FC2ブログ

9月17日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 17.2020 稽古レポート
9月17日(木)は活動開始時間がこれまでより30分早まって、通常同様の10時からの活動でした。もちろんこれまでと同じような感染症対策をした上での活動なので、すっかり元に戻ったというわけではありません。夜間の稽古もまだ再開できる状況ではありませんので、16時で活動終了というスケジュールには変わりなしです。

さて、午前中の制作部は完全に分業といいますか、それぞれが担当することを黙々とこなす時間でした。かなり早い段階から物作りに取り掛かっていたので、公演には十分間に合うだろう…と思っていたら、意外にも残り時間が少なくなってきていることに改めて気付き、この日は逆に「そろそろこれも仕上げないとまずい」「このペースだと間に合わない」といった実感がありました。より集中力を高めて各自が作業を進めています。



13時から16時までの稽古では、このところ続けているランダムに組んだ4人組での短編脚本演技を行っています。ただし、今回は今までと違ってエチュード色の強い作品になっています。セリフはほんの4個。あとは大雑把に展開が書かれているト書きがあるだけ。次の状況に至るまでに何があったのかの詳細を想像し、いわゆるアドリブでその間を現実のものに埋めていかなければいけないというわけです。

tDSC_0158.jpg

まずはチームごとに別れてどのような展開にするか、何がどこに配置されていると想像するのかなどの打ち合わせと稽古を行いました。ある程度の時間自主練習した後に発表です。今回のシナリオにはもう一工夫が施されていて、2組が担当した物語が実は続き物であるという仕掛けです。1回目の発表で初めてその事実に気付き、1組目と2組目、それぞれがイメージした世界観のどのあたりで折衷するかを話し合いました。

tDSC_0176.jpg

実はこの要素は通常の物語の脚本を演じる時にも意識すべきことなのです。作品全体の世界観をどのように表現するのか?前のシーンがどのような雰囲気で終わっていて次のシーンがあるのか?そのような条件下でより効果的に物語の展開を表現する方法は何なのか?これらは一見すると演出が行う工程と思われがちですが、役者が稽古に臨んだ時点である程度の意図をもって演技構築してもらえれば、稽古の効率が格段に上昇します。効率の向上があれば演出がより深くまで入り込めるので演技の質も向上します。稽古のスタート地点がよりゴールに近い位置になるというアドバンテージが得られるわけです。そのためにも考えなければいけない要素なのです。

役者たちは短時間ながらも物語の裏側を想像し、力を合わせて表現を構築していました。これまでにないような連動や臨場感が存在するセッションになりました。これらの取り組みが次回以降の舞台に生かされることを願うばかりです。

9月10日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 10.2020 稽古レポート
9月10日(木)は10時30分から16時まで、制作部と稽古の活動が行われています。この日は来年参加を検討しているイベントの詳細について審議をする時間もあり、盛りだくさんの内容でした。

来年2月のあるイベントについて話し合う中では、映像作品への取り組みと舞台での演劇との重なる部分と異なる部分についての意識共有が行われました。このようなご時世では多くのお客様に生で舞台を見ていただくことは困難です。そこで有効になってくる表現方法に「映像作品」が浮上してくるのは自然な流れかもしれません。しかし、元来我々の目指しているものは何なのか?映像作品と言ってもどのようなスタイルの物をイメージしているのか?をはっきりさせておかないと、その選択が大きく演劇から逸脱したものになってしまうリスクがあるのです。新しい様式の中での演劇として、もっとできることの可能性は存在するはずです。単に映像でドラマを作ることが本当にやりたい「演劇」なのか?私たちの価値観が試される話し合いになりました。その結論はいずれ、形になって示されるはずです。お楽しみに。



制作部ではこのところ毎週のようにお伝えしているグッズ作りが継続して実施されています。特に新しくお伝えするような新グッズが誕生したり、取り組んでいた試作が没になるといったこともなく、ただひたすらに、黙々と、それぞれが手を動かして作業していました。もちろん作品の品質は回を重ねるごとに向上しています。それだけ製造にも慣れてきた、つまり技術が身についてきたということです。

tDSC_0160.jpg

稽古では、こちらも何週か続けて行っている2チームに別れて短編脚本の自主練習→発表というセッションを実施しました。今回も配役やチーム分けはランダムです。そして、中間発表を行わず、全て自分たちのチーム内で練習しながら改善案を出し合っていき、最後の発表、つまり本番でその成果・完成形を披露するというルールでした。

tDSC_0167.jpg

普段は自分のセリフや演じ方を考えるあまり、全体としてどうすべきか、相手の動きやセリフをどう感じるかがおろそかになりがちです。しかし、この取り組みによってお互いがお互いに「もっとこうしてほしい」「ここはどうやったらいいか」と言った関わりを持つことができました。どのような方向性で演じればいいかわかりにくいところは素直に質問し、どこに立ってどう動けば相手が演じやすいかの意識共有もなされていました。

