萬劇場SHORT STORY COLLECTION VOL.7 夏の短編集

Posted by theatreminori on 28.2018 公演・チケット情報
flier_front.jpg flier_back.jpg

萬劇場ショートストーリーコレクションVOL.7 夏の短編集 ~Face to Face~

萬劇場が主催する夏の上演企画に、てあとるみのりが10年間活動拠点としてきた大塚の地を代表した「地元枠」から初参加します!全9団体が共通のテーマ「Face to Face」を、独自の手法で表現する対バン形式のイベント!様々な作品、団体に向き合いあながら、夏の短編集を仕掛けがいっぱいのお祭り会場でお楽しみください!

<日程>
2018年7月26日(木)~29日(日)

<会場>
萬劇場(JR大塚駅北口から徒歩5分)→会場アクセス

<出演団体>
Kitten Dance Planet
劇団鋼鉄村松
劇団メリケンギョウル
劇団ヨロタミ
小山太郎プロデュース
秀作流“刀扇組”
ThreeQuarter#1
レティクル座
てあとるみのり

<タイムテーブル>
30分×3団体の対バン形式でお届けする上演企画です。
出演団体の詳細・対バン組み合わせは以下の画像をご参照ください。
flier_p3.jpgflier_p2.jpg
<チケット>
3団体一枠で、前売り券3,000円、当日券3,500円。自由席です。
チケットご予約フォーム

てあとるみのり出演枠>
2018年7月28日(土) 12時30分開演(12時開場)

てあとるみのり上演作品>
FFファンタジー」 脚本・演出 椙田佳生

てあとるみのり出演者>
村上栞
山口将太朗
満園仁美
石塚美穂
岩崎和巳
田中聡

<チケットご予約>
以下のWeb予約専用フォームをご利用になるか、直接劇団員までお申し付けください。
チケットご予約専用フォーム

<各種詳細リンク>
イベント公式サイト
てあとるみのりHP

<「FFファンタジー」イメージビジュアル>
FFF_image_sp.jpg


7月19日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 20.2018 稽古レポート
7月19日(木)。いよいよ萬劇場SHORT STORY COLLECTIONの開幕まで1週間となりました。てあとるみのりの「FFファンタジー」登場はもう少し先の7月28日(土)ですが、準備ができる時間があと1週間しかないのは一緒です。来週月曜日には劇場の仕込みとリハーサルが控えていますので、その段階までに仕上げておかなければ手遅れです。まさに今週はラストスパートにふさわしい活動となりました。

まずは少しさかのぼって7月17日(火)のお話しを。この日は、萬劇場でスタッフの方々に通し稽古を披露してきました。本番と同じ会場での通し稽古ができるのはもちろん、本番と同じ舞台の形状を体感できたことは、とても大きな収穫でした。今回のSHORT STORY COLLECTIONは、少し特殊な舞台の形状です。そもそも萬劇場で演じること自体初めての体験ですので、何もかもが新鮮でした。

twDSC_2209.jpg

そんな感傷に浸る間もなく、演じた役者たちからは「思ったより声が響かなかった」「天井が高いと雰囲気が違う」「もっと動かないとだめじゃないかな」といった反省の声が聞かれました。通し稽古の品質としても「なんだかサラーっと過ぎちゃった」「いつもよりテンポが早かったかも」「緊張してたね」などと、体感的な振り返りを行っていました。もちろん、今週の稽古でそれらの反省点を改善していくことになります。本番前にこう言った体験ができたことは、とてもありがたいことです。このありがたさを、しっかりと形にしてお返ししたいところです!

劇場ではSHORT STORY COLLECTION期間中に掲げられる各団体の横断幕もお披露目となりました。さらに、イベント期間中に会場のロビーで上映されるPRムービーの収録も行われました。いよいよ本番が近付いてきたと同時に、このイベントの盛り上がり、開催される規模の大きさを実感する日々です。とにかく思い切ってこのイベントを楽しみ、お客様、劇場スタッフの方々を含めた全員が笑顔で終われるように頑張るのみです。

