6月21日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 22.2018 稽古レポート
6月21日(木)。天候の変化が激しい今日この頃。活動しているハートランドみのり内は、外の天気に関わらず、熱気に満ち溢れています。熱気というよりも湿気かもしれませんが、稽古の時にはエアコンは必須です。それでも室内は蒸し暑く、熱中症にならないように、休憩を入れたり水分補給を促したりと、進行にも工夫を凝らしています。

午前中の制作部では、先週生放送された「としま情報スクエア」のYouTube動画(公式)を鑑賞しました。総監督と佐伯恵太さんが出演したこの番組。先週は劇団員がスタジオの見学と応援に駆け付けましたが、モニターで映像は見ることができても、実際に音声や音響を聞くことはできませんでしたので、事実上、初めて目にするオンエア映像でした。

その後は、過去の稽古動画(てあとるみのり総監督チャンネルにアップされているもの)を鑑賞。笑いと共に懐かしむ一方で「舞台の中で動きすぎているのね。今度からもう少し動かないようにするわ」と、自分の癖のような動きに気付く役者もいました。さらに昔の稽古動画への団員たちの集中力は高まる一方で、ちょっと雑談しようものなら、大女優から「うるさい!静かにして!」のお叱りまで飛び出すほどでした。公演の動画は終演後に見ることがあっても、稽古の動画を見る機会は少ないものです。また、団員の中には日常的にパソコンを見ることが(その環境さえ)ないものも少なくなく、当然ながらYouTubeで共有しようにも、全員平等にできないという背景もあります。今後も時折このような機会を設けたいものです。

午後は、萬劇場ショートストーリーコレクションに向けて、「FFファンタジー」の稽古でした。まずは、現時点で用意できている衣装(案を含む)を試着して、演出のチェックを行いました。すんなりOKが出るキャラクターもいれば、大幅な変更が必要そうなキャラクターもいました。アイディア段階ではよさそうなものも、実際に役者が試着すると雰囲気が大きく変わって来るものです。その人が持つ個性とイメージの折り合いがつく着地点を見つける作業はなかなか難しいものです。もちろん、役者側からキャラクターに相応しいイメージに己を寄せていく努力も必要です。ただ気持ちや内面だけその気になるのではなく、肉体や姿勢、基本的な動き方まで作り込まなければ、よりよい演技には至らないのです。

DSC_2041.jpg

この日からデモの音響が何シーンか入りました。演出上、音響とのタイミングを合わせなければいけないシーンもあり、そんなシーンを中心にデモ音響を当てて、体感的にきっかけを稽古しています。これまではのびのびとセリフを読んでいたシーンが、音響が入り、そこに合わせなければいけないという条件が加わっただけで、なぜかボロボロになってしまいました。間を開けずにセリフを入れないと音楽と雰囲気が合わなくなる…という意識が働くことで、前の人がセリフを言い終わったのか、まだ続くのか、自分が言い出していいのかといった判断が曖昧になってしまうのです。これは、いかににこれまで自信を持ってセリフを表現できていなかったということでしょう。何となく空気の中で、次が自分のセリフかな?この人のセリフはここまでだったかな?というジャッジを下して演じているからです。この点は早急に各役者が改善してこなければいけません。

DSC_2040.jpg

先週の稽古で課題になっていたシーンの確認も行われました。「上手くできるかな」「夢の中ではうまくいったんですよ!」と緊張気味の役者。実演してみると「全然夢のようにはいきませんでした」と、もどかしさを滲ませていました。演出からはひとつひとつのセリフに対してどのような動機付けなのかの確認と、それらの心情の変化をどのように表現するのかの具体的なアドバイスがありました。そのアドバイスを経て何度か稽古を重ねることで、役者はまだ完全に落とし込めていないながらも、手掛かりをつかむことができたようです。ひとつのシーンがしっかりと品質を高めていく過程が、本日の稽古からは感じられました。あとは役者が持ち帰った感触を、しっかりと磨き上げてものにしてくるかどうかです。

