FC2ブログ

5月6日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 06.2021 稽古レポート
第25回公演の日程も発表され、連休明けの5月6日木曜日には劇団員たちが稽古場に元気な姿を見せています。この日の午前中はハートランドみのりの特別な活動があったため、制作部の活動はお休みでした。制作部にとっては2週連続の休みとなりましたが、休みの間に仕上げてきた課題を持ち寄る劇団員の姿も散見されました。

午後の稽古ではすでに発表されている第25回公演の概要についての説明と、今回取り組む(意識する)べき内容についての確認が行われました。1年ほど前から続くいわゆるコロナ禍の影響で、昨年度は見込んでいた収益を上げることはできませんでした。そんな中でも様々な工夫を施して公演を行うことで運営を持続させることができました。次の公演でもそんな工夫や制限を設けつつ、よりよい内容をお届けできるように、全員が意思統一を図りました。

その後は2週間前に希望者に配布された宿題脚本を使ったセッションでした。読み込んできた劇団員から物語の内容について1分間ずつのプレゼンを行ってもらいました。どんな場面なのか、どんな人物が出てくるのかといった設定面から物語の進行と起こるイベントについての説明がリレーされていきました。順番が後になった団員からは「これは戦いの話なの」「立場の違いなんてカンケーないというテーマがある」といった作品のテーマに関わる解釈も発表されました。このように脚本をひとつの物語として読み込むことが我々には不足していました。どうしても自分の役のセリフばかりを読んでしまい、物語が何を伝えたいのか、そのために誰が何をするのかの理解が共有されていなかったのです。しかし、今回は役も決めずに脚本だけを持ち帰り、純粋に物語の展開や内容を独学で学び取るというチャレンジを行いました。

tDSC_0814.jpg

プレゼンでは上々の結果が垣間見えましたので、今度は実際に演じてみることにしました。特に脚本を見る・見ないの指示はなかったのですが、多くの役者が脚本は手にしていても基本的には見ることなく、それでいて物語を破綻させることなく演じることができていました。この手法を積み重ねれば、いわゆる稽古初日の段階でも、ある程度のセリフと動きがついた状態でスタートできることが証明されました。

tDSC_0817.jpg

今回の体験は役者たちにとっても大きな手応えになったようです。稽古の中でも後でも、自分たちで演技の修正、アイディアの提案などができるようになりました。この手応えを大事にしながら、第25回公演ではこれまで以上の品質をお届けできるよう、劇団員一同、研鑽を重ねてまいります!

第25回公演最新情報

Posted by theatreminori on 03.2021 公演・チケット情報
お待たせしました。2021年8月27日(金)~8月29日(日)の3日間、北池袋 新生館シアターにて、てあとるみのりが第25回公演を実施する予定が発表されました。

演目は未定(準備中)です。現在は2~3作品の同時上演ではなく、70分程度の1作品の上演を想定しています。

前回同様、他団体を凌駕する感染症対策を施すのはもちろん、劇場観劇と共に公演の様子の配信も準備しています。社会情勢によっては無観客公演、または延期や中止も余儀なくされる可能性はありますが、その際は公的(および劇場からの)要請に従って対応いたします。

演目の決定、チケットの販売などの追加情報は、当公式ブログをはじめとした各種コンテンツで発表してまいりますのでどうぞご期待ください!


てあとるみのり第25回公演
「(演目未定)」

作・演出・総監督 椙田佳生

<日程>
2021年8月27日(金)~29日(日)

<上演会場>
北池袋 新生館シアター

<公演形態>
劇場観劇及び動画配信を予定

<チケット>
販売開始日・価格未定(1,500円を予定)


2021年4月のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 26.2021 稽古レポート
新年度を迎えてからなかなか活動の様子をお伝えできておりませんでしたが、毎週木曜日の活動は継続しております。ただし、少々変則的な活動内容になった週もあります。今回はそんな4月の様子をまとめてお届けします。

<4月1日(木)>
新年度初日が木曜日。人員体制が不十分な状態での開幕となりました。この日は昨年度末に事業所で実施された「ドミノ6,000個チャレンジ」で使用したドミノ牌を返却するために、6,000個のドミノをすべて検品、清掃して箱詰めしました。

