FC2ブログ

8月9日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 09.2018 稽古レポート
台風13号が関東地方に接近し、無事に活動できるかどうか不安視されていましたが、幸いにも東京はほとんど影響がなく、8月9日(木)は通常通りの活動を実施できました。

午前中の制作部では、9月に参加予定のイベント「アースキャラバン」で販売するためのグッズ案検討が行われました。昨年製造したデザインを振り返りながら「これは今年も出そう」「この色の組み合わせがアースキャラバン限定っぽくっていいよね」「ジョッピーのこのポーズを取り入れたら売れると思う」などと、具体的な意見交換が行われ、いくつかの試作品を持ち寄る事が決定しました。その先に20回公演も控えているので、グッズのデザインの差別化であったり、流用可能なものの見極めも意識して話し合いを進めています。

午後には外部団体の見学兼取材がありました。メインの取材は演劇とは直接関係がありませんでしたが、団員たちは生き生きとした表情で自分の体験や思っていることを語っていました。時折脱線しつつも、とても楽しそうでした。取材に来られた方には、その後の稽古も見学していただきました。障がいがありながらも演劇に取り組んでいる団員の姿を直接ご覧いただくことで、何かの企画の役に立てるのであれば、私たちにとってもうれしいことです。

IMG_4397.jpg

稽古では「何やんの?脚本はまだないんでしょ?即興やる?」という大女優の一言から、実際に即興のセッションを行うことになりました。場面はとある演劇部。演目は決まっていて配役を決める話、廃部の危機にある演劇部の話、全国大会に出場決定したが部員が1名転校してしまいどうしようという話と、それぞれにテーマを設定しての即興でした。どのセッションでも部長と顧問の先生役だけ決めて、あとはどんな部員のなのか出たとこ勝負。やる気のある生徒や超まじめな生徒、演劇大好きな生徒など、様々な組み合わせが成立しました。

tDSC_2394.jpg

以前は即興演劇を行うと、セリフが止まってしまう空白の時間があったり、特定の役者ばかりが物語を進行していたりというバランスの悪さが目立ちましたが、この日の即興劇は誰一人芝居を止めている人もおらず、常に何かのドラマが動いているライブ感が伝わってきました。これこそお芝居の醍醐味です。当然ながら見ていてもとても楽しめるセッションでした。

tDSC_2397.jpg

振り返りでは、この芝居の感触を大切にすることが共有されました。即興では常に「相手が何を言ってくるのか?」「この状況で話を展開するにはどんな意見を出すべきか?」「相手の性格を考えると自分はこんな態度をすべきではないか?」「この話題だったらこの人に賛同しよう」「この人と対立するなら距離を取るべき」などと考えながら言葉を発したり行動しています。だからこそ行動や態度からもその人の考えや立場が垣間見え、そこにセリフだけではない深いドラマを感じるわけです。実際に脚本がある芝居を演じるうえでも、こういった生の感覚、新鮮な心の流れを再現しなければいけないということです。それができないと、ただセリフにとらわれただけの芝居になってしまうというわけです。セリフにこだわることは重要です。しかし、セリフにとらわれてはいけません。この矛盾した目的を絶妙のバランスで表現することも、役者に求められているスキルであり、また、永遠の目標でもあるのでしょう。

tDSC_2399.jpg

来週はいわゆる夏休み期間となるため、てあとるみのりの活動もお休みです。少し間が空いて次回は23日(木)の活動です。このころには第20回公演の詳細もお伝えできるはずですのでお楽しみに!

「FFファンタジー」ご来場ありがとうございました!

