8月17日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 17.2017 稽古レポート
いわゆる夏休みを挟みましたが、木曜日の活動には影響がありませんでした。いつものように1週間後に活動が行われています。制作部では9月のイベント「アースキャラバン2017東京」で販売予定のグッズ案についての検討、稽古では同イベントで披露する予定の寸劇のオーディションを実施しています。

午前の制作部は新たに参加の希望を出してくれた学生も数名加わって、大変にぎやかな雰囲気の中で真剣な話し合いが行われました。話し合った内容は「アースキャラバン」のイベントで販売予定のグッズ案です。今のところ定番のジョッピーストラップ、K&K手芸品は確定していますが、何か「アースキャラバン」らしいグッズも投入したいということで、それらしいデザインを全員で検討しました。「地球」「平和」「人類」「ジョッピー」などをキーワードに「とりあえずみんなで描いてみよう」という流れから、全員でラフデザインを描いてみました。まだ公開はできませんが、いくつかの案を来週までに実際にプラ板で試作することになりました。

そして迎えた午後の稽古。イベント用の新作脚本の試作版の読み合わせを実施しました。この試作版は配役、構成を強く意識しないでさらりと書かれたもので、そのものを実施のイベントでも披露することはありません。それでも、実際に読み合わせてみると、この段階でも「この役はこの人で確定でしょう」「この人にこの役はありえないと思う!」と、いくつかの役どころに関しては行く末が見えてきました。そして役を変えながらセッションを繰り返すうちに、どの役者も動きや雰囲気の表現が豊かになっていきました。短いシナリオではありましたが、演じ終えると「暑い!」「なんだかすごく疲れた」「まだこれしか時間が経ってないの?」と役者たちは手応えを感じていました。

tIMG_4368.jpg



tIMG_4339.jpg

tIMG_4341_20170817181924f3a.jpg

最終的にどのような物語になるのか?SNSでチラッとタイトルのようなものがつぶやかれた通り、ジョッピーが深く関連しているようなのですが…。次週にはもう少し詳しく情報をお伝えできるはずです。合わせて「アースキャラバン」の日程や内容の詳細も告知できるはずです(間もなく打ち合わせ会議があります)。ご期待ください!

8月10日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 10.2017 稽古レポート
第18回公演「ボーダーライン」も終了し、公演の収支も確定。いよいよひと段落という雰囲気です。本日は午前中は活動をお休みし、午後から制作部の振り返りと、公演の動画鑑賞を行いました。公演の際に頂いた差し入れのお菓子やドリンクを口にしながら、和やかな空気の中での進行となりました。



制作部の振り返りの中では「グッズが完売してよかった」という感想が目立ちました。その一方で「もっと数量を用意すればよかった」「製造のスケジュールが失速する部分があった」といった反省点も挙がっていました。グッズそのものの品質向上は当たり前のことであり、ひとりひとりが今までできなかったことを覚え、できていたことはさらに高いレベルで実施できるように成長しなければいけません。かつてのように、自分から何をするでもなくただ指示を座って待っているだけでは、制作部の一員としての活躍が難しくなってきています。これも個々の成長と制作部の進化の賜物でしょう。とは言え、グッズの売れ行きというものは舞台そのものの出来栄えにも左右されます。お互いによりいいモノを生み出し、相乗効果で品質と成果の向上を目指そうと、役者を兼ねている制作部の団員同士で誓い合いました。

制作部の振り返りに続いて収支報告が行われました。最終的には赤字にならなかったので一安心です。しかし、チケットの販売は目標に到達せず「一人あたりあと2~3枚だけでも余計に売れば目標突破だったのに…」という悔しさが残りました。手作りグッズは完売したということでほぼ予算通りの収支。大きかったのは自腹グッズシリーズのTシャツ販売が好調だったことです。この数字が収入を押し上げてくれていました。たくさんのご購入に感謝です。支出は全般的に節約した会計のおかげで予算を下回る支出。これらの要素が相まって公演収支は黒字となっています。

tIMG_4317.jpg

数字の話の後は、いよいよ団員たちのお楽しみ、公演動画の鑑賞です。もちろん今回の公演の様子を客観的に見るのは初めてのこと。団員たちは自分の演技がどう見えていたのか?できていたと思ったことが本当にできていたのかをセルフジャッジすることになります。

tIMG_4321.jpg

細かいセリフのミスや動きがおかしなところ、千穐楽以外のステージでは上手く行っていたことなど、鑑賞している中で多くの気付きがありました。他人の演技について素直に面白いと感じたり、上手いと感心したり、頑張っているなと感銘を受けることもありました。すべては自分自身が次の舞台に上がるため、今作の自分を超えるための、ひとつのボーダーラインになります。

