FC2ブログ

活動再開に向けて

Posted by theatreminori on 28.2020 お知らせ
4月中頃より実際に集まっての活動を自粛(オンライン対応)しておりました私たちですが、少しずつ、活動再開に向けて動き始めています。

制作部は短時間ながら5月21日(木)、28日(木)に担当者が集まり、常に距離を保ちつつ、備品の供用を禁止、用具はもちろん机・椅子など接触する物はすべて消毒するといった対策を執りつつ活動を開始しています。

tw21642.jpg

午後に実施されていました稽古に関しましては3密要素が高いため、オンラインでのミーティングと脚本読みを実施してきましたが、6月より時間を制限した中での活動を再開する予定です。もちろん制作部同様の配慮を行い、そんな現状に見合った活動内容にいたします。また、当面の間は外部からのご見学受付は休止させていただきます。まずは、ハートランドみのりを利用している団員の事業所活動のひとつとしての活動再開となります。どうぞご了承ください。

7月にはある映像フェスに参加予定です。生の舞台ではなく、密を避ける安全対策を施した撮影による動画作品を6月から創って行きます。詳細を改めてお知らせできる日が間もなくやってくることでしょう。どうぞお楽しみに!

5月7日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 08.2020 稽古レポート
COVID-19の感染拡大防止のため、外出を極力控えるという大型連休を終えた5月7日。本来であればこの日から活動を再開する予定だったのですが、皆様もご存知の通り、我が国の緊急事態宣言が延長されましたことを受け、私たちの活動自粛期間も延長されました。

この間、8月に予定されていた「萬劇場夏の短編集Vol.9」の中止が決定。稽古や制作部の集まっての活動もなく、周囲の劇団も次々と公演の中止を発表し、まったくもって演劇から遠ざかるような、ネガティブな日々が続いておりました。

しかし、ただ何もせずに残念がっているだけではなく、私たちは週に1回オンラインで活動を行っています。5月7日には、当初予定されていた自粛期間中の課題進捗を確認し合うため制作部のオンライン活動が実施されました。お互いに試作したアイテムを画面越しに見せ合い「すごい」「よくできている」「これもいいね」「あの生地の方がいいね」などと意見交換をしました。団員たちは時間を持て余していたようで、改良を重ねながらいくつかの試作品を作っていました。試作回数を重ねることで完成度が高まっているのが明らかでした。まだまだ完成までは程遠い品質ではありますが、このペースで研究と試作を重ねて行けば、なかなかの品物をお届けできる気がします。



午後の稽古もオンラインで実施しています。活動自粛期間に入った4月から毎週木曜日に実施しています。いつもの稽古に比べると開催時間も短く、当然ながらお互いが動きで直接的なコミュニケーションをとることもできません。稽古と言っても細かい演出が付くわけでもないただの脚本読み合わせです。それでも参加した団員はステイホームが続く非日常の中で、久し振りに複数の第三者と演技を通じて会話ができたことに満足そうでした。

tmIMG_6012.jpg

このご時世ですから肉体的なコンディションにナイーブになるのは当然ですが、実はさらに重要なのは精神的なコンディションです。色々な物事を我慢して生活していくことへの耐性はもちろん、そんな時期を抜けて活動を再開する時に高い動機付けを維持したまま復帰できるのかどうかを左右するのがメンタルの状態です。これに対するケアという観点からも、このようなオンラインを活用した活動には意味があるように感じます。やはり人間はお互いに支え合い、影響し合いながら生きていく社会的な生命体なのだなと実感する今日この頃です。

さて、そんなこんなで、現在は表立った活動をお届けできず、このように団員たちだけで細々と演劇を介した活動を継続しております。いずれ皆さまにも何かをお届けできる日がやってきますので、その日までお互いに、お互いの「今できること」にチャレンジしていきましょう!

総監督からの緊急告知です!(5月1日更新)

Posted by theatreminori on 06.2020 お知らせ
平素はてあとるみのりの活動に多大なるご理解とご支援を賜りまして、誠にありがとうございます。

この度、新型コロナウィルス感染拡大防止対策の一環として国と東京都から発出されました緊急事態宣言を受け、てあとるみのりが活動拠点としております社会福祉法人豊芯会ハートランドみのりの事業所活動が4月11日(土)~5月17日(日)までの期間、事業所利用者の集合・団体活動を休止する運びとなりました。

そのため、てあとるみのりは5月17日(日)までの間、制作部・稽古共に団員が事業所に集合する活動を休止いたします。この対応はてあとるみのりを自衛するためのものではなく、地域住民として感染拡大防止に尽力することで、感染症対策による閉塞的な社会情勢の終息につなげようという意図を持った取り組みです。

皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解並びにご協力を頂けますと幸いです。個々の小さな我慢の積み重ねで、でこの難局を乗り切りましょう。その先に楽しい舞台が待っています!