Posted by theatreminori on 02.2018 稽古レポート
7月28日(土)に萬劇場で上演された「FFファンタジー」も無事に終了し、今週からいつもの木曜日の活動が始まっています。天候が悪い中、多くのお客様にご来場賜り、劇団員一同心より御礼申し上げます。また、今回創設された「地元枠」へご推薦下さった地元大塚の町会の皆様、何よりもこの祭典を主催・運営くださいました萬劇場の皆様にも、重ねて御礼申し上げます。

t1532788644668.jpg t1532788653137.jpg

t1532788657140.jpg t1532788710661.jpg

普段我々は、もう少し小さな劇場を中心に公演を行っています。萬劇場のような立派な劇場の舞台に立てることだけでも大変なことなのに、さらに、他の参加団体の皆様は錚々たる顔ぶれです。この状況で肩の力を抜いて、いつも通りにやることなど不可能と言っても過言でありませんでした。出場が決まり、稽古が始まった頃には、まだ全員がそのような事の重大さを感じていませんでした。しかし、実際に現地での通し稽古、リハーサルが始まると、劇団員全員が「とんでもない場に来てしまった」「しっかりやらないと!」といった重圧を共有するようになりました。今まで自分ではやっているつもりでもできていなかったこと、それを他の団体の方々が当たり前のように実行している姿に間近で接することで、まだまだやるべきことがある、あきらめてはいけない、できないことではなくてやらなくてはいけないことなのだと、己の取り組みの質と量双方を振り返る機会になりました。この意識の変化、とても良い刺激を受けることができた点が、今回のイベントに参加させていただいての最大の収穫だったと感じます。

週が明けて2日(木)の活動では、参加した劇団員から、まさに上記のような意識の変化を実感する言葉が多く聞かれました。同時に、初めての舞台でたった1度の上演だったこともあり、自分が分からなくなるほど緊張していたという振り返りもありました。実際、楽屋から撤収する際に起こったちょっとしたハプニングについて振り返っても「そんなことありましたか?」と完全に記憶にない団員もいたぐらいです。それゆえに「自分がイメージしていたこと、稽古でやってきたことがあまり出せていなかった」という悔いが残っていたようです。そんな悔しさが次の舞台につながると同時に、そんな極限状態の中でも第三者から及第点を頂けるようなパフォーマンスを示せたことには自信を得ることができました。この二つの思いを胸に、第20回公演は再び劇団員が一丸となって挑みます。どうぞこれからも、てあとるみのりをよろしくお願いします!

7月26日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 27.2018 稽古レポート
さあ、いよいよ開幕しました!萬劇場SHORT STORY COLLECTION!!皆さん、もうチケットのご予約はお済みでしょうか?こんな面白い演劇のお祭りはそうそう見られるものではありません。てあとるみのりにこだわることなく、ぜひお時間とお財布に余裕のある方は、大塚駅から徒歩5分の萬劇場まで足をお運びください!
チケットご予約は→こちら

DSC_2260.jpg

いきなりの宣伝モードから始まりました本日7月26日(木)。てあとるみのりの出番は28日(土)ですので、この日は最後の活動で作品の総仕上げを図っています。制作部では衣装や小道具、稽古では演技の中身に手を加えました。

まずは本日の話の前に、23日(月)に行われた劇場でのリハーサル(音響、照明との合わせや暗転の練習)について。この日は朝から仕込み部隊が劇場入りして作業を行いました。てあとるみのりからは精鋭3名が派遣され、他の参加団体の方々、出演こそないものの運営面でご助力いただいている団体の方々と共に、劇場全体の準備を実施しています。てあとるみのりにとっては初めての萬劇場。ただそれだけでわくわくするのですが、さらに作業中や作業の合間には、他団体の方との交流機会も持つことができ、とても有意義な時間でした。

DSC_2269.jpg

夕方まで各セクションが設営を行って、いよいよ夜は私たちてあとるみのりのリハーサルです。この日のリハーサルは私たちだけですが、翌日からの2日間で残りの8団体さんが怒涛のリハーサル。劇場スタッフの方々の迅速かつ正確な対応には頭が下がります。さて、肝心の自分たちのリハーサルはと申しますと、限られた時間の中で合わせと練習が必要なシーンをピックアップし、特に問題がありそうなシーンは繰り返して練習を行いました。音響、照明に入っていただいた劇場スタッフの方からも、その場でいくつかのアイディアを出していただき、演出の椙田と協議をした上で、この環境で表現できる最善のプランを編み出していきました。役者たちも、実際の舞台や袖の構造、暗転中の体感的な同線など、普段の稽古場ではわからなかった現実の感覚を得ながら、シーンごとにトラブルがないか、リスクがないかを確認していきました。緊張感もあってか、いつも以上にスムーズにいかない動きが目立ちましたので、そこはこの週の稽古で確実に修正する必要があります。公演当日にはより大きな緊張感がのしかかることでしょう。その点も踏まえて、重圧の中でも極力いつも通りに表現できるように準備をしなければいけません。そんなシビアな空気を感じることができたリハーサルは夜の21時まで実施されました。

