FC2ブログ

3月14日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 14.2019 稽古レポート
すっかり春らしい季節になってきました。日中過ごしやすくなったと感じる団員と花粉症に悩む団員が混在する中、3月14日(木)の活動が行われています。

午前中の制作部では、次回公演で販売するグッズについて具体的な検討が行われています。先週もこの話題が出ていたことを受けて、団員たちはそれぞれがアイディアを持ち寄っての話し合いになりました。「このグッズは定番だから続けた方がいい」「新しい購買意欲を高められる商品を入れないと」「あのプレゼント用グッズならもう少し量を作って販売できるんじゃないか」「他の劇団さんではこんなグッズ展開をしている」「〇〇〇は作ってみたいけれど、コストがかかって、価格も高くなってしまう」など、先週以上に具体的な検討がおこなれていました。てあとるみのりの大女優が手掛けるK&Kブランドに関しても「こういう風にしたらどうかな」「今回よりもスケールダウンした感じがするからよくないのでは?」といった議論が交わされていました。どのような結末になるかわかりませんが、グッズに関しては何か新しい展開がありそうです。

tDSC_4970.jpg

午後の稽古ではいつもとはちょっと趣向を変えて、短い脚本を自分たちで演出のようなことを担当しながら演じてみるというセッションを行いました。普段は総監督からの演出に耳を傾け、演技の修正や向上を目指していた役者たちが、客観的に他者の演技を見て気になる点を意見交換していくという試みです。

tDSC_4953.jpg

演出役を担当した役者は「何をどう伝えればいいのか頭を使いますね」「伝えるための語彙が欲しい」「この人はこういう動きをよくしているのかというのがわかった」「伝えることの順番が難しかった」「すごく勉強になった」「演出って大変なんだなと思った」と、いつもとは異なる体験に興奮気味でした。もちろんこれを自分の演技に生かして、何をどうすればどう見えるのか、この人はこんな動きをよくする(どう見せてあげるのか)などをイメージしながら、互いの演技を構築していくようにしてもらうことになります。次の公演用の脚本が正式に決定していないこのタイミングだからこそできる試みです。次回以降も何回か実施する予定です。

tDSC_4952.jpg

また、この日は近隣の劇場で開催される公演のうち、何らかのつながりがある団体さんの物のものの紹介が行われました。私たちは生活が豊かではない劇団員が多く、彼らは数千円のお芝居のチケットを購入することさえ大変困難です。交通費さえ多大な出費になります。それでも、少しでも縁のある団体さんの公演を見て、何かに役に立ててもらいたいという思いから、情報を共有し、それぞれのお財布事情、スケジュールとの兼ね合いで、各々が観劇に出向くようにしています。本日紹介した情報の中で比較的安価の公演には、4名の団員が予約を入れていました。てあとるみのりの劇団員の中には、自分がここで芝居を行うことよりも、見に行くことの方が困難な立場にある人もいるのです(経済的理由の他に情報弱者でもあるという理由があります)。少しずつでも、そんな壁を低くできたらという思いから、情報の共有を行うようにしているのです。

tDSC_4955.jpg

来週は木曜日が祝日のため活動がお休みです。年度末を迎え、いよいよ来年度のスタートが近付いてまいりました。少しずつ発表できる情報も増えていくかと思われますので、いわゆるオフシーズンではありますが、このブログやFacebookも時々覗いていただけると幸いです。

3月7日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 07.2019 稽古レポート
第21回公演「織田桐会議」も終了し、すっかり落ち着きを取り戻した3月。次年度の活動に向けて様々な準備をしつつ、今年度を振り返る日々が続いています。

午前中の制作部では第21回公演「織田桐会議」でのグッズ売り上げの報告が改めて行われました。完売の商品がありましたが、販売数の推移(勢いのようなもの)を振り返ると、今までの公演よりも芳しくはありませんでした。その要因は商品の品質ではなく、ラインナップがお客様の特性に合っていないことではないかと分析されています。つまり、以前のお客様の特徴と、近年のお客様の特徴が異なるものに変化してきた、いわゆる客層の変化という現象が発生しているのではないかということです。これは、関係機関の方やご家族が大半を占めていた時代から、一般の演劇関係者・社会人などのお客様の割合が増えてきたからではないかと考えています。そのため、毎回定番の安価な手作りグッズというよりは、ごく一般的に購買意欲を掻き立てられるような商品を求める層が増えているのではないかということです。この変化への対策を、今後の制作部で話し合い、次回公演までの時間に新しいものを生み出せるようにしようとしています。

午後は総監督から次年度の活動予定についての説明がありました。今年度は様々なところからのお招きを頂き、数多くの舞台に立つことができました。それに比べると予定としては寂しい感じもしましたが、これはまだ今の段階の話。これからどうなるかはわかりません。もちろん、そんな動きにもある程度は対応できるように考慮した年間活動スケジュールになっています。



