FC2ブログ

10月20日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 20.2022 稽古レポート
関東地方がすっきりした秋晴れに恵まれた10月20日(木)の活動の様子をお届けします。この日からしばらく休んでいた劇団員が活動に復帰しました。本人も「戻って来れて嬉しい」「新入社員の気分で不安もあるが頑張ります」と抱負を語っていました。

10時からの制作部では先週試作を始めた商品の製造を続けるのと同時に、先週は話題に出ていなかった劇団設立15周年記念グッズのアイディアについての話し合いも行われました。10周年の時に作ったアイテムを振り返りつつ、今回導入しようとしていた商品と合併させてボリュームを増す案や、全く異なる方向性の案など、複数の可能性を検討しました。団体の魅力や15年間何を目指して活動してきたのかが伝わるようなアイテムをイメージして、ひとまず今日の議論は終了しました。最終的にどんなグッズが出来上がるのかはまだわかりません。

tDSC_7091.jpg

復帰した劇団員は何の違和感もなく、かつて担当していた商品作りを継続して実施していました。作業中の雑談、ちょっと大きさがずれてしまう完成度など、お休み前と何も変わっていないその姿に、周囲も「いい意味でも悪い意味でも何も変わっていなくて安心しました」と口々に語っていました。

13時から16時までの稽古時間には、次に控えるイベント公演、映像作品の計画などの詳細の話し合いから始まり、後半は先週に引き続き抜粋された脚本の練習を行っています。話し合いの内容はまだ公開できないので、ああ、第26回公演の前にも何かあるんだな~程度にご認識いただければ結構です。毎年の活動状況を見ていると、だいたい何をやるかはわかってしまいそうですけれど…。

脚本読み合わせは先週同様に「ジバリッシュ(デタラメ言葉)」を含んだ演技です。相変わらずこれが難しいわけです。しかし、何度か読んでいると、非言語的なコミュニケーションの中にも確かな個性が確認でき、「偉い人が前へ出過ぎないというのもありですね」「側近が強すぎるとか」「まだ若い王で堂々としていない風にも見えるね」など先週までの練習では描けなかった新しい関係性が見えてきました。

tDSC_7131.jpg

何度か配役を入れ替えて読み合わせを繰り返しましたが、一部の配役が変わっただけで個々の受け答えはもちろん、全体の雰囲気まで変わってしまうことの確認もできました。短時間の練習なのでそれの良し悪しを吟味するには至りませんでしたが、一人の演技の質や方向性が全体にも影響を与えるという事実に気付けたことは収穫です。長期的な稽古に入った際には、そのことをよく思い出しながら、丁寧勝つ周囲を広く見て役を仕上げていってほしいところです。

早いもので次週は10月最後の活動日。そろそろ色々な情報が表に出てくる頃合いです。ご期待ください。



10月13日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 13.2022 稽古レポート
最近の東京は気温の寒暖差が激しく、体調管理も一苦労な日々が続いています。本日は一名の団員が体調を崩して欠席しています。

さて、そんな10月13日(木)午前中の制作部の様子からお伝えしましょう。学園祭のグッズ作りもひと段落し、この日は来年3月の第26回公演で販売するグッズについての話し合いからスタートしました。これまで作ってきたもの、それらを改良したもの、新しい挑戦など、様々な案が出ました。9月の「みのりで文化祭」におけるお客様の反応も、存分に参考になっています。

tDSC_7080.jpg

話し合いの結果、数点のアイテムを試作してみることになり、早速本日の残り時間から試作開始です。残っている素材を使ってイメージ通りに作れそうか、発展の余地があるのかなどを検証するためです。さすがにこの日に試作品の完成まではたどり着けませんでしたが、最近はこのように慎重かつ発展的な視野を持ってグッズ開発に取り組んでいます。少しでもいい商品をお届けできるように、制作部も毎週頑張っているのです。

13時からの稽古では、申し送りや検討事項に続いて短い脚本の読み合わせ第4弾を行っています。今回のテーマは「ジバリッシュ(デタラメ言葉)」です。脚本には( )内に「こんな感じのことを言ってね」的な指示しかなく、特に特定の言語ではない、感情的に生み出された音で会話するというチャレンジです。

