4月20日の「そこスト」です。

Posted by theatreminori on 20.2017 稽古レポート
ハートランドチャレンジFES'17で披露する第17.5回公演「そこから始まる物語(ストーリー)」の稽古も残すところあと3回!あっという間に本番がやってきます。午前中の制作部も午後の稽古もだけではなく、今週は夜間の稽古も行われています。

午前中の制作部では、第18回公演をターゲットにしたグッズ案の検討が継続して行われています。試作品を持ち寄った団員がコンセプトやグッズとしての利便性、コストパフォーマンスなどをプレゼンし、団員たちから忌憚のない意見を募っていました。単にデザインがいいというだけではなく、様々な角度から研究と開発を進めています。

その後は第17.5回公演用の衣装作りでした。この公演では衣装が基本的に役者の自前。それぞれ役の特徴がわかりやすいようなワンポイントのアイテムを装着する予定になっています。製造したのはそのワンポイントアイテムです。久し振りの衣装作り。団員たちは誰かをモデルにしてみたり、実際に作った物の強度を確かめてみたりと、賑やかな雰囲気の中で作業していました。

tIMG_2283.jpg

午後の稽古には先週に引き続き芸能事務所ウルル・プロの方が3名参加し、いつものおなじみのメンバーとは異なるキャラクターで、いい刺激を注入してくれました。今回は物語の後半からラストシーンを繰り返して稽古し、演出からも「やり取りの内面や意味を考えよう」と、いよいよ物語の核心部分に関わるような指示が出始めていました。

tIMG_2290.jpg

また、今回はセリフがないシーンでも舞台上には存在する役者が多く、その間どのような演技をするのか、どこまでやるとやり過ぎなのかを考えながら稽古を進めました。せっかく注目すべき演技をしている人がいる場面で、周囲がにぎやかにしすぎて、観客の注目を集めてしまったり、肝心なセリフを聞こえなくしてしまったりしては台無しです。かと言って何もせず立っているだけでは場面の臨場感が損なわれてしまいます。より相応しいさじ加減でアドリブ的に演技を入れていかなければいけないのです。物音を立てる、立てないのひとつで場の雰囲気が変わるのです。…といった緊張感のある稽古の雰囲気の中で、ある団員が「ブブウッ!」と何かの音を発してしまい、稽古場は笑いに包まれました。本人は「音を出しちゃってごめんなさい」と弁明していましたが、場が和んだ事はよかったです。

tIMG_2317.jpg

本日の稽古ではウルル・プロの佐伯さんと詠月さん二人のシーンがありました。それほど二人で合わせていなかったものと思われますが、セリフのテンポや迫力には光るものがありました。てあとるみのりの団員たちも、そんな演技をすぐそばで見て、自分もその一部で演じていることがとてもいい経験になりそうです。いつもと変わらない顔ぶれでいつもと同じように進めていたのでは、なかなか成長していくのが難しくなってしまいます。特に何年か継続していると、自分はこうやって来た、自分はできているはずだ、これでいいんだといった錯覚に陥ってしまい、本当は努力が足りていない点から目を背けてしまいがちです。そんな自分自身を客観的かつ謙虚に見つめ直すという観点で、コラボレーション公演からは実に多くのことを学べます。

tIMG_2296.jpg

この日は16時で一度通常の稽古を終了させ、その後18時30分から夜の稽古(T.M.Evolution)を実施することになっています。長時間にわたって稽古を実施するのはもちろん大変なことですが、公演が近付き、参加可能な時間帯の中でそれぞれが少しでも品質の向上を目指していくためのスタイルです。同じ立場の団員の集まりではない多様性がてあとるみのりの特徴である以上、この運営スタイルが変わることはないでしょう。

「そこから始まる物語(ストーリー)」開幕まであと20日と少々。普段はバラバラなわれわれが舞台の上でひとつになります!

第17.5回公演「そこから始まる物語(ストーリー)」公演情報(4月21日更新)

Posted by theatreminori on 17.2017 公演・チケット情報
そこストweb情宣

2017年5月13日(土)に開催予定の、ハートランド友の会主催「ハートランドチャレンジFES'17 in 大正大学」にて、てあとるみのりが第17.5回公演「そこから始まる物語(ストーリー)」を上演します!

