FC2ブログ

11月19日の「#ウオツー」です。

Posted by theatreminori on 19.2020 稽古レポート
いよいよ来週に劇場公演が迫ってきました「WALK ON 2WAY」!ユニットごとの稽古も続々最終稽古を迎えています。制作部も最後のグッズ袋詰めまで作業しています。

さて、今回紹介するのは「ジョッピーポーチ」です。第20回公演で販売し、即完売した商品の改良版です。ジョッピーの顔のあごの部分から物を入れられる構造はそのままですが、当時の商品は耳の先まで物が入り込んでしまう難点があり、今回はそれを改善しました!

tDSC00785.jpg

劇場での販売価格は1個600円。色はジョッピーオリジナルカラーの水色です。もちろんすべて手編みの手作り商品ですので、若干の個体差が生じています。その点はご了承の上お買い求めください。劇場販売で残った分は通信販売を予定しています。お楽しみに!

さて、午後の稽古。この日はユニット1「畑にて」とユニット2「楽屋にて」の2組の稽古が行われました。ユニット1の方はこの日が最終稽古。これまでの成果を示しつつ、さらに良くなる可能性を感じさせなければいけない稽古でした。同時にそんなプレッシャーに打ち勝たなければいけないという、なかなかシビアな時間になりました。

tDSC00776.jpg

ユニット1の面々は特に個性派ぞろい。お互いの連係をどう構築していくか?お互いのフォローを臨機応変に行えるか?そんなテーマが付きまとっています。その答えを「正しいセリフ」「うまく演じる」方向に求めてしまう役者たちは、思うように演じることができずに大苦戦でした。演出からは「うまくやる必要はないのでちゃんとやるべきことをやってほしい」というシンプルな振り返りがありました。空回りせずに、自分に与えられた役割、自分のキャラクターを押し出すことに専念すればいいということです。それができれば面白くなるように物語のバランスが取れているのです。緊張感や重圧の中では、そんな当たり前のことが一番難しいのでしょうけれど。

tDSC00766.jpg

ユニット2「楽屋にて」は先週の通し稽古の反省点を改善し、スムーズかつテンポの良い演技を披露していました。通し稽古ではこれまでよりも数分間タイムが縮まるという驚きの結果もありました。20分ほどの作品で数分間の短縮というのはなかなかの成果です。

tDSC00788.jpg

それでもまだまだ改善すべき点はたくさんあります。通し稽古を繰り返しながらそんなミスマッチを修正していく必要があります。気持ちが入り過ぎると空回りするというのはどのユニットでも共通です。冷静かつ新鮮な気持ちで毎回の通し稽古に臨み、その中で芽生えた感情を素直に受け止めて表現するという稽古になりました。物語の中の感情が深く共鳴したのか、カーテンコールでは感極まってしまう役者もいました。意図的にコントロールできる感情だけでは伝わらない感動も少なからず存在しますので、その純粋な感覚は大切にしてほしいところです。

tDSC00801.jpg

そんなわけで、劇場公開を目前に控えた各セクションは、必死の追い込みを見せています。公式のスケジュールではユニット2の稽古があと1回残っているだけ。来週の劇場ではどんな仕上がりになっているのか…?間違いなくお伝えできるのは「私たちらしさ」がそこに存在していることです。ぜひご期待ください。

なお、新型コロナウイルス感染拡大の傾向が続いているため、観劇チケットをご予約されたお客様の中でも来場のキャンセルやオンライン配信への切り替えを望まれる方がいらっしゃるかと存じます。もちろんそれらのご要望には全面的にお答えいたしますので、ご入金確認メールへのご返信にてお気軽にお問い合わせ下さい。

11月12日の「#ウオツー」です。

Posted by theatreminori on 12.2020 稽古レポート
第24回公演「WALK ON 2WAY」初日まで2週間となりました。つまり、それまでの活動日もあと1~2回ということです。いよいよ大詰めです。劇場観劇チケットの方はお陰様で販売枚数終了となりました。今回は感染症対策で客席数・公演回数ともに大幅に減らしていますので、ご予約が間に合わなかった方も多数いらっしゃったかと思われます。オンライン配信観劇チケットの販売も開始されておりますので、そちらも併せてご利用ください。
配信チケットご予約フォーム→こちら