(総監督 椙田佳生)

萬劇場夏の短編集Vol.9中止のお知らせ

Posted by theatreminori on 29.2020 お知らせ
活動拠点の地元大塚に四半世紀以上も前から運営されている「萬劇場」主催の夏祭りイベントに、本年も(3年連続で)参加する予定であると皆様にも概要をご案内しておりましたが、先日の代表者・主催者会議の場において議論した結果、本年のイベントの開催が中止となりました。

2020年8月6日(木)~10日(月・祝)までの5日間、全9団体がそれぞれ3ステージ登場する予定だったこのイベント。出演者はもちろん、お客様の安全、そして社会への影響を熟慮した結果の判断です。楽しみにしてくださっていた皆様、誠に申し訳ありません。

今回のイベントは中止となりましたが、主催の萬劇場さんを含め、参加団体の間ではこんな世の中でも「何かできないか?」という可能性の模索は継続しております。何らかの形で新たな情報をお届けできる日が来るかもしれません。引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

(てあとるみのり総監督 椙田佳生)

4月9日のてあとるみのりです。

Posted by theatreminori on 09.2020 稽古レポート
週末から5月6日(水)の活動休止を発表した我々ですが、本日4月9日(木)は午前中の制作部はお休みして午後だけ活動を行っています。活動と言っても脚本を使ってセリフや演技をお互いに交し合ういつもの稽古とは異なり、座学を中心とした講習会のような内容でした。

まずは、しばらく自宅待機要請期間に入ることから、そもそも「新型コロナウイルス」とは何なのか?緊急事態宣言の目的は何なのか?自宅待機中に気を付けることは?といった我々の置かれている現状となすべきことを理解できるような講義を総監督が行いました。演劇とは全く関係ない内容ですが、団員たちは熱心にメモを取ったり、深く頷きながら傾聴していました。ただ「休まされている」と思うか、何のために活動を制限しているかを理解しているのかで、この取り組みの効果は格段に違ってきます。様々な雑音に流されることなく、しっかりと現実を見つめて冷静に暮らしていこうと、お互いに誓い合いました。



新型コロナウイルス講義に続いては演劇に関するプチワークショップが提供されました。老人役のつもりで歩いてみましょうという導入から始まり、その後に何を意識して演じていたかを振り返りました。ここで浮かび上がってきた演技の重要な要素「形」と「内面」についてさらに詳しく分析していきました。それらを結び付ける重要なキーワードとして「想像」と「創造(表現)」の2点が紹介されました。どれだけ表現する力があっても元の発想となる想像力や想像できる引き出しを持ち合わせなければ、演技は形にならないのです。脚本内に明示されているひとつひとつの現象に対して「なぜそうなるのか?」という疑問を持ち、追究していくことが大切なのです。そんな考えの基盤を広げるためには様々な人の生き様やライフイベントを学び、それを自分の想像の中で応用力を以って置き換えていくことが求められ、その器ができていないうちから映画や演劇を観て演技を模倣しても効果が低いという説明には「やっちゃうな、それ」「どうしても形ばかりこだわってしまう…」という反省の言葉が挙がっていました。

1586421753817.jpg

最後に、自宅待機期間中に何かやることが欲しいという団員(今日参加していた団員全員)に、宿題という形で25分程度の短編脚本が手渡されました。活動再開予定の5月7日(木)に通し稽古をやろうという(役を確立させ、セリフも覚えてくる)課題です。配役も決めましたので、後は各自が時間を有意義に使って、本日の講義で学んだ内面の構築まで行った状態で自分の演技を作り上げてこられるかどうかです!

てあとるみのりは1か月ほど全員での活動を休止いたしますが、SNSでは何らかの情報や過去公演の画像などを発信してまいります。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。そして、皆様でこの緊急事態宣言の意義を共有し、5月から少しでも通常に近い活動が再開されますことを祈りながら、しばしのお別れと参ります。とにもかくにも、お元気で!

 HOME