FC2ブログ

1月16日の「UNKNOWN」です。

Posted by theatreminori on 16.2020 稽古レポート
気が付けば1月も半ば。制作部も稽古もまずは「#演劇的な一日」に向けて準備を進めています。イベント公演ということなのでそれに対応したアイテムを用意する必要があり、今日の制作部は主にその作成に時間をかけました。

そんな制作部が取り掛かったのは、「#演劇的な一日」での上演後に第23回公演の告知を行うための横断幕作りです。昨年同様、イベント公演で本公演の一部を紹介し、合わせて続きや完全版をご覧になりたい方は…という流れで公演の宣伝を行うというパターンです。そのために必要な情報をどんなレイアウトで掲載するのか?まずはその話し合いからスタートでした。また、「UNKNOWN」のタイトルロゴを手書きながらもチラシのデザインと同じにしようという試みも行われました。「後ろの文字の方が大きくなってないか?」という疑惑も誕生しましたが「前の方の文字を大きくしてごまかそう」という解決策(それしかないのですが)が実践されました。

tDSC06517.jpg

その後は「#演劇的な一日」のイベント前に会場に掲出してもらえる展示用のポスター(団体紹介)作りを実施しました。こちらはある程度使用するオブジェを準備しておいたのでスムーズに製造が進みました。制作部の時間内に間に合わなかった部分は午後の稽古の合間に手が空いている役者たちが息抜きがてら進めてくれました。

tDSC06587.jpg

午後の稽古では集まってくる役者のスケジュールに合わせて順番を前後させながら一通りのシーン練習を行いました。主役級の役者が今週は出演する舞台の都合でお休みだったので、かわるがわる代役を入れながらの稽古でした。代役でも気を抜くことなく真剣に、しかし「今度はちょっと違う感じでやってみる」と遊び心も織り込みながら務めてくれています。稽古にもいい刺激になります。

tDSC06555.jpg

登場人物の特徴を表現する際に、自分がやりたい演技だけを追いかけていては全体のバランスを取れなくなることがあります。今回もライバル的な関係にあるキャラクター同士の表現をどうするかというテーマで、何点かの演出が与えられていました。一番わかりやすいのが「対比」「両極」です。同じような性格の人物だらけになってしまうとドラマに広がりがなくなります。なるべく様々な人物の交流からドラマを発生させ、浸透させていくには、こういったバランスのとり方が重要になってきます。

tDSC06585.jpg

まだまだ本格的な稽古が始まったばかりの「UNKNOWN」。しかし、第23回公演のチケットご予約受付はすでに始まっております。少しでも作品の品質を高めて2月8日の「#演劇的な一日」でお客様の興味を惹けるように、どんどん仕上げていきます。今週からは土曜日の追加稽古もスタートです。未知なる存在「UNKNOWN」の正体が明るみになるまで、どうぞよろしくお願いいたします。

tDSC06609.jpg

<関連リンク>
第23回公演「UNKNOWN」特設ページ
第23回公演チケットご予約
「#演劇的な一日」公式サイト



1月9日の「UNKNOWN」です。

Posted by theatreminori on 09.2020 稽古レポート
1月9日(木)は新年最初の活動日でした。午前の制作部では第23回公演用のグッズ作りを本格的に行っています。現在取り組んでいるのは前回販売して好評だったあるアイテム。既に作り方や改良すべき点はよくわかっているので、とにかく丁寧勝つスピーディに作業をするように心がけました。同時進行で公演のお知らせを発送する際に同封する手紙の執筆に取り掛かる団員もいました。フライヤーの完成が来週の予定になっていますが、先行して手紙や宛先ラベルの準備はできます。公演までそれほど多くの時間があるわけではないので、こういった工夫が必要になります。



さて、午後からは稽古です。今週から夜間練習も始まりましたので最大で21時まで。何と、入れ代わり立ち代わりの人がいたものの、全出演者が稽古に参加してくれました。境遇が違う団員が集まっている我々にとっては珍しいことです。今回の「UNKNOWN」は出演者が少し多い構造になっていますので、稽古場が狭く感じるほどでした。

tDSC_6709.jpg

申し送りとウォームアップに続いて、脚本の冒頭からワンシーンごとに稽古を重ねていきました。「UNKNOWN」で実質しっかりとした稽古が行われるのは初めてのことです。まずは役者たちが準備してきたキャラクターのイメージについて、演出から修正が入ったり、どういったイメージで表現しようとしているのかの確認があったりという流れで進んで行きました。かなり具体的に表現方法を固めてきた役者もいれば、まだまだどうするべきか悩みながら演じている役者もいました。演出はひとつひとつの言葉を選びながら、より表現の方向性が確かなものになるようにアドバイスしていました。

