FC2ブログ

3月26日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 26.2020 稽古レポート
3月最後の活動日です。先週は事業所のスケジュールの都合で活動がなかったので、2週間ぶりの活動です。そして、年度でカウントすると2019年度最後の活動日でもありました。

午前中の制作部では3月5日(木)の活動で宿題になっていた新しいグッズのアイディアを出し合う話し合いを行いました。それぞれが複数考えてきた案を付箋紙に書き出し、ジャンルごとに分類して検証していく方式を使いました。案としては面白いものも深く検証するとクリアしなければいけない課題が見えてきたり、同じ素材から似た発想が浮かぶ人がいたりと、議論の題材には事欠かない協議になりました。2時間の話し合いはあっという間に時間となり、統廃合されたアイディアを、次回までにもう少し深く考え、実現可能なのか?実現に必要なスキルや費用はあるのか?といった内容を整理してくることになりました。これまでのパターンを大きく覆す案が実現するかもしれません!

午後は即興芝居を行いました。人物設定と話の大まかな展開を決めての即興ですので、大幅な脱線もなくまとまった物語に仕上がっていました。それでも一度演じ終えると「あの話題に特化し過ぎたね」「すぐに結論を出さない方がよかった」「あそこで拾ってくれたのはさすがだった」などの振り返りが自然発生し、それを踏まえて何度かセッションを行うことができました。



最後には一度決めた人物の組み合わせをアレンジして、より即興性の高い条件の中で演じ合いました。誰が主導権をとるかで話の展開ががらりと変わってくるので、見ている側は実に面白く、演じている側はとても難しい即興になりました。一度強く出て主導権を取ろうとした役者が、相手の切り返しにあえなく力関係を逆転されてしまうシーンもあり、周囲は笑いに包まれました。

tDSC09535.jpg

ちなみに、即興のメインテーマはこの季節に相応しく「卒業式」でした。卒業生とそれを取り巻く人々の様々な交流が自然発生していました。団員の中には通っている大学を今月でまさに卒業する団員もいます。しかし、残念ながら新型コロナウィルス感染防止対策の影響を受けて卒業式が中止になってしまったそうです。そんな団員に少しでも卒業式を体験してもらおうという計らいでした。もちろん、現実的な卒業式とは少々異なるフィクションの世界ではありました。突然卒業生の親が娘に「トイレ大丈夫?」と心配しながら教室に姿を見せるといった奇想天外な展開も発生し、とても明るくにぎやかな「卒業式」になりました。

tDSC09490.jpg

東京都が公式に週末の外出自粛を要請するようなタイミングでの活動ということで、本来社会人参加者のために予定されていた夕方から夜の活動は中止させていただきました。急な予定変更で関係者には大きなご迷惑をおかけしております。次週の活動も制作部、午後の稽古ともに1時間短縮して開催する予定になっています。この情報も、月末の東京都や世界レベルでの状況によって変化すると思われます。明日の予定さえお約束できない日々が続くことになりそうですが、Webでは最新情報を発信してまいりますので、ぜひご参照ください。

<活動情報関連リンク>
ハートランドみのり月間活動予定表
総監督Twitter

3月12日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 12.2020 稽古レポート
てあとるみのりでは、公演が終わった後のインターバルには必ず稽古場の床磨きを行います。普段稽古で使用しているハートランドみのりの床すべてを、日頃の感謝と次回もお世話になるという思いを込めて、劇団員で丁寧に掃除するのです。3月12日(木)はの午前中は、そんな活動を行いました。



置かれている荷物も移動させての大仕事ではありますが、もう何度も行っている恒例行事なので参加した団員は要領よく作業し、予定していた時間よりもかなり早く進行させることができました。時間と余力があれば…と想定していた白い畳マットの掃除まで実施できました(この設備はてあとるみのりではほとんど使っていないのですが)。参加した団員はやり遂げた充実感に満たされていました。

tDSC_6957.jpg

奇麗になった室内で、午後は先日行われた第23回公演「UNKNOWN」の公演動画を鑑賞しました。「UNKNOWN」の稽古の動画は何度も見ている劇団員ですが、公演の様子を客観的に見るのは初めてのことです。お客様の反応を含めて、自分がどう見えていたのか、イメージ通りにできていたのかなど、自分なりの答え合わせができる貴重な時間です。団員たちは期待と緊張を胸に、スクリーンに映される公演の様子を見つめていました。