さてさて、そんな11月12日(木)。制作部も稽古も最後の追い込みでした。午前中の制作部ではグッズの袋詰めと、書籍タイプのグッズの製本作業が行われました。それと並行して公演で使用する衣装、小道具の製造も行われました。それぞれが自分の受け持った作業を丁寧にかつ迅速に実施していきました。

twDSC00377.jpg

午後の稽古はユニット(演目)ごとの開催です。他のユニットの出来栄えを気にしている余裕もなく、それぞれ自分の演技や共演者とのコンビネーションに磨きをかけることに専念していました。

twDSC00385.jpg

ユニット1「畑にて」では、この日に試着した衣装を身に付けて演じる役者がほとんどでした。まだまだ改良しなければいけない状態ですが、衣装を身に付けると印象が変わります。その流れに乗っかって、これまでよりもいい演技ができる…とは限らず、むしろ気負い過ぎて空回りしてしまう役者もいました。こうなってくると「自分だけができていない」「自分が何とかしてこないと」とついつい個人の責任を背負い込んでしまいがちですが、それを素直に共演者同士で共有して一緒に解決策を考えたり、演じるイメージを引き出してもらうような演技を要求することが大切なのです。役者同士のチームワークとは、こういった表現の創出を共に行うところにあるはずです。

twDSC00437.jpg

ユニット2「楽屋にて」は、これまでよりもテンポよく演じられるようになってきました。その一方で、色々感情を深く演じようと考えるあまり、全体のいい流れを停滞させてしまう場面もありました。その先にどんなシーンがあるのか?このシーンはそのシーンに対してどんな役割があるのか?といった総合的な視点を持って状況を考え、クライマックスをどう生かすかを考えた組み立てを行わなければいけません。これは、物語の中で自分の役がどんなミッションを担っているのかを考えることと同じです。ある程度のコンビネーションやセリフが安定してくると、思わずもっと深くていい演技をしようという欲が出ます。もちろんそれは必要なことですが、物語を全員で描いているという点だけは忘れないでいただきたいです。

twDSC00526.jpg

ユニット3「就職活動にて」は衣装や小道具が他の演目よりも複雑です。その試着や試用を行いながら稽古しています。もうひとつ、動きを合わせなければいけないシーンが多いのもこの演目の特徴です。この日の稽古では先日の追加稽古で確認した動きの復習とさらに良くしていくための指導がありました。どのユニットもそうですが、稽古回数はかなり少ない状況です。そのためセリフ(のコンビネーション)がまだ完全に安定しているわけではありません。それに加えて動きでも息を合わせなければいけないので、役者たちは頭を抱えながらの稽古でした。あと1回の稽古で必ず形を仕上げるぞと、全員が意気込んでいました。

さあ、いよいよどのユニットも残す稽古は1回か2回!配信視聴用チケットの販売も始まったことで、全員が等しく緊張感と使命感を持ってラストスパートです!

10月29日の「#ウオツー」です。

Posted by theatreminori on 29.2020 稽古レポート
晴れた昼はまずまずの暖かさがありながらも朝晩はかなり冷えるようになってきた今日この頃。10月最後の活動日となった29日(木)の様子をお届けします。

制作部では完成しているグッズの販売準備に差し掛かっています。もちろんまだ製造中の物もありますが、出来上がっている物から随時、個別に袋詰めを行っています。今回販売予定のグッズは何種類かあります。劇場での販売だけではなく、公演後に通信販売も予定しています。役者がすぐ近くで手に取ってお勧めするという従来の「押し売りスタイル(笑)」は封印され、実に物静かなグッズ販売になることが予定されています。それでも一つひとつの商品作りには時間と手間をかけて取り組んできました。品質のいいものをお届けしたいという思いで、何度も作り直しながら数をそろえた商品ばかりです。ぜひお手に取って…と言いたくなってしまうのですが、今回はなかなかそれも難しい状況(感染症対策のため)です。そこで、このブログの中で毎週ひとつの商品を紹介し行くことにします。初回になります今週紹介するアイテムはこちらです。

tDSC09872.jpg
てあとるみのりTシャツ(黒)プラ板ストラップ

黒のてあとるみのりTシャツをイメージしたアイテムです。背面のジョッピーを手描きでデザインしました。さらにプラ板なので微妙に個体差がある仕上がりになっています。劇場での販売価格は1個200円を予定しています。通信販売は在庫状況を見て12月に開始する予定です。お楽しみに!

