FC2ブログ

9月22日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 22.2022 稽古レポート
すっかり空気が涼しく感じられるようになった9月22日(木)。10時から12時の制作部と13時から16時までの稽古がいつも通りに実施されました。

この日の制作部は①道具とグッズの整理②道具の買い出し③みのりで文化祭お礼メッセージ作りの3つのテーマに取り組みました。道具と作られたグッズなどが収納されている箱があるのですが、イベント前の駆け込み作業のせいもあって、中身が混とんとしていました。この箱に入れる必要性が全くない衣装や小道具まで混在している状態です。一度箱の中身をすべて出して、用途に応じて分類、再収納しました。もちろん不要なものは処分。痛んでいた箱も新しいものに入れ替えました。

tDSC_2829.jpg

並行して買い出し班は針と糸を購入しに出かけています。100円均一の店での購入が多かったのですが、「せっかくだから少しいいものを」という意見が多く、裁縫、洋裁、手芸系の商品を専門に扱う店で購入しました。「ついに我々もお高い糸が買えるようになった…!」と半分冗談半分本気で感動する声も聞かれました。

tDSC_2877.jpg

そして、みのりで文化祭へご来場くださった方々向けのお礼寄せ書き作り。団員にとっては、この作業が一番頭を悩まされたようで、どんな言葉を書こうか下書きにかなりの時間を割いていました。運営側全員のメッセージが集まり次第、画像データにした寄せ書きをSNSで公開します。お楽しみに。

午後の稽古は、まずは次に参加予定のイベントで上演する作品内容についての話し合いを行っています。とは言ったものの、先週の段階で次週までに考えてこようということになっていた宿題をほとんどの団員がやっていなかったため話し合いは頓挫してしまいました。総監督からは「考えいない人たちがこの時間だけ集まって話し合っても話がまとまるはずはない」というごもっともな指摘があり、もう一度どのような観点でアイディアを考えてくればいいのかというレクチャーの末、次週はそれぞれのアイディアを確実に出し合うことにしようということでまとまりました。

その後は短い脚本の読み合わせを行いました。5人登場するシーンでしたので、5名のユニットを2つ作り、同時に練習しています。1周目はセリフが相手の組と重なってしまう箇所があり、少々やりにくさもありましたが、それぞれのユニットで読み終えた後に振り返ったり改善点を共有する時間があったことで、2周目以降は読み始めるタイミングも、演技の間、所要時間にも差が生じ、セリフがかぶってしまう現象はありませんでした。役者も自分たちの演技に集中していたので、相手のユニットの演技がそれほど気にならなかったようです。

tDSC_2903.jpg

短時間の読み合わせではありましたが、それぞれが意見を出し合い、より面白くするため、最初のイメージに縛られ過ぎないようにするために演じ方を工夫し、全体の雰囲気を変化させていました。明確な演出がつかない状況の中でも、自分たちで演技を進化させていくことが出来ました。このような取り組みを長編の脚本になった時にもできると、稽古と演技の質が向上するはずです。その感覚をものにするため、次週も同じ脚本で違ったキャストの組み合わせで稽古を行う予定です。

tDSC_2906.jpg

もうすぐ10月。早いものです。表に出ない部分でも色々と動いています。

9月15日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 15.2022 稽古レポート
9月14日(水)に開催されました「みのりで文化祭」には多くのお客様が足をお運びくださいました。この場を借りて感謝を申し上げます。制作部が心を込めて製造した新作グッズの数々も大変ご好評をいただき、感謝の言葉が尽きません。何よりも、ここ数年間、劇場でも実現できずにいたお客様との交流、Face to Faceでの語り合いや笑顔でのあいさつが、マスクや非接触といった配慮はありつつも実現できたことが最大の喜びです。久し振りのお客様にたくさん会えることができ、劇団員一同感動と喜びで胸がいっぱいです。

さて、そんなイベントの盛り上がりが冷めやらぬ9月15日(木)。午前中は文化祭の後片付けからスタートです。装飾で使用された風船ジョッピーもすべて撤去され、引き取り手がいない風船は…バンバンと割られて処分されていきました。様々にアレンジされて室内の家具配置も元通りになり、あっという間にいつものハートランドみのりに戻ってしまいました。劇場での公演もうそうですが、寂しさを感じる間もなく原状復帰でした。

tDSC_2768.jpg

その後は文化祭の反省会です。たくさんの良かったこと、楽しかったことがありましたが、だからこそそのままで終わってしまうわけにはいきません。「運営の人員配置が甘かった」「スタッフとしての動きができていなかった気がする」など、自分たちが主催者としてお客様をおもてなしするんだという意識から出てくる反省の言葉も、しっかりと共有されました。そして「もし来年第2回があるなら、改善したい」「第2回をやりたい」という決意も、そこには垣間見えました。