午前の制作部の時間内に終了すれば…と思っていたのですが、参加人数も少なく時間がかかり、午後の稽古時間にも延長して作業を行いました。なんとか時間内に作業を終了し、配送業者の営業所まで台車を転がしてドミノ牌を持ち込みました。残った時間で「ジェスチャーしりとり」を実施し、新年度最初の活動は終了しました。

<4月8日(木)>
この日も欠員がありましたが、午前の制作部、午後の稽古と通常通りの時間枠で開催されています。制作部ではグッズ試作を続行。何人かは新しいアイディアをひらめき、実際の製造に取り掛かっていました。

午後の稽古では今年度の活動予定の説明(現在決まっていることだけ)が行われ、新しい目標に向けて劇団員が気を引き締めていました。その後は昨年度末から続く「セリフを覚えない」ワークショップの進化版を実施しました。これは「セリフを覚える」という行為に意識が偏ってしまう団員が多いことを改め、より自然に舞台(物語の世界)に立ち、いつの間にかセリフが口から出てくるような楽しさをもって脚本に向き合うための企画です。脚本が配布されても配役は未定、決してセリフを覚えようとしないことがルールです。この日は全員で物語の内容、思い浮かぶ設定などをディスカッションし、イメージの共有を図りました。次週までに共有された設定をもとにあらすじを頭に入れてくるという宿題が出ました。これがクリアされていればもうほぼセリフ通りの演技ができるはず…なのですが、果たしてどうなるのでしょうか?

tDSC_0775.jpg

<4月15日(木)>
午前中の制作部では先週に引き続いてグッズ試作品の製造と既存の商品の改良作業を行いました。自宅で作業をしてきた成果を持ち込む団員もいて、少しずつ試作品も品質が上がってきています。約2時間の活動時間があっという間に過ぎ去っていきました。

tDSC_0774.jpg

午後の稽古も先週の続きです。もちろん宿題をやってきている前提での2週連続のワークショップです。まずは先週の話し合いだけでは不十分だった情報の照らし合わせを行い、全員でよりイメージを深めるようにしました。ただ、ついつい形式的な人物設定を重視してしまう傾向があり、時間内に話し合うべきだったあらすじの共有が不十分だったのは気になるところです。それでも決められた時間通りにセッションを開始しました。果たしてセリフを覚えずに物語は成立するのでしょうか?

tDSC_0794.jpg

結果は…宿題を忘れた人は全く物語の流れに入れず孤立してしまい、むしろ物語の進行を壊していましたが、宿題をクリアしてきた人は概ねストーリーや人物設定通りの演技を披露していました。ランダムに配薬を入れ替えながらでも繰り返してセッションするとその精度は高まりました。セッションして脚本を振り返り修正してまたセッションする…。この繰り返しがまさに稽古のプロセスであり、そのための準備をしてこないと今日のように稽古に参加することさえ適わないということになります。何をどう準備してくればいいのかがこの2週間のワークショップで実感されたようです。

tDSC_0786.jpg

<4月22日(木)>
翌週が祝日のため、この日が4月最後の活動日でした。特に制作部は5月6日(木)の午前中が事業所の別活動が予定されているため、長い休みの前の一区切りでした。とは言え、制作部の取り組む内容は先週からの継続です。少しずつ新グッズ案の数や形が増えていきました。また、長い休みに入ることを見越して課題を持ち帰る団員もいました。

午後の稽古は先週までのワークショップの仕上げです。いよいよ自分たちで決めた配役に則り、脚本を完全に手放しアクションも付けて演じるセッションです。さすがに宿題を忘れた人はもういません。序盤は緊張感もあってかしっくりこない役者も散見されましたが、繰り返していくうちに精度や品質が高まっていきました。さらにこの日は、そんな稽古の様子を加味した音響もほぼ即興で入りました。音響は総監督が兼務するのですが「私も脚本を見ないで、頭に描いている展開と実際の皆さんの演技に合わせて音を入れています」という言葉通り、今回のセッションは全員がその場で起こっていることを素直に受け止め、それが物語の筋に沿っていることが成立条件です。

tDSC_0800.jpg

tDSC_0798.jpg

最後は全員が自分の役になり切って、物語の世界を共に構築することができた気がします。今回はワークショップということで課題にした脚本はわずか4ページ足らずの物でした。これが長編になってもやることは同じです。まず自分の役、自分のセリフに注目せず、物語の内容、あらすじなどをしっかりと解釈して頭に入れること。心が自然と波立つようにすることが大事です。連休語には新しい動きが待っているかもしれません。この日までに学んだことをしっかりと自分の物に落とし込んできてもらいたいところです。