さて、そんなわけで本日、19日(木)午前中の制作部は、主に衣装の修正や加工を実施しています。劇場での通し稽古で破損してしまった部分の直し、もう少し加工が必要なものへの追加作業などを手分けして行っています。一部の衣装には新品同様に見えないように「汚し」という手間を加える必要があり、天気が良くて暑い屋外でも、カラースプレーを使った作業が行われました。とても暑い環境でしたが、その分塗料がすぐに乾くという利点もありました。

tDSC_2227.jpg

午後は萬劇場の通し稽古を録画した映像を確認しながら、動きの改善点を具体的に共有しました。客席からの視点を意識して、これまでの稽古ではこうしようと決めていたことにも変更を加えていきました。稽古場の至近距離から見た景色と、劇場の客席から見た感覚は思ったより違っているものです。そこをしっかりと受け止め、全員で「何がおかしいのか?」「どう修正したらよいのか?」「どこを気を付ければよいのか?」という議論を行い、変更点を確定させていきました。

tDSC_2228.jpg

映像という客観的な視点を共有してからの稽古は、これまでの稽古に比べると、演出からの細かい指示も多く、役者たちは対応するのに一苦労という感じでした。特に、これまではほとんど無意識に演じていた動きに言及された時には、役者本人も「何でそう動いていたのだろうか?」「何を表現したかったのか?」という根拠を求められ、率直に困惑していました。逆に、「ここはこういうつもりでこう演じていた」というロジックを持っていたとしても、前後のシーンやセリフとのつながりを追究していくと、そこに整合性がなかったことが明らかになることもありました。比較的自由に演じさせてもらっていた役者たちにとっては、久しぶりの「演出」のテコ入れを体感する機会となりました。映像という客観的根拠があったうえでの支持には、誰もが納得して順応しようと努力していました。

tDSC_2238.jpg

tDSC_2233.jpg

てあとるみのりFFファンタジー」は7月28日(土)12時30分より萬劇場で上演されます。たった一度きりの真夏の夢ステージ。仕上がりはもちろん、過去最高です。ご予約がお済でない方は、今すぐ下記の専用フォームからお申し込みください!前売り券は3,000円。てあとるみのりの他2団体の公演もご覧いただけます。
チケットご予約フォーム

tDSC_2249.jpg

7月12日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 13.2018 稽古レポート
萬劇場ショートストーリーコレクション 夏の短編集」に向けて、数々の準備が並行して進んでいます。イベント自体もこれから本番へ向けて様々な準備が控えています。そのスケジュールに合わせて、様々なセクションが活動している状況です。ほとんどの団員が複数の役割を持っているので、何をいつまでにやればいいのかをしっかりと意識しながら取り組んでいます。主催の公演ではないので、ついうっかり忘れていました!は通用しません。緊張感が高まっています。

そんな7月12日(木)の制作部では、グッズ検討を一時お休みして、まずは「FFファンタジー」の衣装作りを最優先にして活動しました。基本デザインが決まって、基本形までは作れ対象に、もう一つ工夫を凝らして、さらに良いデザインにするための作業です。実際に布を縫い付けてみると「思ったよりイメージ通りじゃないな…」「ここに付けてしまったらどうかな?」といった議論が始まります。それを経て、最終的な作業を行い形を仕上げていきます。すんなりいかないことが多く、もやもやする作業だけに、何度かやっていると「布を裂く音が気持ちいい~」「いい音だよね~」「ストレス発散ですね」という声が聞かれるようになりました。もちろん、やりすぎて衣装が壊れてしまうということにはならないように気を付けながらやっています。

tDSC_2116.jpg

午後の稽古は、冒頭である取材の対応を行いました。総監督はもちろん、劇団員もインタビューを受けて、てあとるみのりでの活動内容、やっていての実感などを話しています。この取材がいつどこで表に出るのか、今の時点ではお知らせできません。詳細の公開まではもう少々お待ちください。

tDSC_2145.jpg

その後の稽古では、一度シーンごとの稽古を冒頭からラストまで行い、休憩を挟んでからの通し稽古を実施しています。来週には現地に出向いて、運営側の皆様に通し稽古を披露する機会があります。その直前、どこまで仕上がっているのかを確認するような意味合いで取り組みました。これまでの課題はもちろんのこと、新たに積み上げてきたものを出せるかどうか?演出の目というよりも、演じている本人たちが手応えや満足度を感じ取ることが重要視されていました。

tDSC_2127.jpg

そんな通し稽古を2本実施することにしたのですが、いよいよ気持ちも盛り上がってきた2本目で、ある生物がフロアに現れるというアクシデントが発生しました。一般的に忌み嫌われている、茶色や黒い「あれ」です。通し稽古を行っている役者たちもその存在に気付き、「どうしよう?」「でも通し稽古だから本番のつもりでやらなければ」「崩れてはいけない」「しかし顔に出てしまった」などと葛藤を展開しながらも、演技を止めることなくカーテンコールまで演じ切りました。その後は演技の振り返りというよりも、このアクシデントに対する振り返りがメインとなってしまいました。ちなみに、逃走を試みた生命体は演出が放ったゴキジェットプロにより仕留められました。活動中にその姿を見ることはめったにないのですが、どうやらすぐ近所の物件が取り壊されたことも影響しているようです。思わぬ難敵に動揺しながらも、逆にその動揺のおかげでテンポよく演じることができた通し稽古でした。