DSC_2301.jpg

そして迎えた本日。午前中の制作部では衣装の最終調整や加工に余念がありませんでした。気になる部分は徹底的に煮詰める。これは物を創る上での鉄則です。本日の誤算は、主宰が手がけるはずだった衣装の汚し作業の一部が、まさかの電車停電による大幅遅延で、あまり時間を割けなかったという点でしょうか。もちろん、どこがそれに該当するのかはわからないように作業を処理しましたのでご安心ください。

午後の稽古は、先日劇場で行ったリハーサルで浮き彫りになった問題点の改善を最優先に実施されています。その前の稽古で改善したはずの内容がリセットされてしまっていた個所もあり、本来演出が求めている動きや表現は何であったかを、その根拠も含めて再確認しました。1回出来たからといって油断してはいけません。うっかりミスが出てしまわないように、何度も繰り返してひとつのシーンを稽古しています。先日のリハーサルで音響と照明の完成度(の高さ)は存分に感じることができました。つまり、演技の品質もそれ相応に高めていかなければ、あまりにも場違いな芝居になってしまうということです。この光栄な重圧をどうはねのけるのか?それがなされた先には、確実に今までにない景色が待っていることでしょう。

tDSC_2338.jpg

最終稽古のフィナーレは通し稽古2本。どちらの通し稽古も全員が満足いく出来栄えではありませんでした。今までミスしたことないセリフでミスしてみたり、修正されたはずのセリフがまた崩れていたり、動きの確認で直っていたはずの動作がかつてのNG動作に戻っていたりと、全員に何らかの課題が突き付けられる通し稽古となりました。「今までこんなミスしてなかったのに」「今回はみんなボロボロだった!」「最後だということで緊張したのかな」と様々な感想が聞かれましたが、演出からは、どんなに積み重ねてきたものがあろうがなかろうが、本番の1ステージが全ての答えであるとの含蓄のある言葉が与えられました。「稽古ではできていたのに」とか「すごい頑張ったんですけれど」という言い訳は、一切観客の心には届かない、つまり、本番でできたことだけが評価され、できなかったことが永劫にマイナス評価されるということです。そして同時に、稽古ではできたというのであれば、できないことをやれと言われているわけではないということです。求められているのは、必ずできることなのです。

tDSC_2343.jpg

だからこそ、やるべきこと、できることは確実に表現できるような準備の積み重ねが必要なのです。それを「重圧」と感じるのはごもっともなことです。しかし、その重圧の正体とは何なのか?劇団員に問うと、すぐに答えが返ってきました。それは「期待」であると。

そうなのです。自分の知り合いが見に来れば、「どんな演技をするのかな」「どんな役なんだろう」などと期待をされます。イベントに出れば、主催者や共演者から「この人たちの力はいかほどなのか?」「本当に同じ舞台に立つにふさわしいのかな?」といったシビアな意味での期待を寄せられます。特に今回の萬劇場ショートストーリーコレクションへは、地元大塚の代表として、初めて創設された地元枠からの出演です。我々のパフォーマンスの結果が、この地元枠のあり方、今後の団体選定基準などを大きく揺るがす要素になるとも考えられます。つまり、様々な期待が寄せられることが重圧の正体なのです。しかし、こんな重圧・期待を感じられることは、単なる苦痛ではないはずです。人生においてこれほどまでに他者からの期待を背負う機会がるでしょうか?自分の行いを注目される機会があるでしょうか?こんな機会はめったにないことなのです。むしろありがたいことなのです。そう考えることで重圧を力に変えることができるはずです。幸せを実感することで、前向きに生きられるのです。この日の稽古の〆に、主宰者からこんな言葉が授けられました。まさに、Face to Face。自分の運命や向かうべき未来に向き合うことが、己を強く育て上げるということなのです。