午後の稽古は13時から21時までを3つの時間帯に区切り、ユニットごとに人員を入れ替えての稽古でした。すでに来週の稽古からは通し稽古を中心に行うと周知されてるため、それぞれが緊張感と集中力を持って稽古に臨んでいました。この日は照明スタッフも全ユニットの稽古を視察しています。ここでの動きが照明のプランに大きく影響してきますので、余計に役者たちは力が入ったようです。

tDSC09882.jpg

ユニット1(畑にて)では基本的なセリフのやり取り、相手のセリフや行動をどう受け取って言葉や態度を返すのかという振り返りが何度か行われた他、会話の流れに抑揚をつけていくコンビネーションについても演出からの指導がありました。会話というのは相手がいてその相手の言葉や反応に対してこちらも言葉や態度を返していくことの積み重ねであり、その相乗効果で言い争うような勢いになることも、ゆったり落ち着くこともあるわけです。この流れを双方のやり取りの中で生み出せるよう、相手の言葉や態度をしっかり受け止めるよう、出演者同士で意識していくことになっています。

tDSC09911.jpg

ユニット2(楽屋にて)は1名どうしても都合が悪く稽古に参加できない役者がいました。その穴を代役でカバーしながら稽古を成立させていました。いくつかの動きの形の確認や修正、個々の人物が対象をどうとらえて行動しているのかの振り返りが中心の稽古でした。本日は全員揃っていないこともあったので特に後者に時間を割き、常に一定の態度ではなく、相手のことをどう思っているのか?その対象者が変わることで態度も変わるのではないか?というごく当たり前の人物の特徴表現について掘り下げました。また、年齢を積み重ねた人物を演じる際には、その人が生きてきた中で培った人生観や世界観が思考に反映されるはずなので、その要素を踏まえた演技を行うよう、実演を交えた要求もありました。なかなか深い領域に入ってきました。

tDSC09981.jpg

ユニット3(就職活動にて)の面々は自分の役への集中力が他のユニットより高いレベルで保たれている印象がありました。動きの多い演目なので他のユニットよりも早めに脚本を手放し始めています。まだセリフが不安定な個所もありますが、そこは高い集中力を用いて決して芝居を止めず、素に帰らず、状況に合わせて演技を襲通していました。この品質はユニット1と2にはないものでした。また、今回は最後のシーンの動きをひとつひとつ確認しながら整理していきました。複数の人物が絡んでの動きになると、一人ひとりが間合いやタイミングを確実に抑えて行かないと不自然になってしまいます。何度か繰り返して4人のコンビネーションとして落とし込んで行きました。これが熟成されれば見応えのあるシーンになりそうです。

今週は各ユニットの状況を細かくお届けしました。グッズ情報もこれから毎週リリースしていきますのでどうぞご期待ください!

第24回公演「WALK ON 2WAY」は劇場観劇と配信視聴の2通りでお楽しみいただけます。劇場観劇チケットはすでに残りわずかとなっております。配信しチケットは11月12日からの販売を予定しております。どうぞご検討ください。

第24回公演「WALK ON 2WAY」特設ページ

10月22日の「#ウオツー」です。

Posted by theatreminori on 22.2020 稽古レポート
ついに第24回公演「WALK ON 2WAY」の劇場観劇用チケットの販売がスタートしました。感染症対策からお客様をお招きできる数が通常の3分の1程度という小規模な上演です。劇場でのご観劇希望の方はお早目のご予約をお勧めします。「2WAY」という今回のタイトル通り、劇場観劇意外に配信でのご視聴も可能になっておりますので、そちらも併せてご検討いただければありがたいです(配信用のチケットは11月12日販売開始予定です)。
劇場観劇用チケットご予約フォーム→こちら

さて、そんな第24回公演まで残り約1カ月の活動となったこともあり、これまで継続していた制作部も慌ただしくなってきました。この日はグッズの袋詰め、仕上げ作業、製造、公演の案内作成など、担当しているアイテムや目的によって行う作業内容が異なりました。感染症対策でお互いの距離を離すために机をそれぞれ孤立させているスタイルが、この段階にきて機能面でもその必要性を発揮してきました。どの作業もうっかり失敗してしまうわけにはいかない作業です。黙々とそれぞれが自分の担当している作業を仕上げていくうえで、集中して取り組める環境が必要なのです。