DSC_2046.jpg

そんなわけで、来週は「FFファンタジー」の通し稽古が行われます。衣装とメイクも可能な限り実装します。どんな通し稽古になるのかわかりませんが、誰もが「心配だなぁ」と感じていることでしょう。そう思うのであれば、これまでと同じ準備をしていてはどうにもなりません。心配があっても、それを上回るほどの自信を得られるほどに準備をして来ればよいのです。通し稽古まで1週間。稽古がないにしても、各自が準備を重ねてくる時間は潤沢に残されています。役者たちの「本気」が試される、1週間になりそうです。

6月14日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 15.2018 稽古レポート
6月14日(木)は、てあとるみのり総監督の椙田が、としまテレビの情報番組「としま情報スクエア」に生出演しました!午前中の放送に合わせて、劇団員たちも大挙して応援に駆け付けました。豊島区役所1階のスタジオは誰でも収録や放送の様子を覗く事ができるようになっているので、リハーサル中の総監督をバックに記念撮影に興じる団員もいました。

IMG_4033.jpg IMG_4034.jpg

放送の内容はてあとるみのりの紹介、先日のハートランドチャレンジFESの報告だけではなく、7月に行われる「萬劇場ショートストーリーコレクション」の告知、10月に予定されている第20回公演のお知らせも行いました。ウルル・プロの俳優・佐伯恵太さんも、てあとるみのりとの関わりや、実際に一緒に活動をしてみて感じたことなどを紹介して下さっています。しかも、「てあとるみのり応援大使」を自称していた佐伯さんに、総監督から「もう公認でいいです」との認定まで与えられるというアドリブまで発生しました。見学した団員たちは「面白かった」「過去の映像が流れて笑った」「あの頃は痩せていた」などと、テレビの生放送スタジオの雰囲気や放送内容を存分に楽しんだようでした。

今回のテレビ出演がどのような影響力を与えるのかは全くわかりませんが、豊島区を拠点にして10年間にわたって活動を積み重ねてきたてあとるみのりの魅力が、少しでも多くの方に伝わったのであればうれしい限りです。それ以前に、こうして地元のテレビに出演することができたことが、てあとるみのりにとって、とても大きな成果だったように感じます。この企画に携わってくださった方々には感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

午後の稽古では、そんな午前中の活動の報告と共に、10日(日)に訪れた川崎市のNPO法人の講演会についての報告、ハートランドチャレンジFESの反省会報告、9月に参加予定のイベントへの参加形態の確認などが行われました。「10年間やってくる中で、いろいろなことがありましたね」「その積み重ねがあって、今ここまでありがたい話をいただけるようになったんですね」「この先10年後にはどうなってるんでしょうね?」「もう80歳だよ!」「定年間近だよ」などと、過去の振り返りと、これからの活動に思いをはせるひと時もありました。

その後はウォームアップを挟んで、萬劇場ショートストーリーコレクションに向けた「FFファンタジー」の稽古を行いました。稽古場をなるべく実際の舞台の広さに近づけて、動き、立ち位置、使うべきエリアを意識しながらの稽古でした。特に強く意識したのが体の向きです。今回の萬劇場ショートストーリーコレクションは、客席が向かい合った狭間に舞台があるという特殊な構造です。通常の正面と正面が向き合った舞台ではないので、どの方向を見て演じるかの判断に迷ってしまったり、ついつい片方に視線や立ち位置が偏ってしまうことがあります。それをひとつひとつ整理していく演出が目立ちました。それに伴って、「ここで振り向くタイミングを合わせよう」「横からではなくて縦から声をかけましょう」といった演技のアレンジもなされていました。少しでもお客様の視線に対していい演技をお届けできるように、様々な角度からの見た目にこだわって稽古が進んでいました。

DSC_2028.jpg

また、今回の「FFファンタジー」では、特殊な人物設定が施された役が登場してきますので、それをどのように形にして表現するのかを全体で考えながら稽古しました。「緩急をつけてみたんですけれどどうでしたか?」「頭ではわかっているんだけだけれど、それを体でやるのが難しい」「ついつい視線が動いてしまうんですよね」「この1週間でイメージをつかんでくる」と、それぞれ苦慮しながらも、この日の稽古の中で少しでも感覚を手に入れて、それを次回の稽古までに成熟させてこようとしていました。

DSC_2012.jpg

再来週には通し稽古が控えている「FFファンタジー」。公演は2018年7月28日(土)12時30分から萬劇場にて。チケットは絶賛販売中です。3団体一緒の舞台ですので、売り切れ必至のチケットとなっております。ぜひお早めにご予約ください!