「楽しい時間は続かないのだ!」とは今作でキツネが終盤に発するセリフです。舞台もまた、ひと時の妖術のようなもので、一晩明ければただの葉っぱのように、跡形もなくなってしまうものです。そこで共有した楽しさ、興奮、感動などが、思い出として心に残るだけです。そして、その楽しい時間を過ごすにあたっては、たくさんの苦しい時間を過ごさなければならないのです。今までよりもっと苦しめば、今までよりもっと楽しい時間が待っています。今回成し遂げられなかったと痛感したそれぞれの「あと少し」を成し遂げるため、てあとるみのりは改めて動き出します!

7月27日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 28.2017 稽古レポート
18_key_02smp.jpg
間もなく公演!!
第18回公演「ボーダーライン
8月4日(金)~6日(日) 北池袋 新生館シアターにて

公演情報特設ページ
チケットご予約フォーム



いよいよ第18回公演前最後の活動日となりました。制作部も稽古も、最後の追い込みです。チケットのご予約も続々と頂戴しておりますので、表も裏も、生半可なものをお見せするわけにはいきません。団員一同、気を引き締めて最後の活動に臨みました。

制作部ではキャラクターしおりの仕上げを中心に行いました。全部で200枚以上になるしおりの数量チェックやリボンの固定など、細部まで手を掛けて仕上げています。千秋楽限定の全員プレゼント特典の仕上げも同時進行で行われ、チケットの売れ行きを反映させて、若干の増量を実施しています。この特典には総監督のサインとそれぞれ異なった一言メッセージが記す仕様ですので、総監督は急きょ増刷されたしおりに「どんな言葉を添えようかな…」と少し悩んでいました。

tIMG_4068.jpg

午後の稽古に備えて衣装と小道具の最終チェックも行いました。役ごとにそれぞれのアイテムをひとまとめにして、稽古開始時すぐに役者が着替えられるように準備しておきました。衣装やメイクの最終確認を行うだけでなく、同時に不足しているアイテムがないか、所在がわからないものがないかも確認できるので、この準備はとても大切なことです。担当した団員は何度もリストと現物を見比べながら、衣装と小道具をセットしていました。

そして午後の稽古。まずは役者たちが衣装を身につけ、本番仕様のメイクを施しました。もちろんこれに演出のチェックが入り、修正が必要な個所は修正しています。公演前なので、まだ衣装・メイクを装備した役者の写真の一部が掲載できないので、今ひとつ雰囲気が伝わらないかもしれませんが、明らかに普段の稽古とは世界が異なり、役者たちも自ずと集中力や気分が高まっているようでした。この日に合わせて髪の毛をカットしてきた団員も多く「気合いが入りますね」と、目の色を変えて準備していました。

公演期間中のスケジュール、注意事項などの申し送りに続いて稽古に入りました。先週まで多くの課題が残っていたシーンを中心に実施しています。果たして、どのような出来になっているのか緊張感が高まる稽古でしたが、この1週間、課題克服のために努力を重ねた成果が随所に垣間見られ、見違えるような仕上がりになっていました。もちろん、それでも理想とする水準に達しているわけではなく、ここで油断することなく残りの1週間でさらなる飛躍を目指すのみです。裏返せば、この努力をもっと早い段階から当たり前のように繰り返していれば、もっと高い水準に到達できるわけです。「ひとりのちょっとした手抜きが合わさると、取り返しのつかない欠落を生む。ひとりのちょっとした頑張りが集まれば、大きな進歩を生む」と、総監督からも振り返りの言葉がありました。これは今回の公演までのラストスパートに限らず、次の公演に向けて、我々が成長するためにとても大切な心構えのような気がします。