tDSC_2136.jpg

そんなこんなで、徐々に仕上がってきた「FFファンタジー」。いよいよ7月28日(土)12時30分より萬劇場にてお披露目です。チケットはまだまだ販売しておりますので、ぜひご予約の上、ご来場ください!とても中身の濃い、あっという間の短編芝居です!
チケットのご予約は→こちら

tDSC_2176.jpg



7月5日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 06.2018 稽古レポート
徐々に「萬劇場SHORT STORY COLLECTION」公演が近付いてまいりました。9団体が次々と登場する対バン形式の上演企画。てあとるみのりが登場するのは7月28日(土)12時30分からです。チケット絶賛販売中です。ご予約はお早めにお願いします。

チケットご予約フォーム
イベント公式サイト

FFF_blog_banner.jpg

さて、そんな宣伝から始まった7月5日(木)のブログです。まずは制作部の様子からお届けしましょう。先週に引き続き「FFファンタジー」の衣装や小道具作りが行われました。なかなか形が確定しなかった衣装も、いくつかのアイディアを実際に試してみて、どれが一番しっくりくるか、さらにどう改良すればよりよくなるかを確認しています。イメージをうまく形にするために、様々な素材をちょっと普通とは違った使い方をする試行錯誤を繰り返します。素材の調達で重宝しているのが100円ショップです。突っ張り棒、サンバイザー、ゴムボールなど、まさかこんなものが?という商品が衣装や小道具の一部に活用されることがあります。今回も何種類かの素材が、本来の使い方ではない日用品の応用です。そんな工夫を重ねた末に、どうやら概ねの方向性が決定したようです。

tDSC_2076.jpg
これは本人の衣装なのか?いったい何の役なのか?

午後の稽古は通し稽古ではなく、シーンごとの演技を煮詰める稽古を実施しました。動きとセリフの根源に存在する感情の流れを連動させることがなかなか難しいシーンもあり、そこが少しでもスムーズに演じられるように繰り返しています。演出からは人物に存在する感情の根拠、常に流れている本質的な思いを体感できるような演技指導がありました。これまで役者は表出する形式的な結論(たとえば「怒り」「哀しみ」など)を形にする、その時の感触がセリフと連動するかを模索していました。しかし、人間の感情とはそれほど単純に流れているものではありません。その根底に存在する本質的な思いを隠すため、ごまかすため、そうではないと言い聞かせるため…、そのような動機で感情表現が吸着しているものです。そこで、これまで怒りやいら立ちを追い求めていた役者に「怖くて仕方ない」「追い詰められて逃げ出したい」といった気持ちで演じることが提案されました。その感触を実感した上で、そんな思いを人に見せない、自分自身がわかっていても認めたくないという思いで平然を装う、強気に振る舞うというプロセスを重ねるような要求がありました。この稽古によって、これまでなかなかしっくりこなかったシーンの演技が深みのあるものに変化してきました。まだまだ今日の稽古ではその複雑な人間心理の一部を実感したにすぎません。ここから役者がどれだけ深め、なおかつその形式に溺れずに、丁寧な役作りを積み重ねられるかが勝負です。

tDSC_2084.jpg

また、この日は萬劇場SHORT STORY COLLECTIONに関連する詳細スケジュールと、細かな注意事項の申し送りも行われました。本番だけを現地で演じればいいのではなく、事前に劇場での通し稽古、音響・照明との調整を行うリハーサル、舞台と客席の設営作業など、様々な準備が必要になります。そのため上演する当日以外にも何日か、何時間か劇場に入っての活動になるのです。その日に何が何時から行われるのか?誰がどこに集まるのか?劇団員一人ひとりが変則的なスケジュールを的確に把握して、全体の進行の中で合理的な行動しなければいけません。わからなければ誰かに聞けば教えてくれる…という期待は周囲にとってはただの迷惑です。各自が自覚と責任を持って臨むよう、総監督からも伝えられていました。

さあ、いよいよ残りの稽古も3回。どこまで自分を高められるか?その積み重ねが芝居全体の質を高めてくれます。次の稽古までの時間を無駄にはできません!

tDSC_2109.jpg
これが「FFファンタジー」の戦闘シーンなのか?

tDSC_2111.jpg
天を仰ぐ男は何を思うのか?

tDSC_2088.jpg
見えない糸で唇が歪む芸の稽古にも余念なし?