詳細やチケットのご予約などは→こちら!

6月7日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 08.2018 稽古レポート
6月に入り、関東地方にも梅雨入りの声がかかっていましたが、この日は晴天に恵まれ、稽古場も熱気に包まれていました。夏らしさが増す毎日と共に徐々に公演日が近付いている実感を得られる今日この頃です。

午前中の制作部では、萬劇場ショートストーリーコレクションの宣伝を行うためのダイレクトメール発送作業を継続して行いました。また、近隣の関係機関には徒歩でチラシをお届けしました。可能な限り顔を見せて営業活動する。これも一種の「Face to Face」です。徒歩での運搬で切手代や封筒が浮いた分は「じゃあ、もう一か所、あそこにも送りたいんですけれど」との提案があり、すぐに追加発送分に回されました。確実にご来場くださるかわからないとしても、宣伝しない限りは可能性はゼロです。少しでも多くの方にご来場いただきたいという率直な願いが、団員たちのモチベーションになっています。

午後の稽古ではいつものようにウォームアップを行ってから、すぐに「FFファンタジー」の稽古には入らず、読み合せの練習用に用意されている脚本を半分即興のような形で読んでみました。少しリラックスして演技に臨むため、演じるという感覚を自分の役に固執せずオープンにとらえるため、そして今回の「FFファンタジー」には出演しない団員のために実施されたイレギュラーな取り組みでした。

DSC_1985.jpg

その後は「FFファンタジー」の稽古です。この日は出演者全員が集合しました。先週行った稽古で確認した部分の振り返りを行ってから、まずは序盤のシーンの稽古。この日は演出から実演を交えながら、かなり細かく姿勢の取り方、動きのタイミングやその意図、原理などの説明がなされていました。30分間というコンパクトな作品であるがゆえに、ひとつひとつのセリフ・動作に、いつも以上の意識を注ぎ込まなければいけません。演じる上では、落とし込んでこなければいけない課題が増えていますが、全ては物語の魅力、自分たちの取り組む姿勢をお客様に伝えるためです。実はいつも行っていることと何の変りもないのです。

DSC_1991.jpg

役者たちは、ただ単に演出からの指示を聞いて、言われた通りにやっているだけではありません。自分たちからも「ここは○○○にしてみたらよく見えるんじゃないか」「効果音を入れるとお客様にも理解しやすくなるかも」「どちらのコンセプトを生かすか迷いますね」などと、演じている立場からの意見や提案を挙げていました。演出もそういった要素をしっかりと受け止め、バランスを取りながら演技に反映できるようなフィードバックを行っていました。もちろん、実際に演じてみてしっくりこなければ「やっぱり最初の形に戻そう」ということになり、思いの外いい感じであれば「じゃあ、さらにこういう動きも入れてみましょう」という発展が生まれます。まさに舞台を創る一体感。「Face to Face」の取り組みがありました。

DSC_1997.jpg

このように、てあとるみのりの劇団員が一丸となって創り上げている「FFファンタジー」。上演に向けて演技も裏方も少しずつ前進しています。来週あたりからは小道具と衣装の準備も本格化する予定です。どのような仕上がりになるのかは、7月28日(土)たった一度のステージでご確認下さい!

