未
満園仁美
石塚美穂
中泉けい子

<各種リンク>
「演劇的な一日」公式サイト

特別無料公演「ボーダーライン」詳細情報

Posted by theatreminori on 14.2018 公演・チケット情報
ボーダーラインリハ学会2

てあとるみのり不朽の名作「ボーダーライン」が、日本精神障害者リハビリテーション学会第26回東京大会のサテライト企画内で無料再演されます!上演時間を60分間に調整し、一部のキャストを入れ替えてお届けする「ボーダーライン」を、ぜひお楽しみください!

<上演作品>
「ボーダーライン」 脚本・演出:椙田佳生

<公演日程>
2018年12月14日(金)15時15分~16時15分
※開場は開演時刻の30分前(14時45分)です!

<会場>
早稲田大学国際会議場井深大記念ホール
アクセス情報は→こちら

<入場料>
無料(事前予約・登録などの必要もありません)

<出演>
満園仁美
村上栞
岩崎和巳
高垣李圭
田中聡
石塚美穂
川口和恵
中泉けい子
長嶋怜未

精リハチラシ-1 精リハチラシ-2 BLチラシ_リハ2_1
※各チラシ画像ともクリックすると拡大されます

「サテライト企画」は、日本精神障害者リハビリテーション学会第26回東京大会の前日に、一般の方々にもご参加いただけるように、様々な取り組みを無料で公開する試みです。精神障がい、知的障がいのある方と一般の方が垣根なく集って活動する「てあとるみのり」の活動を、より多くの方に知っていただく機会として出演させていただくことになりました!

14日(金)の上演当日は、学会員でない方でも学生でも、もちろん障がいのある方でも、事前のお申し込み・入場料のお支払いの必要なくご来場いただけます。完全なる無料公演です!
※サテライト企画後に開催される、学会主催の研修セミナーには事前申し込みが必要です。

学会プログラム情報は→こちら

第20回公演「Stationファンタジー」終演しました!

Posted by theatreminori on 22.2018 公演・チケット情報
twIMG_1xgrw6.jpg

10月18日(木)から10月21日(日)まで北池袋新生館シアターで行われた、10周年20回記念の公演「Stationファンタジー」が、多くのお客様のご来場に支えられ、無事に終了いたしました。本当にありがとうございました!

fIMG_6791.jpg

18日(木)と19日(金)の3ステージでは、急遽1名の団員が出演できなくなった影響で総監督自ら代役を演じるというアクシデントがありました。さらに20日(土)の夜の回では、雷の影響(と思われる)で上演中に停電するというものすごいアクシデントがありました。暗闇の中で総監督と主役の城元菜那がライトで自らの顔を照らしながら場をつなぐという、とても稀な時間をお客様と共有しました。いずれのアクシデントも、お客様には大変なご迷惑をおかけいたしましたが、それでも温かいお言葉や拍手を頂戴できましたことに、大きな感謝の念を抱いております。まさに「感謝の極み」でございます。

また、多くのお客様にアンケートへのご協力をいただきましたことも感謝いたします。劇団のデータ分析担当者が各項目の統計を行い、次回公演への資料とさせていただきます。

fIMG_6838.jpg

役者から半ば強引な売り込みのあったグッズについても、快く(?)お買い上げ下さり、重ね重ね感謝申し上げます。グッズを開発した担当者にとって、大きな励みとなりました。

fIMG_6813.jpg

全6ステージで200名を超えるお客様のご来場があり、10周年・20回を記念した今回の公演は大変な盛り上がりとなりました。お客様からのご期待に比例して、役者の演技も日に日に進化し、全員がこの公演期間で大きな成長を遂げることができました。音響と照明もステージごとに微調整を重ね、少しでも良いタイミングや質感を表現しようと工夫していました。プロの芸能事務所からの参加となった役者3名も、てあとるみのりの劇団員と全く同じ立場で、稽古期間から真剣に物語と自分の役に向き合い、とても熱心に取り組んでいました。その姿が元来の劇団員たちにとって「プロの人でもあれだけやっているんだから、自分達なんかはもっとやらないといけないんだ」と大きな刺激になり、お互いに演技を高め合う効果を発揮していました。役者・裏方・お客様のすべての力がひとつになって、今回の舞台が成立したことは、まぎれもない事実です。すべての関係者に感謝の言葉を届けます。誠にありがとうございました。

fIMG_6864.jpg

てあとるみのり、次回公演は12月14日(金)日本精神障害者リハビリテーション学会のサテライト企画内で「ボーダーライン」の上演を予定しております。会場は早稲田大学国際会議場の井深大記念ホールです。2019年2月には南大塚地域文化創造館主催の演劇イベントに参加します。そして2月21日(木)~24日(日)には第21回公演を北池袋新生館シアターにて上演する予定となっております。ひとつの公演が終わりましたが、すぐに新しい公演への動きが始まります。皆様に少しでもお楽しみいただけるような作品をお届けする意気込みで、劇団員一同精進を重ねてまいりますので、今後ともてあとるみのりをどうぞよろしくお願い致します!


 HOME