13時からの稽古時間もまずは文化祭の振り返りから始まりました(午後から参加の団員が数名いるので)。ここでも「楽しかった」という前提で「もっとしっかりできたんじゃないか」「即興芝居はまだまだやりようがあった」という反省点があがっていました。誰一人として舞い上がっている団員はいませんでした。

その後は次の演劇イベント参加に向けて作品の内容や、どのような陣容で臨むかの会議を行いました。ご存知のように、2023年3月には第26回公演という大きな興行が控えています。その前にどのような活動をどのような規模で行うのかはとても重要な議題です。特に誰が主体性をもって臨むのかの、企画の推進力に関わる部分が確認されています。従来の総監督に全部お任せ路線からの脱却に挑戦しようとしているのです。果たしてどうなることやら?いずれその結論をお知らせできるはずです。

tDSC_2781.jpg

最後の1時間はウォームアップで体を動かした後に、4人でチームを組み、リーダーの動きに追従するゲームを行いました。相手チームは誰がリーダーなのかを見破るというルールです。最初のうちは完全に動きが合わずにすぐに誰がリーダーなのかがわかってしまいました。しかし、次第に同調性を高めるための工夫を行うようになり、3回戦、4回戦目では見破られない数の方が多くなってきました。

tDSC_2780.jpg

自分の間合いだけで動いてしまっては相手との呼吸や演技が合わなくなってしまうという点で、この同調性ゲームは演技の訓練にも応用できるはずです。合わせよう、合わせやすいようにしよう、視線をなるべく自然にしよう、動きは堂々としようなど、役者たちには様々な意識の収穫があったようです。よい時間でした。

9月8日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 08.2022 稽古レポート
来週14日(水)はいよいよ「みのりで文化祭」が開催されます。午前中の制作部は運営の最終確認と販売するグッズのラッピングなどに大忙しでした。作業を進めていくと「あれ?○○ってどうなってたっけ?」という素朴な疑問というか、うっかり見落としていたことが複数出てきました。「ここで気付いてよかった…」とほっとしつつ、他にも抜けていることがないかを確認しながら対処しています。



今回販売予定のグッズは缶バッジ(新デザイン)、コースター(新商品)、ジョッピーチャーム(新商品)、刺繡ゴム飾り(新商品)、マンガ(再販)です。どれもてあとるみのりオリジナルの商品ばかり。価格も最高で500円というお買い得設定です。ぜひ、14日は「みのりで文化祭」にご来場ください。

実はこの文化祭、パフォーマンスエリアというステージ発表のような空間も用意されており、そこでてあとるみのりの劇団員が16時、19時の2回(各30分間)、即興劇に挑戦します。入場も観劇も無料ですので、これをお目当てにおいでいただいても結構です。午後の稽古ではそのリハーサルを行いました。

tDSC_2644_20220908185944c8b.jpg

即興ですのでお題は当日誰も知らないものが飛び出します。リハーサルでは司会進行の段取り確認を中心にしつつ、即興の練習も行っています。いつもは総監督が司会進行を行っていますが、今回は団員が自分たちで担当します。もちろんスムーズにいかずに、あとから「何であんなことをねじ込んでしまったのだろうか」と反省する仕切りもありました。とは言え、これも貴重な経験。楽しみつつチャレンジする姿をお客様に楽しんでいただきたい一心で練習に励みました。

tDSC_2661.jpg

即興芝居についてはここ数週間練習を重ねただけあって、どんなお題が来てもすぐに対処できるような力が付きました。必死になってやっているというよりは、楽しんでやっているのが伝わってくるようになりました。この成長した姿、脚本がないがゆえにのびのびと演じている団員の姿をぜひその目に焼き付けてください!

「みのりで文化祭」の詳細は→こちら

9月1日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 01.2022 稽古レポート
早いもので9月です。みのりで文化祭まで2週間です。したがって、制作部が受け持つ様々な準備も大詰めになってきました。先週デザイン案を共有した文化祭パンフレットも、最終校正を行った後に仕上がりました。早速団員たちは何枚か持ち帰り、みのりで文化祭の宣伝に活用しています。

tDSC_2634.jpg

そして、先週から取り組んでいるバルーンアートに進展が!ついにというか思いの外早くウサギを作るスキルを習得した団員が現れました。動画を見ながら作るよりも、実際に人が作っているのを生で見て、説明を受けながら作る方が理解が早まります。この団員が一気に作り方を制作部内に広めていくことでしょう。なお、ウサギを作ったということで、皆様お察しでしょうが、てあとるみのりのマスコットキャラクターであるジョッピーをイメージしたバルーンアートです。文化祭当日は会場内の飾りつけにバルーンジョッピーが活躍する予定です。ご期待ください。