tDSC_6960.jpg

鑑賞終了後、各自が感じた思いを発表し合いました。作品としては見ごたえもあって面白かったというのが概ねの感想でしたが、個人の出来栄えに関しては、全員が「まだまだだ」「動きがぎこちない」「動けていたと思っていたらそうでもなかった」「感情の動きが見えてこない」「セリフはどうにか出たけれど下手だった」「早口で一気に言ってしまうところがもったいない」「一から鍛え直さないとヤバい」といった、厳しい評価でした。もちろん、稽古の時から演出に言われていたことも多々あります。それでも自分では改善した、対策したと思い込んでいたのでしょう。改めて自分自身の目で、客席からの視点で見つめ直したことで、そんな過信はもろくも崩れ去ったのです。大切なのはその反省を次にどう生かすかです。ただその場で感傷的になってやる気になったようなことを口にしても、実際に次の稽古で生かされていなければ同じことです。役者としてのベースラインをどこまで上げられるか?このインターバル時期が勝負です。

また、萬劇場夏の短編集に関する最新情報の共有も行われました。まだまだ脚本も参加者も確定していませんが、色々なことが運営サイドとの調整の下で決まってきています。現状ではイベントの実施がどうなるのか不透明ではありますが、しっかりと全体でモチベーションを維持して創り上げていきたいところです。

次週の活動は事業所の都合でお休みです。次のブログ更新も26日(木)の活動後になりそうです。それまで皆さんお元気で!

3月5日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 05.2020 稽古レポート
第23回公演「UNKNOWN」も無事に終了し、3月5日(木)は久し振りの通常活動日でした。

午前中の制作部では、グッズの開発・販売に関する振り返りを中心に、公演の裏方業務に関する反省会を実施しました。グッズについては何か新しいアイディアが必要だという共通認識に至り、26日(木)の制作部までに各自が新しい案を5個以上考えてくるという宿題が出ました。次の公演まで時間があるので、有効にその時間を使おうということです。

t01.jpg

そんな話し合いの後には、制作部や稽古で使用している事業所内のドア、椅子、机などを消毒液で洗浄しました。もちろん新型コロナウィルス対策の一環です。少しでも安心して活動できるように、それぞれの手洗い、うがい、消毒などはもちろん、ハード面の消毒にも力を入れています。

午後は次年度の活動スケジュールの発表と説明に続いて、「UNKNOWN」の運営面、主にチケット販売に関する振り返りが行われました。そして、チケットを売るための努力をどの程度、効果的に行うことができていたかのチェックを行い、次回公演へ向けて意識しなければいけないことを整理しました。総監督からノルマ的に与えられた数字を「売らなければいけない」ではなく、自分が今回の舞台で「何人呼びたいか」「絶対〇〇人に見てもらうんだ」といった主体的な意欲を持つことの重要性が説かれました。その意欲がすべての行動や稽古への高い意識につながってくるということです。

tDSC_6948.jpg

少しシビアな話し合いの後は、短いシナリオのセッションを行いました。役を入れ替えながら3回。みんな思い切りキャラクターを濃くして演じ「面白い」「深く考えずできる演劇っていいね」「これこそあるべき姿だ」と、笑顔で振り返っていました。次の公演へのインターバルにあたるこの時期、リラックスして演技の基本的な面白さに触れられています。公演用の脚本や役を手にしてからでも、こんな雰囲気で取り組めたらもっと面白くなりそうな気がします。

fDSC_6963.jpg

tDSC_6971.jpg

さて、そんなこんなで、少し緩やかに進行している3月ですが、次週には「UNKNOWN」の公演動画を鑑賞しての演技振り返りを予定しています。自分の姿を客観的に見つめ直す楽しみのような不安のようなそんなひと時です。各自が言われなくても気が付くことがたくさんあることでしょう。どんな感想が聞かれるのか、今から楽しみです。

2月13日の「UNKNOWN」です。

Posted by theatreminori on 13.2020 稽古レポート
いよいよ公演まで1週間となりました!制作部はグッズ作りの、稽古は演技の内容のラストスパートに入りました。とにかく残り時間も残りの活動時間も限られています。あとはひたすらやりきるだけです!



