FC2ブログ

11月15日の「ボーダーライン(Satellite)」です。

Posted by theatreminori on 15.2018 稽古レポート
11月も半分が経過しました。朝晩の寒さが増す今日この頃ではありますが、劇団員は風邪もひかず元気に過ごしています。あと2日で「こころまつり」、あと1か月で「日本精神障害者リハビリテーション学会」と、出演するイベントが続きます。元気でなければやってられません!

午前中の制作部では、編み物系のグッズ作りに必要な毛糸の品定めと実際の購入に、数名の団員で出かけています。次回公演へ向けて開発が進んでいる商品を、より具体的にイメージしていく(あわよくば今日から作業に入る)ための行動です。実際にお店に足を運んでみると「これいい色ですね!」「この感じが欲しかった!」「この色合いで編むことは可能?」などと、現地での作戦会議が展開され、すぐに作業に入れるほどにイメージに合った商品を入手することができました。編み物班は帰着後、すぐに編み物に取り掛かっていました。

残った制作部の面々は、衣装や小道具の入っている箱を整理し、次のイベントで使用が確実な衣装をピックアップ、陰干しするという作業に取り掛かりました。「あの衣装って、捨ててなかったでしたっけ?」「これは…『2025』の時のですよ」「この時は客席で見ていただけだったけど、そばで見ると印象が違いますね」「どこかに入っていたと思うんだけれどなぁ」などという談義を交わしながら、衣装の整理は順調に進みました。箱の中に何が入っているのかを具体的にメモし、その紙を箱に貼って作業完了。これで次に必要なものをすぐに取り出すことができます。何しろ10箱を超える数がありますので、きちんと整理しておかないと大変なことになってしまうのです。

午後はまず、17日(土)に参加予定の「第23回こころまつり」についての申し送りと内容の確認、配役の分担、使用する衣装の確認などを行いました。てあとるみのりとしてこのイベントに参加するのは初めてのことです。ハートランドみのりとして参加したのも、10年以上前のこと。なかなか勝手がわからないイベントです。事前情報では小学生、親子が多いとのことなので、それを意識した内容を提供することが確認され、さっそく、大まかな流れの中で、観客の反応をイメージしながら練習を行いました。わずか15分間の出演とは言え、観客と一体になるような趣向のパフォーマンスはある意味体力勝負。どの出演者も熱心に体を動かして会場を盛り上げようとしていたため、「15分って長い…」「疲れた!」とへとへとでした。当日の展開はすべて会場の温度にかかっています。いわゆる即興の色合いが濃いパフォーマンスですが、全力で会場を盛り上げたいです。

tDSC_3505.jpg

そのあとは12月14日(金)に上演予定の「ボーダーライン」の稽古を行いました。この日は演出から「全部やろう!」という提案があり、冒頭からラストまでの通し稽古を行っています(代役を交えて)。学会のサテライト企画で組まれている時間枠は60分間。それを目指して脚本を調整していますが、それはあくまでも想定上のもの。実際に通し稽古を行うとどのぐらいかかるのか?所要タイムが気になってしまいます。結果は…カーテンコールを含めて57分。見事にイメージどおりでした。

tDSC_3498.jpg

通し稽古の後には演出から気になったシーン、改善すべき演技などの振り返りがありました。何か所か長さの調整で脚本を修正している箇所があり、何名かの役者はそのシーンで極端に演技の質を落としていました。熟練度が違うのは当然のことでしょうが、稽古に臨む前に少しでもそのギャップを埋めてくることが求められるはずです。どことなく「まだ1か月ある」という根拠のない安心感があるのでしょうか。この点は早急に改善しないといけません。



演技の中で感情があふれるあまり、飛び上がったり、転がり出す役者もいました。これまで型にはめたような演技が目立っていた団員でしたので、演出からはストレートに感情のまま、その場で体を使った表現ができたことはよかった(より感情がこもった演技になるという観点から)との振り返りがありました。あとは役者自身がこの感覚を大事にしながら、演出が整合性をコーディネートしていけばいいわけです。果たしてどんな仕上がりになるのでしょうか?

twDSC_3502.jpg

各イベントの詳細は以下のリンクからご確認ください!
第23回こころまつり
日本精神障害者リハビリテーション学会第26回東京大会

11月8日の「ボーダーライン(Satellite)」です。

Posted by theatreminori on 08.2018 稽古レポート
東京は11月に入ってもあまり寒い日がなく、しかも時折雨が降るので極端に空気が乾燥しておらず、何となく過ごしやすい毎日が続いています。そんな11月8日(木)午前の制作部、午後の稽古の様子をお届けします!