後は28日のワンステージにすべてを注ぎ込む、そのための準備を行うだけです。


7月19日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 20.2018 稽古レポート
7月19日(木)。いよいよ萬劇場SHORT STORY COLLECTIONの開幕まで1週間となりました。てあとるみのりの「FFファンタジー」登場はもう少し先の7月28日(土)ですが、準備ができる時間があと1週間しかないのは一緒です。来週月曜日には劇場の仕込みとリハーサルが控えていますので、その段階までに仕上げておかなければ手遅れです。まさに今週はラストスパートにふさわしい活動となりました。

まずは少しさかのぼって7月17日(火)のお話しを。この日は、萬劇場でスタッフの方々に通し稽古を披露してきました。本番と同じ会場での通し稽古ができるのはもちろん、本番と同じ舞台の形状を体感できたことは、とても大きな収穫でした。今回のSHORT STORY COLLECTIONは、少し特殊な舞台の形状です。そもそも萬劇場で演じること自体初めての体験ですので、何もかもが新鮮でした。

twDSC_2209.jpg

そんな感傷に浸る間もなく、演じた役者たちからは「思ったより声が響かなかった」「天井が高いと雰囲気が違う」「もっと動かないとだめじゃないかな」といった反省の声が聞かれました。通し稽古の品質としても「なんだかサラーっと過ぎちゃった」「いつもよりテンポが早かったかも」「緊張してたね」などと、体感的な振り返りを行っていました。もちろん、今週の稽古でそれらの反省点を改善していくことになります。本番前にこう言った体験ができたことは、とてもありがたいことです。このありがたさを、しっかりと形にしてお返ししたいところです!

劇場ではSHORT STORY COLLECTION期間中に掲げられる各団体の横断幕もお披露目となりました。さらに、イベント期間中に会場のロビーで上映されるPRムービーの収録も行われました。いよいよ本番が近付いてきたと同時に、このイベントの盛り上がり、開催される規模の大きさを実感する日々です。とにかく思い切ってこのイベントを楽しみ、お客様、劇場スタッフの方々を含めた全員が笑顔で終われるように頑張るのみです。

さて、そんなわけで本日、19日(木)午前中の制作部は、主に衣装の修正や加工を実施しています。劇場での通し稽古で破損してしまった部分の直し、もう少し加工が必要なものへの追加作業などを手分けして行っています。一部の衣装には新品同様に見えないように「汚し」という手間を加える必要があり、天気が良くて暑い屋外でも、カラースプレーを使った作業が行われました。とても暑い環境でしたが、その分塗料がすぐに乾くという利点もありました。

tDSC_2227.jpg

午後は萬劇場の通し稽古を録画した映像を確認しながら、動きの改善点を具体的に共有しました。客席からの視点を意識して、これまでの稽古ではこうしようと決めていたことにも変更を加えていきました。稽古場の至近距離から見た景色と、劇場の客席から見た感覚は思ったより違っているものです。そこをしっかりと受け止め、全員で「何がおかしいのか?」「どう修正したらよいのか?」「どこを気を付ければよいのか?」という議論を行い、変更点を確定させていきました。

tDSC_2228.jpg

映像という客観的な視点を共有してからの稽古は、これまでの稽古に比べると、演出からの細かい指示も多く、役者たちは対応するのに一苦労という感じでした。特に、これまではほとんど無意識に演じていた動きに言及された時には、役者本人も「何でそう動いていたのだろうか?」「何を表現したかったのか?」という根拠を求められ、率直に困惑していました。逆に、「ここはこういうつもりでこう演じていた」というロジックを持っていたとしても、前後のシーンやセリフとのつながりを追究していくと、そこに整合性がなかったことが明らかになることもありました。比較的自由に演じさせてもらっていた役者たちにとっては、久しぶりの「演出」のテコ入れを体感する機会となりました。映像という客観的根拠があったうえでの支持には、誰もが納得して順応しようと努力していました。