一応脚本には( )書きでセリフのニュアンスが書かれているので、まったく会話が成立しないということはありません。しかし、少し会話が長引くと「今どの辺りを言ってるんだろう?」「そろそろ自分がセリフ入れていいのかな?」などと、流れを見失ってしまうことも珍しくありません。そうなったら半分即興のような対処で乗り切るしかありません。もともと言語ではないので、周囲にそのミスマッチを悟られないようにすることが重要です。

tDSC_7087.jpg

序盤はコツがつかめなかった役者たちも、徐々に感情の音声化のリズムや間合いに慣れてきて、少しはバリエーションのある感情表現を行えるようになりました。どうしてもセリフの表面的な形に囚われてしまう劇団員が多いので、時にはこのような訓練も必要なのです。ちょっと練習しただけで課題は解決しないでしょうが、言葉ではない感情をどうにか形にして相手に届けるという行為を経験したことは、必ず今後の成長につながるはずです。

tDSC_7093.jpg

演技の後はジバリッシュのコンビネーションをさらい磨き上げるために、役者同士で「ここはもっとはっきり言わないとだね」「ついつい下からになるのよね」「身分の違いを出さないと」などとディスカッションがおこなれていました。フツーの日本語セリフでも、このような姿勢で臨めるかどうか?いずれ始まる第26回公演の稽古が楽しみです。

10月6日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 06.2022 稽古レポート
東京は昨夜から一気に冷え込んできました。6日(木)は11月下旬から12月上旬並みの気温とのこと。活動に集まった団員達も口々に「寒い!」「一気に気温が下がりましたね」と驚いていました。

この日は10月下旬に参加する某学園祭で販売するグッズを作るという活動でした。午前中の制作部では午後のメイン作業に備えて、プラ板アイテムの試作を行っています。どのぐらいの所要時間なのか、どんな留意点があるのかなどを確認しながら、製造の工程を総確認しました。プラ板に関しては過去にも数多くのグッズに導入してきましたが、実際に作業するのは久し振りです。作ってみると「どうやったっけ?」「最後ニス塗りましたよね」など不明点が何点もありました。懸念されていた所要時間は思ったほどではなく、むしろ素材が足りなくなりそうな予感もあったので、急遽素材の追加買い出しにも出かけました。

tDSC_2883.jpg

こうして迎えた午後には、学園祭で一緒に販売を行う学生と共にグッズの製造を行いました。2種類の商品を製造するので、大きく二つのグループに分かれての作業でした。製造したのは①ジョッピーをモチーフにしたプラ板キーホルダー②クルミボタンで装飾したヘアゴムの2種類です。グッズを作るのが大きな目的ですが、協力し合いながら作業し、学生と交流することも大きな目的です。

tDSC_2893.jpg

劇団員も学生もまさに和気あいあいと、お互いに声を掛け合いながら作業していました。クルミボタンチームはなかなかうまくはまらないボタンの裏面をあの手この手ではめ込もうとしていました。最終的には学生からの「肘でやったらどうか」の提案を受けた劇団員がエルボードロップの勢いで実行。見事にボタンを仕上げていました。プラ板チームは作業が進むにつ売れて焼く、ニスを塗る、キーチェーンをつけるなどの工程が増えていき、持ち場を流動的に変えての作業でした。学生から「焼き入れて来ます」という報告があると、劇団員が「思い切り焼き入れてやってください」と茶化す場面もありました。どちらのチームもこのように冗談を交わし合ったりしながら、それでもしっかりと手を動かすという理想的な展開でした。おかげで、当初予定していた数量よりも多くの商品を製造することが出来ました。学園祭当日の販売が楽しみです。

tDSC_2895.jpg

作業終了後は短い時間ながらも本日の作業を振り返り、交流を深める会を開催しました。「子どものころやったのを思い出した」「集中してできた」「売るのが楽しみ」「時間が過ぎるのがあっという間だった」などの感想が多々聞かれ、久し振りに学生との協働企画が実現できたことの意義を感じられました。

tDSC_2900.jpg

そんなわけで、本日は演劇の稽古は全くありませんでした。しかし、日ごろ培ったグッズ製造の技術と知識をフル活用して、学生たちとのコラボレーション企画を進行させることが出来ました。芸は身を助けるとはまさにこのことです。

9月29日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 29.2022 稽古レポート
早いもので9月の活動もこの日が最後。9月29日(木)のダイジェストをお届けします。

10時からの制作部では、恒例のラジオ体操から始まり、今月末の某学園祭で販売するグッズの案を審議し、必要な材料を買ってくるという活動の流れでした。また、参加予定の某イベントのエントリー用紙を提出するという動きもありました。いつもは総監督が書類を作ってエントリーしてくれているところを、今回は希望者が担当を務め、書類の作成から提出まで責任を持って実行しています。団体としてまだまだ成長できるということです。

また、14日に行われた「みのりで文化祭」でお客様にたくさん書き込んでもらったお絵描きコーナーの用紙を片付けました。約2週間、名残惜しくて飾ったままにしていましたが、いよいよ見納めです。「また来年もやりたいですね」という意見が満場一致でした。