まずは午前中の制作部です。先週に引き続き、第21回公演で販売するグッズのアイディアを出し合っています。この日は都合により参加できなかった団員も、事前にメールで案を提案していたので、様々なアイディアが交流する話し合いになりました。さらに、毎公演恒例になりつつある、来場者へのサプライズプレゼント企画についても話し合いが行われました。まだ脚本の内容が決まっていませんが、何となく大きなテーマで考えて、紙で作った試作品を持ち込む団員もいました。早い段階から具体的な造形まで提示してもらえると、議論も深まり、公演までにはかなりの品質(ユニークなアイディア)に到達することができます。今回は期待できそうですよ!

午後の稽古では12月14日(金)公演予定の「ボーダーライン」の脚本の再編集版が配布されました。先週の稽古でも一度脚本が渡されていますが、少し時間がイベントで割り振られた枠から超過していたことと、一部のキャストに変更があったこともあり、この1週間でさらに改編がなされたからです。どこがどう変わったのか?これまで「ボーダーライン」を何度も演じている団員達も興味津々でした。



早速これまでの脚本との違いに留意しながら、全体で読み合わせを行いました。読み合わせといっても、さすがに何度か上演している演目だけあって、実際の動きやダンスも交えての、ほぼ通し稽古のような状態でした。途中である役者が手にしていた脚本を落としてしまい、その拍子で脚本がバラバラになり、床に散乱するというアクシデントが発生しましたが、誰も芝居を止めることなく(思わず笑ってしまう状況でしたが)何とか物語を進行させていました。脚本を散乱させてしまった役者本人は、唐突なアドリブで相手役に向かって「何をする!」とクレームをつけていました。念を押しておきたい事実としては、脚本を落としたのは相手役のせいではないということです。周囲は大笑い。本人は相当混乱していたのでしょう。

tDSC_3471.jpg

通して演じてみると、想定していた長さにピッタリ収まっていました。物語を随所で短くしたことによって内容が薄まることはなく、密度がより濃くなったことで面白さが増加していました。演じた本人たちも「コンパクトになっていてわかりやすいですね」「でもちゃんと響くところは響きますね」「テンポがよくなりました」「あっという間に感じました」などと、手応えを感じていました。あとは演技の質を高めて、凝縮された脚本の魅力を引き立たせることです。残りの稽古回数も少ないので、気を引き締めて臨んでいくことを確認し合いました。

tDSC_3465.jpg

これで「ボーダーライン」は2017年に初上演した際の80分サイズ、その後にイベントで披露した45分サイズ、さらに70分サイズに加えて60分サイズがラインナップされたことになります。皆様から多くのリクエストを頂いているからこそ、これだけのバリエーションを有する、まさにてあとるみのりの代表作として育ってきました。皆様に育てていただいた作品に、それぞれの思いを込めて、12月14日(金)の舞台を精一杯演じ切ります!是非、日本精神障害者リハビリテーション学会の東京大会サテライト企画に足をお運びください!入場無料です!

学会の詳細は→こちら

tDSC_3461.jpg


11月1日の「ボーダーライン(Satellite)」です。

Posted by theatreminori on 01.2018 稽古レポート
気が付けば11月です。「こころまつり」「ボーダーライン」がすぐそこに迫っているだけではなく、その先には第21回公演も待っています。「案外時間がないですね」と再認識しながらも、今年のハードなスケジュール進行の中では、何となくまだまだ大丈夫という気持ちになってしまいます。慣れとは恐ろしいものです。その慣れが油断やマンネリにならないように、しっかりと一歩一歩進めていくしかありません。

制作部では第21回公演で販売するグッズの案について検討が行われました。まだ具体的な演目が決まっていないので、細かい商品のデザインやコンセプトまでは話し合えませんでしたが、前回好評だったグッズをさらに良くすることをベースに話し合いを進めました。また、前回は直前まで開発を進めながらも、残念ながら没になった案もありましたので、今回はさらにグレードを上げて実際にラインナップされることを目指すための、意見交換も行われました。



話し合いの中で、原材料に剪定した木の枝を使ってはどうかという驚きの提案もありました。十分に乾燥させていない木の枝を使うと虫が出たり腐ってしまう恐れがあるという周囲の意見で却下されています。冷静に考えると奇想天外なアイディアですが、こういった大胆な提案から、思いがけない名作が生まれる場合もあります。そのための話し合いの場なので、どんどん突飛な意見を出し合ってもらいたいです。