tDSC_0190.jpg

そんな自主稽古時間を経てお互いの作品の発表です。その発表を見ての感想や意見を相手チームに返していくというスタイルです。「お互いに助け合っているのが見えてよかった」「キャラクターが色濃く出ていてよくまとめられていた」「二人のコンビが良かった」など、前向きな感想が双方にフィードバックされました。考えながら演じていくこと、その成果が相手に伝わったときの喜び。それもまた演技を構築していくことの原点です。普段自分の演技に集中し過ぎて忘れてしまいそうになる演劇の面白さを再発見できる稽古でした。

9月3日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 03.2020 稽古レポート
猛暑もちょっとだけ和らぎ、暦同様に秋めいてきた東京都。9月3日(木)は夏の暑さが戻ってきたような晴天でした。何年も前の10月に設定が夏の公演をやったら、その期間だけまさかの夏日が戻ってくるという超常現象が起こったことを思い出してしまいます。

さて、さすがに次回予定されている11月下旬は夏日になることはないでしょうが、今のこの暑さをそのままアイテムに込めるように、制作部ではグッズ作りが最盛期を迎えています。春先から少しずつ進めてきた作業だけあって、劇団員の作業能力も向上しており、これまでよりも速く、きれいな仕上がりができるようになってきました。もちろん作業工程の効率化も図られています。



もちろん、こんなご時世ですので、グッズの販売どころか公演のスタイルそのものに変容が求められているわけです。そんな変化にも対応できるようなアイテムであったり、販売方法もしっかりと考えながらここまでやってきました。「欲しい」という方にリスクのかからない販売ができるよう(数量には限りがありますが)、制作部一同神経を使いながら取り組んでいます。

午後の稽古では先週の稽古で実施したランダムに配役やユニットを決める方式で短い脚本の立ち稽古を実施しました。男性が女性、女性が男性という配役が生じるのはもちろん、年齢的にもまさかこの人がこの役を?というサプライズ配役が発生しました。この時点で大きな笑いと、どうなるんだろうという不安と期待が入り混じる高揚感が生まれていました。

tDSC_0133.jpg

今回は4名のユニットが二つ組まれました。挑んだ脚本は10年以上前に上演したことがある長編作品の一部を4ページほど切り出した教材だったので、ドラマの結末や発端が明記されていません。当時から在籍していた劇団員も数名しかいません(記憶もあいまいです)。だからこそ、「実はこの人物は実はこう考えているのではないか」「この先はこんな展開になるんじゃないか」と想像することが自由にできます。そのイメージをどうやって演技に還元するか、つまり表現するかという点を意識しながらの稽古でした。ユニットごとで自主稽古を行い、発表。他のユニットがそれに対して気付いたこと、アドバイスなどを伝え、再び自主稽古…という流れを繰り返しながら仕上げていきました。

tDSC_0134.jpg

今回のセッションを経て共有された気付きは、物語の一部分だけを切り取られ、そこでわかりやすい演技を求められると、キャラクターの特徴や相手をどう思っているかをしっかりとひとつひとつの言動に込めることができるという点です。これと同じ作業を長編の脚本でも行う必要があります。どうやって人物の内面や表現すべき側面を読み取っていくかは、長さが変わっても同じことです。待ち受ける結末があるのであれば、それを生かすために、まずはどうすべきかを考えればいいだけです。脚本が長くなるとついついどこからどう読み取るのかわからなくなってしまいますが、今回のセッションと同じ読み取り方をしていけばいいのです。演出からの指摘がないとその領域に至ることが少ない劇団員たちにとってはいい稽古になりました。

tDSC_0138.jpg





8月27日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 27.2020 稽古レポート
8月最後の活動日、27日(木)です。制作部ではいつもの距離を保ちつつ、さらにパーテーションで仕切りを作って作業を行いました。実はこのパーテーション、第23回公演「UNKNOWN」の舞台装置で使用されていたオブジェの一部分なのです。大きさ、重量ともにちょうど良く、簡単に移動もできるのでかなり使い勝手がいいです。より万全になった感染症防止対策の中、この日も縫い物、編み物、作画などの作業が順調に進行していました。



午後の稽古では、まず来年に控えているあるイベントの内容について共有が行われました。当然ながら、前回までと同じような形式での開催ということはなく、様々なことを考えた上でのイベントになりそうです。劇団員は「それでも参加したい」「出るべきだ」という意見を全員が挙げていました。内容についてはこれから調整していくことになりそうですが、ひとまず何かのイベントには参加申し込みすることになりそうです。