稽古では後半のシーンを中心に、動きや位置の確認を細かく行いました。役者からも「こっちに行きたいのでこうして欲しい」「ここを空けておいて欲しい」などのリクエストが出ており、いよいよ大詰め感が高まってきました。

tDSC07854.jpg

公演が迫ってきたことからか、今までは問題なく演じられていたシーンのセリフが急に出にくくなるような現象に見舞われる役者もいました。できていたはずのことなので、自分の感情や精神状態をどうコントロールするのかの問題です。緊張や焦りが先走ってしまわないように、冷静に集中して演じられるようにしなければいけませんね。

tDSC07872.jpg

物語の後半にはいくつかの戦闘アクションが登場してきます。不慣れな役者がほとんどなので、なかなかうまく連携が取れなかったり、臨場感が表現できなかったりしています。それでも、相手役と何度も練習を重ねて少しでも質が良くなるように努めています。残り時間でどこまで高められるか、まさに戦いです。

tDSC07932.jpg

さて、そんなこんなで、いよいよ来週には「UNKNOWN」の全貌が明らかになります!嬉しいことに21日(金)19時開演の回の前売り券は完売しました(数枚の当日券を用意する予定です)。しかし、他の7ステージのお席にはまだまだ余裕があります。ぜひご来場いただき未知の存在「UNKNOWN」の正体をその目でお確かめください!

チケットご予約は→こちら

2月6日の「UNKNOWN」です。

Posted by theatreminori on 06.2020 稽古レポート
2月6日(木)は「#演劇的な一日」の2日前!この日の活動の最大の目玉は現地でのリハーサルと通し見せでした。午前中は通常通りの制作部の活動を行い、第23回公演へ向けたグッズ作りに力を注ぎ、午後はいざ南大塚ホールへ。これまで何回かイベント公演でお世話になっている劇場なので、場慣れしている劇団員がほとんどでしたので、午前中から舞い上がってしまう人もおらずスケジュールの進行は順調そのものでした。



南大塚ホールでは持ち時間内にリハーサル(きっかけ稽古)を行い、1回通しを公開するという流れで進みました。リハーサル前に役者たちには5分間の自由時間が与えられました。この時間は休憩時間ではなく、自分がどこからどう舞台に出てどこまで歩くのか、そのためにはいつもの稽古のタイミングや歩幅と同じでいいのか、変更が必要なのかといった舞台へのアジャストを行うための時間です。複数人のコンビネーションが必要な役者は相手役にも声をかけ、動きの確認を行っていました。

tDSC_6799.jpg

きっかけ合わせでは音響と照明が現地で確保されている視界の中でどうタイミングを取るかを中心に何シーンかの練習を行いました。そしてあっという間に通しの時間です。舞台監督の方に所定時間内に収まっているか、おかしな内容がなかったかを確認してもらう意味合いもあります。無事に大きなトラブルも、時間のオーバーもなく通しは終了。思ったより堂々と演じることができた人もいれば、やはり緊張感から落ち着きがなくなる人もいました。本番は事前にリハーサルもなくまさにぶっつけ本番になりますので、今回体感した舞台の中での感触をしっかりと持ち帰り、本番当日にしっかりと対処していつも通りの力を発揮できるようにしておかないといけません。

tDSC07455.jpg

リハーサルと通し見せが終了してからはいつもの活動場所に戻り、稽古を行っています。この日は第23回公演で公開される「UNKNOWN」後半の物語に一部追加される脚本が配布されました。これまでの展開から変更になった点も何点かあり、役者たちは入念にセリフや展開を確認していました。

tDSC07464.jpg

その後は変更になった箇所を中心に読み合わせを行いました。初見のセリフや場面に関してはぎこちなさもありましたが、全員で物語の最終形態を確認できたことは収穫でした。ここから前半はもちろん、後半にも本腰を入れて取り組んでいきます。

tDSC07479.jpg

稽古の終盤は前半の気になるポイントを修正するための部分稽古を行いました。特にリハーサルの映像からで気付いた点、やってみて感じた改善点などに絞って繰り返して稽古しています。動きの大きさ、整列したときのバランス、奥に立つか手前に立つかなど、舞台のサイズも意識しながら取り組んでいます。「#演劇的な一日」前の最後の仕上げといったところです。

さあ、いよいよ8日(土)は「#演劇的な一日」における「UNKNOWN」前半部分の公開です。現時点でお届けできるものは全てお届けしますので、どうぞご期待ください!もちろん、第23回公演「UNKNOWN」もよろしくお願いします。チケット絶賛販売中です!

<リンク>
「#演劇的な一日」公式サイト
第23回「UNKNOWN」公演特設ページ


 HOME