午後の稽古は12月14日(金)に再演される予定の「ボーダーライン(Satellite)」の脚本読み合わせと、劇中に登場してくるダンスの振り付けの確認を行いました。セリフ、動き、ダンス共に約半年ぶりの実践となりましたが、さすがに何度か繰り返している舞台だけあってどの役者もスムーズに演じていました。

tDSC_3438.jpg

全員が稽古に参加できたわけではないので、代役を臨機応変に交えての読み合わせでした。さっきまで自分の役をやっていた人が、すぐにその相手役の相手役を演じたり、ひとつの役を数人で受け渡しながら演じたり、てあとるみのりならではの対応力で冒頭からラストシーンまで演じ切りました。途中ではつい気が抜けてしまったのか、相手に呼び止められるセリフに対して、完全に普段の自分の心理状態で「あ、はい」と応じてしまう一コマもあり、笑いを耐えながら乗り越えた個所もありました。そんな雰囲気の中で「ボーダーライン」を懐かしみつつも、自分の感覚として物語と役を再生していく作業は、ある種の熟練の領域を感じさせてくれました。

1541057169655.jpg

ダンスの練習では少しだけ「あれ?忘れてる?」というパートがありながらも、すぐに記憶と感覚が取り戻され、ほとんど全員が振り付け通りのダンスを踊れるようになっていました。「あとは手の動きのタイミングをみんなで合わせる練習ですね」「カウントよりも歌詞に合わせた方がいいですね」などなど、すでに細かい練習をにらんだ意見交換がなされていました。

tDSC_3439.jpg

今週はひたすら「ボーダーライン」でしたが、11月17日(土)には「第23回こころまつり」への参加も控えています。こちらはわずか15分間の幕間パフォーマンスになります。とは言え、何の準備もしないで臨めるはずもなく、少し実践的な練習をしておかなければいけませんので、次週からはその動きも入ってくる予定です。2月へ向けて、マルチに活動していきます!
「第23回こころまつり」の詳細は→こちら!


10月25日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 25.2018 稽古レポート
第20回公演「Stationファンタジー」も無事に終了し、先週迎えていた公演が嘘のように穏やかな日々を過ごしている劇団員たち。この日は公演とその打ち上げ後初の活動となりました。

午前中の制作部では、今回取り組んだグッズ作りや宣伝活動に関する振り返りが行われました。特にグッズ開発と製造、販売の話題の中では、目標以上の数字を達成できたことへの安ど感や達成感が多く語られました。特に大女優を中心として手編みで生産されたジョッピーポーチの品質と、それに比例した売り上げについては全員から称賛の声が上がっていました。もちろん、よかったね、で終わるわけではなく、「じゃあ、次はこんな形にしたら用途が広がるんじゃないか?」「あの編み方もよかったよ」「色合いも考えてみよう」などと、様々な改善案が議論されました。

tDSC_3421.jpg

完売のキャラクターが出るほどの人気だったキャラクターしおりに関しても、よりキャラクターを表現する幅を広げるための改善案を模索することが確認されました。生産コストを抑えながら品質を改善するには、技術、表現力を向上させるのが最も効率的です。今回売れたことで満足せず、さらに誰もが満足できる品質に高めようとする努力は、モノを創る人間にとっては不可欠な要素です。成功の後に手を抜くのではなく手を加える。この心意気が制作部には浸透しているようでした。

午後の稽古時間は「Stationファンタジー」の動画を鑑賞しました。録画されていたのは18日(木)19時からの回。スケジュールの中では初日の公演です。「初っ端のやつか…」「あの時って何か間違えたときじゃなかったっけ?」「どんな風に(映像に)残ってるんだろう?」「うわ~どうしよう!」と、上映開始前から本番の時以上に緊張感でざわつく劇団員たち。しかし、上映が始まると緊張というよりは、一人の観客として自分たちの演技を客観的に楽しんでいるようでした。

tDSC_3422.jpg

「うわ!ここで噛む?」「あ~!やっちゃった!」「いい味出してるね~」「あれ?聞こえなくない?」といった笑いながらの反応の中にも「自分では声が(観客に)届いているだろうと思っていたけれど、こうしてみるとまだまだ足りないということが分かった」「気持ちと言葉と動作の連動が必要だって(演出に)言われていたけれど、自分でその意味がよく分かった」などの振り返りがありました。また、「これは初日だったから、まだこうやって演じてるけれど、最後はもっと良くなっていたよね」「あの千穐楽の品質を最初に出せるようにしないとだね」と、全体の品質の未成熟さに対する言葉も多く聞かれました。この意識が次の公演に取り組む際の意識の違いにつながってくるはずです。

