FC2ブログ

第27回公演「#コイノオキテ ~北池編~」終演しました!

Posted by theatreminori on 13.2024 公演・チケット情報


2024年2月8日~2月11日かけて北池袋新生館シアターにて上演いたしました「コイノオキテ ~北池編~」は、多くのお客様にご来場いただいき、無事に終演となりました。劇場に足をお運びくださった方、グッズまでお買い求め下さった方、リピートして下さった方、そして少しでもご観劇をご検討して下さった方、全ての皆様に感謝の気持ちを捧げます。

てあとるみのりだからこそ届けられる多様性とシンカの物語。個人の価値観、国家の争いなどなど、4年半前の短編には含めなかった要素も満載でした。社会や個人に内在するジレンマや課題の何かひとつとでもイメージが重なったようでしたら嬉しい限りです。そして、皆様の未来が少しでも明るくなり、世界が少しでも優しくなることを祈っております。

これからも、てあとるみのりをどうぞよろしくお願いいたします。

本年もよろしくお願いいたします!

Posted by theatreminori on 01.2024 お知らせ


明けましておめでとうございます。

昨年は諸事情により事業運営形態が大きく変わる試練の一年でした。
何もかも手探り状態の中で皆様に支えられて新年を迎えることができました。
本年も変わらぬご厚情をお寄せいただけますと幸いです。
まずは2月の「コイノオキテ ~北池編~」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

てあとるみのり一同

第27回公演「コイノオキテ ~北池編~」公演・チケット情報〈2月9日更新〉

Posted by theatreminori on 12.2023 公演・チケット情報
27_omote_01_a4_1200.jpg 27_ura_1200.jpg

てあとるみのり第27回公演
「コイノオキテ ~北池編~」



<脚本・演出>
椙田佳生

<出演予定>
河原田済
鈴木克彦
國澤ひとみ
川原晶
ayumu
石塚美穂
みき(未来猫)
久慈知香
橘剛
川口和恵
中泉けい子

※2023年12月22日現在

<あらすじ>
お互いに惹かれ合い、一緒になることを誓ったお鯉と孔雀。だが、宮廷の一族である孔雀には「他の一族と交わるべからず」という掟が課せられていた。宮廷の掟によって禁じられた恋を実らせるため、お鯉と孔雀は様々な手段を画策するが、周囲はまるで掟を恐れるかのように、理解を示そうとしなかった。失意の果てに両者がたどり着いた答えは「この世界ではないあの世界で一緒になろう」だった。果たしてお鯉と孔雀の恋の行方は?宮廷の掟に秘められた真実とは?

<タイムテーブル>
2024年2月
8日(木) 15時開演/19時開演
9日(金) 15時開演/19時開演
10日(土) 14時開演※完売/18時開演
11日(日) 14時開演※完売/18時開演
※受付開始・開場は開演の30分前
※全席自由席

<チケット代>
お一人様2,500円

<チケット予約>
ご予約は→こちら!

<会場>
北池袋 新生館シアター
(東京都豊島区池袋本町1-37-8 中村ビル2F)
東武東上線 北池袋駅から徒歩30秒

<舞台監督>
椙田佳生

<制作>
石塚美穂

<通行人役デビュー企画>
本作に出演する「通行人役」を募集しております。
※募集終了しました!ご応募ありがとうございました!

【速報】てあとるみのり第27回公演

Posted by theatreminori on 16.2023 公演・チケット情報
yj8_ky_movie1.png

てあとるみのり第27回公演
「コイノオキテ~北池編~(仮)」


2024年2月8日(木)~11日(日)
北池袋 新生館シアターにて

チケット価格:未定
チケット予約受付開始:2023年12月中旬予定

4年半の時を経て、スケール3倍にリメイクされた
儚くも壮大なコイモノガタリ!

続報にご期待ください!!




萬劇場夏の短編集 アーカイブ配信情報

Posted by theatreminori on 05.2023 公演・チケット情報
萬劇場夏の短編集 アーカイブ配信実施中!

【配信A組】劇団ヨロタミ・てあとるみのり・演人の夜・うるとら2B団
【配信B組】葡萄企画・演劇ユニットZANNEN座・NO DAY BUT TODAY IN ACT・無名劇団

<料金>
各組2,500円

<配信期間>
2023年9月1日12:00~9月24日23:59
※期間中何度でもご覧いただけます!

<販売サイト>
【A組】
https://teket.jp/2311/26065

【B組】
https://teket.jp/2311/26074

てあとるみのりの「#テントチ」をはじめ、全団体の作品が様々なカメラアングルで映像化されました。公演をお見逃しになられた方はもちろん、一度ご覧になった方でも一味違ったアプローチで作品をお楽しみいただけます。この機会にぜひ、映像をお楽しみください!

 HOME