公式サイト
チケットご予約フォーム


5月31日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 31.2018 稽古レポート
いよいよ「萬劇場ショートストーリーコレクションVOL.7 夏の短編集」のチラシが入荷しました。現物が手元に届くと、一気に「いよいよだ」「本当にやるんだなぁ」という気持ちが高まります。

そんな気持ちを抱きながらの午前中の制作部では、萬劇場ショートストーリーコレクションの宣伝を行うためのDM発送準備を行いました。発送すべきお客様のリストを確認して、個人的にメッセージをお届けするための手紙を作り、あて先を封筒に記入するといった作業を丁寧に実施しました。作業した団員は「手紙とチラシを入れました。あと、心も込めておきました!」と、ぜひ見に来ていただきたいという願いを盛り込んでDMを完成させていました。少しでも多くの方に自分たちの姿を見ていただきたいと思えるということは、それだけこの舞台にかける思いも強く、また、これまでの取り組みに対する自信や手ごたえを得ているということです。

午後の稽古では、まずは先日の「萬劇場ショートストーリーコレクション」打ち合わせの報告が行われました。これまで自分たちの公演では笑って許されてきたことも、複数の団体の皆様と一緒に作っていくイベントである今回は許されることではありません。その意識を強く持っていただきながら、目前に備えたチケット販売開始日に備えていただくように、特に厳しく申し送られていました。チケットの販売方法以外にも、通し見せやゲネプロ、公演当日の楽屋の使い方、会場への入退の際の注意点など、今までも気を付けていたであろうことに輪をかけて注意を払うような指導がありました。団員たちはこれを面倒に思うことなく「せっかくできかけているつながりですから」「こんなやつらなんだとは思われたくないです」と真摯に受け止め、気持ちを引き締めていました。

また、新たなイベントへのお誘いを受けたことも総監督から報告され、団員の間で参加すべきかお断りすべきか(前後のスケジュールがタイトなので)検討を行いました。「大変だけれど、誘われているときに参加しないと次があるかわからない」「より多くの人に知ってもらえるチャンス」「この大変さを乗り越えれば、すごく成長できると思う」「せっかく期待してお願いしてもらえたのだから期待に答えたい」「やりたいです」といった素直な議論が交わされ、結論はお引き受けしようということになりました。どこのどんなイベントなのかは、もう少し詳細が決まってからお知らせします!

DSC_1965.jpg

さて、そんな申し送りや話し合いを経て始まった稽古。本日は1名欠員がいたため随所に代役を立てての稽古になりました。まずは、先週の読み合わせを参考にして長さやバランスの調整を施してきた脚本を通して読んでみて、30分間という長さに収まっているかの確認を行いました。場面転換や音響の長さもある程度イメージしながらセリフを進め、無事に制限時間内に収まりました。もう少し演技がついてくれば時間の増減があるかもしれませんが、ひとまずはこの脚本の構造で作りこんでいけそうです。全体としてバランスが調整されたことで「前よりも言いたいことが分かりやすくなりました」「演じやすいです」と、役者派からも好評でした。問題はその感覚を表現としてお客様に届けられるかです。

DSC_1956.jpg

シーンごとの稽古ではそんな課題についての指摘がありました。その気になって演じているようだが、どこまでそんな自分の周囲の風景や状況、空気の流れや温度、色、風などの背景を描けるか。観客に目に自分のどの部分が大きく映し出されているのか(そのように注目を制御できるか)。そのすべてを完全に表現することは難しいかもしれませんが、役の人物がそこで表現している形・感情などの表面だけではなく、そのような言動によって表される状況や心情に至った理由を考えて表現することこそ演技であるという話でした。とても難しい要求のようではありましたが、早い段階でこの点に意識を向けておかないと、ただ勢いや単純なセオリーによって形だけが取り繕われた、見ているものに何も感じさせない演技になてしまいます。完全な状態での表現は困難かもしれなくても、意識することは必要なのです。

稽古最後には、役者たちでご飯を食べながらこの物語に取り組むうえでの心構えや、向き合ってみての感想などを語り合いました。それぞれが真剣に自分の役や物語の意味に向き合っているようで、しっかりと「Face to Face」されていました。この勢いで7月の公演まで積み重ねていきます!ご期待ください!

