FC2ブログ

12月12日の「UNKNOWN」です。

Posted by theatreminori on 12.2019 稽古レポート
12月12日(木)の午前中の制作部は、第23回公演「UNKNOWN」へ向けたグッズ案や販売目標の話し合いが中心でした。物語の全貌がわかっていないので、内容に特化したグッズは後回しにして定番になりそうなグッズのラインナップ、品質の改善案などを具体的に検討しています。

午後の稽古では先日総監督と制作が参加してきたイベントの説明会報告、2月に控えている「#演劇的な一日in大塚2020」の概要と週末の打ち合わせで決まるであろう内容の申し送りがありました。その後は、すでに公開されているキービジュアルを基に、現在脚本執筆中の「UNKNOWN」の世界観や、表現する側が身に付けておくべき知識について説明が行われました。

その後は物語の冒頭シーンを役を入れ替えながら読み合わせました。冒頭ということは物語の導入部分です。そこでお客様にわかりやすく、物語の背景であったり、登場してくる言葉の意味などを伝えなければいけませんので、そのシーンを任される役者や登場人物は責任重大です。そういった大役を全うできるか?ニュアンスを自然に演技を通して伝えられそうか?といった適性を見極めるための読み合わせでもありました。



役者たちは「面白そうな役ですね」「普段はやらないだろうから今やっておこう」といったそれぞれの興味で読み合わせに挑んでいました。読み合わせと言っても、簡単な動きの演技も入っています。時々熱演の余り脚本のどこを読んでいたのかわからなくなる人がいたり、よく読むとまだ待たねばいけないのに行動を起こしてしまったりする人もいました。とは言え、初めて目にした脚本をそれぞれ自由なスタンスで演じているので、全く問題ありません。むしろのびのびと、思い切った演技を見せてくれる方が収穫も大きくなるようでした。

tDSC_6551.jpg

この日の稽古で、役者たちも「UNKNOWN」の世界に初めて触れたわけです。そしてこの日の読み合わせが脚本の進化に反映されていくことになります。まさしく、物語が始まったという感じです。果たしてどんな物語の結末を迎えるのか?それは2020年2月20日(木)~24日(月)の第23回公演で明らかになります。今は誰も「UNKNOWN」です。

tDSC_6547.jpg

12月5日までのてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 05.2019 稽古レポート
11月の終わりから12月に入って最初の週は、てあとるみのりにとっては忙しい週でした。

まずは11月30日(土)に「第24回こころまつり」のステージに参加して、会場のお子様やご家族と共に演劇と踊りを楽しみました。

tDSC_6501.jpg

そして12月3日(火)にはある大学の講義にお呼ばれして、演劇と精神保健保健福祉についての関連性と、実際に参加してみて得られた実感などを学生に伝えました。



12月4日(水)には地域生活支援センターこかげの企画で「演劇ワークショップ」を開催しました。身近な存在である演劇について、参加者と共に体験しました。

twIMG_3492.jpg

いずれの活動にも総監督と制作だけではなく、一緒に活動している劇団員も参加しています。地域の中で活動している実感と、これまでの取り組みの成果に対する手応えが得られる、とてもありがたいお誘いの数々でした。

さて、そんな流れで迎えた12月5日(木)の活動は、公演後恒例の床磨きが中心でした。普段の制作部と稽古で使用しているフロアの床をとにかくきれいにするという儀式です。稽古で激しく動き回ると、床にはいつのまにか靴底の痕、何かがこすれたような汚れが付着しているのです。それらを日ごろ稽古で利用させてもらっている感謝を込めてきれいに落とします。

1575514460859.jpg

さらに、稽古以外でもたくさん使っている椅子もきれいに磨き上げます。普段から床掃除は行っても椅子まできれいに拭くことはしませんので、かなり汚れが落ちました。

1575514451759.jpg

床掃除は午前中と午後に分けて行いました。すべての活動が掃除だったわけではなく、第22回公演「TRIGGER REMAKE」の収支報告、次回公演でのグッズ構想、来年度の活動計画などの話し合いの他に、第23回公演を想定した短い脚本の読み合わせを行っています。

tDSC_6521.jpg

今日の読み合わせは座ったままスタートしたのですが、徐々に演技が乗ってきた役者は勝手に立ち上がって、さらに中央に歩み出て演じるようになりました。その勢いやなりきり度合いは素晴らしかったのですが、どういうわけか他人のセリフを強奪して自分のセリフのように演じてしまう場面もあり、周囲は大笑いと総突込みでした。気持ちが入るのは結構ですが、同時に冷静な自分も持ち合わせてもらいたいものです。

tDSC_6520.jpg

さて、そんなこんなで、新しいステージ向けて着々と動き始めている我々です。次のステージは2020年2月8日(土)「#演劇的な一日in大塚2020」での「UNKNOWN」の特別先行公開の予定です。こちらは入場無料の大変お得な企画です。上演時刻詳細は決定次第お知らせいたしますので、どうぞご期待ください。そしてその先に控える第23回公演「UNKNOWN」もどうぞお楽しみに!