<上演日程>
ハートランドチャレンジFES'17 in 大正大学【第1部】
2017年5月13日(土)12:30~15:30
 12:00開場
てあとるみのりの上演時刻は15:00~15:30前後を予定しています。
詳細決定・変更があった場合は改めてご案内します。

<上演会場>
大正大学8号館(礼拝堂)
東京都豊島区西巣鴨3-20-1(アクセスマップは→こちら

<チケット>
ハートランドチャレンジFES'17第1部の入場チケット(1,500円)が必要です。
チケットの入手方法は以下の2点があります。

①事前に購入(推奨:当日までに劇団員に確実に会える方)
 →劇団員にチケット入手のご希望をお伝えいただき、お互いに可能な方法でご購入下さい。

②会場で当日購入(推奨:当日までに劇団員に会えるかわからない方)
 →ハートランドチャレンジFES'17当日の会場受付でチケットをお求めください。
  チケット料金は変わらず1,500円でお買い求めいただけます。

今回はイベント内公演のため、チケットのお取り置き(お電話やメールで事前ご予約の上での当日精算)には対応できません。また、劇団専用のWEBお申し込みフォームのご利用もできません。ご不便をおかけいたしますが、何とぞご了承ください。

<出演者>
岩崎 和巳
満園 仁美
詠月 逢人(芸能事務所ウルル・プロ)
佐伯 恵太(芸能事務所ウルル・プロ)
田中 聡
石塚 美穂
中泉 けい子
高垣 李圭
村上 栞
國澤 ひとみ
藤田 みず穂(芸能事務所ウルル・プロ)
岡田 真由子
川口 和恵
吉川 真人



『ハートランドチャレンジFES'17 in大正大学』

2017年5月13日(土)

◆時間
開場 12:00
1部 12:30~15:30
2部 16:00~20:30

◆料金
1部 1500円
2部前売 4000円
2部当日 4500円

◆会場
大正大学 巣鴨キャンパス 礼拝堂(8号館)
東京都豊島区西巣鴨3-20-1

◆地図
https://goo.gl/maps/Jp6j1YRRKFo

【1部出演者】
てあとるみのり
ムジカ・de・みのり
Glossy Girls
琴城流大正琴「東京ひまわり会」
少林寺拳法
すがも太鼓組 鼓友
大塚華麗
Feam
i*chip_memory

【2部出演者】
ジュリアナの祟り
EPIC STAR
Vipera
ハニカム.トーキョー
ZEROSTYLE
B.J.P
絶好超団☆LoVe
ポップジャンクスクール
MiSTELLY♡
Red Rose
Duckling-B
TRYZERO
コスメ男子
閃光プラネタゲート

◆1部のご予約方法
各出演者からチケットをご購入下さい。
予約なしで当日入場も可能です。お席に限りがございます。

◆2部の予約方法
下記URLよりご予約下さい。前売料金にてご案内いたします。
http://enter-neon.com/20170513

◆後援
豊島区
(福)豊島区民社会福祉協議会
(福)豊芯会
東京日本橋ライオンズクラブ
東京池袋ライオンズクラブ

◆お問い合わせ先
豊芯会内(福)豊芯会・ハートランド友の会
TEL 03-3915-9051 (月-金 10:00-18:00)



この公演は「ハートランドチャレンジFES'17 in 大正大学」へ参加する団体のひとつとして、FES会場のステージで上演するイベント参加型公演です。通常の劇団主催公演ではありませんので、イベント全体(他の出演団体情報、タイムスケジュール詳細など)に関するお問い合わせには応じかねます。また、イベント主催団体や参加団体の事情により、タイムスケジュールの変更が発生する可能性もあります。重ね重ねご了承ください。

4月13日の「そこスト」です。

Posted by theatreminori on 13.2017 稽古レポート
4月13日(木)は第17.5回公演「そこから始まる物語(ストーリー)」の公演予定日のちょうど1カ月前になります。まだ先の話と油断している場合ではなくなってきました。そろそろ演技だけではなく、舞台の中身を充実させていかないといけません。制作部では衣装や小道具について確認と検証が行われています。

今回は特に予算を立てて経費をかけて準備をするスタイルの公演ではありません。つまり衣装や小道具にお金をそれほどかけられないのです。制作部では過去の公演で使用したアイテムを掘り返し、今回使えるものはないかを検討しました。また、基本スタイルになる衣装をリストアップし、各自が用意できそうなものをベースにしていくことを確認しました。その後は第18回公演向けの新しいグッズの試作と、第18回公演の告知用横断幕作りが行われました。横断幕は文字だけではなく、折り紙を使った装飾と、手書きで彩られたイラストも追加されています。17.5回公演のカーテンコールでお披露目予定ですので、お楽しみに!