午後の稽古は今週もユニットごとに入れ替わりで3部構成です。1ユニット2時間15分だけの短時間稽古です。入れ替え時はもちろん稽古中にも休憩と共に換気時間を設けるという体制なので、2時間少々の時間もあっという間に過ぎていきます。それだけに役者たちの準備が重要です。先週の稽古で決めたことの復習、新しく行うシーンの予習など、各々が稽古へ向けて自分の演技の質を高めてくれれば、稽古を無駄に繰り返すこともなくなります。さすがに稽古に参加していると「あっという間に2時間経ってしまう」という実感が芽生え、その意識も高まるようです。効率よく、コンパクトかつ高品質に作品を創ら羅たなスタイルとして成立するかはこれからの役者たちの頑張りにかかっています。

tDSC09789.jpg

ユニットごとに作品の内容が異なるので求められる演技の方向性も異なります。演出からも「物語が何を伝えようとしているのか?その中で自分の役の役割は何か?」をよく考えて演技を組み立てて行きましょうという振り返りがありました。何度か舞台に立っている役者は「逆に自分のセリフをどう言おうとか、ここにどんな思いを込めようとかを先に考えてしまっていました」と反省を口にしていました。演技を考えていく順番が違っていたというわけです。これは演技に慣れてしまったからこその過ちです。もっと当たり前に相手の言葉に耳を傾け、それを受け止め、生まれた感情に導かれて言葉(セリフ)を発するように、改めて脚本をどう読み、どう吸収するのかを学ぶ時間になりました。

tDSC09798.jpg

3つの物語で進む道は異なっていても、公演でお客様にお楽しみいただきたいという思いはひとつです。時間や場所が違っても、心をひとつにして歩んでいます!

10月15日の「#ウオツー」です。

Posted by theatreminori on 15.2020 稽古レポート
いよいよ本日10月15日(木)より第24回公演「WALK ON 2WAY」の稽古が始まりました。オムニバス短編の3本立て公演ということで、作品も3作品。稽古初日にその脚本が全部揃ったこともすごいことですが、出演者(作品ごとの入れ替わり稽古)も全員が参加したことがもっと珍しいことでした。短期間で短編に少人数で挑むというスタイルが、参加者の気持ちにも何らかの変化をもたらしているのでしょうか。とにかく、この日から1か月少々、舞台作りがスタートです。

午前中の制作部では次々と完成形に到達するグッズが出てきました。試作で難航していた品物もやっとひとつの完成形まで到達しました。量産できるかは作り手次第ですが、完成させるためのやり方はしっかりとモノにできましたので、何とかなるような気がします。順調に進んでいたグッズは数をそろえる工程に入っています。さらに出来上がっているアイテムはビニールの袋詰めを実施しました。今回は消毒できるようにすべてのアイテムをビニールに入れる予定です。

1602828358923.jpg

そして午後の稽古。この日から3部制の完全入れ替わり稽古です。「この時間で帰るなんて変な感じ」「あとは夜に3人来るんだっけ?」「ユニット2の稽古って何時までだっけ?」など、まだまだ不思議な感覚の中での稽古でした。ひとつのユニットの出演者数は4名。合計で12人が出演予定になります。しかし全員が同じ稽古場にそろうことはありません。全体での通し稽古も実施しません。すべては新型コロナウイルス感染予防対策です。我々が感染してしまったり拡大させてしまうと、お客様や劇場さんに迷惑が掛かります。それを少しでも防ぐために、稽古場での衛生管理もかなり徹底して行っています。手洗いうがいとマスクはもちろん、床や壁に触れない、他者と接触しない、正面で会話しない、椅子や用具の使いまわしもしないなどの細かいルールの中で稽古を行いました。

twDSC_0158.jpg

まだまだ初日…とはいえ、公演までの稽古回数は6回。初見の脚本であっても「じゃあやってみましょう」といきなり立って動いての稽古になりました。実はこの流れ、てあとるみのりではいつものこと。いつも演じることの楽しさを優先して、座って読み合わせという回り道は行っていません。「動いた方がやりやすい」「どうせ動くんだから」と、役者たちもこの方法にすんなり対応していました。

twDSC_0166.jpg

これまでの昼稽古だけでなく夜間も稽古が始まりましたので、久しぶりに顔を合わせる劇団員も多く、ちょっと懐かしい気分にもなりました。しかし週1日だけの稽古で仕上げていくのはなかなか大変なことです。各自がどれだけ上積みしてくるか、振り返ってくるか、イメージしてくるか…。その成果が少しずつ積み重なって完成していく「WALK ON 2WAY」を、どうぞお楽しみに!

twDSC_0168.jpg

 HOME