6月28日の「FFファンタジー」です。

Posted by theatreminori on 28.2018 稽古レポート
萬劇場ショートストーリーコレクションでの公演まであと1カ月となりました。毎週木曜日が活動時間になっているてあとるみのりでは、この段階から早くもラストスパートです。衣装、小道具の製造が急ピッチで進み始め、役者たちも通し稽古に臨んでいます。そんな6月28日(木)の活動の様子を紹介しましょう。

午前中の制作部では「FFファンタジー」の衣装、小道具類の製造と調整を中心に行っています。すんなり形が決まった衣装はかなり完成形に近づいてきました。その一方でなかなかいいアイディアが浮かばず、難航している衣装も数点あり、仮の素材を使って「例えば、こんな感じでここに付けたらどうでしょう?」「縫わなくても挟んでしまえばそれっぽくなるよ」などと試行錯誤を繰り返しています。その結果、ある程度の方向性が見えてきた衣装案もあります。午後の通し稽古には間に合わなくても、次回の制作部までに素材の準備や加工できる状態にしておくことが確認されました。徐々に衣装、小道具が充実してきています。

tDSC_2056.jpg

また、来月の萬劇場ショートストーリーコレクションだけではなく、10月に予定されている第20回公演で販売予定のオリジナルグッズの案の検討も行われました。結成10周年で20回目の公演。それをモチーフにしたグッズの開発にいくつかの案が提出され、意見交換が行われました。さすがに出された案があっさり採用されるということはありませんでしたが、こうして時間をかけてアイディアを洗練させていくことが、よりよいグッズを作るために必要なことなのです。「いろいろ考えてみることで、ふっといい案が湧いてくることもありますよ」と、お互いに案を認め合いつつ、次のアイディアへの糧とすることを誓い合いました。

午後は公演1か月前の通し稽古です。現在準備できる衣装や小道具、音響を(仮のものを含めて)導入しての通し稽古です。役者たちの緊張感もかなりのものでした。さらにメイクも、役者が自由に考えてきた案を含めて、ある程度の形まで施してみました。衣装と小道具、そしてメイクを装備すると、役者たちの気持ちもいつもの稽古よりも充実したものに高まります。「なんだか自分がどんどん強くなってる気がする」「やっぱり気持ちが切り替わりますね」と、役者の数名は率直な実感を口にしていました。

tDSC_2062.jpg

肝心の通し稽古の中身に関しては詳しくお伝え出来ませんが、先週の稽古で不安のあったシーンは各自が自主練習や脚本の再確認を行ってきたようで、通し稽古そのものは予想以上にスムーズに進行しました。実際の劇場とは場面転換の感覚が異なるので、照明をどうするのか、入れ替わるタイミングはどうするのか、舞台を降りた場所で行う着替えや次のシーンの準備は大丈夫なのかといった具体的なことは、改めて検討が必要になりそうです。公演まで1か月という段階での通し稽古としてはまずまずの感触でしたが、それはあくまでも稽古の話。本来の目的は公演本番でお客様にいい舞台を披露することです。油断することなく、残り1か月で1か月分の成長を付与していかなければいけないということです。

そんな目的を達成するため、役者たちの演技について通し稽古終了後に休憩を挟んで、部分ごとの稽古を実施しました。感情の流れであったり、そもそもどんな動機でその感情が芽生えているのかといった人間の内側を構築していく振り返りが目立った稽古でした。ただ怒ろうとして怒っているように演じているのか、心が何らかの影響を受けた結果が怒っているような言動になっているのか、この感情表現の深さの違いを、役者たち全員でディスカッションする時間もありました。少しの時間稽古そのものが止まったようにも見えましたが「深い話ができてよかったです」と、得るものも大きかったようです。

tDSC_2072.jpg

表現するということにひとつの決まった答えはないものです。演出家に対して正解を求めるのが稽古でもありません。もっと素直に感情の奔流を受け止め、それを自由な手法で表現する。セリフという形式にとらわれるのではなく、その裏側に隠れている人物の心をしっかりと感じながら、他者との関わりの中で生まれる反応を楽しむことが、役者の楽しさでもあり、やるべきことでもあります。まだまだ突き詰めて考えていかなければいかないことはたくさんあるのです。


 HOME