その後は人数ごとでユニットを作って短い脚本を演じる練習を行いました。今回は6人という稽古フロアの人数制限ギリギリのユニットと2名のユニットの2種類を組みました。誰がどのユニットになるのか、そしてそこで何の役を演じるのかもすべて偶然に任せて決めました。その結果…「えええ?」「これは、まさか!」「うっそー!どうなるの?」という悲鳴ばかりが聞こえる配役発表になりました。偶然とはいえ、どの配役も意外性しかない配役となり、本当にこれで成立するのか不安になるほどでした。

tDSC_0140.jpg

それでもルール通りに各ユニットで練習を行い、最後に発表し合うという流れで進みました。途中で各ユニットの状況に応じて演出から何点かのアドバイスが与えられています。物語の状況や人物の特徴をよく考え、それを最大限にわかりやすく伝えることを意識しながら進めています。

tDSC_0148.jpg

そして発表タイム。それぞれの演技を見ての感想を相手チームに伝えるスタイルです。どちらのチームも限られた条件の中で立ち位置を移動させたり、相手に合わせて向きを変えたりと、より演劇らしい動きを披露していました。また、最初は意外性しかなかった配役も、実際の演技を目にすると思った以上にまともな配役に感じました。それだけ各自が自分が担当したのキャラクターの魅力を表現できていたということでしょう。6人ユニットの方は自由に動き過ぎて手詰まりになる役者もいましたが、それだけ全員が自由に、かつ3密回避のルールを守りつつ演じていたということかもしれません。

tDSC_0155.jpg

偶然性に導かれる配役方法も「面白い」「またやりたい」「普段は絶対選ぶことがないような役ができて勉強になる」「あまり組むことがない人と組めた」などなど、大変好評でした。次回もこの形式でワクワクドキドキの稽古になりそうです。公演へ向けた具体的な稽古ではないものの、着実に演技の手応えや感覚を取り戻す時間となっています。

8月20日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 20.2020 稽古レポート
先週はいわゆる夏休み期間にもかかわらず、世間に我々の元気な姿をお届けしようと生配信企画を実施しました。ちなみに、当日姿を見せなかった我らが大女優は元気に自宅で過ごしていたそうです。今週の活動には元気にフル参加しています。

さて、そんな8月20日(木)。午前中の制作部は縫い物と編み物に専念する劇団員の姿しかありませんでした。この日手掛けていたのは商品化できるかどうかの試作を行っているアテムばかりです。途中まで作って「やっぱりこうしたい」「この色にした方がいいんじゃないかな~」「難しいなぁ」と作り手から意見が出ることもありますが、ひとまずは失敗作でも何でもいいので一度完成させてから議論しましょうということで、引き続き作業を継続してもらっています。最初は上手くできないのは当たり前。しかしやり切る前から諦めてしまっては進化しません。失敗することも次の品質改善につながる重要な情報と経験です。

tDSC_0117.jpg

午後は先週の生配信での自分たちの演技の反省点を確認しつつ、そこを改善するための演技のレッスンを行いました。題材は極めて短い2名での会話の読み合わせです。一見すると簡単な課題のように感じますが、その人物はどんな人か?お互いのことをどう思っているのか?この場所や物に対する思いは?などと、演技を裏付ける構成要素を突き詰めて考えていくと実に奥深いものになります。ここ最近は状況や関係性が設定された状態で自由にセリフを発するエチュードを行っていましたが、今回はその真逆。セリフから状況や設定を想像してそれに基づいたやり取りを行うという、まさに通常の演劇に近い内容に取り組みました。

tDSC_0122.jpg

いざ実際に取り組んでみると、人物のイメージは形式的に表現できる反面それが想定した場面の設定に相応しくない役者、もっと極端にキャラクターのこだわりを押し出した方が相手の人物を引き立てられるのにそのあと一歩が表現しきれない役者など、それぞれの課題が浮き彫りになりました。課題というとネガティブに聞こえてしまいますが、その人の演技の組み立てや脚本から真っ先に読み取る情報が個性的であるということです。それが与えられた役の中でいい方向に作用することもあります(そのように脚本を作ることがほとんどです)。ただ、そこに頼っただけではできる役が限られてきてしまいます。時にはこれまでと異なった一面を見せてこそ演劇の面白さが広がるはずです。個性を使いこなすことにも拍車がかかるはずです。まずは少しでもそこを目指して取り組んでいます。

tDSC_0123.jpg

さて、そんなわけで、様々な反省点や課題を抱えつつ、とにかく今できること、やるべきことに取り組んでいる私たちです。すべては11月の公演をお届けできるようにという目標を持ってのことです。決して辛辣な雰囲気になることなく、前を向いて真剣に取り組んでいます。


 HOME