tIMG_4103.jpg

夜には公演を意識した最終の通し稽古を実施しました。これまでバラバラだった物語の流れが、やっとひとつの作品にまとまってきた印象があり、演出からも「なかなか面白かった」と、珍しくポジティブな感想が与えられていました。とは言っても、すべてがうまくいったわけではなく、改善しきれていない課題、しっくりきていないであろう演技は散見されました。そこは油断することなくしっかりと振り返り、具体的にどう考えればいいのか、何をイメージして対処すればいいのかなど、役者たちが納得して演技の一端をつかめるまで、演出から丁寧な説明がありました。「そうか、そうですよね」「最初のイメージからして違ったわけですね。確かに、ここのセリフを考えればああはならないですよね」「そういう流れってありますよね。それがあるから見ている側もつながるんですよね」と、指導を受けた役者たちは物語の中で人物が描き出す必然であったり、その必然を伝えるために必要な伏線の表現(いわゆるフラグ)の必要性を理解していました。残り1週間でこの物語を構築する様々なファクターの描き出しを煮詰められれば、これまでにない深みのある演技が展開されるはずです。

tIMG_4291.jpg

何はともあれ、これで公演前の稽古は終了。あとは劇場での仕込みと音響・照明との調整、そして公演を迎えるだけです。この日の最終稽古で到達した水準からは、これまでよりも時間を感じず楽しめる作品に仕上がる予感がします。不安要素が強かったダンスシーンもすっかり落ち着いて表現できるようになり、山積していた演技の課題もなんとかクリアしてきました。前作「TRIGGER」とは一味違った作風にはなりますが、お芝居としての面白さでは引けを取らないのではないでしょうか。てあとるみのりの進化の証を、ぜひ劇場で、皆様ご自身の目でお確かめください!

tIMG_4237.jpg

公演は来週、8月4日(金)から6日(日)までの3日間5ステージ。会場は東武東上線北池袋駅(池袋からわずか1駅)から歩いてたった30秒の北池袋 新生館シアターです。チケット価格も驚きの1,500円。お気軽にお立ち寄りいただける設定ですので、演劇初体験のお客様でも抵抗感少なくお楽しみいただけること間違いなしです!

チケットご予約フォーム

7月20日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 21.2017 稽古レポート
18_key_02smp.jpg

第18回公演「ボーダーライン
8月4日(金)~6日(日) 北池袋 新生館シアターにて

公演情報特設ページ
チケットご予約フォーム



公演までの活動は残すところあと2回。いよいよ大詰めという状況です。制作部も稽古もそれぞれが仕上げの段階に入っています。外の暑さに負けないぐらい熱気を持って活動に取り組んでいます。

午前中の制作部では毎公演恒例のグッズとなっている「キャラクターしおり」の生産が最終段階に入りました。今回の「ボーダーライン」に登場してくる人物を団員の村上がデフォルメした人気アイテム。キャラクターによっては千秋楽を待たずして売り切れてしまうこともあります。これまでデザインが確定していなかった一部のキャラクターも出そろい、所定の数量を目指して一気に作業を行っています。キャラクターしおりは公演会場で公演期間中のみの販売。1個100円というお買い得商品です。お気に入りのキャラクターや役者をぜひお買い求めください。

tIMG_3924.jpg

しおり以外のグッズ、衣装、小道具の調整、音響の編集なども制作部の時間には並行して行われています。ここまでくると、不足しているものがないか、修正が必要なものがないかの確認をしながらの作業になります。新しい物を創る…という段階ではありません。そのため、ひとつの作業に集中するというだけではなく、その作業が終わったらすぐに次の作業、他の作業というように、次から次にやるべきことが変わっていきます。時間が過ぎるのもあっという間です。

午後の稽古の前半は役者が4名だけの参加でした。いったいどういうことかと申しますと、近隣のクリニックが演劇を用いたプログラムを実施しており、その成果報告会と作品の上映会にお招きを受け、稽古スケジュールが調整可能な団員たちがお邪魔していたからです。実施している機関が福祉と医療といった違いもあり、演劇作品の作り方や発表スタイルは少々異なっていましたが、参加者が生き生きと、真剣に作品を創り上げている姿勢に関しては共通していました。ある意味公演を繰り返す中で忘れかけていた真摯な思い、その一瞬にかけるエネルギーなど、参加した団員はとてもいい刺激を持ち帰って来たようです。お招きいただけたことには大いに感謝します。