てあとるみのりは自分たちの活動資金を稼ぐことはもちろん、拠点にしている「ハートランドみのり」で展開されている様々なグループ活動の活動経費のほとんどを賄っているという性質があります。つまり、てあとるみのりが稼がなければ、ハートランドみのりのグループ活動も立ち行かなくなるということです。どんなスケジュールであれ、しっかりと自分たちの主催公演を実施し、ノルマともいえる年間活動資金を創出しなければいけないのです。そこで、ポイントになってくるのが先述したグッズ販売はもちろんのこと、何と言っても集客力です。この日は予定を確認しながら具体的な数値目標も団員の間で共有されました。これまで達成できた数字を目標にしても意味がないという信念のもと、少し無理をしないと届かないような数字が意識されました。そして、そのために必要なことについても、具体的な例示がありました。課題を共有しつつ、その解決策も共有できたことで、少し目標達成に向けて勇気が備わった気がします。1年後、見事に達成できるかどうか?それはこれからの毎日次第です。

今のところ確定しているのは、8月8日(金)~11日(日)に開催される「萬劇場夏の短編集Vol.8」への参加です。その後は全て予定になってしまいますが、第22回公演を11月頃、第23回公演を2月頃というスケジュールになっています。主催公演の具体的な日程、開催場所については現在調整中です。いずれ時期が近付いてきた頃合いに発表してまいりますのでお楽しみに。

tDSC_4937.jpg

活動予定について話し合った後には、練習用の短い脚本を読み合わせました。公演のための稽古ではないというだけで、何と言う解放感。団員たちはノリノリで楽しんで演じていました。総監督からも「今日は振り返るべきことはないよ。面白かった」という一言だけで読み合わせは終了。お互いに「〇〇さんのあの役はぴったりでしたよ」「脚本見ているのにセリフ忘れないでくださいよ」などと朗らかに振り返っていました。

とか何とか、非常に和やかムードではありましたが、こんな時間が続くのもほんのつかの間。いずれすぐに厳しい稽古がやってきます。それこそが舞台に立てることの喜びの一部です。「次に向けて頑張るぞ」がこの日の合言葉でした。

2月28日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 28.2019 稽古レポート
無事に第21回公演「織田桐会議」も終了しました。今年度はたくさんのステージやイベントに立つことができました。あっという間に駆け抜けた濃密でありながらも長く感じられる、不思議な時間だったように感じます。これも多くの皆様のご支援やご関心があってのことです。すべてのお客様に感謝いたします。

さあ、公演が終わってから最初の活動日となった2月28日。あっという間に2月も終了。この日は午前中の制作部はお休み。午後からの活動でした。

まずはフロア掃除です。公演直後の月曜日に稽古で使ったフロアを掃除しましたので、この日はもう半分。主に荷物を置いていたり、舞台袖に見立てたスペースの床を掃除しました。普段荷物を置いているスペースの荷物も全部移動しました。「こんなに埃があるんだね」「結構汚れているんですね」と、久々に姿を見せた床に驚きながらも、それをきれいにする掃除に取り組みました。ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、普段計を行っているハートランドみのりには、演劇以外の活動もたくさんあります。それでも何時も劇団員が率先して床を磨いています。そこには「自分たちが稽古で一番使っているからね」という稽古場への感謝と、やり遂げたことへの満足感が存在しているようでした。

その後はプロジェクターを設置して、千穐楽の公演動画を鑑賞しました。自分の演技を客観的に見る機会は少ないものです。劇団員たちはリラックスした雰囲気の中にも、自分の演技に対して鋭い視線を向けていました。ちょっとした失敗、イメージと異なった動き方を目の当たりにすることで、それを単に笑い話とせず、それぞれが反省の思いを抱いているようでした。



動画を見終わった後には、反省会のような振り返りとなりました。序盤は「達成感がありますね」「(テーマが)考えさせられる内容でしたね」と、気軽な観客目線でしたが、次第に「もっとテンポを良くすれば長くならずに済んだ気がします」「他の人に比べて動き出しが遅かった」「最初と最後でキャラクターの一貫性がなかった」「もう少し頑張ればもっと良くなった気がする」という反省の弁へと話が進んで行きました。中でも「チームワークがよかった」という意見については、どのような意味合いでのチームワークなのかという話に発展しました。単に相手のセリフのミスを本番でカバーできたことが「チームワーク」ではなく、役者同士がお互いに「もっとこうしたいからこうしてほしい」「こうするにはどうしたらいいか」「もっとこうした方がよくなるはずだ」などと議論を交わして、演出からの指示とは別の次元で演技を構築していくことこそ「チームワーク」だったのではないかという結論に至りました。実際にこのような動きが今回の稽古ではとてもよく見られました。今までは各自が演出から言われたことだけをこなすという雰囲気が多かったのですが、今回のハードスケジュールの中での公演のおかげで、本当のチームにまとまった気がします。これを継続していけると、さらに良いモノを創ることができそうです。

今のところ次の公演は8月を予定しています。今年度のハードスケジュールと比べると、かなり間が空くように感じます。この時間をどう活用するのか?来週の活動から勝負が始まるのです。

第21回公演「織田桐会議」終演しました!