それぞれが自分のできていた部分、できていなかった部分を客観的に見つめ直す機会になったこの日の動画鑑賞会。最後には今年度のスケジュールを確認し、どのような内容で展開していこうかという話も交わされました。こんな作品をやってみたい、こんな上演形式ならどうだろう、こんな役がいい、再演するならこれがいい…。それぞれが自由に夢を語るような表情で、ワクワクしながら次の舞台のイメージを描いていました。

来週からは12月14日(金)に日本精神障害者リハビリテーション学会内で上演する「ボーダーライン」の稽古に入ります。休む間もなく次の舞台。しかし、求められて舞台を上演できる機会など、そうそう簡単に訪れるものではありません。ひとつひとつのチャレンジが、自分の成長につながっていることを改めて実感しながら、稽古に備える劇団員たちでした。

第20回公演「Stationファンタジー」終演しました!

Posted by theatreminori on 22.2018 公演・チケット情報
twIMG_1xgrw6.jpg

10月18日(木)から10月21日(日)まで北池袋新生館シアターで行われた、10周年20回記念の公演「Stationファンタジー」が、多くのお客様のご来場に支えられ、無事に終了いたしました。本当にありがとうございました!

fIMG_6791.jpg

18日(木)と19日(金)の3ステージでは、急遽1名の団員が出演できなくなった影響で総監督自ら代役を演じるというアクシデントがありました。さらに20日(土)の夜の回では、雷の影響(と思われる)で上演中に停電するというものすごいアクシデントがありました。暗闇の中で総監督と主役の城元菜那がライトで自らの顔を照らしながら場をつなぐという、とても稀な時間をお客様と共有しました。いずれのアクシデントも、お客様には大変なご迷惑をおかけいたしましたが、それでも温かいお言葉や拍手を頂戴できましたことに、大きな感謝の念を抱いております。まさに「感謝の極み」でございます。

また、多くのお客様にアンケートへのご協力をいただきましたことも感謝いたします。劇団のデータ分析担当者が各項目の統計を行い、次回公演への資料とさせていただきます。

fIMG_6838.jpg

役者から半ば強引な売り込みのあったグッズについても、快く(?)お買い上げ下さり、重ね重ね感謝申し上げます。グッズを開発した担当者にとって、大きな励みとなりました。

fIMG_6813.jpg

全6ステージで200名を超えるお客様のご来場があり、10周年・20回を記念した今回の公演は大変な盛り上がりとなりました。お客様からのご期待に比例して、役者の演技も日に日に進化し、全員がこの公演期間で大きな成長を遂げることができました。音響と照明もステージごとに微調整を重ね、少しでも良いタイミングや質感を表現しようと工夫していました。プロの芸能事務所からの参加となった役者3名も、てあとるみのりの劇団員と全く同じ立場で、稽古期間から真剣に物語と自分の役に向き合い、とても熱心に取り組んでいました。その姿が元来の劇団員たちにとって「プロの人でもあれだけやっているんだから、自分達なんかはもっとやらないといけないんだ」と大きな刺激になり、お互いに演技を高め合う効果を発揮していました。役者・裏方・お客様のすべての力がひとつになって、今回の舞台が成立したことは、まぎれもない事実です。すべての関係者に感謝の言葉を届けます。誠にありがとうございました。

fIMG_6864.jpg

てあとるみのり、次回公演は12月14日(金)日本精神障害者リハビリテーション学会のサテライト企画内で「ボーダーライン」の上演を予定しております。会場は早稲田大学国際会議場の井深大記念ホールです。2019年2月には南大塚地域文化創造館主催の演劇イベントに参加します。そして2月21日(木)~24日(日)には第21回公演を北池袋新生館シアターにて上演する予定となっております。ひとつの公演が終わりましたが、すぐに新しい公演への動きが始まります。皆様に少しでもお楽しみいただけるような作品をお届けする意気込みで、劇団員一同精進を重ねてまいりますので、今後ともてあとるみのりをどうぞよろしくお願い致します!


 HOME