tDSC_2635.jpg

13時から16時までの稽古時間では、まず申し送りと演劇的な一日への参加に関する話し合いが行われています。その後は即興芝居の練習です。今回は二人一組での演技。即興のテーマが直前に出され、二名のうちあらかじめ決められた先手を打つ役者の何らかの演技から物語が始まるというルールです。つまり後手の役者は相手の出方からどんな設定のつもりなのか、自分はどんな立場で絡めばよいのかなどを瞬時に判断し、演技に反映させて物語を構築していく必要があります。先手はいかにわかりやすく第一手を示すか?後手は先手が描いた世界にどうやってスムーズに入っていくか?それぞれの課題を意識しながらの即興芝居です。

tDSC_2640.jpg

この方法で演じてみると、これまでは行き詰まって突飛なイベントを起こそうとする展開が多かった役者も「今日はしっくり来た」「ちゃんと相手のことを受けて言葉を返せた」といった感覚の変化に気付いていました。今回の即興練習の狙いはまさにそこです。何が起こるかわからないのが即興ではありますが、舞台作品にはシナリオがあります。そしてそのシナリオをあたかも即興的な展開のように演じるのがお芝居の面白さです。それを成すために必要な感覚や発想を養うのがこの即興訓練です。

tDSC_2638.jpg

中盤からはユニットを二名から三名に増やし、より物語や会話への介入が難しくなりました。上手くかみ合わない場面、強引なリードなどが散見するようになりましたが、そこを振り返ることで「何をどうすれば成立したのか」を納得できる形で学び取れます。感情や表現に定型はありませんし、これが正しいコミュニケーションだという定義も存在しません。時にそのすれ違いや、突然の合致がドラマを生み、作品に魅力を与えてくれます。体験を通してそれがなぜ起こったかを知ることで、理論・理屈ではない、より人間らしい感情表現ができるようになるはずです。もともとそれが苦手だからこそ、みんなで取り組んでいます。そして少しずつですが成長を実感できるようになってきました。まだまだこれからです。

8月25日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 25.2022 稽古レポート
8月25日(木)の活動レポートです。まずは午前の制作部。9月14日開催予定の「みのりで文化祭」に向けて、当日の運営スタッフのシフトのこと、パフォーマンスエリアを使用する各団体のスケジュールや人員など、運営面に関わる話し合いを中心に行いました。先行チラシをアップデートした両面刷りのパンフレットデザインも最終段階に入り、細かい文言や配置の調整を行っています。



その後は文化祭の装飾に使用するためのバルーンアートに初挑戦。「簡単にできる」という動画を見ながら作り方の習得を目指しました。しかし、さすがは素人。そう簡単に習得には至りませんでした。かなり惜しいところまで行ったのですが、もう一息でした。次回には何とかモノにしたいところです。なお、製造中は風船が破裂することもあり、バーン!という音と共に「うわあぁ!」という悲鳴もこだましていました。

午後の稽古ではまず、午前中の内容の申し送りと、関連団体の公演情報、演劇的な一日の情報などの共有が行われました。その後は先週に引き続いて二人組で短いシナリオを演じる訓練を行っています。

tDSC_2593.jpg

演技に入る前に3分間の打ち合わせ時間を設けているのですが、この時間に両者が何について打ち合わせるのかが重要です。舞台の間取り、お互いの関係、自分がやりたい方向性など、当然シーンによって優先順位は変わります。このシーンを、このキャラクターを短時間でそれらしくみせていくにはどこから手を付けるべきかの脚本解釈が求められます。

tDSC_2595.jpg

これは即興的な演技ならではの考え方かと思われるかもしれませんが、実は長い時間をかけて役作りを行う上でも同じことが言えるのです。つまり、その人物を描くのに、どんな要素を最重要視するべきなのか、何に時間を割いて役作りをするべきなのかということです。ここがずれてしまうと、稽古で効果的な表現ができないまま時間を浪費し、自分の演技はもちろん、周囲の演技の質にも影響を及ぼすようになります。今回の訓練はそのポイントを見極めるための訓練でもありました。

tDSC_2602.jpg

また、短時間で仕上げようとすると「それらしい動き」「よく見かけるアクション」を多用してしまうケースもあります。ここにも注意が必要です。部屋の中に突入するというト書きに対して、思い切りドアを蹴破って突入するような表現をした場合、本当にそれが妥当かをよく考える必要があります。部屋の中に誰がいると想定しているのか、こちらと相手の力関係、数的優位なのはどちらかなどの状況判断が加わると、静かに忍び込むような突入方法の方がふさわしいことが多いことに気付いたりします。こういった想像力もよりふさわしい表現のためには必要なのですね。


 HOME