tIMG_3930.jpg

残った4名は、特訓のような雰囲気の中で演出から細かい演技指導や改善点の要求を受けていました。先週までに修正を課せられていたシーンについても稽古が行われましたが、総じて完成度の低い内容でした。公演直前になってなお、脚本の読み込み・役作りが甘いこと、それをよしとして諦めてしまっている役者としての責任感のなさに対して、何度も説明が繰り返されていました。特にセリフの曖昧さに関しては「繰り返し伝えているのに、いつになったら直るのか?」との問いかけが突き付けられていました。何故この問題が一向に解決されないのか?その背景には、自分のセリフである以上、多少間違えてもアレンジしても自己責任だから大きな問題ではないという大きな勘違いがあるのです。

tIMG_3980.jpg

自分のセリフの前後には何があるのか?それは、同じ舞台に立つ他の役者のセリフがあるのです。曖昧なセリフを繰り出すことは、そんな仲間に対する最大の冒涜です。他者の演技の足を引っ張っているだけです。脚本の中の、自分のセリフだけマーカーで色を塗り、とにかくそれを覚えればいいと思っているから、そんな自己中心的な演技に終始するのです。自分に与えらえた役割を理解し、役を作り、表現していくには、相手は何をしようとしているのか?相手が持っている役割を生かすにはどうすればいいのか?など、自分のセリフ以外の部分から数多くの情報を得なければいけません。その中に自分の存在があるということを忘れてはいけません。これは演劇に限った話ではありません。仕事にも、チームで行うスポーツにも、全く同じことが当てはまります。てあとるみのりの団員は、一般的に演劇を志している方々と比較して「自分のことで精一杯」「自分は大変だからここまで出来れば十分だ」という甘さをより強く持ち合わせています。他者のために己を律することが大の苦手です。だからこそ、演出はその改善を求めているのです。演劇のためだけではなく、社会で生きていく力を育むためなのです。

tIMG_3975.jpg

稽古の後半には近隣のクリニックからのご招待に出向いていた団員も合流し、稽古場もにぎやかになりました。そこでも鍵になっていたのが芝居の流れの大切さと、それを損なっているセリフの曖昧さについてでした。繰り返し、抜け目なく準備と鍛錬を行っていない役者と、それを行ってきた役者との差が劇的に浮き彫りになっていたからです。まともな演技ができていない役者たちは、セリフに自信がないから本来流れるべき流れを崩してしまう(セリフを思い出さ異ながら手探りでしゃべっている、飛ばしたり・早まったりして相手のペースを乱す)わけです。自信がない、緊張する、いつも間違えると自覚しながら、それを凌駕する練習・準備を怠っているのです。常日頃から役作りに向き合い、様々な可能性を想像していないのです。こんな状態ではどんな舞台の上で演じることなどできません。公演直前の稽古でこんな話をしていることに驚かれるかもしれませんが、この時期だからこそ、忘れてはいけない原点をもう一度見つめ直し、できることのすべてをその遂行に注ぎ込んでもらうために必要なことなのです。「今度自主練でみっちり3時間セリフを見直そう」「何が悪いのかわかったので、来週までに直します」など、今日の段階ではその気になった役者たちがいました。その言葉が上辺だけのものではないことを次週の稽古、その先の公演で証明していただきたいところです。

tIMG_3993.jpg

このように、細かい部分まで突き詰めた要求が出されるほど、「ボーダーライン」は成熟してきています。形だけ整えたレベルではなく、より舞台の質が高まってきています。団員たちは少しでもいいものを創りたいという動機を持ち、そのために課せられたシビアな案件に立ち向かっています。そんな思いと行動が結実した第18回公演「ボーダーライン」。まだまだお席に余裕がありますので、ぜひ、皆様の目で、我々のチャレンジとシンカ(進化・深化・真価)を見届けてください!