11月28日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 28.2019 稽古レポート
第22回公演「TRIGGER REMAKE」も今週頭で終演し、本日はそれから最初の活動日でした。通常であれば床磨きをして、公演の動画を見て、というパターンですが、この日はあるインタビューを団員たちが受け、30日(土)のイベント参加の準備を行うという内容でした。

tDSC_6476.jpg

インタビューの詳細は語れませんが、てあとるみのりの活動スタイルの意義は何なのか?どうして活動(参加)を始めたのか?参加してみて何がどう変わったのか?など、団員が自分を振り返って素直に答えられる質問がほとんどでした。「黒歴史じゃないですか」「今さら話すとムズムズします」などと、過去の自分のことを紹介することで妙に恥ずかしくなる団員が多かったです。それだけ活動を通じて、何かが自分の中で変わってきているという実感があるということでしょう。そもそもこのような取材を受けること自体、とてもありがたいことです。我々の活動が一定の評価と知名度を得ることができているからこその取材です。本当に名誉なことであり、何よりも劇団員たちの自信や励みになります。

tDSC_6478.jpg

取材の後は11月30日(土)に参加する「第24回こころまつり」の演目練習を行いました。昨年も参加したイベントですので、その時に感じたこと、得られた反省点を生かした内容を準備しました。このイベントは子供やそのご家族が多く来場する印象があったので、そんな客層にわかりやすいパフォーマンスを意識しました。練習に参加したイベント参加予定者は「子供向けのようなわかりやすさを意識した方がいいですよね」「実際の会場はもっと広いんですよね」などと、状況をイメージしながら自分なりの感触をつかんでいました。上手く会場の空気に馴染んで盛り上げられるかどうか、今からドキドキです。なお、このイベントは入場無料です。詳細は以下のリンクまたはチラシデータをご参照ください。
第24回こころまつり

24kokoromaturi_page-0001.jpg

11月14日の「トリガリ」です。

Posted by theatreminori on 14.2019 稽古レポート
てあとるみのり第22回公演「TRIGGER REMAKE」は、いよいよ来週21日(木)~24日(日)の上演となりました。11月14日(木)は公演前最後の活動日でした(追加稽古はありますが)。特に制作部はグッズ製造のまさにラストスパート。かなりの勢いでした。

この日で仕上がったのは、毎公演お馴染みになっているキャラクターしおり(1個100円)です。まだデザインを公開していませんが、登場人物をデフォルメした可愛らしいデザインです。観劇の記念や気に入った役者への応援としてぜひお買い求めください。それ以外にも、今回初登場する缶バッジアイテムの梱包作業も行っています。これは8種類のデザインがランダムに2個ずつパックされて500円でお買い求めいただける商品です。何が入っているかは買ってのお楽しみです。



制作部の時間内に完了しなかった細かいパッケージや装飾は、午後の稽古中にも継続して実施ています。その作業のために午後から駆け付けた制作部団員もいました。とにかくみんなで仕上げたグッズの数々です。ぜひ劇場でお買い求めください。

tDSC06079.jpg

午後の稽古では、完成度が低かったり不安定なシーンを何度か稽古し、その後通し稽古を実施しています。一昨日の特別稽古でうまくできなかったシーンは、役者が準備をしてきた成果が垣間見え、まずまずのまとまりになっていました。その勢いで通し稽古でもうまく演じられれば…と思ったのですが、まだまだそこまでの安定感がなかったようで、通し稽古での出来は良くありませんでした。これは当該シーンに限った話ではなく、物語全体にも言える話でした。