3月25日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 25.2021 稽古レポート
いよいよ年度末。来年度は様々な変化が待ち構えています。それに備える意味も含め、今週も午後は変則的な活動でした。

それでも午前の制作部はいつも通り、グッズの開発と製造を行いました。製造を進めていくと最終的な部品の結合をどうするかが未定だったグッズもあり「まずはそれぞれ作ってみてから考えよう」ということになっています。団員によっては初めてチャレンジする工程もあり、これまでの経験を応用してやり方を吸収しようとしていました。

tDSC_0694.jpg

作業をしながらの雑談ではすっかり春めいてきたことから「どの季節が好き?」という話題に花が咲きました。暖かくなってきて気分が前向きになる、空が明るくなる、ビールがうまいなどの理由で「春」を推す声が圧倒的でした。中には食べ物が旨いという理由から「秋」、重ね着でおしゃれができるといいう理由で「冬」を推す声もありました。「夏」は汗をかくのが好きなので捨てがたいという声がありました。季節の変化があることがそれぞれの生活の中でいい刺激になっているようでした。そんな和やかなムードで制作部は進んでいました。

tDSC_0697.jpg

午後は今週も変則的でした。13時から90分ほど、体を動かす系のハートランドみのりのグループ活動が開催され、そのあとの90分ほどがてあとるみのりの活動時間でした。多くの時間が取れなかったこともあり、来年度の計画についての話し合いに続いてジェスチャーしりとりで盛り上がりました。思い起こせば今年度は1回しか舞台の公演を行っていませんでした。劇団員も「あれ?それしかやってませんでしたっけ?」「あとは映像だったですよね」としみじみと振り返っていました。来年度も何がどうなるのかわからない世の中ですが、何の準備もしていなけえば何もできなくなってしまうので、今の状況を想定しながら可能な準備をしっかりやって行こうという意思確認も行いました。何はともあれ、今年度一人も大きなけがや病気がなく一緒に活動できたことが大きな喜びであることに間違いはありません。

さて、現在「#演劇的な一日」で公開中の映像作品「トキタマ」も間もなくイベントでの公開が終了となります。気になる次の公演予定は…午前中に一人も一番好きな季節に挙げなかった「夏」を予定しています。どのような公演形態になるのか、配信は行うのかなど、詳細はまだまだお知らせできませんが、ひとまずは超速報としてご記憶の片隅に残しておいてくださいませ。

3月18日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 18.2021 稽古レポート
東京ではちらほらと桜が開花し始めました。気温の高い日も増え、活動しやすくなっています。そんな3月18日(木)は事業所の都合により午前中の制作部のみの活動でした。

制作部ではグッズ試作と以前販売したグッズの細かい修正作業を行いました。手作りグッズなので個体差が生じるのは仕方のないことで、むしろそれが売りだったりします。それでもちょっとデザインの歪みや、ジョッピーらしさが損なわれている商品には可能な限り修正を加えて、よりよい品質でお客様に販売できるようにしています。

tDSC_0606_202103191119300a4.jpg

そして並行して新作グッズの開発も進行しています。例によってここではまだ画像を公開できませんが、商品の開発と販売が確定した後に詳細をお届けいたします。

tDSC_0608.jpg

「#演劇的な一日 in 大塚2021」に出展中の映像作品「トキ×タマ~時をかける魂と時たまかける少女の日常~」は3月31日まで無料公開されています。出演者同士が会うことなく作り上げた15分ほどの短編作品です。ぜひご覧ください!「トキタマ」は→こちら

 HOME