FFF_blog_banner.jpg

萬劇場ショートストーリーコレクションVOL.7 ~夏の短編集 Face to Face~
てあとるみのり大塚代表公演「FFファンタジー」
2018年7月28日(土)12時30分開演 会場は萬劇場
チケットは6月2日販売開始!

公式サイト
チケットご予約


5月24日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 24.2018 稽古レポート
萬劇場ショートストーリーコレクションVOL.7 夏の短編集」の詳細も徐々に紹介され始め、7月28日(土)の上演に向けた稽古もこの日から本格始動です。上演する演目「FFファンタジー」の脚本も完成し、出演者は期待と不安に包まれての一日だったようです。

午前中の制作部では、7月の公演の先、10月に控える第20回公演へ向けたグッズ案の検討を行っています。早くもグッズ案の試作を持ち込む団員もいて、さらにその姿に刺激を受けた団員が「来週にデザイン案を持ってきます」と宣言するといった好循環が生まれていました。グッズ以外にも7月公演の衣装・小道具案についての検討も行われました。

午後の稽古では、「FFファンタジー」の出演者全員が顔を合わせました。久しぶりにてあとるみのりの舞台に立つ役者もいたため、まずは「お久しぶりです」「覚えてます?」「はぁ~。覚えてないなぁ」といった挨拶から。それぞれが数年間のうちにどんな活動をしていたのかの簡単な紹介を行うと、この場でこの顔ぶれがひとつの舞台に集っていることに、奇跡的なめぐりあわせを感じてしまいます。

DSC_1942.jpg

事務連絡とウォームアップを挟んで、いよいよ「FFファンタジー」脚本の配布です。まずは表紙のビジュアルに「かっこいい!」「すごい!」「中二病感がすごく出てますね」と歓声が上がっていました。配本後は配役を改めて伝え、あらすじや物語の目指す方向性の説明を経て、さっそく一度通して読み合せました。今回は30分間という時間制限の中での作品。読み合せ前には脚本を作った総監督からは「ちょっと長すぎるかも」と不安げな言葉が。実際にタイムを計測するとピッタリ30分。一見するとこれでよいように感じますが、実際には初めての読み合わせということで簡素化されていた動きも多々あったため、もう少しスリムにしないといけないようです。

DSC_1933.jpg

その後は劇場の舞台配置を共有し、冒頭のシーンからそれぞれの立ち位置や、照明・音響との兼ね合いを確認しながら稽古を繰り返しました。30分サイズの脚本なので、ひとつのシーンを集中して何回も繰り返すことができます。やっている役者は大変ですが、その分いつもより休憩を多く入れて、集中力を途切れさせないように取り組みました。なんとなくですが時間の経過にゆとりがあるのか、稽古中は自主的に動きの確認や演技の相談、キャラクターの解釈談義などが行われていましたが、全体としては和やかな雰囲気が目立ちました。久しぶりに一緒に演じる団員がいることで、適度に緊張感も漂っていました。

DSC_1929.jpg

稽古の空き時間には「この役の衣装、何とかならないかな」「ダイソーのあれであれが創れますよ」「動画であれの作り方が出てましたよ」「家に紅のバトンがある!」などと、衣装や小道具の話が盛んに交わされていました。内容的に非日常系の衣装・小道具が必要になりそうな演目です。早めに検討して、試作や購入を進めて、その都度改良や修正を加えていかなければいけません。脚本が完成したことで、さらに具体的なプランの検討ができるようになりました。制作部の時間を含めて、みんなでアイディアを出し合いながら取り組んでいます。

DSC_1930.jpg

今回私たちが参加する「萬劇場ショートストーリーコレクション」は7月26日(木)~29日(日)に萬劇場を会場に開催されるイベントです。てあとるみのりは地元大塚の代表という肩書を背負って28日(土)12:30からのワンステージに登場します。詳細は以下の公式サイトからご確認ください。チケットの販売開始は6月2日を予定しています。いつもと一味違った作品に挑むてあとるみのりにご期待ください!
萬劇場SSC公式サイト


 HOME