tDSC06087.jpg

個人個人での演技の底上げや練習は確かに成果を出してきているようです。しかし、それが物語の中でどのようなつながりを見せるのか?どんな感情の上で成り立っているのか?周囲の何に応えているのか?といった深く解釈していく部分が浅かったり、周囲と共有できていなかったりしていました。演出からはそんな錯誤について「なぜこのセリフがあるのか?」「何を思っているのか?」といった掘り下げるような問いかけが繰り返されていました。役者からも「こうやりたい」「こんな気持ちで演じたい」という回答もあり、それに対しては「それが表現しきれていないので改善してほしい」という演出からの声もかかっていました。とにかく全員で磨き上げている印象です。公演1週間前となるとディープな話題の応酬でした。

tDSC06094.jpg

役の人物の気持ちをやっとつかみ始めた人、それをどう表現するのかに悩んでいる人、表現の質を向上させることが求められている人など、個々に課題や仕上がり状況に差があります。残り僅かな時間でその差を埋める努力を全員で行う必要があります。すべてが物語を構成する重要な要素であり、全員が主役なのです。

tDSC06177.jpg

11月7日の「トリガリ」です。

Posted by theatreminori on 07.2019 稽古レポート
11月に入って最初の活動日となりました11月7日(木)。制作部の活動はこの日と来週の2回しかありませんので、かなりのスピードで進行していました。午後の稽古も通し稽古が行われるという大きな節目を迎えています。


制作部ではグッズの仕上げに力を入れています。登場人物をモチーフにしたキャラクターしおりの製造も進めております。当然ながら登場人物の衣装やメイクが確定しないとデザインが完成しませんので、どうしても仕上がりが他のグッズに比べて遅くなります。この日は確定した人物のキャラクターしおりをどんどんと製造しています。何度も作っているグッズですので、やり方はわかっています。あとは「もう少し余白をなくそう」「ラミネートをもう少しきれいに」などといった細かい部分へ意識を傾けての作業です。また、プラ板を使ったアイテムの仕上げ作業も行われました。この作業は午後の稽古時間にも並行して実施されています。今回は今までとまた一味違ったデザインです。間もなく情報公開されますのでお楽しみに。

tDSC05719.jpg

稽古では衣装合わせが行われています。この時点で決まっている衣装を試着して、演出が確認する本番前の儀式です。まだすべてそろっていなかったり、あくまでも代用品で試着してみる役者もいました。逆にこの日の確認で即座にOKが出る役者もいました。何人かはそのまま衣装を着用した状態であとの稽古に臨んでいました。当たり前かもしれませんが、衣装や小道具を手にすると、これまでとは一味違った演技になります。その気になるとでも言いましょうか、いつもよりも集中していたり、勢いがあったりという変化が見受けられるのです。その一方で、衣装の形状や機能によって、これまで想定していた動きに不具合が生じる場合もあります。こういったものを確かめるのも、この衣装合わせの重要な役割なのです。

tDSC05795.jpg

衣装合わせがひと段落したところで、これまであまり稽古していなかったラストシーンを何度か練習してから、初めての通し稽古を実施しました。物語の冒頭からラストまで一度も途中で止めずに続けて演じるのが通し稽古。これまでの稽古の成果がひとつにつながる瞬間です。同時にそれは、何かが起こっても止まらない試練の時間でもあります。予想通りセリフを忘れてしまったり、いくつかのセリフを飛ばしてしまうといった現象が起こりました。役者たちは舞台の上で何とかそんなアクシデントを乗り越えて、最後まで物語を演じ切りました。本番でも完全にミスがないという保証はありません。稽古の段階からすぐにあきらめず、何があってもみんなで解決するという訓練を重ねることも重要なのです。

tDSC05823.jpg

この日の通し稽古での面白アクシデントは、「出番なのに現れない」という、通称「出トチ」です。当然その現象が起こると芝居が止まってしまいます。そこで舞台上の役者が「あれ?一人足りないよ?」というアドリブで待機している役者にメッセージを送って気付いてもらいました。このような出トチはよくあるミスです。一方で、まだセリフがあるのに「戻りま―す」と舞台から退場してしまう役者もいました。さらに何かを頼まれたわけでもないのに「任せてちょうだい」とあいさつをして退場することもありました。これはなかなか珍しいミスです。ついつい舞台上の役者たちも目を丸くしてしまいました。

tDSC05772.jpg

今ひとつしっくりこない場面の多い通し稽古でしたが、明日からは特別稽古も始まります。一気に本番へ向けて仕上げていきます!チケットはまだまだご予約受け付けておりますので、ぜひ中板橋新生館スタジオに、リメイクされた「TRIGGER」を見に来て下さい!
チケット予約フォーム

 HOME