午後の稽古にはいつもの顔ぶれに加えて、第17.5回公演出演予定の芸能事務所ウルル・プロ所属の佐伯恵太さん、詠月逢人さん、藤田みず穂さんのお三方も参加しています。佐伯さんと読月さんは、法人の新年会余興でコラボさせてもらったことがあるので、何名かの団員はお互いに顔見知りでした。藤田さんも「TRIGGER」を見に来ていただいたので、見たことのある顔ぶれがいるという関係性です。稽古前には全員で自己紹介を行い、様々な立場の人の集まりではありますが、ひとつの舞台を創りましょうと、気持ちをひとつにしています。

tIMG_2258.jpg

ウォームアップの段階から団員たちは積極的にプロのタレントさんたちにアプローチを行い、一緒に早口言葉の練習を行っていました。そこからチームとしていい流れ、雰囲気が生まれ、空き時間にはこれまでの稽古での演出や経過を申し送ったり、動きについて改善するイメージを話し合ったりと、立場の違いを壁とせず、同じ舞台の上でひとつの目標に向かってい者同士という関係を築くことができていました。この柔軟さと言いますか、動機付けの力には目を見張るものがあります。これまで培ってきた劇団の力が発揮されているように感じました。

tIMG_2269.jpg

この日の稽古も全役者が揃ったわけではなく、学校の都合で参加できなかった学生の団員も数名いました。また、職務の都合で中抜けする団員もいました。不足している役者は代役を分担し、少しでも稽古の品質を確保するように、みんなで協力しています。このようなバックアップが自然にできているからこそ、様々な立場の人が自分自身可能なスタンスで公演に参加できているのです。これもまた、てあとるみのりが培ってきた集団としての成熟度でしょう。もちろん、次週の稽古までに、それぞれの役者にはクリアしてくるべき課題、準備してくるべきイメージなどがあります。集団としての力だけではなく、それをクリアする個人の力と努力も不可欠なのです。

tIMG_2273_20170413180528196.jpg

「ここはどっち?こっちに行けばいいの?」「この人に言うのね。勘違いしてたわ」「それっぽい動きのイメージないですか?」「それぞれの反応がとても面白かった」などなど、本日の稽古では様々な提案、要求、質問が稽古の合間に交わされました。実際に動きを反復しながら確認したり、脚本にイメージを書き込んだり、言われなくても改善を試みたりと、全員が地道ながらとても重要な努力を積み重ねようとしていました。いつもの同じ顔ぶれの間では、こういった現象が生まれるのに時間を要します。多少なりともなれあいの部分があったのかもしれません。そこにウルル・プロの方がコラボ参加して下さったことで新たな刺激が生まれ、団員たちの取り組む姿勢に変化が見受けられます。第17.5回公演はそういった緊張感や貪欲さによって品質が保たれていきそうな予感がします。様々な立場の人が舞台の上でひとつになるという理想のために。

tIMG_2263.jpg

4月6日の「そこスト」です。

Posted by theatreminori on 06.2017 稽古レポート
例年より遅めの桜が花開いた4月。5月13日(土)に開催される「ハートランドチャレンジフェスin大正大学」にて上演予定の、第17.5回公演「そこから始まる物語(ストーリー)」へ向けた準備が着々と進行しています。制作部では情宣アイテムの製造と、グッズの材料の買い出しが、午後の稽古では脚本を使用しての本格的な稽古が始まっています。

制作部では編み物系のグッズを製造する際に使用する毛糸の買い物に、一部の団員が外出しています。午前中はとても天気が良く、外出した団員たちは「お茶を飲んで帰りたいね」「こんないい天気の日に仕事なんて…」と、後ろ髪を引かれる思いで任務を遂行していました。一方で残った団員は、5月のフェス公演で第18回公演の宣伝をするための横断幕アイテムの製造を進めています。文字を入れるだけではなく、パッと目を引くオブジェの貼付も検討しています。果たしてどのようなアイテムに仕上がるのでしょうか?



午後の稽古では、先日の公演の際に取材を受けた、東京ボランティア・市民活動センター様が刊行している「ネットワーク」という情報誌の4月号が完成した報告がありました。もちろん、てあとるみのりを中心としたハートランドみのりの記事が掲載されているものです。団員たちは実際の誌面を目にして「(写真に)写ってる!」「こんなにページを使ってもらえるなんて」「これで興味を持ってくれる人が増えるといいですね」「ありがたいことです」などと、感動をあらわにしていました。