12時からのお昼休みを挟んで13時からの稽古時間です。まず、エントリーする予定のイベントで披露する作品内容についての会議です。先週の段階で全員がアイディアを考えてくることになっていましたので、次々と手が挙がって物語の案やコンセプトの発表がありました。そのうえでどれかの案を主軸に考えようということになって多数決に突入。ひとつの案が選ばれました。それに続いて、その作品とイベントテーマとの関連について話し合いが行われました。意見は出るのですが何となく的を射ていないというか、テーマというよりやりたいことに偏っている印象でした。シンプルに考えようということになり「みんなでやるから楽しい」という本質的な概念にたどり着きました。さあ、ここからどんな作品になるのか楽しみです。

tDSC_2888.jpg

その後は先週使用した脚本を使っての読み合わせ練習です。今回は客席を意識して動きも混ぜることになりました。場には存在するがセリフがない役にも挑戦しました。これがなかなか難しかったようで「どう動いていればいいのか難しい」「セリフがないから楽というわけではない」「結構疲れた」という感想が聞かれました。セリフがなくてもその場にいるということは、しゃべる人以上に周囲の言っていること、やっていることに集中し、しっかりと受け止めて反応を表現しなければいけないので、高い集中力が必要です。表現としても意味のある言葉がない分、どうやって出せば見る者に伝わるかも強く意識しなければいけません。

tDSC_2890.jpg

実はこれはセリフがあっても同じ意識で臨まねばいけないことです。ついつい言葉の意味に頼って、これを言えば感情が伝わると思い込んでしまうことがあります。そのため表現が不足していたり、方向性がマッチしていないという現象が起こるのです。今回のセリフのない役を通して、演技で大切な基本を実感できたようです。今後の演技にしっかりと生かせるといいですね。

来週の午後は某学園祭で販売するグッズの製造を行います。演技の稽古はありませんが、楽しんで活動できるように心がけ、次の活動につなげていきます。

9月22日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 22.2022 稽古レポート
すっかり空気が涼しく感じられるようになった9月22日(木)。10時から12時の制作部と13時から16時までの稽古がいつも通りに実施されました。

この日の制作部は①道具とグッズの整理②道具の買い出し③みのりで文化祭お礼メッセージ作りの3つのテーマに取り組みました。道具と作られたグッズなどが収納されている箱があるのですが、イベント前の駆け込み作業のせいもあって、中身が混とんとしていました。この箱に入れる必要性が全くない衣装や小道具まで混在している状態です。一度箱の中身をすべて出して、用途に応じて分類、再収納しました。もちろん不要なものは処分。痛んでいた箱も新しいものに入れ替えました。

tDSC_2829.jpg

並行して買い出し班は針と糸を購入しに出かけています。100円均一の店での購入が多かったのですが、「せっかくだから少しいいものを」という意見が多く、裁縫、洋裁、手芸系の商品を専門に扱う店で購入しました。「ついに我々もお高い糸が買えるようになった…!」と半分冗談半分本気で感動する声も聞かれました。

tDSC_2877.jpg

そして、みのりで文化祭へご来場くださった方々向けのお礼寄せ書き作り。団員にとっては、この作業が一番頭を悩まされたようで、どんな言葉を書こうか下書きにかなりの時間を割いていました。運営側全員のメッセージが集まり次第、画像データにした寄せ書きをSNSで公開します。お楽しみに。

午後の稽古は、まずは次に参加予定のイベントで上演する作品内容についての話し合いを行っています。とは言ったものの、先週の段階で次週までに考えてこようということになっていた宿題をほとんどの団員がやっていなかったため話し合いは頓挫してしまいました。総監督からは「考えいない人たちがこの時間だけ集まって話し合っても話がまとまるはずはない」というごもっともな指摘があり、もう一度どのような観点でアイディアを考えてくればいいのかというレクチャーの末、次週はそれぞれのアイディアを確実に出し合うことにしようということでまとまりました。

その後は短い脚本の読み合わせを行いました。5人登場するシーンでしたので、5名のユニットを2つ作り、同時に練習しています。1周目はセリフが相手の組と重なってしまう箇所があり、少々やりにくさもありましたが、それぞれのユニットで読み終えた後に振り返ったり改善点を共有する時間があったことで、2周目以降は読み始めるタイミングも、演技の間、所要時間にも差が生じ、セリフがかぶってしまう現象はありませんでした。役者も自分たちの演技に集中していたので、相手のユニットの演技がそれほど気にならなかったようです。

tDSC_2903.jpg

短時間の読み合わせではありましたが、それぞれが意見を出し合い、より面白くするため、最初のイメージに縛られ過ぎないようにするために演じ方を工夫し、全体の雰囲気を変化させていました。明確な演出がつかない状況の中でも、自分たちで演技を進化させていくことが出来ました。このような取り組みを長編の脚本になった時にもできると、稽古と演技の質が向上するはずです。その感覚をものにするため、次週も同じ脚本で違ったキャストの組み合わせで稽古を行う予定です。

tDSC_2906.jpg

もうすぐ10月。早いものです。表に出ない部分でも色々と動いています。

 HOME