7月13日の「ボーダーライン」です。

Posted by theatreminori on 14.2017 稽古レポート
18_key_02smp.jpg

第18回公演「ボーダーライン
8月4日(金)~6日(日) 北池袋 新生館シアターにて

公演情報特設ページ
チケットご予約フォーム



連日暑い日が続く関東地方。皆様はお元気にお過ごしでしょうか?団員達も夏バテ気味になったり、体調を崩す者がちらほらと見受けられるようになりました。もちろんそれを理由に稽古や制作部の活動の手を抜くようなことはなく、公演までの残されたわずかな時間を精一杯活用しようと取り組んでいます。

さて、そんな7月13日(木)の午前、制作部。グッズ作り、衣装作り、役者アンケート(パンフレット用)の記入、衣装の整理など、様々な業務が並行して行われました。それぞれが担当していることに集中していました。その一方で作業に必要な道具を忘れてきたり、事前にこうしようと打ち合わせていたことがなかなかできなかったりする団員もいました。本番が近付き、緊張感があるのでしょうか?それとも疲労が出ているのでしょうか?はたまたあと一息というところで油断があるのでしょうか?普段ではスムーズにできることが、妙に遠回りになっているように感じます。そんな状態でも落ち着いて、いつものように作業・活動できるように、まだまだ精神面を鍛える余地があるようです。

tIMG_3755.jpg

公演当日のパンフレットに掲載される団員たちのメッセージは、いつもアンケート形式で集約しています。団員によっては思いの丈を用紙いっぱいに綴ってくる団員もいます。その一方で、考えていること、感じていることを言葉や文字にして表現するのがかなり苦手(意識というレベルではなく脳の器質的な特徴として)な団員もいます。そんな団員も約2時間の制作部の間、一生懸命文章を考え、数行の文字を綴りました。劇場でパンフレットをご覧いただいた際に、団員によってメッセージの量に差があると感じることがあるかもしれませんが、その背景にはそれぞれが同等に思いの丈を皆様に届けようと心を込めていることを、少し想像していただけると幸いです。

午後の稽古でも、お互いに公演までの残り時間がわずかであることを再認識しながら取り組む姿が目につきました。いろいろと辛いことも多い日常ではありますが、そんなことに足を引っ張られているようではお客様を感動させる非日常は創り出せません。団員たちは仲間の頑張りを己の頑張りの糧としながら、自分の体と心に鞭を入れて、稽古に臨んでいるようでした。

tIMG_3861.jpg

この日も演出から随所で改善すべき点が伝えられています。中にはセリフの構造を変更する必要がある箇所もありました。思うように演技ができないのであれば、やり方を変えてみる。最終的に芝居の品質が向上するのであれば、それも必要な対処です。もっとも、役者がしっかりとその変更をものにしてきてくれなければ、どんな対処も水の泡になってしまいます。先週申し伝えたことが十分に反映されていない、身につくまで練習されていなかったことに対して、演出から厳しい指摘がありました。「変更されたばかりだからできなくてもまあいいやという甘い考えがあるから必死に練習して仕上げてこない」「より簡単にできるようにしたのに、それさえやれないのであれば、後はもうセリフを、シーンをカットするしかない」。突き付けられた勧告に、役者がどう応えるのか?次週の稽古は正念場です。

tIMG_3808.jpg

また、この日時間をかけて役者たちに説明された演技の仕組みの中には「感情がセリフを言う瞬間に湧き出てくるわけではない」という言葉がありました。「怒るセリフだから怒る」「イライラする演技をするから、このセリフをイライラして言う」という感覚で演じていては、いつまで経っても感情が演技・言葉に入って来ません。我々の日常を考えればすぐにわかることです。その瞬間に怒っているのでも、その瞬間にイライラするのでもなく、その感情に至る怒りやいら立ちの蓄積が存在するのです。朝、嫌なことがあってイライラしていたので、普段なら気にならない声掛けや態度に対してかっとなって怒鳴ってしまう…。そういった感情の抑制と飽和があるからこそ、内面ではなく、外側に人間の感情が表出するのです。つまり、表に出るものだけが感情ではなく、それは常にそこに存在しているのです。演技に感情を込めるには、その構造を構築しなければいけません。目の前の出来事の積み重ね、交わされた言葉の積み重ねから、人物の内面に揺れ動く感情があり、あるきっかけで一気にそれがあふれだす。そうしなければ、本当に伝えたいメッセージも、人物の生き様も伝わりません。まだまだその演技の本質の理解と実践ができていない未熟な役者が多い団体です。それでも、諦めることなく、様々な例えや実演を交えながら、稽古の中で指導が繰り返されています。少しでもその成果をお届けできることを願って。

tIMG_3796.jpg

tIMG_3774.jpg

 HOME