tDSC_6704.jpg

また、舞台上での人の配置、並び方などのイメージが固まっているシーンに関しては「逆側に立ってください」「後ろ向きで構いません」「もう少し距離を取ろう」などと、具体的な立ち位置の指示がありました。「UNKNOWN」を上演する会場は2種類(南大塚ホールと北池袋新生館シアター)あり、この2カ所の劇場は舞台の広さが全く異なります。その舞台の広さや幅を意識した演出も何か所かについていました。疑似的に舞台袖までの距離を体感するような試みも行い、セリフをしゃべる速度や動き出しのタイミングも肌で感じてみました。

tDSC_6695.jpg

こんな流れで気が付けばあっという間に21時(もちろん休憩を挟みながらでした)。この日集まった全員が自分の役を少しでも稽古することができました。あとは各自に授けられた課題をどこまで処理できるかという、次の稽古への準備になります。何名かの役者は早くも脚本を手放して演じようとしていました。少しずつ、しかし確実に完成度を高めていけそうです。

tDSC_6740.jpg

第23回公演「UNKNOWN」のチケットご予約開始は2020年1月11日(土)です!


12月26日の「UNKNOWN」です。

Posted by theatreminori on 26.2019 稽古レポート
来年2月8日(土)に開催される「#演劇的な一日in大塚2020」のチラシが完成したとの連絡が運営側からありました。早速本日午前中の制作部内で団員が受け取りに行ってきました。実際に手に取ってみると鮮やかで温かみのある色彩が印象的でした。「前回は青系だったからなのか、当日ものすごく寒かったけど、今回この色ならいい天気になって暖かいのでは?」と勝手な予想まで出ていました。

ura_mihon.jpg

ちなみに、てあとるみのりが登場するのは2月8日(土)12時45分から13時30分まで。会場は南大塚ホールです。いよいよそこで「UNKNOWN」の一部が明らかになります。「#演劇的な一日」は入場無料、入退場自由な地域演劇イベントです。ぜひお気軽にご来場ください!

午後の稽古では一日遅れのクリスマスプレゼントとでも言いましょうか、ついに「UNKNOWN」の脚本が配布されました。同時に物語のテーマや登場人物の相関図解説などが演出から行われました。それらを踏まえて各自で黙読。真剣な雰囲気の中時々笑い声や「おお~こいつ、いいやつだ」「このシーンはあれじゃないか!」といった大きな独り言が飛び交っていました。

tDSC_6619.jpg

ある程度の黙読が終わった時点で、演出から配役案が提示されました。今回はその案に従って実際に読み合わせてみることにしました。動きの面でよくわからないところがあるのは初見なので仕方ないとして、それぞれの役の特徴や目指している方向性などを読みながらすり合わせていきました。最初は若々しく演じてみたら、実はもう少しベテラン風の役だったことに気付いたり、何かのパロディなのにその元ネタに全く気付いていない人がいたり、何点かの修正が必要な個所を発見することができました。

tDSC_6620.jpg

読み終わった後にはそういった指摘点の振り返りと合わせて、配役案から正式な配役の伝達と、演じていく上でそれぞれのキャラクターに求められる役割、演じ方のコツなどが演出から授けられました。まだまだ手応えがあるのかないのかわからない、初めて触れる世界です。しかし、役者はそれぞれ楽しみながらのびのびと演じていました。萎縮せず自分を表現していくことができていたということは、公演まで付き合うことになる脚本との相性は上々のように感じます。

tDSC_6632.jpg

いよいよ本格的に物語の舞台化に突入した「UNKNOWN」。お客様にこの作品のテーマがしっかりと届けられるように、来年最初の活動までに、役者たちは各自が学習や準備を重ねてくることでしょう。ということで、本日で年内最後の活動は終了です。新年最初の活動は1月9日(木)を予定しています。今年もお世話になりました。また来年もよろしくお願いいたします!

12月19日の「UNKNOWN」です。

Posted by theatreminori on 19.2019 稽古レポート
今年も残すところあと2週間!気が付いたらすっかり年末モードです。2月8日(土)に参加する地域イベント「#演劇的な一日」までの残り時間もあとわずかになってきました。そんな12月19日(木)の様子をお届けします。



制作部は第23回公演に向けてのグッズ作りを行っています。一応写真にはモザイクをかけましたが、第22回公演のグッズラインナップをご存知の方には、正体がばれてしまいそうです。ある程度作り方のコツを知っている商品だけに、さらに良い出来にしよう、個々は失敗しないように気を付けようという意識を持って取り組んでいます。それでもピリピリした空気ではなく、時に雑談を交えながら進行していました。「若い者には負けないぞ」と決意表明する団員もいました(と表記すると年齢的に上の団員だということがわかってしまいますね)。もちろんこれから新作グッズを開発しますので、そちらの情報もお楽しみにお待ちください。