そこからウォームアップを挟んで、第17.5回公演の稽古です。まだ先週配布されたばかりの脚本ですので、まずは脚本に描かれている状況をよく確認し、全員で共有しながらの稽古となりました。自分に関わるセリフ以外のところはついつい読み飛ばしてしまいがちな脚本ですが、全員で検証してみると「ここってみんな舞台にいるんですよね?」「このタイミングか」「確かに書いてありますね」「どっちから入った方がいいですかね?」などと、新たな発見と新たな疑問が見つかります。

tIMG_2196.jpg

公演を行う会場がいつもの小劇場よりも広いということなので、大舞台向けの演じ方への切り替えにも取り組んでいます。通常の距離感で行われる会話をそのまま表現してしまうと、大きい舞台では演技も小さく、表情は読み取れず、セリフも客席まで届かないという悪循環に陥ってしまいます。演じている側が感じる距離感よりも、スケールを数倍に広げつつ、客席にメッセージを届けることを意識しながらの大きい演技が必要です。ある意味わざとらしく、わかりやすく全身を使って表現していかなければいけないのです。この演技のスタイルの切り替えには、どの役者も苦労していました。

tIMG_2198.jpg

17.5回公演に参加が決定している学生の団員も、予定の合間を縫って稽古に参加してくれています。なかなか全員が揃う機会が少ない状況は相変わらずですが、空き時間にお互いにセリフのやり取りを練習したり、アイディアを交換したりしながら、あとはそれぞれが稽古場を離れてからの1週間で磨き上げてくるという仕組みで品質を向上させていきます。この作業を行うことで、次回の稽古の品質が高まり、量を補う質が生まれます。その延長に公演の品質があるとも言えます。お互いに努力を体現し、刺激を与え合い、支え合いながら、次の稽古の時間を迎えなければならないのです。

tIMG_2215.jpg

tIMG_2229.jpg

3月30日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 30.2017 稽古レポート
あっという間に3月も最終週。第17回公演「TRIGGER」が終わって早くも1カ月が経過しました。5月のイベント参加も正式に決定し、てあとるみのりは様々な準備を進めています。

tIMG_2119.jpg

午前中の制作部では、次回公演で販売するグッズの案として何点かのサンプルを持ち寄って、形や用途、製造方法などを検討しました。見た目では簡単そうな作業のリクエストでも、担当者の所感は「それはちょっと難しいな~」「いやぁ、できない」といった内容が多くありました。それでも何とかより良い方向へアレンジして行けるように、今後も検討を重ねていきます。

tIMG_2121_201703301843466a2.jpg

また、この日は5月のイベント公演で8月の第18回公演の宣伝をするための横断幕作りについても検討されました。幕と言っても布を使うにはコストがかかるため、模造紙をつなぎ合わせて作成します。どのような内容を記載するのか、装飾をどうするのかのアイディアを出し合い、実際に模造紙をつなげて台紙を作成しました。次週には実際に文字や装飾を入れていく予定です。

午後の稽古では、まず5月13日(土)に開催されるハートランドチャレンジフェスin大正大学に関する最新情報の申し送りがありました。そして、そこで披露される第17.5回公演のタイトルと基本的な陣容についての説明がありました。タイトルはすでにSNSで先行して発表されていましたが、内容に関しては先週読み合わせた試作の脚本からグレードアップした完全版ということで、団員たちは興味津々でした。

tIMG_2122.jpg

ウォームアップを経て、いよいよ注目の「そこから始まる物語(ストーリー)」の読み合わせです。全員が揃っていない稽古ですので、代役を入れながら、役者によっては三役こなす者もいました。時々ややこしくなる面もありましたが、思いのほかスムーズに進行しています。ただ、初見であったこともあり、漢字の読み間違いや、まさかの言い間違えなどが乱発し、笑いをこらえながら演じるのが大変でした。たとえば…「あまたの夢」が「頭の夢」になったり、「茶番は終わりじゃ!」が「番茶は終わりじゃ!」になってしまうといった、本番でも起こるのではないかという恐怖を抱く内容でした。

tIMG_2132.jpg

今回の読み合わせでは、フェス会場が300名規模のホールであることを想定し「お腹から声を出さないとですね」「ゆっくり言うことを意識しました」「この役の場合は歌舞伎みたいにやってみるとはまるかも」などなど演じ方にも工夫を交えて進めました。30分の短い芝居ではありますが、実際に大きな声を意識して発声すると喉やお腹に疲れを感じます。だからと言って力をセーブするのではなく、しっかりとした発声を30分間の芝居の中で持続させられるような基礎体力を養っておかなければいけません。こういう演技を探究すると、基礎的な筋力トレーニングの必要性がよく理解できます。この日の稽古前にも、団員たちは「筋トレ!」「1分間の壁を越えた!」と気合を入れながら、体感のトレーニングを行っていました。

tIMG_2137.jpg

第17.5回公演というナンバリングを施された、ハートランドチャレンジフェス公演作品「そこから始まる物語(ストーリー)」が、どのような仕上がりになるのか?今日から本格的に物語が始まりました!

 HOME