tDSC_2238.jpg

tDSC_2233.jpg

てあとるみのりFFファンタジー」は7月28日(土)12時30分より萬劇場で上演されます。たった一度きりの真夏の夢ステージ。仕上がりはもちろん、過去最高です。ご予約がお済でない方は、今すぐ下記の専用フォームからお申し込みください!前売り券は3,000円。てあとるみのりの他2団体の公演もご覧いただけます。
チケットご予約フォーム

tDSC_2249.jpg

7月12日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 13.2018 稽古レポート
萬劇場ショートストーリーコレクション 夏の短編集」に向けて、数々の準備が並行して進んでいます。イベント自体もこれから本番へ向けて様々な準備が控えています。そのスケジュールに合わせて、様々なセクションが活動している状況です。ほとんどの団員が複数の役割を持っているので、何をいつまでにやればいいのかをしっかりと意識しながら取り組んでいます。主催の公演ではないので、ついうっかり忘れていました!は通用しません。緊張感が高まっています。

そんな7月12日(木)の制作部では、グッズ検討を一時お休みして、まずは「FFファンタジー」の衣装作りを最優先にして活動しました。基本デザインが決まって、基本形までは作れ対象に、もう一つ工夫を凝らして、さらに良いデザインにするための作業です。実際に布を縫い付けてみると「思ったよりイメージ通りじゃないな…」「ここに付けてしまったらどうかな?」といった議論が始まります。それを経て、最終的な作業を行い形を仕上げていきます。すんなりいかないことが多く、もやもやする作業だけに、何度かやっていると「布を裂く音が気持ちいい~」「いい音だよね~」「ストレス発散ですね」という声が聞かれるようになりました。もちろん、やりすぎて衣装が壊れてしまうということにはならないように気を付けながらやっています。

tDSC_2116.jpg

午後の稽古は、冒頭である取材の対応を行いました。総監督はもちろん、劇団員もインタビューを受けて、てあとるみのりでの活動内容、やっていての実感などを話しています。この取材がいつどこで表に出るのか、今の時点ではお知らせできません。詳細の公開まではもう少々お待ちください。

tDSC_2145.jpg

その後の稽古では、一度シーンごとの稽古を冒頭からラストまで行い、休憩を挟んでからの通し稽古を実施しています。来週には現地に出向いて、運営側の皆様に通し稽古を披露する機会があります。その直前、どこまで仕上がっているのかを確認するような意味合いで取り組みました。これまでの課題はもちろんのこと、新たに積み上げてきたものを出せるかどうか?演出の目というよりも、演じている本人たちが手応えや満足度を感じ取ることが重要視されていました。

tDSC_2127.jpg

そんな通し稽古を2本実施することにしたのですが、いよいよ気持ちも盛り上がってきた2本目で、ある生物がフロアに現れるというアクシデントが発生しました。一般的に忌み嫌われている、茶色や黒い「あれ」です。通し稽古を行っている役者たちもその存在に気付き、「どうしよう?」「でも通し稽古だから本番のつもりでやらなければ」「崩れてはいけない」「しかし顔に出てしまった」などと葛藤を展開しながらも、演技を止めることなくカーテンコールまで演じ切りました。その後は演技の振り返りというよりも、このアクシデントに対する振り返りがメインとなってしまいました。ちなみに、逃走を試みた生命体は演出が放ったゴキジェットプロにより仕留められました。活動中にその姿を見ることはめったにないのですが、どうやらすぐ近所の物件が取り壊されたことも影響しているようです。思わぬ難敵に動揺しながらも、逆にその動揺のおかげでテンポよく演じることができた通し稽古でした。

tDSC_2136.jpg

そんなこんなで、徐々に仕上がってきた「FFファンタジー」。いよいよ7月28日(土)12時30分より萬劇場にてお披露目です。チケットはまだまだ販売しておりますので、ぜひご予約の上、ご来場ください!とても中身の濃い、あっという間の短編芝居です!
チケットのご予約は→こちら

tDSC_2176.jpg



 HOME