Posted by theatreminori on 25.2019 公演・チケット情報
21end_banner.jpg

2019年2月21日(木)~24日(日)にかけて北池袋 新生館シアターにて上演いたしました、第21回公演「織田桐会議」は、多くのお客様のご来場いただき、無事に終演となりました。皆様、本当にありがとうございました!

てあとるみのりの舞台は、団員同士の雰囲気や温かみがいいと評されることがありますが、私たちにとってはお客様こそ、とても温かなお気持ちをお届けくださる存在です。だからこそ、精一杯頑張って、各自が己の限界に挑んで舞台を創ることができるのです。いつも本当にありがたいです。感謝の極みです。

今回の「織田桐会議」は、2月9日に参加した「演劇的な一日」の総合テーマ「マチ」と持ち時間50分に合わせた「オダギリカイギ」(「織田桐会議」の前半部分)から発展して完結した物語です。複数の条件の中で作った作品を折り返し地点からどう展開していくのか?この難しい作業を敢行するのにはなかなかの時間と手間を要しました。脚本を創る段階ではもちろんのこと、役者たちにも何度もセリフの変更や展開の変化が課され、なかなかすべてが整わない中での稽古が続きました。それでも誰一人として投げ出すことなく、必ず公演までに仕上げるんだという強い信念を持ち、力を合わせて仕上げた作品です。劇団員一同感慨深いものがあり、完成度に不安を残していた団員も、お客様の拍手や笑顔で大いに救われました。

ここからまた新たなステージへ向かって、てあとるみのりは歩き始めます!

fIMG_7250.jpg

fIMG_7229.jpg

fIMG_7271.jpg

fIMG_7280.jpg

fIMG_7294.jpg

fIMG_7305.jpg

fIMG_7410.jpg

fIMG_7144.jpg

fIMG_7026.jpg

もっとたくさんの写真を見たい方は→Facebookアルバム

過疎化に悩んだ田舎町「織田桐町」の物語はこれで幕となりました。さて、気になる次のてあとるみのり公演は…今のところ8月を予定しております!どんな作品になるのかまだわかりませんが、大塚の萬劇場で昨年に続いての対バン形式イベントに出演します!ご期待ください!

萬劇場 夏の短編集 vol.8
2019年8月8日(木)~11日(日)

前売3300円 / 当日3800円

<参加団体>
お茶の間ゴブリン
ゲキジョウ!
芝居企画TECALL
鈴木清信
チームまん○
てあとるみのり
FIFTH Units
メリケンギョウル
ラビット番長
レティクル座
(順不同)

第21回公演「織田桐会議」公演・チケット情報(2月19日更新)

Posted by theatreminori on 21.2019 公演・チケット情報
21_01_02m.jpg 21_02m.jpg

てあとるみのり第21回公演
「織田桐会議」(脚本・演出 椙田佳生)

<公演日程>
2019年2月21日(木)~2月24日(日)

<上演会場>
北池袋 新生館シアター
(豊島区池袋本町1-37-8 中村ビル2階)
東武東上線北池袋駅徒歩30秒 MAP

<チケット>
1名様 1,500円
チケットご予約フォームは→こちら

<日程詳細と残券情報>
①2月21日(木) 19時開演 残券×
②2月22日(金) 14時開演 残券◎
③2月22日(金) 19時開演 残券△
④2月23日(土) 14時開演 残券〇
⑤2月23日(土) 18時開演 残券〇
⑥2月24日(日) 14時開演 残券〇
 ※開場時刻は開演時刻の30分前です
 ※上演時間は100分の予定です
 ※残券表示…◎余裕あり 〇半分ほど △残り少ない ×売り切れ

チケットのご予約は→ここをクリック!

<あらすじ>
物語の舞台はある山間の片田舎にひっそりと存在する織田桐町。若者離れが進み、町の将来が不安視される中、地元商店会の会員たちは町おこし事業について、少々のどかな雰囲気で話し合っていた。しかし、突然国から日本で最初の「消滅危惧都市」に位置付けられたという知らせが舞い込む。消滅危惧都市とは、5年前に話題になった消滅可能性都市から、さらに消滅の可能性が高まった自治体に対する、最終勧告だった。慌てふためく町民たちと織田桐町の行く末を描いた群像劇!

<出演者>
村上栞
岩崎和巳
川原晶
満園仁美
田中聡
高垣李圭
中泉けい子
川口和恵
池見公元(劇団感情のロジック?)
長嶋怜未
石塚美穂

<照明・音響>
中山信之(劇団GIFT)
高橋祐紀乃(劇団GIFT)





 HOME