午後の稽古ではまず、「#演劇的な一日」に関する申し送りと、運営ボランティア要員の募集に関するお知らせなどが行われました。地域イベントは運営にも極力関わってこそのイベントです。地元の団体として、上演だけして後はよろしくというわけにはいきません。「そういう作業大好きなので昼も夜もやりたいです」と積極的に申し出る団員もいました。とは言え、我々の上演直前の作業もあるので、人選で全体のコンディションも調整していかなければいけません。

tDSC_6573.jpg

その後は「UNKNOWN」の前半パートの読み合わせを行いました。これまでの読み合わせより登場してくる人物も増え、物語の全体像が見えてきたこともあり、初見での読み合わせながらもにぎやかなセッションが展開されていました。演出からも「なるほど、そういうのもありなのか」という声が上がっていました。想定していたイメージを覆し、より面白くする可能性が存在していたようです。

tDSC_6591.jpg

印象的だったのは舞台上でのセリフ以外の動きです。セリフやト書きに指示されているのであれば、それを実行するのは当然ですが、ただ漠然と「盛り上がる」「ざわつく」と書かれている箇所を複数の出演者でどうやってひとつに形にするのかという、その場での即興力と調和が求められます。これが上手くお互いを生かし合うような匙加減にまとまっているセッションが多かった気がします。この辺りは何年かお互いの演技を肌で感じている間柄ならではのことでしょうか。

tDSC_6601.jpg

またこの日渡された脚本の最後には、今回の物語のテーマやそれに関連する用語の簡単なクイズが添えられていました。世界観や用語とそれらを取り巻く実状はすでにプレゼンされているので、そういった作品を演じるにあたって、根底に横たわる社会情勢や世界観を身に付けておくのはとても大切なことなのです。興味をもって少し自分で調べればすぐにわかるような問題でしたが、全ての問題に自信を持って答えられた団員はいませんでした。役作り、脚本の世界観の理解の第一歩として、正しい答えは各自が調べておくことになりました。すでに作品を仕上げていくための取り組みは始まっているのです。

tDSC_6594.jpg

次週は年内最終稽古になります。「UNKNOWN」の正体がいよいよ明らかになりそうです!

12月12日の「UNKNOWN」です。

Posted by theatreminori on 12.2019 稽古レポート
12月12日(木)の午前中の制作部は、第23回公演「UNKNOWN」へ向けたグッズ案や販売目標の話し合いが中心でした。物語の全貌がわかっていないので、内容に特化したグッズは後回しにして定番になりそうなグッズのラインナップ、品質の改善案などを具体的に検討しています。

午後の稽古では先日総監督と制作が参加してきたイベントの説明会報告、2月に控えている「#演劇的な一日in大塚2020」の概要と週末の打ち合わせで決まるであろう内容の申し送りがありました。その後は、すでに公開されているキービジュアルを基に、現在脚本執筆中の「UNKNOWN」の世界観や、表現する側が身に付けておくべき知識について説明が行われました。

その後は物語の冒頭シーンを役を入れ替えながら読み合わせました。冒頭ということは物語の導入部分です。そこでお客様にわかりやすく、物語の背景であったり、登場してくる言葉の意味などを伝えなければいけませんので、そのシーンを任される役者や登場人物は責任重大です。そういった大役を全うできるか?ニュアンスを自然に演技を通して伝えられそうか?といった適性を見極めるための読み合わせでもありました。



役者たちは「面白そうな役ですね」「普段はやらないだろうから今やっておこう」といったそれぞれの興味で読み合わせに挑んでいました。読み合わせと言っても、簡単な動きの演技も入っています。時々熱演の余り脚本のどこを読んでいたのかわからなくなる人がいたり、よく読むとまだ待たねばいけないのに行動を起こしてしまったりする人もいました。とは言え、初めて目にした脚本をそれぞれ自由なスタンスで演じているので、全く問題ありません。むしろのびのびと、思い切った演技を見せてくれる方が収穫も大きくなるようでした。

tDSC_6551.jpg

この日の稽古で、役者たちも「UNKNOWN」の世界に初めて触れたわけです。そしてこの日の読み合わせが脚本の進化に反映されていくことになります。まさしく、物語が始まったという感じです。果たしてどんな物語の結末を迎えるのか?それは2020年2月20日(木)~24日(月)の第23回公演で明らかになります。今は誰も「UNKNOWN」です。

tDSC_6547.jpg

 HOME